2022年6月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  
  1. イベント(大会)
  2. イベント(大会)
  3. イベント(大会)
  4. TRJ / MFJ
  5. TRJ / MFJ
  6. 2017お勉強会
  7. イベント(大会)
  8. リザルト関東
  9. イベント(大会)
  10. イベント(スクール)
  11. イベント(スクール)
  12. リザルト関東
  13. イベント(大会)
  14. TRJ / MFJ
  15. TRJ / MFJ
  16. イベント(大会)
  17. イベント(大会)
  18. イベント(大会)
  19. リザルト関東
  20. イベント(大会)
  21. イベント(大会)
  22. リザルト中国
  23. MFJトライアル
  24. リザルト東北
  25. リザルト関東
  26. リザルト関東
  27. リザルト中国
  28. イベント(大会)
  29. TRJ / MFJ
  30. TRJ / MFJ
  31. TRJ / MFJ
  32. MFJトライアル
  33. リザルト関東
  34. TRJ / MFJ
  35. リザルト中国
  36. リザルト関東
  37. トライアル・デ・ナシオン
  38. 2017TDN
  39. リザルト関東
  40. イベント(その他)
  41. イベント(大会)
  42. イベント(その他)
  43. イベント(大会)

日本のニュース

© トライアル自然山通信 All rights reserved.

南青山でHondaライダー公開記者会見

 4月22日水曜日、午後1時より東京都港区南青山の「Hondaウエルカムプラザ青山」で公開記者会見が行われた。今週末4月25(土)、26(日)にツインリンクもてぎ(栃木県)で開催される「2015 FIMトライアル世界選手権(WCT)第1戦 ストライダー 日本グランプリ」に向けたものだ。

1504ホンダ本社でのデモ

 2015トライアル世界選手権は、今週末の日本ラウンドからスタートする。間もなく始まる新シーズンへの意気込みを、レプソル・ホンダ・チームのドニー・ボウ、藤波貴久、そして来シーズンより加わったハイメ・ブストの3選手、そして会見後にデモンストレーションを行う小川友幸、柴田暁選手を加え、5名のホンダライダーが集まった。

1504ホンダ本社記者会見

 はじめに記者会見に現れたのは、世界チャンピオンのトニー・ボウ、藤波貴久、ハイメ・ブスト。レプソルモンテッサチームの3名だ。今シーズンよりチームに入ったブスト選手は弱冠17歳。このような記者会見は不慣れなようで緊張している模様。言葉数は少なかったが「今年は勉強しながら戦う1年になると思います。偉大なチャンピオンと同じチームになれて光栄だ。トップ10をめざしています」と答えた。

 英語で進行していた会見だが、英語を話さないブストとスペイン語との通訳役になっていた藤波選手が、ブストについて解説する。「ボウ選手が広めたダニエルのテクニック(後輪だけで飛んで行くスタイル)は、ぼくも含めてみんながそれを真似するようになりましたが、ブスト選手はトライアルをはじめた時点でもうダニエルの時代だったんです。だから彼のダニエルのテクニックはすごいですよ」と藤波選手のお墨付きのテクニシャンなのだ。

 8度の世界チャンピオンになっているトニー・ボウ選手は「私にとって、トライアルとはタイトルをとるだけではありません。自分のテクニックを進化させること。常にチャレンジなんです。今までできなかったことが今年はできるようになる。そして今できなくても次にはできるように考えながらトレーニングを重ねる。特に、自転車トライアルのテクニックをもっともっと取り入れていくイメージです。シーズン開幕戦はとても大事です。もてぎでは自分のベストをつくして、ホンダの地元日本大会で優勝したい」と語った。

 そのボウ選手について、藤波選手がこう言葉を添えた。「そうなんですよ、ボウ選手はほんとにすごい練習量なんです。チャンピオンをとったからといって、以前とぜんぜん練習量は変わらないんです。そしてやっぱり、常にチャレンジする姿勢が素晴らしいと思っています」と。

