2020年11月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  
  1. イベント(スクール)
  2. イベント(大会)
  3. MFJトライアル
  4. イベント(大会)
  5. イベント(大会)
  6. MFJトライアル
  7. 2017お勉強会
  8. イベント(大会)
  9. イベント(大会)
  10. MFJトライアル
  11. イベント(その他)
  12. リザルト東北
  13. MFJトライアル
  14. イベント(大会)
  15. イベント(大会)
  16. イベント(大会)
  17. リザルト中国
  18. イベント(大会)
  19. イベント(大会)
  20. 2016高田島ツートラ
  21. イベント(大会)
  22. イベント(大会)
  23. イベント(大会)
  24. イベント(その他)
  25. リザルト中国
  26. リザルト中国
  27. リザルト中部
  28. リザルト中国
  29. リザルト関東
  30. イベント(大会)
  31. イベント(大会)
  32. イベント(大会)
  33. リザルト沖縄
  34. イベント(大会)
  35. リザルト関東
  36. MFJトライアル
  37. イベント(大会)
  38. リザルト関東
  39. リザルト関東
  40. イベント(スクール)
  41. イベント(大会)
  42. イベント(大会)

日本のニュース

© トライアル自然山通信 All rights reserved.

氏川が3勝目、ルーキーチャンピオン誕生か

今年国際A級に昇格したばかりのルーキー、氏川湧雅がぐんぐんと調子を上げている。九州大会で初優勝のあと、北海道大会で連勝を果たし、中国大会では勝利を逃したもののしっかりと2位入賞。そして今回、3勝目を挙げてポイントリードを広げてきた。

最終戦では大ベテラン岡村将敏に7ポイントのアドバンテージをもってチャンピオン獲得を目指して走ることになる。7ポイントのリードは、最終戦で岡村が勝利した場合、氏川が4位以上なら氏川のタイトルが決定する計算だ。

1510キョウセイIA表彰台

この日の氏川は、ライバルとは別格的な走りを見せた。結果的にはIA全員が5点という第2セクションでこそ5点だったが、7セクションまでを全部クリーン。このリードが、氏川の勝利を決定づけた。

1510キョウセイIA氏川

反省点として氏川があげたのが、第8セクションでの5点。1ラップ目が1点だったのを、2ラップ目は足つきなしで最後まで走ったのだが、最後の最後でゲートマーカーを蹴飛ばして5点となったしまった。不注意な失点だったが、終わってみれば氏川と2位の武井誠也の間には24点の大差があった。

1510キョウセイIA岡村
4位磯谷と同点、クリーン数差で3位表彰台を獲得した岡村将敏

今回、氏川のチャンピオン争いのライバルである岡村は3位。岡村は昨年もランキング2位だったが、昨年は未勝利だった。今年は2勝をあげて、ルーキー氏川の最大の宿敵となっている。ただし氏川は、最終戦の目標を岡村との勝負よりも、勝利に置いているという。勝てばタイトルはついてくるが、氏川が目指すものは、勝利のための勝利だ。

1510キョウセイIA武井

氏川と岡村の間に入って、自身初の2位表彰台を獲得したのが、武井誠也だった。1ラップ目は、トップ氏川に8点差に迫っての2位。2ラップ目に大きく崩れて氏川のぶっちぎり勝利を許してしまったが、3位岡村に1点差で2位となった。2012年IBチャンピオンの武井、IA昇格3年目にして、いよいよ本領発揮か。次戦以降の武井にも注目していきたいところ。

中部大会のIAは、IASのあとからのスタート。IASは2ラップ終了後にSSが控えているため、こういうタイムスケジュールになっている。このスタート順により、いつもならIASよりも早いペースでセクションをこなしていくIA勢が、IAS軍団を抜けずにスローペースになっている傾向がある(抜けないことはないが、観客をひきつれた10名のトップライダーを抜いていくのはかなりの勇気がいる)。加えて今回は、スタート直後からIBの2ラップ目と重なってセクションのトライ待ち渋滞があった。悪天候でセクションの難度が増したため、セクションから抜け出るまでに時間がかかったライダーが多かったためもあるのだが、ちょっとお気の毒な事態だったようだ。

1510キョウセイIA磯谷1510キョウセイIA平田雅1510キョウセイIA寺澤
4位磯谷玲、5位平田雅裕、6位寺澤慎也
1510キョウセイIA小谷徹1510キョウセイIA永久保1510キョウセイIA平田貴
7位小谷徹、8位永久保恭平、9位平田貴裕
1510キョウセイIA徳丸新1510キョウセイIA小野田1510キョウセイIA村田
10位徳丸新伍、11位小野田理智、12位村田慎示
1510キョウセイIA小谷一1510キョウセイIA徳丸貴1510キョウセイIA松浦
13位小谷一貴、14位徳丸貴幸、15位松浦翼

関連記事

イベント(スクール)

202011/23

12/12-13 Gatti School Special 真壁

緊急開催決定 Gatti School Special 真壁トライアルランドで開催。 12月12日土曜日・12月13日日曜日、2日間に…

2021年世界選手権カレンダーは?

2021年FIM世界選手権(暫定)スケジュールが発表になった。日本GP(ツインリンクもてぎ)は5月15〜16日に設定されている。 (…

イベント(大会)

202011/19

12/27 GATTIスクール杯【会場変更】

今年7月に、7年ぶり開催となったガッチスクール杯!! 好評につき第2回開催決定!! 皆様と楽しみたいと思いますので参加宜しくおねがいしま…

2021年、ガスガスがロードレースに進出

ガスガスがKTM傘下となって1年になろうとしているが、KTMのガスガス・ブランド戦略が本気だ。 (さらに…)…

2021年のXトライアルはこうなる?

Xトライアルの2021年暫定カレンダーが発表された。このまま大会が開催される確証はないし、今後の感染症蔓延の状況を見ながらカレンダーの変更は…

2020年11月号電子版もありますよー

老眼でお悩みの方にお勧めの、お手持ちの電子端末でお好きな大きさに拡大して読める、自然山通信電子版。遅くなりましたが、11月号をお届けします。…

自然山通信11月号発売中!

自然山通信11月号発売中! ちょっと遅くなてしまいましたが、今月も元気にちょっと増ページ。ずっしり重くなってオールカラー70ページ・314円…

MFJトライアル

全日本歴代ランキング

全日本選手権の、歴代のランキング一覧です。 全クラス、ランキング15位までを抽出させていただきました(15位までに空欄があるクラス…

2020全日本選手権最終ランキング(独自集計)

2020年全日本選手権ポイントランキングです。MFJ正式ではなく、自然山通信独自集計です。各ラウンドの数字はポイントではなく順位です。出場し…

全日本トライアル最終戦結果

2020年11月8日 和歌山県有田郡湯浅町湯浅トライアルパーク 天候:晴れときどき曇り 観客数:0人(無観客試合) IAS:10…

ページ上部へ戻る