2022年1月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
  1. イベント(大会)
  2. イベント(大会)
  3. リザルト中国
  4. MFJトライアル
  5. リザルト東北
  6. リザルト関東
  7. リザルト関東
  8. リザルト中国
  9. イベント(大会)
  10. TRJ / MFJ
  11. TRJ / MFJ
  12. TRJ / MFJ
  13. MFJトライアル
  14. リザルト関東
  15. TRJ / MFJ
  16. リザルト中国
  17. リザルト関東
  18. トライアル・デ・ナシオン
  19. リザルト関東
  20. イベント(その他)
  21. イベント(大会)
  22. イベント(その他)
  23. イベント(大会)
  24. イベント(大会)
  25. リザルト関東
  26. TRJ / MFJ
  27. TRJ / MFJ
  28. TRJ / MFJ
  29. リザルト中部
  30. リザルト中国
  31. イベント(スクール)
  32. リザルト中国
  33. リザルト中部
  34. リザルト関東
  35. リザルト関東
  36. リザルト中国
  37. MFJトライアル
  38. MFJ
  39. イベント(大会)
  40. イベント(大会)
  41. リザルト中国
  42. リザルト関東
  43. イベント告知
  44. 2017お勉強会

日本のニュース

© トライアル自然山通信 All rights reserved.

2015TYSR

TYS300Rデビュー

 いよいよ全日本選手権開幕戦を翌日に控え、これまでずっと未発表だった野崎史高用TYS300Rが初めて姿を現した。
 ヤマハチームとしては久々の2ストロークエンジン、そしてエンジンはじめ、このマシンの基本パッケージは、ヤマハ製ならずスコルパ(シェルコ)製である。
 ヤマハチームが走らせる2ストロークと4ストローク(ヤマハ・ファクトリー・レーシング・チームの黒山健一)、さて、それぞれどんな活躍を見せてくれるのか、乞うご期待だ。

1503野崎とTYSR

 ヤマハ製の、最後のトライアルマシンはTYZ250。水冷2ストローク単気筒エンジンを搭載したアルミフレームマシンで、93年にパスカル・クトゥリエのライディングでチャンピオンをとっている。その後、全日本のタイトルは成田匠、藤波貴久、黒山健一とベータライダーに独占され、新時代の幕開けとなった。
 それから7年が過ぎて、ヤマハ製2ストロークエンジンがトライアル界に再び姿を現したのは、海の向こう、フランスはスコルパのニューモデルのパワーユニットとしてだった。スコルパSY250Rと命名されたそのマシンは、同時にヤマハTYS250Rとして野崎史高、渋谷勲、成田匠のライディングによって全日本を走った。2002年には、野崎史高がそのマシンで日本人初のジュニアチャンピオンとなっている。
2007年、スコルパは当時の流れである4ストローク化に際し、トライアルマシンとしては意表をつくDOHCの5バルブエンジンを搭載した。ヤマハのモトクロスやエンデューロマシンに使われていた先進技術搭載のエンジンだった。この年からスコルパ・ヤマハに乗り始めた黒山健一は、乗り換えた緒戦の関東大会でオールクリーンを達成している。このときのマシンが、2ストロークのスコルパSY250Rだった(黒山が正式にヤマハチーム入りをしたのは2008年からだった)。
 以後、黒山と野崎の乗るヤマハTYSはホンダの小川友幸を相手に、ときに苦戦をし、ときに全戦全勝をしながら戦ってきた。DOHCの圧倒的パワーを武器に、しかし重量的なハンディは否定しようがない4ストロークマシン。しかもそのエンジンは生産を中止されて久しい絶版パワーユニットとなっていた。
 その間、スコルパ社は経営問題からシェルコ社の傘下となり、シェルコ製スコルパとして再出発を果たしていた。そしてスコルパは、シェルコ製2ストロークエンジンを搭載したモデルを発表し、世に出した。今シーズン、野崎史高が乗るのは、このシェルコ製スコルパをヤマハ・テクノロジーがスープアップしたものである。
 マシンが届いてから、まだまだ日が浅く、熟成や乗り込みはまだこれからと思われるが、プラクティスエリアでの野崎は、軽快そうにニューマシンを操っていた。
 燃料タンクにはヤマハの音叉マークが光る。エンジンが、フレームがスコルパ製とあっても、それはまぎれもないヤマハレーシングマシン。黒山はヤマハ製エンジンにこだわりたいということだったが、野崎のこの新しいヤマハトライアルマシンが、トライアルに新しい未来をつくってくれる日にも、期待したいものだ。

2015TYSR

関連記事

1986年の平凡パンチ

1986年に、ぼくは初めてアフリカ大陸に行った。今はダカールラリーと呼ばれている、パリ・ダカール・ラリーを取材に行くためだ。なーんてね、取材…

イベント(大会)

2022年わびさび大会開催

2022年のわびさび大会の日程が決定しました。 トライアルチーム嵐山不老天狗よりのお知らせです。 (さらに…)…

自然山通信2022年1月号電子版

2022年になりました。今年もよろしくお願いします。ということで、2022年1月号電子版をご用意いたしましたので、ご購入、ダウンロードしてお…

自然山通信2022年1月号発売中!

新年1月号発売中!Repsol Honda Team監督に就任した藤波貴久のロングインタビュー、第三回目。そして、ポルトガル GPの会場で藤…

2022トライアルマシン合同試乗会のご案内(三重県)

2022トライアルマシン合同試乗会開催のお知らせ 2月11日、三重県四日市市グリーンパーク岡山トライアル場で、トライアルマシン試乗会を…

年始の放射能冷却

あいからわず、当地は寒いです。世間は雪が降ってたいへん、ということなのだけど、こちら、ほとんど雪は降ってません。一応白いんだけど、積雪量1c…

イベント(大会)

202112/22

2022年新春植木トライアル大会

初転び今年もやります草大会 日時:2022年1月16日(日)  受付:8時30分〜  スタート:9時30分〜  ゴール:13時3…

リザルト中国

中国選手権第2戦山口大会

2021年中国選手権 第2戦山口大会 ●2021年12月19日 ●広島県グリーンピア瀬戸内 ●天候:晴れ   (さらに&he…

MFJトライアル

2021MFJグランドチャンピオン大会

第34回MFJグランドチャンピオン大会 ●2021年12月12日 ●愛知県キョウセイドライバーランド (さらに…)…

トライアルGC大会/GCクラストップ10の記録

トライアルGC大会、そのGCクラスの上位10名の結果一覧です。 GC大会10位までに入ると、国際B級へ昇格することができます。…

ページ上部へ戻る