2019年11月
« 10月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  
  1. TRIAL動画チャンネル
  2. MFJトライアル
  3. イベント(その他)
  4. リザルト中国
  5. リザルト中国
  6. イベント(大会)
  7. イベント(大会)
  8. イベント(大会)
  9. イベント(大会)
  10. イベント(大会)
  11. MFJトライアル
  12. リザルト近畿
  13. リザルト中国
  14. イベント(大会)
  15. イベント(大会)
  16. 2019.10.13

    台風一過
  17. イベント(大会)
  18. イベント(大会)
  19. イベント(大会)
  20. リザルト関東
  21. イベント(大会)
  22. イベント(その他)
  23. MFJトライアル
  24. 2017TDN
  25. トライアル・デ・ナシオン
  26. リザルト関東
  27. リザルト東北
  28. リザルト中国
  29. リザルト関東
  30. リザルト九州
  31. リザルト沖縄
  32. MFJトライアル
  33. イベント(大会)
  34. イベント(大会)
  35. イベント(大会)
  36. イベント(大会)
  37. イベント(大会)
  38. イベント(大会)
  39. リザルト中国
  40. リザルト東北
  41. イベント(大会)
  42. イベント(大会)
  43. リザルト中部
  44. リザルト四国
  45. 2019.08.02

    最近の星空
  46. イベント(大会)
  47. イベント(大会)
  48. リザルト九州
  49. リザルト沖縄
  50. 140ccボアアップセット
  51. リザルト関東
  52. ワンタッチゼッケンプレートブラック
  53. MFJトライアル
  54. リザルト中国
  55. リザルト関東
  56. リザルト九州
  57. リザルト沖縄

    2019.06.23

    2019沖縄第6戦
  58. リザルト中国
  59. リザルト関東
  60. リザルト関東

日本のニュース

© トライアル自然山通信 All rights reserved.

2016モンテッサ300工場

モンテッサCotaが300に

 モンテッサが、フランスGPの会場でニューマシンを発表した。COTA300RRという名称のこのマシンは、その名の通り300ccエンジンを持つ必勝モデル。重量も2kg軽量化を果たしているという。輸入販売元のエトスデザインでは、予約申し込みを受け付けている。

2016モンテッサ300右から

 ついにモンテッサが300ccもデルを発表した。モンテッサは当初250ccモデルを市販し、その後よりコントローラブルな出力特性を求めて260ccに排気量アップして現在に至っている。基本的に、モンテッサのエンジンは排気量のバリエーションはなく、一発必中のラインナップとなっている。
 今回登場したのは300cc。世界選手権をはじめ、トップクラスは愛車に300ccクラスを選ぶことが多い。排気量のバリエーションが豊富な2ストロークマシンでも、トップカテゴリーのライダーは300ccを選ぶことが多いし、実はトニー・ボウ、藤波貴久、ハイメ・ブストの3名のレプソル・ホンダ・チームの面々は、みな300ccクラスのファクトリーマシンに乗っている。今回のニューモデルは、排気量的にファクトリー・スペックを採用したということになる。

2016モンテッサ300真横

 コンセプトとしてモンテッサがあげているのは9点。
1.レーシング・スピリット
2.進化した性能を発揮する新型エンジン
3.エンジン・マッピング・スイッチ
4.エンジンブレーキ抑制システム
5.軽量化と操縦性の向上
6.サスペンションセッティングの見直し
7.全体的な品質向上
8.ブレーキ性能の向上
9.ヨーロッパでの生産

 現在モンテッサには、COTA260とレース・レプリカの2種類がリリースされている。今回のCOTA300RRのRRは、Race Readyであるとされている。トライアルを楽しむCOTA260、レース気分のレース・レプリカ、そしてレース仕様のCOTA300RRということだろうか。

2016モンテッサ300左から

 このマシン、発売に先駆けて、スウェーデンのエディ・カールソンが実戦テスト。カールソンの地元のスウェーデン大会では、自身最高位となる6位を得た。地元の大会ということで、地元の利かと思われたものだったが、実はマシンがパワーアップしていたのだ。
 モンテッサコタとホンダRTLは兄弟マシンで、中身は同じということになっているが、最近はモンテッサがホンダの研究所の開発の元、独自のコンセプトでマシンを作り上げてきている。TECH製のサスペンションを装備して軽快感を演出したCOTA260は日本には存在しないモデルだし、ファクトリーマシンにもそのまま採用されているタンク形状も、RTLとは異なる。今回、モンテッサが300ccモデルを登場させたことで、新型車の登場が見送られ続けているホンダRTLとの差異はますます大きくなっている。
 ちなみに300ccという排気量は、トニー・ボウや小川友幸のチャンピオンマシンをはじめ、ホンダ・モンテッサに乗るトップライダーはほとんどこの仕様で参戦している。万人受け、という仕様ではないのかもしれないが、排気量が上がった分、底力を増したパフォーマンスが期待できる。
 なお、モンテッサではこのCOTA300RRに先駆けて、2016年モデルのCOTA260とレース・レプリカを発表している。

