2020年11月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  
  1. イベント(スクール)
  2. イベント(大会)
  3. MFJトライアル
  4. イベント(大会)
  5. イベント(大会)
  6. MFJトライアル
  7. 2017お勉強会
  8. イベント(大会)
  9. イベント(大会)
  10. MFJトライアル
  11. イベント(その他)
  12. リザルト東北
  13. MFJトライアル
  14. イベント(大会)
  15. イベント(大会)
  16. イベント(大会)
  17. リザルト中国
  18. イベント(大会)
  19. イベント(大会)
  20. 2016高田島ツートラ
  21. イベント(大会)
  22. イベント(大会)
  23. イベント(大会)
  24. イベント(その他)
  25. リザルト中国
  26. リザルト中国
  27. リザルト中部
  28. リザルト中国
  29. リザルト関東
  30. イベント(大会)
  31. イベント(大会)
  32. イベント(大会)
  33. リザルト沖縄
  34. イベント(大会)
  35. リザルト関東
  36. MFJトライアル
  37. イベント(大会)
  38. リザルト関東
  39. リザルト関東
  40. イベント(スクール)
  41. イベント(大会)
  42. イベント(大会)

日本のニュース

© トライアル自然山通信 All rights reserved.

125クラス、始動

 世界的な流れとなっている若手選手育成目的の125ccクラスが、日本でもようやく実現の運びとなった。まずはエキシビジョンとしての扱いだが、次世代の世界に通じるライダーの養成の舞台として、注目に値するカテゴリーの誕生だ。
 国際B級国内A級以上、20歳未満、125cc以下のマシンによって争われ、セクションは国際B級のものが使用される。ゼッケンは青地に白文字となっている。


 世界では、2004年から、ユース125クラスが始まっている。18歳以下の若者が、125ccマシンを使ってタイトルを競うもので、そのセクションは世界選手権クラスとベースは共通。一部にマーカー規制をして難度を調節しているが、基本的に世界選手権セクションだから、かなり激しいセクションとなっている。初代チャンピオンのダニエル・ジベール、二代目チャンピオンのダニエル・オリベラスは、ともにジュニアクラスでのトップ争いを経て、2007年シーズンから世界選手権クラスを走る。125cc出身のライダーがどれだけの活躍を見せるのか、ようやく実証の機会ができることになる(ジベールはシーズンオフの負傷で、回復が心配されている)。
 ユース125が始まった2004年といえば、藤波貴久がチャンピオンとなった年でもある。実は藤波や黒山健一は、現在ヨーロッパでおこなわれている体系的なトライアルライダー英才教育の走りでもあった。50ccを徹底的に乗りこなし、からだが少し大きくなっていた頃に125ccに乗り換え、これをまた徹底的に乗りこなした。125ccだから、という言いわけは、そこには存在しなかった。ヨーロッパのユース125クラスを見ていると、250ccが気合いを入れて登っていくところを、125ccが死に物狂いでチャレンジするシーンが多く見られる。ある種いじめのような、未来を見すえた特訓が、ユース125という選手権を通じて続けられている。
 日本人が先鞭をつけたといってもいい125ccによる特訓が、今やすっかりお株を奪われている。これから先、125ccでもまれた経験のないライダーは、世界で活躍することができないのではないか。そんな不安を感じていたタイミングで、日本の125クラスが誕生となった。
 エキシビジョンであること(選手権ポイントがつかないから、昇格もできない)、現状の多くの若手ライダーは、国際B級になる頃には大排気量マシンにステップアップしていることなど、このクラスの普及がすんなり進むとは思えないが、このクラスの発展は、今全日本を走っているライダーより、もっと若手の育成にある。MFJには、若手ライダー養成のための“アカデミー”構想もある。これらの活動とリンクしながら、すぐには結果が出なくても、3年->5年単位の中長期的視点に立って、このクラスを育てていけたらと願う。
●参加資格
・2007年度有効なMFJトライアル国内A級もしくは国際B級ライセンス所持者
・9才->20才以下とする。
 2007年1月1日->12月31日までに9才および20才の誕生日を迎える者を含む。
●参加車両
・2007MFJ国内競技規則、付則21「トライアル基本仕様」に合致する総排気量125cc以下の車両とする。
※ 国内A級ライセンス所持者であってもエキシビジョン125クラスは付則22「国内トライアルの仕様」の適用外とする。
●本クラスはエキジビジョンとして開催される。
 (昇格ポイントやシリーズチャンピオンは一切考慮されない)
 全日本開幕戦真壁大会併催の125ccクラスについての詳細についてはMFJ.or.jpインフォメーションをご覧ください。

関連記事

イベント(スクール)

202011/23

12/12-13 Gatti School Special 真壁

緊急開催決定 Gatti School Special 真壁トライアルランドで開催。 12月12日土曜日・12月13日日曜日、2日間に…

2021年世界選手権カレンダーは?

2021年FIM世界選手権(暫定)スケジュールが発表になった。日本GP(ツインリンクもてぎ)は5月15〜16日に設定されている。 (…

イベント(大会)

202011/19

12/27 GATTIスクール杯【会場変更】

今年7月に、7年ぶり開催となったガッチスクール杯!! 好評につき第2回開催決定!! 皆様と楽しみたいと思いますので参加宜しくおねがいしま…

2021年、ガスガスがロードレースに進出

ガスガスがKTM傘下となって1年になろうとしているが、KTMのガスガス・ブランド戦略が本気だ。 (さらに…)…

2021年のXトライアルはこうなる?

Xトライアルの2021年暫定カレンダーが発表された。このまま大会が開催される確証はないし、今後の感染症蔓延の状況を見ながらカレンダーの変更は…

2020年11月号電子版もありますよー

老眼でお悩みの方にお勧めの、お手持ちの電子端末でお好きな大きさに拡大して読める、自然山通信電子版。遅くなりましたが、11月号をお届けします。…

自然山通信11月号発売中!

自然山通信11月号発売中! ちょっと遅くなてしまいましたが、今月も元気にちょっと増ページ。ずっしり重くなってオールカラー70ページ・314円…

MFJトライアル

全日本歴代ランキング

全日本選手権の、歴代のランキング一覧です。 全クラス、ランキング15位までを抽出させていただきました(15位までに空欄があるクラス…

2020全日本選手権最終ランキング(独自集計)

2020年全日本選手権ポイントランキングです。MFJ正式ではなく、自然山通信独自集計です。各ラウンドの数字はポイントではなく順位です。出場し…

全日本トライアル最終戦結果

2020年11月8日 和歌山県有田郡湯浅町湯浅トライアルパーク 天候:晴れときどき曇り 観客数:0人(無観客試合) IAS:10…

ページ上部へ戻る