2020年1月
« 12月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
  1. TRIAL動画チャンネル
  2. イベント(その他)
  3. イベント(大会)
  4. イベント(大会)
  5. イベント(大会)
  6. リザルト関東
  7. リザルト関東
  8. MFJトライアル
  9. KLX230skidplate
  10. リザルト九州
  11. 2019.11.21

    地球温暖化?
  12. MFJトライアル
  13. イベント(その他)
  14. リザルト中国
  15. リザルト中国
  16. イベント(大会)
  17. イベント(大会)
  18. イベント(大会)
  19. イベント(大会)
  20. MFJトライアル
  21. リザルト近畿
  22. リザルト中国
  23. イベント(大会)
  24. イベント(大会)
  25. 2019.10.13

    台風一過
  26. イベント(大会)
  27. イベント(大会)
  28. イベント(大会)
  29. リザルト関東
  30. イベント(大会)
  31. イベント(その他)
  32. MFJトライアル
  33. 2017TDN
  34. トライアル・デ・ナシオン
  35. リザルト関東
  36. リザルト東北
  37. リザルト中国
  38. リザルト関東
  39. リザルト九州
  40. リザルト中国
  41. リザルト沖縄
  42. MFJトライアル
  43. イベント(大会)
  44. イベント(大会)
  45. イベント(大会)
  46. イベント(大会)
  47. イベント(大会)
  48. リザルト中国
  49. リザルト東北
  50. イベント(大会)
  51. イベント(大会)
  52. リザルト中部
  53. リザルト四国
  54. 2019.08.02

    最近の星空
  55. イベント(大会)
  56. リザルト九州
  57. リザルト沖縄
  58. 140ccボアアップセット
  59. リザルト関東

日本のニュース

© トライアル自然山通信 All rights reserved.

1503黒山健一発表会

ヤマハ・ファクトリーRT発進

 3月6日金曜日、東京外神田で、ヤマハモータースポーツ活動計画の発表会があった。
 ヤマハのオフィシャルライダーとして契約された、ロードレース、モトクロス、トライアルの各選手が一堂に会し、ヤマハ発動機代表取締役副社長、木村隆昭らと間もなく始まるシーズンへの心意気を語った。

1503ライダー全員集合左、辻部長の隣の黒山健一をはじめ、3年連続JSB1000チャンピオンの中須賀克行、モトクロスの平田優、安原志、そしてロード、モトクロス、トライアルの監督さんたち

 ここ何年か、ヤマハはファクトリーチームとしての参戦はなく、プライベートチームをバックアップする、いわゆるサポートチームとしての体制をとってきた。たとえば黒山健一なら「チーム黒山レーシングヤマハ」がチーム名で、活動母体はヤマハ本社ではなく黒山レーシングであることが名前から見てわかる。
 ところが今年、発表されたチーム名はロード、モトクロス、トライアルともに「ヤマハ・ファクトリー・レーシング・チーム」。ライダー個人の契約はともかくとして、ヤマハファクトリーの名を背負ったチームで黒山が走るのはこれが初めて。ヤマハのトライアルチームが正式なファクトリーチームとして参戦するのは、伊藤敦志がチャンピオンに君臨していた時代以来のことではないかという。
 この日集まったライダーの中で、トライアルの黒山だけが、その翌々日に開幕戦を控えている。重要な一戦を控えてチームの発表会という忙しいスケジュールとなったわけだが、黒山は「トライアルは例年、他のジャンルに先がけて開幕戦が組まれている。ここ2年、開幕戦では失敗しているので、今年こそ開幕戦をうまく走って、ロードレースとモトクロスの仲間にどうだ!と言ってやりたい」とコメントした。

1503チーム記念写真左から辻幸一部長、木村治男監督、黒山健一、木村隆昭副社長

 黒山のマシンは、去年まで乗っていたTYS250F。外観上は去年までのマシンとほとんど変わらない。ただし中身はまったく別ものに仕上がっているといい、その成果が実戦で発揮されるかどうかが多いに楽しみなところだ。
 ヤマハ発動機のレース活動としては、唯一トライアルだけが販売する車両がないところでのレース活動となっている。それについては「現在は未来に向けての準備期間」としている。なんのための準備かといえば、それは次世代を担う人材の育成でもあり、ハードウェアの開発でもあると言う。人材とマシンと、どちらか一方ではレース活動は成立しないから、すぐにとはいかなくても、必ず、その両方を達成する方向で活動を続けていくということだ。
 なおこの日、ロードレースとモトクロスでは、アジア選手権などに向けての意気込みも強く語られた。東南アジアのライダー育成を目的としたマシンが登場してきたことで、この活動が実現したという。次にはトライアルも、こういった活動が広がっていくはず。
 なお、黒山以外のヤマハ関係のライダーについては、ヤマハ・ファクトリーとは別扱いの活動となるので、この日の発表はされていない。

1503TYS250F

関連記事

イベント(その他)

4/26中部クラシックトライアルミーティング

昨年初めて開催し好評のうちに終わりましたクラシックトライアルミーティングを今年も鷲ヶ岳スキー場にて開催します。 (さらに&helli…

正規輸入車両以外のMONTESA・TRRSはMFJ競技エントリーはできません

MONTESAとTRRS輸入元エトスデザインより、正規輸入車両以外のMONTESA・TRRSはMFJ競技エントリーができないというお知らせで…

セロー225用ワイドステップセット

ぱわあくらふとより、YAMAHAセロー225用ワイドステップセットが、グレードアップして発売されました。 (さらに…)…

自然山通信2020年1月号電子版できました!

遅くなりました。2020年1月号、電子版をご用意しました。ダウンロードして、お手持ちの電子端末(パソコン、タブレット、スマートフォンなど)で…

自然山通信2020年1月号発売!

令和2年になりました。2020年1月号の発売開始です。毎年恒例【2019MFJ全日本トライアル全結果・MFJ非公認自然山通信オリジナル】掲載…

イベント(大会)

201912/30

1/3有東木お正月

2020年有東木お正月トライアル大会 2020年1月3日(金) 受付:8時30分~ エントリー費:4,000円 クラ…

イベント(大会)

201912/30

1/19第51回里山トライアル

第51回里山トライアル (さらに…)…

イベント(大会)

201912/29

1/26植木トライアル大会

2020年植木TR大会 寒くてもトライアルしましょう (さらに…)…

菅原義正さんの本

菅原さんには、一時期たいへんお世話になった。お世話になったばかりでなんのお返しもできていないのは菅原さんに限らずぼくの致命的なところだ。ほん…

新DVD・黒山健一ハイパーステアース発売!

自然山通信トライアルDVDの発売です。題して「ハイパーステアケース」。黒山健一選手が近年の新しいステアケース技術の話を交えながら解説していき…

ページ上部へ戻る