2022年11月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
  1. イベント(大会)
  2. MFJ
  3. イベント(大会)
  4. リザルト中国
  5. リザルト関東
  6. イベント(大会)
  7. イベント(大会)
  8. イベント(大会)
  9. イベント(大会)
  10. イベント(大会)
  11. イベント(大会)
  12. イベント(大会)
  13. リザルト中部
  14. 2017TDN
  15. トライアル・デ・ナシオン
  16. リザルト関東
  17. リザルト中国
  18. 2017お勉強会
  19. リザルト中国
  20. イベント(大会)
  21. イベントリザルト
  22. リザルト中国
  23. リザルト中国
  24. TRJ / MFJ
  25. イベント(その他)
  26. リザルト中国
  27. イベント(大会)
  28. TRJ / MFJ
  29. リザルト中国
  30. イベント(大会)
  31. リザルト中国
  32. リザルト関東
  33. イベント(大会)
  34. イベント(スクール)
  35. イベント(スクール)
  36. リザルト関東
  37. イベント(大会)
  38. TRJ / MFJ
  39. リザルト中国
  40. TRJ / MFJ
  41. イベント(大会)
  42. イベント(大会)

日本のニュース

© トライアル自然山通信 All rights reserved.

1503黒山健一発表会

ヤマハ・ファクトリーRT発進

 3月6日金曜日、東京外神田で、ヤマハモータースポーツ活動計画の発表会があった。
 ヤマハのオフィシャルライダーとして契約された、ロードレース、モトクロス、トライアルの各選手が一堂に会し、ヤマハ発動機代表取締役副社長、木村隆昭らと間もなく始まるシーズンへの心意気を語った。

1503ライダー全員集合左、辻部長の隣の黒山健一をはじめ、3年連続JSB1000チャンピオンの中須賀克行、モトクロスの平田優、安原志、そしてロード、モトクロス、トライアルの監督さんたち

 ここ何年か、ヤマハはファクトリーチームとしての参戦はなく、プライベートチームをバックアップする、いわゆるサポートチームとしての体制をとってきた。たとえば黒山健一なら「チーム黒山レーシングヤマハ」がチーム名で、活動母体はヤマハ本社ではなく黒山レーシングであることが名前から見てわかる。
 ところが今年、発表されたチーム名はロード、モトクロス、トライアルともに「ヤマハ・ファクトリー・レーシング・チーム」。ライダー個人の契約はともかくとして、ヤマハファクトリーの名を背負ったチームで黒山が走るのはこれが初めて。ヤマハのトライアルチームが正式なファクトリーチームとして参戦するのは、伊藤敦志がチャンピオンに君臨していた時代以来のことではないかという。
 この日集まったライダーの中で、トライアルの黒山だけが、その翌々日に開幕戦を控えている。重要な一戦を控えてチームの発表会という忙しいスケジュールとなったわけだが、黒山は「トライアルは例年、他のジャンルに先がけて開幕戦が組まれている。ここ2年、開幕戦では失敗しているので、今年こそ開幕戦をうまく走って、ロードレースとモトクロスの仲間にどうだ!と言ってやりたい」とコメントした。

1503チーム記念写真左から辻幸一部長、木村治男監督、黒山健一、木村隆昭副社長

 黒山のマシンは、去年まで乗っていたTYS250F。外観上は去年までのマシンとほとんど変わらない。ただし中身はまったく別ものに仕上がっているといい、その成果が実戦で発揮されるかどうかが多いに楽しみなところだ。
 ヤマハ発動機のレース活動としては、唯一トライアルだけが販売する車両がないところでのレース活動となっている。それについては「現在は未来に向けての準備期間」としている。なんのための準備かといえば、それは次世代を担う人材の育成でもあり、ハードウェアの開発でもあると言う。人材とマシンと、どちらか一方ではレース活動は成立しないから、すぐにとはいかなくても、必ず、その両方を達成する方向で活動を続けていくということだ。
 なおこの日、ロードレースとモトクロスでは、アジア選手権などに向けての意気込みも強く語られた。東南アジアのライダー育成を目的としたマシンが登場してきたことで、この活動が実現したという。次にはトライアルも、こういった活動が広がっていくはず。
 なお、黒山以外のヤマハ関係のライダーについては、ヤマハ・ファクトリーとは別扱いの活動となるので、この日の発表はされていない。

1503TYS250F

関連記事

スマホのカメラ

今年の夏、iPhone7の調子が悪いと愚痴ったら、杉谷が予備に回していたiPhone12を譲ってくれた。 (さらに…)…

【PRESENT】オリジナル2023壁掛トライアルカレンダー

自然山通信オリジナル「B4壁掛け・2023トライアルカレンダー」無料プレゼント中! (さらに…)…

自然山通信2022年11月号電子版

自然山通信の電子版をお届けします。PDFでのご提供です。 重さゼログラム。電車の中で、アッシーくん運転の助手席で、仕事の書類を読むふりして…

自然山通信11月号発売

自然山通信11月号発売の発売です。2022全日本トライアル選手権R7近畿大会、「トライアル・デ・ナシオン・2022年日本チーム不参加と今…

トライアルGC大会/GCクラスでの昇格の記録

トライアルGC大会、そのGCクラスで国際B級への昇格を果たした選手の一覧です。 GC大会10位までに入ると(2000年以降の場…

第3回高田島庭先コンペティション

順位氏名(ゼッケン)年齢マシンお住まいLap減点ゲートL小計減点タイム減点ゲート競技時間総減点クリーン 1234567891011…

2022年全日本選手権ランキング(独自集計)

2022年全日本選手権ポイントランキングです。MFJ正式ではなく、自然山通信独自集計です。 各ラウンドの数字はポイントではなく順位です…

2022全日本R8東北大会全リザルト

2022全日本選手権第8戦東北大会リザルト ●2022年10月23日 ●宮城県柴田郡村田町スポーツランドSUGO 天候:晴れ一…

小川友幸圧勝の最終戦

2022年最終戦は、いつものように(といっても一昨年の最終戦は近畿だった)スポーツランドSUGOでの開催だった。 (さらに&…

イベント(大会)

202210/18

12/25里山忘年トライアル大会

○里山忘年トライアル大会  開催日:2022年12月25日(日) (さらに…)…

ページ上部へ戻る