2021年4月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
  1. リザルト関東
  2. イベント(大会)
  3. イベント(大会)
  4. 2017お勉強会
  5. イベント告知
  6. イベント(大会)
  7. イベント(大会)
  8. リザルト中国
  9. MFJ
  10. リザルト中国
  11. イベント(大会)
  12. MFJトライアル
  13. リザルト九州
  14. リザルト中国
  15. 自然山通信2021年1月号表紙
  16. リザルト中国
  17. リザルト関東
  18. イベント(大会)
  19. リザルト関東
  20. リザルト九州
  21. リザルト関東
  22. リザルト関東
  23. イベント(スクール)
  24. リザルト九州
  25. イベント(大会)
  26. リザルト関東
  27. 2020.11.10

  28. MFJトライアル
  29. リザルト中国
  30. リザルト関東
  31. リザルト中国
  32. リザルト近畿
  33. リザルト中国
  34. リザルト東北
  35. イベント(大会)
  36. イベント(大会)
  37. MFJトライアル
  38. リザルト関東
  39. イベント(大会)
  40. イベント(大会)
  41. MFJトライアル
  42. リザルト九州
  43. リザルト九州
  44. イベント(その他)
  45. リザルト東北
  46. MFJトライアル
  47. イベント(大会)
  48. イベント(大会)
  49. イベント(大会)
  50. リザルト中国
  51. イベント(大会)

日本のニュース

© トライアル自然山通信 All rights reserved.

山崎頌太、優勝でチャンピオン決定

10月11日、2015年全日本チャンピオンの一番乗りは、国際B級山崎頌太だった。それもそのはず、山崎の2015年は連戦連勝。前回第6戦では連勝がストップしたものの、シーズンを通しての圧勝ぶりは変わらず。今回の勝利で山崎がランキング2位の岡村祐希に対して築いたポイントリードは28点となった。これで山崎は、最終戦を待たず(仮に最終戦を欠席したとしても)ランキングトップは揺るがず。2015年のチャンピオンを決定した。

1510キョウセイIBの山崎チームSo7 Wise Beta Teamのみんなと。黄色い帽子が山崎親子。その隣はお母さん。年齢不詳のチームのみんなに混ざってもお若い。センターのひときわ背が高いのがチームの親分の門永哲也さん。国際A級ライダー

勝利をしても、いつも控えめにその日のトライアルを語る15歳になったばかりの連勝男は、しかし今回はさすがにうれしそうだった。チームのみんなが山崎のチャンピオンTシャツを着て、先輩たちがみんなで若きチャンピオンを祝ってくれるのだから、今日はなにをおいても喜ぶべき日だ。

1510キョウセイIBの山崎

実は、記念撮影に持ち出されたチャンピオンマシンには、リヤフェンダーがついていなかった。この日の最終セクションである12セクションで失敗、リヤフェンダーを失ってきたのだという。

山崎は第1セクションでも丸太で滑って転倒、5点になっているから、この日の24セクションの最初と最後で5点を取っているわけだが、それでも2位には10点差をつけていた。

しかもこの日、国際B級も国際A級と同じく持ち時間がぎりぎり、というか持ち時間たらずだった。IASにはタイムオーバーはなかったがIASの持ち時間が余裕だったということよりも、IASは残り時間を計算してペースを調整する術に長けているということだろうか。そして山崎にも6点のタイムオーバー減点があった。2位との10点差は、このタイムオーバーを含んだものだ。

山崎は1ラップ目23点、2ラップ目25点と、2ラップとも20点台で回っている。2位の松本龍二は2ラップとも32点だ。1ラップを20点台で回ったのは山崎と、5位池田蓮、7位倉持晃人の3人のみ。ともに1ラップ目にマークしたもので、池田は27点、倉持は26点。ふたりとも、2ラップ目に減点を増やして順位を落としてしまっていて、倉持は山崎と同じく6点のタイムオーバーも記録してしまっていた。

1510キョウセイIBの松本

2位松本は、中部選手権ですでにチャンピオンを決めていて、国際A級への昇格切符は手にしている。それでも全日本での昇格はまた別格。山崎はチャンピオンを決めたが、ランキング3位の松本もランキング3位以上を決定して、ランキング5位以内のIA昇格圏内につけている。

1510キョウセイIBの小沼

3位の小沼侑暉は、もてぎの世界選手権、125クラスで3位表彰台にのった経験があるが、全日本での表彰台はこれが初めて。この表彰台で、厳しいながらもIA昇格の可能性も出てきた。

ランキング2位の岡村は今回は4位。表彰台は逃したが、松本同様にIA昇格は確定した。今シーズンは全戦6位以上でポイントを獲得して、表彰台獲得も3回。来シーズンはいよいよ親子で国際A級を走ることになるが、最終戦で4回目の表彰台に乗れるかどうかが今年最後の挑戦となる。

この大会、優勝の山崎も6点のタイムオーバーがあったが、10点弱のタイムオーバー減点をとったライダーは少なくなかった。タイムオーバーは、以前は20分まで認められていたが、現在は10分まで。それを過ぎると失格となるのだが、今回は3名の失格者が出た。タイムキーピングはトライアルの重要な要素だから、時間内にゴールするのも戦略のうちだが、今回はタイムオーバー続出の大会となった。

1510キョウセイIBの表彰台

1510キョウセイIBの岡村1510キョウセイIBの池田1510キョウセイIBの山森
4位岡村、5位池田、6位山森
1510キョウセイIBの倉持1510キョウセイIBの横尾1510キョウセイIBの寺岡
7位倉持、8位横尾、9位寺岡
1510キョウセイIBの和気1510キョウセイIBの沖1510キョウセイIBの三好
10位和気、11位沖、12位三好
1510キョウセイIBの大神1510キョウセイIBの中村1510キョウセイIBの遠藤
13位大神、14位中村、15位遠藤

関連記事

リザルト関東

第64回里山トライアル大会

●2021年3月28日 ●埼玉県里山トライアルエリア (さらに…)…

イベント(大会)

5/16里山トライアル

第66・67回里山トライアル大会 (さらに…)…

自然山通信2021年4月号電子版ダウンロードよろ

すっかり春になりました。紙の自然山通信と中身はおんなじの電子版をご用意しましたので、大画面に表示しておっきな文字で読みたい人、ポケットに入れ…

自然山通信4月号発売

自然山通信2021年4月号を発売しました。 (さらに…)…

チカラさんの聖火

川内村を聖火リレーが走ってたので、見に行ってきた。川内村の聖火リレーは、やってよかったと思う。 (さらに…)…

4月25日開幕!全日本トライアル九州大会

全日本選手権が、いよいよようやく、開幕する。第1戦は、九州大会となる。 (さらに…)…

ヤマハの2021年国内レース参戦体制

2021年のシーズンインを前に、日本国内のヤマハ・レース体制が発表された。トライアルは、黒山健一と野崎史高の二人が紹介されている。 …

MFJサイトがリニューアルしていた

MFJの公式WEBページ、mfj.or.jpがリニューアルした。2021年は、MFJが競技会を中心にいろいろ改革しているが、サイトのリニ…

野崎史高がゴールドウインを着る

野崎史高がゴールドウインとウェア契約、来たるシーズン開幕には、ゴールドウインをまとって登場することになった。 (さらに…)…

高田島のトライアル大会について

高田島のトライアル大会について 川内村高田島では、春と秋にトライアル大会を開催しています、開催することにしていました。しかし2021年…

ページ上部へ戻る