2019年3月
« 2月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
  1. 自然山通信2019年3月号
  2. イベント(大会)
  3. イベント(大会)
  4. イベント(大会)
  5. イベント(大会)
  6. イベント(スクール)
  7. イベント(その他)
  8. イベント(その他)
  9. イベント(大会)
  10. 2016高田島ツートラ
  11. イベント(大会)
  12. イベント(大会)
  13. イベント(大会)
  14. イベント(大会)
  15. イベント(スクール)
  16. イベント(その他)
  17. イベント(大会)
  18. リザルト近畿
  19. リザルト中国
  20. イベント(大会)
  21. イベント(大会)
  22. イベント(大会)
  23. イベント(その他)
  24. イベント(大会)
  25. リザルト中国
  26. リザルト関東
  27. リザルト九州
  28. イベント(スクール)
  29. イベント(大会)
  30. イベント(スクール)
  31. リザルト中部
  32. リザルト関東
  33. トライアル・デ・ナシオン
  34. イベント(大会)

    2018.12.31

    2019植木TR大会
  35. 自然山通信2019年1月号表紙
  36. 自然山通信2019年1月号表紙
  37. MFJトライアル
  38. リザルト関東
  39. リザルト関東
  40. リザルト関東
  41. リザルト東北
  42. リザルト近畿
  43. リザルト関東

© トライアル自然山通信 All rights reserved.

はちトラミーティング第3戦

10月2日(日)、はちトラミーティング第3戦は自転車8名、バイク31名の参加で開催しました。特に今回は、はるばる福島県から自然山通信の西巻裕さんが初来八。前日に八戸に入り、お勧めした八戸自慢の館鼻岸壁日曜朝市を堪能してから二ッ森登場で、スタッフ一同大感激でした。

1610hachi2

また宮城県からは、イーハトーブトライアル大会本部で毎年お世話になっている塩田家の代表で雅史お父さん。そして山形県からは指の骨折から3カ月、125ccに替えてリハビリのため参加してくれた最長老飛塚敬一さん。今回もまた秋田トライアルクラブの皆さんも参加してくれ、大賑わいの二ッ森でした。

さて第1戦(5/29)は身体慣らしでやさしめ(?)。第2戦(8/7)は当クラブから22名も参加するイーハトーブトライアル対策・ノーストップルールのため、さらにやさしめ。第3戦は体の動くこの時期、本来の「はちトラ」にもどって、全長7kmコースと10個のセクションも手応え十分となっております。

二ッ森トライアルパークのお手本は「龍泉洞トライアル」です。そのため龍トラ信奉症候群の杉村工事部長の用意してくれた第3戦のコースは、初参加の方にはかなりきつく、突然現れる急激な下り、そして加速スペースのない急坂登り、深みが待ち受ける川渡りとまさにマウンテントライアル・ミニ龍泉洞。雨天の場合を考え、エスケープルートを準備しておりましたが、当日は晴天でグリップも良さそうなのでミーティングではエスケープルートを内緒にしてスタートしてもらいました。笑顔でスタートしたさすがの西巻さんも、1ラップ目終了時には悲壮感が漂っていたのは目の錯覚かな?
 
結果は、自転車、親子で初参加の川村お父さんが総合優勝、川村ジュニア2位、3位は佐々木競技委員長。バイクAクラス優勝はオールクリーンならずの地元国際A級・沢上祐介選手。2位は十和田市のNA中野渡淳一選手。3位は必殺仕掛人・杉村則次選手。Bクラス優勝はバイアルスで圧勝の岩手のホンダ4スト保存活動家・大久保真幸選手。2位はいつも元気で衰え知らずの飛塚敬一選手。3位は地元のベテラン立山正選手。Cクラス優勝は今年で2年目、還暦を迎えてから始めてなお上達著しい佐藤政人選手。2位ははちトラ初参加、女性ながらセクションを恐れないライディングを見せてくれる伊藤美帆選手。3位は盛岡の仙人・高橋雅郎選手でした。その他の皆さんの努力の結果はいつもの通り「リザルト」をご覧ください。

1610hachi1

今年も多くの皆さんのご参加と賞品のご提供をいただき、誠にありがとうございました。表彰式後にいただいた貴重なご意見を参考に、さらに自慢できる「はちトラミーティング」を目指してスタッフ一同努力して参りますので、2017年もよろしくお願い申し上げます。

