2020年6月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  
  1. TRIAL動画チャンネル
  2. MFJトライアル
  3. イベント(大会)
  4. 2017お勉強会
  5. イベント(スクール)
  6. イベント(大会)
  7. イベント(大会)
  8. イベント(大会)
  9. イベント(大会)
  10. リザルト中国
  11. 2020.04.05

    福島市へ行く
  12. イベント(大会)
  13. イベント(大会)
  14. イベント(大会)
  15. イベント(大会)
  16. イベント(大会)
  17. リザルト四国
  18. イベント(大会)
  19. イベント(大会)
  20. イベント(大会)
  21. リザルト沖縄
  22. イベント告知
  23. 2020XTDN延期
  24. イベント(大会)
  25. SSDT中止
  26. イベント(大会)
  27. SHOEI MITANI MODEL MATブラック
  28. リザルト関東
  29. イベント(大会)
  30. イベント(スクール)
  31. イベント(スクール)
  32. イベント(スクール)
  33. イベント(大会)
  34. イベント(大会)
  35. イベント(大会)
  36. イベント(大会)
  37. イベント(大会)
  38. イベント(大会)
  39. リザルト近畿
  40. リザルト沖縄
  41. イベント(大会)
  42. イベント(大会)
  43. リザルト関東
  44. イベント(その他)
  45. イベント(大会)
  46. イベント(大会)
  47. リザルト沖縄
  48. イベント(大会)
  49. イベント(その他)
  50. リザルト関東
  51. イベント(大会)

© トライアル自然山通信 All rights reserved.

1503オーストリアのボウ

ボウ、XトライアルV9達成

 トニー・ボウが、2015年Xトライアルチャンピオンを決めた。
 今シーズンは、久々にボウ以外の勝者が出たXトライアルシリーズとなったが、終わってみれば、最終戦を待たずしてボウのタイトルが決定。その強さが圧倒的であることを見せつけた。
 今回の2位はジェロニ・ファハルド、3位がアダム・ラガで、ここでラガが3位になったことで、ボウのタイトルが決まったということでもあった。

1503オーストリア表彰台

 この第5戦はオーストリア。会場はウィーンの南、ウィーナー・ノイシュタットのスタジアム。今回はゲストライダーとして、フランツ・カドレック(ベータ)がXトライアルに初参加となった。
 今回のセクションは最近のXトライアルの中では難易度が高い部類に属していた。ルーキーのカドレックが苦戦を強いられるのは無理がない。結果は7セクションを走るクォリファイで、7位のエディ・カールソンに4点差の最下位。

1503オーストリアのカドレックXトライアル初出場のカドレック

 しかし第4セクションで1点+タイムオーバー1点、第5セクションで2点+タイムオーバー1点と、オール5点は回避している。
 新生ベルティゴとともに2015年を戦うジェイムス・ダビルは、今回はアレックス・フェレールとの対戦に勝利した。5位は今シーズンのダビルのベスト。まだまだそのポテンシャルをすべて出し切れずの開発中のニューマシンだが、上位進出の兆しが見えてきたところか。
 ファイナルに進出するのは今回もまた、いつもの4名。藤波がいない2015年は、トップ4とそれ以下の実力の格差は圧倒的だ。

1503オーストリアのラガタイトル争いの唯一のライバルだったアダム・ラガ

 そしてファイナル。スピードレースの勝敗で決められたスタート順は、カベスタニー、ファハルド、ラガ、ボウとなった。
 第1セクションは全員が5点、第2セクションはボウが1点+1点で通過、他の3人は全員5点だ。
 第3セクションでボウが初めてのクリーン、ファハルドもクリーン(タイムオーバー1点)で、このあたりで今回の結末が見えはじめた。第4ではカベスタニーのみが5点で、ラガとカベスタニーの勝負も、ラガ有利で動き始めた。

1503オーストリアのファハルド初めて上位3人、そして2位表彰台獲得のジェロニ・ファハルド

 結果は、ボウがクリーン4(うちひとつはタイムオーバーあり)で10点。13点差の2位にファハルド、2点差の3位にラガ、ラガに5点差でカベスタニーとなった。
 ファハルドは今シーズン初めての表彰台にして2位獲得。一方ラガは今シーズン2度目の3位。ここで2位に入れば、ボウとのポイント差は18点となり、ボウのタイトル獲得は最終戦に持ち越しとなったはずなのだが、ラガにとっては残念ながら、ボウとファハルドにとっては幸いな結果となり、ボウとラガのポイント差は21点となった。これで最終戦を待たずにボウの9回目のXトライアルタイトルが決定した。
 モンテッサ入りをしてから、負け知らず連続タイトル記録、更新中だ。

1503オーストリアのボウやっぱり無敵。トニー・ボウ

https://www.shizenyama.com/wp-content/uploads/2015/03/2015_5_Wiener-Neustadt.pdf

関連記事

プロターとの思い出、プロヴィーニさんとの思い出

ちょっと探し物をしていた時に(なぜか娘の家で)発掘されたなにやらの賞状らしきもの。なんだろうね、これ?? とすっかり記憶が失せていたのだけど…

MFJトライアル

全日本関東大会の日程変更とGC大会の中止他

COVID-19による全面自粛騒動から一歩進んで、これから、ちょっとずつ日常に戻ってくる。それに合わせて、イベントスケジュール情報もいろいろ…

ガエルネ・バランスクラシック新色発売!

マシンとの一体感を極限まで高めた、究極のマン=マシンバランスを実現。進化を遂げたガエルネ最高峰トライアルブーツ「BALANCE CLAS…

日本GPは結局中止、TDNも中止に

COVID-19による大会中止、その新たなお知らせ。犬が人を噛んでもニュースにならないように、ニュースにするなら大会が開催される! というお…

野崎史高のファイナル・セロー

ヤマハのロングセラーのセローの開発終了となり、セローファイナルエディションが発表されて現在発売中なのはご存知の通りだけど、このたび、野崎史高…

イベント(大会)

メッツカップ第2戦も中止に

メッツカップ第2戦(7月5日・会場オフロードパークSHIRAI)は、残念ですが中止いたします。 (さらに…)…

7月12日の全日本北海道大会は中止

全日本選手権シリーズは、COVID-19の影響で開幕が遅れているが、ここまで事実上の開幕戦となることになっていた北海道大会の中止が発表された…

TrialGP、イタリアとイギリスも延期

世界的にCOVID-19の騒ぎがなかなかおさまらない。2020年トライアルGPは、すでに6月の大会まで延期が決まっているが、5月2日にはさら…

自然山通信5月号発売!

自然山通信5月号発売開始!世界中のトライアルイベント延期・中止が続いてます。自然山通信5月号ではIASライダー全員に出場していただき「202…

自然山通信2020年5月号電子版

自然山通信電子版は自粛せず、みなさまのメモリー空間にお届けします。PDFで配信いたしますので、ダウンロードして、お手元の電子端末(パソコン、…

ページ上部へ戻る