2022年11月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
  1. イベント(大会)
  2. MFJ
  3. イベント(大会)
  4. リザルト中国
  5. リザルト関東
  6. イベント(大会)
  7. イベント(大会)
  8. イベント(大会)
  9. イベント(大会)
  10. イベント(大会)
  11. イベント(大会)
  12. イベント(大会)
  13. リザルト中部
  14. 2017TDN
  15. トライアル・デ・ナシオン
  16. リザルト関東
  17. リザルト中国
  18. 2017お勉強会
  19. リザルト中国
  20. イベント(大会)
  21. イベントリザルト
  22. リザルト中国
  23. リザルト中国
  24. TRJ / MFJ
  25. イベント(その他)
  26. リザルト中国
  27. イベント(大会)
  28. TRJ / MFJ
  29. リザルト中国
  30. イベント(大会)
  31. リザルト中国
  32. リザルト関東
  33. イベント(大会)
  34. イベント(スクール)
  35. イベント(スクール)
  36. リザルト関東
  37. イベント(大会)
  38. TRJ / MFJ
  39. リザルト中国
  40. TRJ / MFJ
  41. イベント(大会)
  42. イベント(大会)

日本のニュース

© トライアル自然山通信 All rights reserved.

2015TYSR

TYS300Rデビュー

 いよいよ全日本選手権開幕戦を翌日に控え、これまでずっと未発表だった野崎史高用TYS300Rが初めて姿を現した。
 ヤマハチームとしては久々の2ストロークエンジン、そしてエンジンはじめ、このマシンの基本パッケージは、ヤマハ製ならずスコルパ(シェルコ)製である。
 ヤマハチームが走らせる2ストロークと4ストローク(ヤマハ・ファクトリー・レーシング・チームの黒山健一)、さて、それぞれどんな活躍を見せてくれるのか、乞うご期待だ。

1503野崎とTYSR

 ヤマハ製の、最後のトライアルマシンはTYZ250。水冷2ストローク単気筒エンジンを搭載したアルミフレームマシンで、93年にパスカル・クトゥリエのライディングでチャンピオンをとっている。その後、全日本のタイトルは成田匠、藤波貴久、黒山健一とベータライダーに独占され、新時代の幕開けとなった。
 それから7年が過ぎて、ヤマハ製2ストロークエンジンがトライアル界に再び姿を現したのは、海の向こう、フランスはスコルパのニューモデルのパワーユニットとしてだった。スコルパSY250Rと命名されたそのマシンは、同時にヤマハTYS250Rとして野崎史高、渋谷勲、成田匠のライディングによって全日本を走った。2002年には、野崎史高がそのマシンで日本人初のジュニアチャンピオンとなっている。
2007年、スコルパは当時の流れである4ストローク化に際し、トライアルマシンとしては意表をつくDOHCの5バルブエンジンを搭載した。ヤマハのモトクロスやエンデューロマシンに使われていた先進技術搭載のエンジンだった。この年からスコルパ・ヤマハに乗り始めた黒山健一は、乗り換えた緒戦の関東大会でオールクリーンを達成している。このときのマシンが、2ストロークのスコルパSY250Rだった(黒山が正式にヤマハチーム入りをしたのは2008年からだった)。
 以後、黒山と野崎の乗るヤマハTYSはホンダの小川友幸を相手に、ときに苦戦をし、ときに全戦全勝をしながら戦ってきた。DOHCの圧倒的パワーを武器に、しかし重量的なハンディは否定しようがない4ストロークマシン。しかもそのエンジンは生産を中止されて久しい絶版パワーユニットとなっていた。
 その間、スコルパ社は経営問題からシェルコ社の傘下となり、シェルコ製スコルパとして再出発を果たしていた。そしてスコルパは、シェルコ製2ストロークエンジンを搭載したモデルを発表し、世に出した。今シーズン、野崎史高が乗るのは、このシェルコ製スコルパをヤマハ・テクノロジーがスープアップしたものである。
 マシンが届いてから、まだまだ日が浅く、熟成や乗り込みはまだこれからと思われるが、プラクティスエリアでの野崎は、軽快そうにニューマシンを操っていた。
 燃料タンクにはヤマハの音叉マークが光る。エンジンが、フレームがスコルパ製とあっても、それはまぎれもないヤマハレーシングマシン。黒山はヤマハ製エンジンにこだわりたいということだったが、野崎のこの新しいヤマハトライアルマシンが、トライアルに新しい未来をつくってくれる日にも、期待したいものだ。

2015TYSR

関連記事

スマホのカメラ

今年の夏、iPhone7の調子が悪いと愚痴ったら、杉谷が予備に回していたiPhone12を譲ってくれた。 (さらに…)…

【PRESENT】オリジナル2023壁掛トライアルカレンダー

自然山通信オリジナル「B4壁掛け・2023トライアルカレンダー」無料プレゼント中! (さらに…)…

自然山通信2022年11月号電子版

自然山通信の電子版をお届けします。PDFでのご提供です。 重さゼログラム。電車の中で、アッシーくん運転の助手席で、仕事の書類を読むふりして…

自然山通信11月号発売

自然山通信11月号発売の発売です。2022全日本トライアル選手権R7近畿大会、「トライアル・デ・ナシオン・2022年日本チーム不参加と今…

トライアルGC大会/GCクラスでの昇格の記録

トライアルGC大会、そのGCクラスで国際B級への昇格を果たした選手の一覧です。 GC大会10位までに入ると(2000年以降の場…

第3回高田島庭先コンペティション

順位氏名(ゼッケン)年齢マシンお住まいLap減点ゲートL小計減点タイム減点ゲート競技時間総減点クリーン 1234567891011…

2022年全日本選手権ランキング(独自集計)

2022年全日本選手権ポイントランキングです。MFJ正式ではなく、自然山通信独自集計です。 各ラウンドの数字はポイントではなく順位です…

2022全日本R8東北大会全リザルト

2022全日本選手権第8戦東北大会リザルト ●2022年10月23日 ●宮城県柴田郡村田町スポーツランドSUGO 天候:晴れ一…

小川友幸圧勝の最終戦

2022年最終戦は、いつものように(といっても一昨年の最終戦は近畿だった)スポーツランドSUGOでの開催だった。 (さらに&…

イベント(大会)

202210/18

12/25里山忘年トライアル大会

○里山忘年トライアル大会  開催日:2022年12月25日(日) (さらに…)…

ページ上部へ戻る