2016モンテッサ・コタ2016モンテッサ・COTA260
2016モンテッサ・レース2016モンテッサ・レース・レプリカ

2016モンテッサのハブ

20116モンテッサのエンジン左

2016モンテッサのステップ

2016モンテッサのエンジン右

 289ccという排気量は、78 x 80 mmのボアストロークを持っている。ボアとストローク、両方を大きくして実現したこの排気量だ。ピストン、シリンダーだけでなく、クランクシャフト、コンロッドなど、変更点は多岐にわたり、新設計といってもいい新しいエンジンができ上がった。
 排気量の増大に伴い、クランクケースにも見直しが行われているが、同時に燃料ポンプの流量も増大されることになった。大きな排気量に確実に燃料を供給するため、インジェクション機構も手が入っていることになる。もちろん点火マッピングも300cc仕様だ。マッピングは、当初から2段階に切り替えられるスイッチを持っている。マッピングの切り替えで、コンディションの変化などに対応できる。モード1が雨仕様、モード2が晴れ仕様(フルパワー)となっている。
 このほか、クランクケースから圧力を抜いてエンジンブレーキの効果を低減させるシステムや、新しいアルミのホイールハブなどの採用で、乗りやすさとマシンの軽量化を実現、クラッチシステムも、ファクトリーでの開発実績を反映させて、より多くのパワーを伝えきるように進化している。。
 排気量がアップされたので、キックスターターも新しいものが用意されて、始動がむずかしくならないように配慮されているという。
 ライダーの体重をがっちり支えるフットペグも、いまどきのしっかりした仕様のものが装着されている。
 価格はまだ決定していないが、日本に何台入ってくるのかも未定のため、このレース仕様を自分のものにしたいというライダーは、販売店を通じて早めに予約しておく必要があるかもしれない。価格は、決定次第発表となる。

●諸元●

エンジン:4ストローク単気筒SOHC 4バルブ水冷
排気量:288cc
ボア x ストローク:80 × 57.2 mm
圧縮比:10,5 : 1
アイドリング回転:1.800 rpm
エンジンオイル容量:0.6リットル/ギヤオイル0.57リットル
吸気形式:電気式フューエルインジェクション
スロットルボディ径:28 mm
エアクリーナー:湿式
燃料タンク容量:1.9リットル
イグニッションシステム:電気式、デジタルトランジスタ
イグニッションタイミング:27°〜45°(10,000 min-1)
スパークプラグ:NGK CR6EH-9
始動方法:プライマリーキック
ACG出力:ACG 160 W
クラッチ:湿式多板コイルスプリング式
クラッチ駆動:油圧
トランスミッション:5速
一次減速:3,166 (57/18)
ギヤ・レシオ
 1速 2.800 (42/15)
 2速 2.384 (31/13)
 3速 2.000 (30/15)
 4速 1.272 (28/22)
 5速 0.814 (22/27)
最終減速:4.100 (41/10)
最終減速駆動:#520ローラーチェーン

フレームタイプ:アルミニウムツイン材・ダイアモンド
寸法:2,016 × 830 × 1,130 mm
ホイールベース:1,321 mm
キャスター角:23°
トレール:63 mm
シート高:650 mm
フットペグ(ステップ)高:385 mm
最低地上高:335 mm
乾燥重量:72,0 kg

サスペンション(フロント):テレスコピック39 mm TECH(アルミチューブ・ダンパー調節機構付)
サスストローク(フロント):167mm
サスペンション(リヤ):プロリンク・ショウワ製ユニット・ダンパー調節機構付
サスストローク(リヤ):170 mm
リムサイズ(フロント):21 × 1.60
リムサイズ(リヤ):18 × 2.15
タイヤ(フロント):80/100 21 (Michelin)
タイヤ(リヤ):120/100 R18 (Michelin)
タイヤ空気圧(フロント):39 44kPa
タイヤ空気圧(リヤ):29 34kPa
ブレーキ(フロント):185 × 3.5 mm 4ピストン シングル・メタル・パッド
ブレーキ(リヤ): 150 × 2.5 mm 2ピストン シングル・メタル・パッド

●モンテッサ・ホンダのWEBサイト

関連記事

2020年のXトライアル

今年も、アウトドアのシーズンが終わって、Xトライアル(インドア)のシーズンが始まる。いつもなら年が明けてからだけど、今年は11月に2戦が組ま…

自然山通信2019年11月号電子版出来

自然山通信11月号の電子版をご用意しました。オールカラー60ページを、お手持ちのパソコンやタブレット端末やスマートフォンなどの電子端末でお楽…

自然山通信11月号発売中!

世界選手権参戦24年目にして、昨年のランキング5位から3位へジャンプ!チャレンジャー藤波貴久が表紙の11月号発売中!オールカラー60ページ、…

MFJトライアル

全日本歴代ランキング

全日本選手権の、歴代のランキング一覧です。 全クラス、ランキング15位までを抽出させていただきました(15位までに空欄があるクラス…

2019最終ランキング(独自集計)

2019年全日本選手権ポイントランキングです。MFJからの発表前の、自然山通信独自集計です。各ラウンドの数字はポイントではなく順位で…

小川友幸が有終の美でV9、7連覇を達成

2019年全日本選手権は、11月3日に宮城県スポーツランドSUGOで最終戦が開催された。 IASは小川友幸が優勝、IAは武田呼人。IB…

イベント(その他)

11/17第一回遠州虫ぼしミーティング

面白いイベントを企画してみました。第一回遠州虫ぼしミーティング、11月17日開催決定!! (さらに…)…

2019全日本選手権最終戦リザルト

2019年11月3日 宮城県柴田郡村田町スポーツランドSUGO 天候:晴れ 観客数:1,200人 IAS:10セクションx2ラッ…

リザルト中国

第263回ケニーズ杯

第263回ケニーズ杯 2019年11月3日:曇り (さらに…)…

リザルト中国

201910/27

第24回水源の森

第24回水源の森ツーリング・トレッキング・トライアルin比和やまびこ祭りコラボ 2019年10月26日〜27日 広島県比和町 …

ページ上部へ戻る