2021年4月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
  1. リザルト関東
  2. イベント(大会)
  3. イベント(大会)
  4. 2017お勉強会
  5. イベント告知
  6. イベント(大会)
  7. イベント(大会)
  8. リザルト中国
  9. MFJ
  10. リザルト中国
  11. イベント(大会)
  12. MFJトライアル
  13. リザルト九州
  14. リザルト中国
  15. 自然山通信2021年1月号表紙
  16. リザルト中国
  17. リザルト関東
  18. イベント(大会)
  19. リザルト関東
  20. リザルト九州
  21. リザルト関東
  22. リザルト関東
  23. イベント(スクール)
  24. リザルト九州
  25. イベント(大会)
  26. リザルト関東
  27. 2020.11.10

  28. MFJトライアル
  29. リザルト中国
  30. リザルト関東
  31. リザルト中国
  32. リザルト近畿
  33. リザルト中国
  34. リザルト東北
  35. イベント(大会)
  36. イベント(大会)
  37. MFJトライアル
  38. リザルト関東
  39. イベント(大会)
  40. イベント(大会)
  41. MFJトライアル
  42. リザルト九州
  43. リザルト九州
  44. イベント(その他)
  45. リザルト東北
  46. MFJトライアル
  47. イベント(大会)
  48. イベント(大会)
  49. イベント(大会)
  50. リザルト中国
  51. イベント(大会)

日本のニュース

© トライアル自然山通信 All rights reserved.

2015原瀧山IB表彰台

ショウタ勝って、ショウタの連勝はならず

 ここまで2015年は全戦全勝、スーパーヤングの山崎頌太がはたして全勝を続けるのか。その連勝を止めるのは誰なのか。
 去年に続き、原瀧山は雨に見舞われた。去年は2ラップ目あたりで路面も乾き始めていたが、今年、スタートの早いB級は、2ラップとも雨の中の戦いとなったようだ。

 一番スタートの岡本勝太は、今回がリバイバル参戦だ。何年ぶりかと問えば、7〜8年ぶりではないかという。歴代の上位ランキングを見ると、岡本は2001年にランキング8位となっている。この年、ランキング7位は砂田真彦、6位に宮崎航と、その後IASに昇格し、今もそれぞれに活躍している名前が見える。
 その後岡本はIAに昇格するも、ランキング上位には顔を出さないまま、しばらく第一線から遠ざかっていた。リバイバル参戦の場合、年間のランキング争いとは別に、1回優勝すると、一階級昇格ができるきまりになっている。今回も、勝てば国際A級への復帰となる。全日本復帰の岡本とすれば、ぜひここで勝利を飾りたいところだが、今年の国際B級には山崎頌太がいる。簡単に勝利を奪えるものではない。まして岡本は一番スタートだった。

2015原瀧山の岡本勝太1位、岡本 勝太

 トライアルの選手権では、そこまでの成績がいい者があとからスタートする。今回でいえばランキングトップの山崎頌太が一番最後にスタートとなる。実勢のなにもない岡本勝太が最初のスタートだ。最初にスタートすると、ラインはできていないし、悪い見本もいい見本も誰もいない。あとからスタートするほうが、有利ということになっている。ランキング上位があとからスタートするのではますます成績がよくなってしまいそうだが、だからとランキングトップを一番スタートとしたのが、数年前の世界選手権だった。これは結局体勢に影響がなく、今は元通りになっているから、トライアルにとっては意味がなかったのだろう。
 ということで、いつもなら大きなハンディを背負ってのスタートとなった岡本だが、この日はちょっと様子がちがった。雨が降り、ときに激しく降り、そしていったん止んで、また雨が降る。雨が止んだ泥んこは前を走るライダーによってこね繰り回されて、たいへん手ごわい状況になっていく。いつものように、後からのスタートが無条件に有利とはいえない状況だった。
 1ラップ目、トップの4人を見ると、1位と3位がランキング上位の常連組(比較的後ろからのスタート)の岡村祐希と松本龍二、2位と4位が早いスタートの岡本勝太と本田隆史だった。上位クラスではオール5点に近いスコアもあったが、国際B級はそれでも抜け出られるセクションが多かった。1ラップ目のトップ岡村のスコアを見ると、クリーン1、1点二つ、3点5つ。5点は4つしかなかった。しかし、クリーンゼロながらさらに安定してセクションを抜け出ていたのが、岡本だった。岡本の5点は、たった2個だった。
 そして山崎はといえば、1ラップ目に10位に沈んでいた。2ラップ目に追い上げるも、2ラップ目もトップの岡本には3点差をつけられた。
「こんな日もあります」
 と、静かに語った山崎だったが、5連勝はならず。ちなみに1ラップ目にはクリーンは1、5点は7個もあった。

