2021年4月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
  1. リザルト関東
  2. イベント(大会)
  3. イベント(大会)
  4. 2017お勉強会
  5. イベント告知
  6. イベント(大会)
  7. イベント(大会)
  8. リザルト中国
  9. MFJ
  10. リザルト中国
  11. イベント(大会)
  12. MFJトライアル
  13. リザルト九州
  14. リザルト中国
  15. 自然山通信2021年1月号表紙
  16. リザルト中国
  17. リザルト関東
  18. イベント(大会)
  19. リザルト関東
  20. リザルト九州
  21. リザルト関東
  22. リザルト関東
  23. イベント(スクール)
  24. リザルト九州
  25. イベント(大会)
  26. リザルト関東
  27. 2020.11.10

  28. MFJトライアル
  29. リザルト中国
  30. リザルト関東
  31. リザルト中国
  32. リザルト近畿
  33. リザルト中国
  34. リザルト東北
  35. イベント(大会)
  36. イベント(大会)
  37. MFJトライアル
  38. リザルト関東
  39. イベント(大会)
  40. イベント(大会)
  41. MFJトライアル
  42. リザルト九州
  43. リザルト九州
  44. イベント(その他)
  45. リザルト東北
  46. MFJトライアル
  47. イベント(大会)
  48. イベント(大会)
  49. イベント(大会)
  50. リザルト中国
  51. イベント(大会)

日本のニュース

© トライアル自然山通信 All rights reserved.

2015原瀧山の表彰式

岡村将敏、2速だけで勝利

 注目のルーキー、氏川湧雅が2連勝し、ランキングでも開幕戦で勝利した岡村将敏を逆転してトップとなっている国際A級。この1戦が天王山といいたいところだが、舞台が雨の原瀧山とあっては、どうなるかわからない。

 朝のウォーミングアップで、ミッションが壊れるという大打撃を受けたのが岡村だった。2速に入ったギヤが、そこから抜けなくなった。ローにも入らないし3速にも入らない。ニュートラルも出ない。不幸中の幸いだったのは、2速に入りっぱなしだから、走れる、ということだった。
 原瀧山は高低差の大きいセクションが多い。コースも思い切りよく上ってこなければ生還ができない。
「ほんとは3速とか、めちゃめちゃ使いたかった」
 ということだが、それでもないものはしかたがない。がまんのトライというか、開き直りのトライが続いた。
 6セクション以降は、ほとんど全員が5点ばかり。結果表を見ると、優勝した岡村が1ラップ目に第6セクションを3点で抜けているのと、1ラップ目の平田雅裕が第9セクションを3点で抜けているが、それ以外はきれいにみんながみんな5点になっている。1ラップ目のトップから15位までがちょうど10点におさまっているのは、今日のセクションが誰にとってもむずかしく、可能性が薄いものだったという証明でもある。
 大会主催者は、セクションの設定を1ラップ目と2ラップ目の間で変更する権限がある。ただしそれは、全員が2ラップ目に入っていない条件に限られる。誰か一人でも2ラップ目に入ってしまったら、もうセクションは変更するわけにはいかない(セクション変更を公式通知で出すチャンスを失うから)。
 そこには、雨が止んでしまったことも理由もあった。IASのすぐ前、スタートが比較的遅かったIAの面々は、1ラップ目前半こそ雨がひどく、泥が洗い流され、グリップは悪い状態ではなかったのだが、2ラップ目に入る頃には雨が止み始めて、滑る泥はかたまり始めて年度のようにタイヤにまとわりつくようになってしまった。

