2018年9月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
  1. 2018自然山通信カレンダープレゼント
  2. イベント(大会)
  3. 2016高田島ツートラ
  4. MINI VANDAL
  5. イベント(大会)
  6. MFJトライアル
  7. イベント(大会)
  8. MFJトライアル
  9. リザルト中国
  10. イベント(大会)
  11. イベント(スクール)
  12. イベント(大会)
  13. イベント(大会)
  14. イベント(大会)
  15. イベント(大会)
  16. 2017お勉強会
  17. リザルト四国
  18. リザルト中国
  19. リザルト中部
  20. 2019モンテッサ
  21. TLR200用キックアーム
  22. Vertigo 2019モデル
  23. 生駒テックオープン
  24. イベント(大会)
  25. リザルト中国
  26. リザルト四国
  27. リザルト関東
  28. 2017TDN
  29. リザルト東北
  30. MFJトライアル
  31. リザルト中国
  32. リザルト関東
  33. イベント(大会)
  34. イベント(大会)
  35. リザルト関東
  36. リザルト九州
  37. リザルト北海道
  38. 1日目優勝のファハルド
  39. イベント(大会)
  40. 左から野崎、黒山、藤浪、小川
  41. リザルト東北
  42. イベント(大会)
  43. イベント(大会)
  44. リザルト四国
  45. リザルト中国
  46. 化けるか野崎ぶっちぎり勝利
  47. 全日本R3九州までのランキング
  48. 全日本R3九州リザルト
  49. 2018EMと成田匠.fr
  50. MFJトライアル

日本のニュース

© トライアル自然山通信 All rights reserved.

1504全日本第2戦の小川友幸(5セクション)

第2戦は小川友幸が見事な勝利

 4月19日、全日本選手権は第2戦近畿大会。今回は小川友幸(ガッチ)が貫録を見せつけての勝利。2位には2ストロークマシンを乗りこなしてきた野崎史高が入り、大きなミスがいくつかあった黒山健一が3位。まだまだランキングを云々する時期ではないが、ポイントテーブルのリードは2戦目にして小川が躍り出ることになった。

1504全日本第2戦の小川友幸

 第2セクションの最後の登りで足が出て1点を失った小川は、これはまた前回真壁の再現なのかと不安に思った。開幕戦では、こういう細かいミスが1日中ついて回り、それを挽回するためにクリーンを狙って5点となる悪循環が発生した。たかが1点ではあるが、小川にとってはされど1点。
 しかしその心配は今回は杞憂だった。第2セクション以降、小川のパンチカードにはきれいにクリーンが並んだ。第4セクション、第5セクションと、トリッキーなテクニックを要求される入口から、時間のないセクション後半部に後輪が流れやすいさらさら斜面が配置されていて、黒山もここで3点、5点と失っている。さらに凶悪なヒルクライムの第7セクション、3年目となってヒルクライムそのものは攻略方法が見えてきたようだが、最後のゲートを抜けるのがややこしい。ここで1点を失うライダーは少なくない。
 そんな中、小川の1ラップ目は、第3から第9までをすべてクリーン。下見をした時点で、オールクリーンは可能、と踏んでいた小川。第2の1点と、最終10セクションでの3点は残念だったか、1ラップ4点は小川だけの好スコアだった。

1504全日本第2戦の小川友幸(7セクション)

 今回の小川のライバルは、開幕戦の勝者の黒山ではなく、野崎だった。黒山は第3で5点を取ると、続く3セクションだけで13点を失い、トップ争いからは大きく遅れてしまっていた。終わってみれば、3ラップともに一桁減点でまとめられたのは、小川と野崎だけだった。それでも内容を見ると、黒山にも野崎にも、一度もクリーンできていないセクションがあった。黒山の第5セクション、野崎の最終セクションがそれだ。小川は最終セクションこそ1度だけだったが、他の9セクションは2回ずつクリーンをしている。1ラップすべてをクリーンするのは、充分に可能性があった。
 2ラップ目以降、もちろん勝負は続いているのだが、小川の勝負は、ラップオールクリーンに集中していった。2ラップ目は、第4、第5で3点を失って、ラップオールクリーンはならなかった。そして3ラップ目、今度は第3で1点をついてしまった。それなら、その1点を守り切ってやると、小川の3ラップ目は1ラップ目にも2ラップ目にも増して気合いの入ったものとなった。
 最終10セクション。後輪が簡単に横を向く山砂の浮いた斜面を、右に左に切り替えして登っていく。そして最後に高くはないが処理のむずかしい岩を越える。その最後の岩だった。1点ならば確実に抜けられる。でも、がまんをしてしまった、と小川は語る。1点を守りきらんがため、ぎりぎりまで足を出さなかった結果、最終セクションの小川は、5点となった。
 ふたつのSSを残し、小川と野崎の点差は3点。簡単に逆転ができる点差だ。けれどこの日、小川の思いは優勝争いや野崎のことではなく、目前のセクションに集中していた。終わってみれば、SSもふたつともクリーンをしたのは、小川だけだった。
 2位、そして1位。開幕戦勝利の黒山が3位となったことで、小川は2戦目にしてランキングトップを奪取して、2点のリードを持っている。
「まだまだ。2点のリードは、次に2位で負ければひっくり返される点差。あってないようなもの」
 一昨年、ランキングポイント同点でのチャンピオン争いを繰り広げた小川のタイトル争いは、まだまだ始まったばかりだ。

1504全日本第2戦の小川友幸(表彰台)

関連記事

HONDA TLM50最強アンダーガード登場

三谷モータスポーツより、TLM50用・最強アンダーガードが発売されました。17Sジュラルミン製です。 (さらに…)…

イベント(大会)

10/14・11/18わびさびトライアル大会

「嵐山不老天狗わびさびトライアル大会」 山梨県のトライアルチーム嵐山不老天狗より、10月、11月開催の大会のお知らせです。 (…

2016高田島ツートラ

11/4高田島「廃道」ツーリングTR

11月4日、ナンバー付トライアルバイクで、自然山通信ニシマキの住む川内村高田島地区を徘徊、もとい散策しようというツーリングイベントを開催しま…

『力造』HONDA TLM50用スキッドプレート発売!

「ぱわあくらふと」の力造ブランドから、HONDA TLM50 用スキッドプレートが発売されました。ステアケース、ガレ場など今以上に戦闘力アッ…

MINI VANDAL

MINI VANDALが加わる2019 Vertigo

Vertigoシリーズに子供用トライアルマシン、MINI VANDALが登場することになった。50ccと60ccがあってタイヤサイズが違うた…

HEBOの新型トライアルブーツ登場

スペインのHEBOより新型トライアルブーツが登場しました。さらに使いやすく軽量に。トライアルを熟知したメーカーが、理想的なブーツを完成させま…

アベ精工のTRRS用アルミサイドスタンド

アベ精工よりストロングタイプの「TRRS用アルミサイドスタンド」が発売されました。 (さらに…)…

自然山通信2018年9月号電子版

自然山通信電子版のご用意ができました。 紙に印刷した自然山通信と同じものを、PDFとして作成してあります。 ご購入、ダウンロードの上、お…

20189/5

自然山通信9月号発売中!

自然山通信9月号発売中です。お知らせが遅くなってしまいましたが、9月2日に開催された全日本選手権R5中国大会の公式プログラム掲載号となります…

2018全日本ランキング(〜第5戦)

2018年全日本選手権ポイントランキングです。ただし自然山独自集計。上位についての正確なランキングは、MFJサイトで発表されるものをご参照く…

ページ上部へ戻る