2021年10月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
  1. トライアル・デ・ナシオン
  2. イベント(その他)
  3. イベント(大会)
  4. イベント(その他)
  5. イベント(大会)
  6. イベント(大会)
  7. TRJ / MFJ
  8. TRJ / MFJ
  9. TRJ / MFJ
  10. イベント(スクール)
  11. MFJトライアル
  12. MFJ
  13. イベント(大会)
  14. イベント(大会)
  15. リザルト中国
  16. イベント告知
  17. 2017お勉強会
  18. イベント(大会)
  19. リザルト関東
  20. リザルト中国
  21. リザルト関東
  22. リザルト関東
  23. リザルト中国
  24. リザルト関東
  25. リザルト関東
  26. リザルト沖縄
  27. リザルト九州
  28. リザルト中国
  29. イベント(大会)
  30. リザルト沖縄
  31. イベント告知
  32. イベント(大会)
  33. イベント(大会)

テクニック解説

© トライアル自然山通信 All rights reserved.

野崎"4"基礎劇場

野崎4基礎劇場

■野崎”4″基礎劇場
野崎選手が教える基礎からのトライアル。といっても通り一遍の基本講座ではありません。ジュニアクラス世界チャンピオンになった野崎史高ならでは。トライアルの初歩テクニックを、フミ・スタイルで習得してください。野崎史高のチャンピオンワールド、その第四弾、お届けします。

トライアル百科・野崎史高のワールドチャンピオン・トーク VOL.4/基礎トライアル劇場
2002年ジュニアカップ世界チャンピオン野崎史高が、自転車のトライアルライダーだった時代からオートバイのトップライダーとなっていった道のりをたどりつつ、チャンピオンへの道筋を示してくれるこのシリーズ。今回は、基本姿勢、ターン、ステアケースと、トライアルの初歩のテクニックを、しっかり学んでみようと思います。野崎選手のフミ・スタイルが、あなたのライディングを、きっと変えてくれるにちがいありません。

2002年、初めてオートバイで世界一になった日本人トライアルライダーが野崎史高。野崎選手がタイトルを獲得したのは、20歳以下のライダーが将来を賭してしのぎを削るジュニアカップ世界選手権でした。野崎選手は第3代のジュニアチャンピオンですが、初代チャンピオンはアダム・ラガ、その後も世界選手権で活躍することになるトップライダーを続々輩出しているのがジュニア選手権です。その野崎選手の伝授するトライアルテクニック。基本姿勢に始まり、セッティングについて。そして平地のターンでトライアルテクニックが始まります。ステアケースでは基本の二度ぶかしから、抜重を加えた二度ぶかし、さらにアクション技の飛びつきステアケースと、テクニックのバリエーションは広がっていきます。最後には斜面での高度なターンテクニックとダニエルの使い方まで。バイクトライアルでもワールドチャンピオンを2度獲得している、野崎選手ならではの繊細かつ大胆なトライアル感覚、そしてトライアルの難しさ、奥深さを、じっくりと解説してくれます。野崎史高のチャンピオン・ワールドはじまりです。

CONTENTS

●Chapter1 乗車姿勢
◎ライディングポジションの作り方
◎レバー操作について
◎ステップに置いた両足の操作と動作について
◎目線の向け方で姿勢が変わってくるので注意
◎NOZAKI流ハンドルまわりセッティング

●Chapter2 基本のターン
◎基本のターン
◎サスペンションセッティングの目安

●Chapter3 ステアケース劇場
◎ステアケース劇場
◎フロントタイヤを狙った場所へ持ち上げる
◎オーソドックスな「二度ぶかし」から
◎◎二度ぶかし・抜重バージョン
後輪が跳ね上がってしまう一度ぶかしのパターン
◎ちょっと高度な飛びつき(ウイリージャンプ)
◎下部がえぐれている段差の越え方
◎下部がえぐれている段差の越え方・飛びつき
◎飛びつき以外では不可能な段差形状

●Chapter4 斜面のターン
◎登りのターンの法則と背景
◎キャバ-ターンのステップ荷重について
◎斜面を曲がりながら下る
◎下りのターンでフロントと同じラインに後輪を入れた場合
◎登りターンの先にステアケースがある場合

●Chapter5 登り斜面で効果を発揮するダニエル
◎ダニエルが登り坂で威力を発揮する

<野崎史高プロフィール>
1983年9月1日埼玉県生まれ。1992、1993年、2年連続でバイクトライアル、プッシンクラス世界チャンピオン獲得。その後、オートバイでは12歳2ヶ月で国際B級、13歳1ヶ月で国際A級に昇格と、史上最年少昇格記録を続々と塗り替えた。1998年、7戦6勝で国際A級チャンピオン獲得。2002年から拠点をヨーロッパに移し世界選手権に挑戦、その年、日本人として初のジュニア世界チャンピオンを獲得。2006年から全日本選手権に復帰。以後、勝利候補の一角として、全日本選手権を盛り上げる中心人物の一人。YSP京葉
RACING TEAM所属

◎DVD 66分
◎本体価格 1,886円 +税
◎JANコード/4560187781087

関連記事

トライアル・デ・ナシオン

トライアル・デ・ナシオン全記録

トライアル・デ・ナシオン(TDN)は1984年から毎年開催されています。 その間、まず男子チームだけで開催されていた期間、男子のクラス…

2021年10月号電子版お待たせしました

藤波貴久引退を目撃して帰ってきて、あわててつくった2021年10月号ですが、お待たせしてしまってごめんなさい。スペインGP、そして引…

自然山通信10月号発売!

何が起こるかわからないコロナ禍で、決死のスペインとポルトガル現地取材を決行。帰国後の隔離もあって発売が遅くなってしまいました。引退表明し…

全日本選手権最終戦はダブルヘッダーで

全日本トライアル選手権最終戦となる中部大会が、11月13-14日、土曜日・日曜日の2日間にわたって愛知県のキョウセイドライバーランドで開催さ…

イベント(その他)

10/3ガッチと楽しもう、愛媛県松山

10月3日(日)ガッチと楽しもうミーティング(マツヤマ トライアルファーム)開催です。 (さらに…)…

藤波貴久、今シーズンで引退を発表

藤波貴久の引退が発表された。 最終戦ポルトガルを前にしたスペインGPが終わっての水曜日、その衝撃の発表は発信された。この週末、トライアル・…

最終決戦前夜、スペインにて

2021年世界選手権はいよいよ大詰め。最終戦を前にしたツーデイズの1戦は、スペインだった。 (さらに…)…

今年の高田島のトライアル大会について

毎年、春と秋に開催の高田島でのトライアル大会。2021年はついに開催を断念するに至りました。 2020年は、春の大会を見送り、秋に2大…

YAMAHAセロー225チェーンテンショナー

『工房きたむら』より、YAMAHAセロー225用のチェーンテンショナーが発売されました。 (さらに…)…

RTL-F、COTA 4RT対応SPLミッション(4速ギア)

ぱわあくらふとより、SPLミッション(4速ギア)が発売されました。HRC RTL-Fシリーズ / montesa COTA 4RT、301シ…

ページ上部へ戻る