2015原瀧山の岡村2位、岡村 祐希

 優勝争いは、岡本と岡村。1ラップ目は同点だから、2ラップ目で勝負が決まる。岡村は第1、第2とクリーンするも、第4セクション以降がすべて5点だった。対する岡村は第5、第6と3点で抜けている。
「クリーンは一つしかなかったけど、3点で抜けられたセクションが多かったのが勝因」
 と岡本は振り返った。
 3位は中野禎彦、4位本田隆史と、スタートの早いライダーが入り(中野は過去にはポイントランカーとなったこともあるが、2012年以降は無得点だった)、5位に山崎頌太。ショウタの連勝を阻止したのは、年の差のあるショウタだった。

2015原瀧山の中野3位、中野 禎彦
2015原瀧山の本田2015原瀧山の山崎2015原瀧山の松本
4位本田 隆史、5位山崎 頌太、6位松本 龍二
2015原瀧山の米田2015原瀧山の山森2015原瀧山の川崎
7位米田 悟、8位山森 篤志、9位川崎 亘
2015原瀧山の光岡2015原瀧山の西2015原瀧山の瀧口
10位光岡 伸明、11位西 宏次、12位瀧口 清光
2015原瀧山の寺岡2015原瀧山の三好2015原瀧山の沖
13位寺岡 昭雄、14位三好 弘祐、15位沖 勇也

関連記事

リザルト関東

第64回里山トライアル大会

●2021年3月28日 ●埼玉県里山トライアルエリア (さらに…)…

イベント(大会)

5/16里山トライアル

第66・67回里山トライアル大会 (さらに…)…

自然山通信2021年4月号電子版ダウンロードよろ

すっかり春になりました。紙の自然山通信と中身はおんなじの電子版をご用意しましたので、大画面に表示しておっきな文字で読みたい人、ポケットに入れ…

自然山通信4月号発売

自然山通信2021年4月号を発売しました。 (さらに…)…

チカラさんの聖火

川内村を聖火リレーが走ってたので、見に行ってきた。川内村の聖火リレーは、やってよかったと思う。 (さらに…)…

4月25日開幕!全日本トライアル九州大会

全日本選手権が、いよいよようやく、開幕する。第1戦は、九州大会となる。 (さらに…)…

ヤマハの2021年国内レース参戦体制

2021年のシーズンインを前に、日本国内のヤマハ・レース体制が発表された。トライアルは、黒山健一と野崎史高の二人が紹介されている。 …

MFJサイトがリニューアルしていた

MFJの公式WEBページ、mfj.or.jpがリニューアルした。2021年は、MFJが競技会を中心にいろいろ改革しているが、サイトのリニ…

野崎史高がゴールドウインを着る

野崎史高がゴールドウインとウェア契約、来たるシーズン開幕には、ゴールドウインをまとって登場することになった。 (さらに…)…

高田島のトライアル大会について

高田島のトライアル大会について 川内村高田島では、春と秋にトライアル大会を開催しています、開催することにしていました。しかし2021年…

ページ上部へ戻る