2015原瀧山の岡村将敏優勝、岡村将敏

 1ラップ目、ふたつのクリーンを出した岡村も、2ラップ目はクリーンがなし。第2セクションと第3セクションの二つをアウトしただけで、ほかの10セクションは全部5点だった。
 ちなみに2ラップ目のトップは伏見裕貴。岡村より5点少ない50点で12セクションを回ってきた。これで伏見は1ラップ目の26位から、一気に7位までポジションをアップさせている。その伏見でも、1点が一つ、3点が3つというスコア。クリーンはなかった。
 ひとつでもクリーンを出したライダーが8人だけ。全クリーン数は10個だった。
「2速だけだったのがよかったのかな?」
 終わってみれば、岡村は笑顔だった。百戦錬磨のベテランは、トラブルにも負けじと、今シーズン2勝目を飾った。

2015原瀧山の氏川湧雅2位、氏川 湧雅

 3連勝をして、一気にタイトルをひきよせんとする氏川湧雅は、あと3点で勝利を逃した。クリーンは第1セクションでの一つのみだった。それでも1ラップ目の5位からは挽回して2位に入っているから、安定感を増してきたといえそうだ。

2015原瀧山の村田慎示3位、村田 慎示

 3位には、このところ氏川をおいつめて上位入賞を続けているのが村田慎示。今回は氏川に1点差まで詰めよっての3位だった。
 氏川は藤波貴久の甥っ子だが(藤波姉さんの長男)実は村田は、藤波の世界選手権挑戦2年目に藤波のマインダーを務めていた。1997年のことだから、氏川が生まれる前のことだ。97年に藤波は初優勝をしているが、そのとき、村田はマインダーをやっていない。ライダーの練習時間に自分もせっせと練習していたところ大転倒。大けがをして日本に帰されてたのだが、今となってはみんな忘れているかもしれない思い出話でした。
 3戦連続の表彰台で、村田はランキング3位に浮上した。

2015原瀧山の尾藤正則2015原瀧山の永久保恭平2015原瀧山の徳丸新伍
4位尾藤 正則、5位永久保 恭平、6位徳丸 新伍
2015原瀧山の伏見裕貴2015原瀧山の徳丸貴幸2015原瀧山の久岡孝二
7位伏見 裕貴、8位徳丸 貴幸、9位久岡 孝二
2015原瀧山の平田雅裕2015原瀧山の松浦翼2015原瀧山の中里侑
10位平田 雅裕、11位松浦 翼、12中里 侑
2015原瀧山の三塚政幸2015原瀧山の寺澤慎也2015原瀧山の高橋由
13位三塚 政幸、14位寺澤 慎也、15位高橋 由

関連記事

リザルト関東

第64回里山トライアル大会

●2021年3月28日 ●埼玉県里山トライアルエリア (さらに…)…

イベント(大会)

5/16里山トライアル

第66・67回里山トライアル大会 (さらに…)…

自然山通信2021年4月号電子版ダウンロードよろ

すっかり春になりました。紙の自然山通信と中身はおんなじの電子版をご用意しましたので、大画面に表示しておっきな文字で読みたい人、ポケットに入れ…

自然山通信4月号発売

自然山通信2021年4月号を発売しました。 (さらに…)…

チカラさんの聖火

川内村を聖火リレーが走ってたので、見に行ってきた。川内村の聖火リレーは、やってよかったと思う。 (さらに…)…

4月25日開幕!全日本トライアル九州大会

全日本選手権が、いよいよようやく、開幕する。第1戦は、九州大会となる。 (さらに…)…

ヤマハの2021年国内レース参戦体制

2021年のシーズンインを前に、日本国内のヤマハ・レース体制が発表された。トライアルは、黒山健一と野崎史高の二人が紹介されている。 …

MFJサイトがリニューアルしていた

MFJの公式WEBページ、mfj.or.jpがリニューアルした。2021年は、MFJが競技会を中心にいろいろ改革しているが、サイトのリニ…

野崎史高がゴールドウインを着る

野崎史高がゴールドウインとウェア契約、来たるシーズン開幕には、ゴールドウインをまとって登場することになった。 (さらに…)…

高田島のトライアル大会について

高田島のトライアル大会について 川内村高田島では、春と秋にトライアル大会を開催しています、開催することにしていました。しかし2021年…

ページ上部へ戻る