 そして我らが藤波貴久選手はこのシーズンオフに大きな壁を乗り越えてきたところだ。昨シーズンは膝の負傷に悩まされ、シーズン直後に手術をする。術後はオートバイに乗れずにリハビリと特別メニューのトレーニングを重ねてきた。「昨年のシーズンが終わってすぐ怪我の手術をしました。このシーズンオフはリハビリに集中してオートバイに乗れない辛い期間でした。これはかつてない経験でした。インドアトライアルにも出場できません。会場へ応援には行ってましたが、ライバル達が走っているのに、自分は乗れないことで不安が膨らんでいくんです。こんなセクション僕にはできるのかなあ、やれるのかなあと……。そしてやっとバイクに乗り始めて一週間くらい、ようやく以前のレベルに戻って来た実感は持ちました。これまで世界選手権参戦20年の中でいちばんたいへんなシーズンインです。この開幕戦に向けてベストの状態へ持ってきているので、もてぎではいい結果を残すつもりです。みなさんの顔を見て、声援をいただいて、頑張りますので応援よろしくお願いします」

 藤波貴久選手は、今年で世界選手権参戦20周年。隣にいたボウ選手は「私にとってフジナミは、偉大な存在だ。世界選手権で20年の歴史をもつことは、素晴らしいことだ。そして、今も世界のトップライダーとしてポジションを持続させている。まだまだ現役を続けられるはずだ。そしてトライアル以外のプライベートでも付き合いは長い。すばらしい人柄だ」とフジガスを讃えた。

1504ホンダ本社でのデモ(小川)

 レプソル・ホンダ・チームの会見がひととおり終わったところで、小川友幸、柴田暁選手がライディングウエアーで登場。小川友幸選手の先日の全日本近畿での優勝が報告された拍手が沸いた。「今月のはじめ、にインドア・デナシオンに出場してきました。藤波選手と2人で走りまして、いい経験をしてきたばかりです。今週末は、去年出した6位以上の結果を出せるよう頑張ります」と抱負を語った。

 柴田暁選手は「全日本選手権ではまだ小川友幸さんに勝ててません。もてぎの試合会場はチャレンジの場。今日はこのような場所で緊張してますが、今週末の試合会場では緊張せず、こちらに並んでいるみなさんに挑戦する気持ちでがんばります」と答えている。

 公開記者会見の後はHondaウエルカムプラザ青山の目の前、野外スペースに設けた人工セクションで二人のトライアルライディングが繰り広げられた。青山通りを通りがかる人も思わず足を止め、テクニックに見入っていた。

1504ホンダ本社でのデモ(柴田)

関連記事

イベント(大会)

8/21第80回里山トライアル

○第79回里山トライアル大会  開催日:2022年8月21日(日) (さらに…)…

イベント(大会)

7/10里山初級者トライアル大会

○里山初級者トライアル大会  開催日:2022年7月10日(日) (さらに…)…

イベント(大会)

7/3ファミリートライアルのお知らせ!

急ですが、中止となった「トムスカントリー」の代わりに「ファミリートライアル」を開催することになりました! (さらに…)…

自然山通信2022年6月号電子版お届けしますー

印刷して製本された自然山通信はすでに皆様のお手元に発送させていただきましたが、こちらはPDFで配信する電子版です。 お手元の電子機器、…

2022年版トライアルGPの楽しみ方

本日、いよいよ開幕する世界選手権「トライアルGP」。どうやって楽しんだらいいのかわからないからちゃんと紹介しろというお声をいただいたので、ち…

小川毅士、武田呼人、日本人のT2
世界選手権開幕直前情報

今週末、いよいよ世界選手権、トライアルGPが開幕する。6月の開幕は、記憶の限り、最も遅い開幕になる。土曜日、日曜日の2日間制、開幕戦はスペイ…

自然山通信6月号発売!

自然山通信6月号発売中!SSDT(スコットランドの6日間トライアル)でドギー・ランプキンが13回目の勝利。そしてSSDTに初めて電動バイクが…

TRJ / MFJ

2022年全日本選手権ランキング(独自集計)

2022年全日本選手権ポイントランキング(第3戦関東大会終了現在)です。 MFJ正式ではなく、自然山通信独自集計です。各ラウンドの数字…

TRJ / MFJ

2022全日本選手権第3戦関東大会リザルト

2022全日本選手権第3戦関東大会リザルト ●2022年6月5日 ●栃木県茂木町モビリティリゾートもてぎ 天候:曇りのち晴れの…

小川友幸の逆襲。2022全日本第2戦九州大会

開幕戦中部大会から3週間、全日本選手権は九州へとやってきた。会場となった熊本県矢谷渓谷キャンプ場は、6年ぶりの全日本開催となる。キャンプ場に…

ページ上部へ戻る