2016はちトラミーティング第3戦 ●2016年10月2日(日) ●二ッ森トライアルパーク ●はちのへトライアルクラブ

Bクラス

自転車
順位 名前 クラス 減点 クリーン
1 川村 丈二 B 8 6
2 川村 元春 B 17 4
3 佐々木勝城 A 17 4
4 高橋 徹 A 23 2
5 櫻井 康雄 A 23 1
6 沢上 祐介 A 25 0
7 宇野 優 A 36 0
8 高橋 重次 A 40 0
バイク
順位 名前 マシン 減点 クリーン
1 沢上 祐介 RTL260F 2 19
2 中野渡 淳一 Sherco 9 14
3 杉村 則次 Sherco 16 9
4 佐々木 繁蔵 TXT 17 10
5 塩田 雅史 RTL300R 28 8
6 荒町 国宏 TYS125F 38 6
7 大下内 敏己 RTL260F 47 4
8 行徳 和弘 Cota4RT 50 2
9 佐藤 良弘 RTL260F 63 1
1 大久保 真幸 TL125バイアルス 24 6
2 飛塚 敬一 Evo2T125 42 4
3 立山 正 TXT 50 4
4 林 正繁 Cota315R 60 2
5 三浦 勇次郎 TXTpro 61 1
6 廣内 順孝 JTG 62 0
7 久保澤 雄也 Cota4RT 69 3
8 宮古 健 Rev-3 70 0
9 飯島 康明 SY250 75 0
10 西巻 裕 TYS125F 83 0
R 斉藤 呂文 Evo2T125
R 大坪 正男 TXTpro
R 佐藤 久和 TYZ
R 阿保 哲洋 TYS125F
R 小野 良太 TY175
Cクラス
1 佐藤 政人 TLM220R 34 8
2 伊藤 美帆 TXTpro125 38 7
3 高橋 雅郎 Evo2T 40 6
4 吉田 豊隆 KT250 48 5
5 木村 亜紀 TYS125F 63 2
6 七木田 力也 Rev-3 65 3
7 上田 雄介 TXT200 65 1

関連記事

原発事故の思い出[吹雪]

2011年3月11日。あの日、地球最後の日かなと思ったのが、この吹雪だった。その数日後に降った雪は、大気に吹き上げられた放射性物質を含んでい…

今週末は東京ビックサイトでお会いしましょう

今週末・3月22(金)23(土)24(日)に開催される、東京ビックサイトの「東京モーターサイクルショー」では、小川友幸、黒山健一、西村亜弥選…

BRAKTEC NewモノブロックインナーピストンKIT

BRAKTEK製モノブロックのリペアーキット、フロントブレーキマスター・クラッチマスターシリンダーインナーKITを三谷モータースポーツで発売…

原発事故の思い出[電話]

川内村では、停電の被害はほとんどなかった。ただし電話通信網はどーんととだえたまま、だいたい1ヶ月くらいは電話が通じないままだった。 …

小型チェーンアジャスターABESEIKOU製

アベ精工の新製品「小型チェーンアジャスター」。シェルコ、スコルパ、ベータ等に対応。RTL-F、4RTの場合はロングタイプチェーンアジャスター…

原発事故の思い出[歯ブラシ]

富岡町の人を中心に、浜に住む人が続々と川内村に避難してきたのは、震災の翌日、3月12日の昼過ぎからだった。富岡に近い村の中心の避難所は早々に…

JITSIEフロントフォーク&スイングアームステッカー

Fフォークとスイングアームをカッコ良く保護するステッカー!JITSIEフロントフォークステッカーと、スイングアームステッカーSET。ミタニモ…

JITSIEニューウエア

どんなも寒くても雨が降っても、家でジッとしてられなくなる全天候型・JITSIEの新型ジャケット発売。ドギー・ランプキンがSSDTで使用してる…

原発事故の思い出[震度6]

地震があった時は、その週末に全日本選手権の開幕戦があるので、その取材の準備をしていた。午前中には、確か中学校の卒業式が執り行われていた。 …

原発事故の思い出[3月18日]

3月16日、川内村を出て途中、わけあって西郷村の大きな釣り堀に寄り道をして、白河市役所に出向き、放射線値のスクリーニングを受け、各方面から届…

ページ上部へ戻る