2021年10月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
  1. トライアル・デ・ナシオン
  2. イベント(その他)
  3. イベント(大会)
  4. イベント(その他)
  5. イベント(大会)
  6. イベント(大会)
  7. TRJ / MFJ
  8. TRJ / MFJ
  9. TRJ / MFJ
  10. イベント(スクール)
  11. MFJトライアル
  12. MFJ
  13. イベント(大会)
  14. イベント(大会)
  15. リザルト中国
  16. イベント告知
  17. 2017お勉強会
  18. イベント(大会)
  19. リザルト関東
  20. リザルト中国
  21. リザルト関東
  22. リザルト関東
  23. リザルト中国
  24. リザルト関東
  25. リザルト関東
  26. リザルト沖縄
  27. リザルト九州
  28. リザルト中国
  29. イベント(大会)
  30. リザルト沖縄
  31. イベント告知
  32. イベント(大会)
  33. イベント(大会)

テクニック解説

© トライアル自然山通信 All rights reserved.

トライアル百科・小川友幸の下りを極める

百科小川下りを極める

■百科小川友幸 下りを極める
より上級の下りをマスターしたい人から、とにかく下るのが怖い人まで、今回は、みんなで下りについて考えてみましょう。下りを制する者は登りをも制す。さぁ、胸を張って下りましょう。

サンプルムービーはこちら

下りを制する者は登りをも制すとよく言われます。その一方、下りをきちんと練習して課題を克服しようという修業生は、意外に少ないのではないでしょうか。全日本でも絶好調の小川友幸ガッチ先生に、下り坂のマスターのしかたを、じっくり教えていただきました。なんとなく降りちゃってる人、下りがこわくてしょうがない人、しっかり学んで、華麗に下っていただきましょう。初めての人も怖がらず覚えられる方法、そして中級、上級者向けの高等技術まで解説してもらいました。

トライアルはたいてい少なからずの起伏のあるところで行います。だから登れば下る。これは自然の摂理です。しかし下りが得意だというライダーは、あんまり出会ったことがありません。下れて当然なのか苦手なのか、さてどちらでしょう? どちらにしても、ここでもう一度下りをお勉強してみましょう。下りが恐ろしい人は、なぜ恐ろしいのか。恐ろしい下りを克服するには、まずどこから始めればいいのか。そして少し上達していったら、どんな下りを勉強したらいいのか。理論抜群、技術も抜群、そして教え方もまた抜群のガッチ先生が、ていねいにしっかり教えてくれました。これでもうあなたも、坂のてっぺんで硬直してしまうことはなくなって、軽やかに華麗に坂の下まで舞い降りてこれることでしょう。坂を下りるのがこわいお弟子さんをお持ちのあなたも、ご一覧いただき、お弟子さんを幸せにしてあげてください。

CONTENTS
◎緩やかな斜面でブレーキ特性を体感
◎フロントブレーキの特性を探る
◎リヤブレーキの特性を探る
◎前後ブレーキを同時に操作
◎ステップに立って前後ブレーキ操作
◎体の位置をどこにもっていくのか
◎適正なフォームを確認する
◎エンジンブレーキは必要ない!?
◎路面状況に応じて加減する技術
◎アンダーガードが引っかかる段差
◎下りの途中に段差がある場合
◎下りながらの目線
◎もし下りの途中で止まったら
◎効率の良い下りの足の着き方
◎アンダーガードを当てずに下る方法
◎オーバーハングで高さのある下り
◎後輪を高く上げながら下る高度な技術
◎横移動で下る高等テクニック
◎2メートル以上の段差を下るためには

◎小川友幸プロフィール
2013年全日本チャンピオン。この映像は、連続タイトルに向けて2連覇に向けて躍進中に収録された。1976年10月4日三重県四日市市生まれ。1990年バイクトライアル・ミニメット世界チャンピオン。オートバイに乗り換え、国内A級、国際B級チャンピオン獲得後、世界選手権挑戦のために渡欧、1996年イタリアGPで4位入賞を果たす。2002年からホンダを駆り2007年全日本(国際A級スーパー)の初タイトル獲得。2010年に2度目のタイトルを獲得。

◎使用マシン
ホンダRTL260F。主に海外を走るモンテッサ・コタ4RTとホンダRTL260Fは、中身が同じの兄弟車種だが、小川が乗るのは同名の市販マシンをベースとしたファクトリーマシン。最新技術の開発テストも、小川友幸の仕事のひとつ。全日本などでは、このマシンのテストを兼ねての実戦参加となる。エンジンはプラグが2本ついている、すべてがゼロから作られた特別仕様。前後ショックはショウワのスペシャル、ホイールはハブ部分が軽量化されたスペシャル品。このマシンに乗るのは、レプソル・ホンダ・チームのトニー・ボウと藤波貴久、そして小川友幸の3人だけ。

◎本体価格1,886円+税
◎DVD 44分
◎JANコード/4560187781124
◎2014年8月29日発売

関連記事

トライアル・デ・ナシオン

トライアル・デ・ナシオン全記録

トライアル・デ・ナシオン(TDN)は1984年から毎年開催されています。 その間、まず男子チームだけで開催されていた期間、男子のクラス…

2021年10月号電子版お待たせしました

藤波貴久引退を目撃して帰ってきて、あわててつくった2021年10月号ですが、お待たせしてしまってごめんなさい。スペインGP、そして引…

自然山通信10月号発売!

何が起こるかわからないコロナ禍で、決死のスペインとポルトガル現地取材を決行。帰国後の隔離もあって発売が遅くなってしまいました。引退表明し…

全日本選手権最終戦はダブルヘッダーで

全日本トライアル選手権最終戦となる中部大会が、11月13-14日、土曜日・日曜日の2日間にわたって愛知県のキョウセイドライバーランドで開催さ…

イベント(その他)

10/3ガッチと楽しもう、愛媛県松山

10月3日(日)ガッチと楽しもうミーティング(マツヤマ トライアルファーム)開催です。 (さらに…)…

藤波貴久、今シーズンで引退を発表

藤波貴久の引退が発表された。 最終戦ポルトガルを前にしたスペインGPが終わっての水曜日、その衝撃の発表は発信された。この週末、トライアル・…

最終決戦前夜、スペインにて

2021年世界選手権はいよいよ大詰め。最終戦を前にしたツーデイズの1戦は、スペインだった。 (さらに…)…

今年の高田島のトライアル大会について

毎年、春と秋に開催の高田島でのトライアル大会。2021年はついに開催を断念するに至りました。 2020年は、春の大会を見送り、秋に2大…

YAMAHAセロー225チェーンテンショナー

『工房きたむら』より、YAMAHAセロー225用のチェーンテンショナーが発売されました。 (さらに…)…

RTL-F、COTA 4RT対応SPLミッション(4速ギア)

ぱわあくらふとより、SPLミッション(4速ギア)が発売されました。HRC RTL-Fシリーズ / montesa COTA 4RT、301シ…

ページ上部へ戻る