2019年3月
« 2月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
  1. 自然山通信2019年3月号
  2. イベント(大会)
  3. イベント(大会)
  4. イベント(大会)
  5. イベント(大会)
  6. イベント(スクール)
  7. イベント(その他)
  8. イベント(その他)
  9. イベント(大会)
  10. 2016高田島ツートラ
  11. イベント(大会)
  12. イベント(大会)
  13. イベント(大会)
  14. イベント(大会)
  15. イベント(スクール)
  16. イベント(その他)
  17. イベント(大会)
  18. リザルト近畿
  19. リザルト中国
  20. イベント(大会)
  21. イベント(大会)
  22. イベント(大会)
  23. イベント(その他)
  24. イベント(大会)
  25. リザルト中国
  26. リザルト関東
  27. リザルト九州
  28. イベント(スクール)
  29. イベント(大会)
  30. イベント(スクール)
  31. リザルト中部
  32. リザルト関東
  33. トライアル・デ・ナシオン
  34. イベント(大会)

    2018.12.31

    2019植木TR大会
  35. 自然山通信2019年1月号表紙
  36. 自然山通信2019年1月号表紙
  37. MFJトライアル
  38. リザルト関東
  39. リザルト関東
  40. リザルト関東
  41. リザルト東北
  42. リザルト近畿
  43. リザルト関東

© トライアル自然山通信 All rights reserved.

イベントリザルト

2015はちトラミーティング第2戦

青森県はちのへトライアルクラブからの報告です。

2015はちトラミーティング第2戦
●2015年7月19日
●二ッ森トライアルパーク
●はちのへトライアルクラブ

「はちトラミーティングで腕を磨き、岩手イーハトーブの森を走ろう!」とクラブ参加を決めて仲間を募り、今年は20名の参加。 
 7月19日(月)、台風11号の接近でハラハラしながらもイーハトーブ対策と銘打った「はちトラミーティング第2戦」は、自転車5名、バイク25名の参加で無事開催できました。そして今回はなんと自然山通信のおかげで、はるばる福岡県から佐藤元重選手が遊びに来てくれました。この後、大間のマグロを堪能し、各地を観光しながら地元のおいしいものをたらふく食べて帰る予定とのこと。誠にうらやましい限り。いいなぁー、実にいいなぁー!
 さて、第2戦は、はちトラAクラスが賞典外で参加し、各セクションでラインの取り方等を指導しながら大勢で移動するという新方式を試してみました。いつもより2㎞程短く、5.5㎞のコースと今後の練習のために10個のセクションを近場に設定。2ラップの間にコース移動でマシンの欠点を洗い出し、いつもよりやさしめのセクションでは基本のターンを身に付けるという杉村競技委員長のアイディアはとても好評で、あちこちで歓声が揚がっておりました。これが今後のミーティング第2戦のあり方を示しているのかもしれません。
 結果、自転車優勝はこのところ指定席となっている競技委員長の佐々木勝城選手。YOUTUBE「はちTRチャリ」で動画配信中。バイク優勝は「師匠」こと大下内敏己選手。2位は「来年は皆とイーハトーブを走る予定」の久保沢雄也選手。3位は「あなたは偉い! 福岡県から遠征」の佐藤元重選手。皆様、暑い中お疲れ様でした。そしてご参加ありがとうございました。次回は紅葉の二ッ森でお会いしましょう。しかし第3戦は手強いコースとセクション群が待ち受けていることは覚悟していただきますぞ。

バイク
1 大下内 敏己 Cota315R 2 18
2 久保沢 雄也 Cota4RT 5 16
3 佐藤 元重 Evo2T 9 16
4 阿保 哲洋 TYS125F 9 14
5 林 正繁 Cota315R 9 12
6 櫻 玲子 Evo2T125 11 15
7 斉藤 呂文 JTG 16 3
8 立山 正 GasGas 17 3
9 宮古 健 Rev-3 20 7
10 坂本 豊 Tecno 21 11
11 小嶋 聖樹 Cota315R 36 8
12 竹原 弘剛 Rev-3 36 5
13 佐藤 良弘 GasGas 37 4
14 太田 明秀 Tecno 40 7
15 栃木 光明 Rev-3 41 7
16 工藤 史智 Tecno 45 3
17 上田 雄介 Tecno 47 7
18 神 雄介 TYS125F 55 4
19 吉田 一夫 Rev-3 57 2
20 高橋 雅郎 Evo2T 65 4
21 沼口 幸弘 SY250 75 3
リタイヤ 西田中 雅康 Cota315R
賞典外 杉村 則次 Sherco
賞典外 荒町 国宏 Cota315R
賞典外 行徳 和弘 Cota4RT
自転車
1 佐々木 勝城 28 1
2 高橋 徹 32 0
2 上田 烈 32 0
3 宇野 優 40 0
3 高橋 重次 40 0

関連記事

原発事故の思い出[吹雪]

2011年3月11日。あの日、地球最後の日かなと思ったのが、この吹雪だった。その数日後に降った雪は、大気に吹き上げられた放射性物質を含んでい…

今週末は東京ビックサイトでお会いしましょう

今週末・3月22(金)23(土)24(日)に開催される、東京ビックサイトの「東京モーターサイクルショー」では、小川友幸、黒山健一、西村亜弥選…

BRAKTEC NewモノブロックインナーピストンKIT

BRAKTEK製モノブロックのリペアーキット、フロントブレーキマスター・クラッチマスターシリンダーインナーKITを三谷モータースポーツで発売…

原発事故の思い出[電話]

川内村では、停電の被害はほとんどなかった。ただし電話通信網はどーんととだえたまま、だいたい1ヶ月くらいは電話が通じないままだった。 …

小型チェーンアジャスターABESEIKOU製

アベ精工の新製品「小型チェーンアジャスター」。シェルコ、スコルパ、ベータ等に対応。RTL-F、4RTの場合はロングタイプチェーンアジャスター…

原発事故の思い出[歯ブラシ]

富岡町の人を中心に、浜に住む人が続々と川内村に避難してきたのは、震災の翌日、3月12日の昼過ぎからだった。富岡に近い村の中心の避難所は早々に…

JITSIEフロントフォーク&スイングアームステッカー

Fフォークとスイングアームをカッコ良く保護するステッカー!JITSIEフロントフォークステッカーと、スイングアームステッカーSET。ミタニモ…

JITSIEニューウエア

どんなも寒くても雨が降っても、家でジッとしてられなくなる全天候型・JITSIEの新型ジャケット発売。ドギー・ランプキンがSSDTで使用してる…

原発事故の思い出[震度6]

地震があった時は、その週末に全日本選手権の開幕戦があるので、その取材の準備をしていた。午前中には、確か中学校の卒業式が執り行われていた。 …

原発事故の思い出[3月18日]

3月16日、川内村を出て途中、わけあって西郷村の大きな釣り堀に寄り道をして、白河市役所に出向き、放射線値のスクリーニングを受け、各方面から届…

ページ上部へ戻る