2022年11月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
  1. イベント(大会)
  2. MFJ
  3. イベント(大会)
  4. リザルト中国
  5. リザルト関東
  6. イベント(大会)
  7. イベント(大会)
  8. イベント(大会)
  9. イベント(大会)
  10. イベント(大会)
  11. イベント(大会)
  12. イベント(大会)
  13. リザルト中部
  14. 2017TDN
  15. トライアル・デ・ナシオン
  16. リザルト関東
  17. リザルト中国
  18. 2017お勉強会
  19. リザルト中国
  20. イベント(大会)
  21. イベントリザルト
  22. リザルト中国
  23. リザルト中国
  24. TRJ / MFJ
  25. イベント(その他)
  26. リザルト中国
  27. イベント(大会)
  28. TRJ / MFJ
  29. リザルト中国
  30. イベント(大会)
  31. リザルト中国
  32. リザルト関東
  33. イベント(大会)
  34. イベント(スクール)
  35. イベント(スクール)
  36. リザルト関東
  37. イベント(大会)
  38. TRJ / MFJ
  39. リザルト中国
  40. TRJ / MFJ
  41. イベント(大会)
  42. イベント(大会)

日本のニュース

© トライアル自然山通信 All rights reserved.

山崎頌太、優勝でチャンピオン決定

10月11日、2015年全日本チャンピオンの一番乗りは、国際B級山崎頌太だった。それもそのはず、山崎の2015年は連戦連勝。前回第6戦では連勝がストップしたものの、シーズンを通しての圧勝ぶりは変わらず。今回の勝利で山崎がランキング2位の岡村祐希に対して築いたポイントリードは28点となった。これで山崎は、最終戦を待たず(仮に最終戦を欠席したとしても)ランキングトップは揺るがず。2015年のチャンピオンを決定した。

1510キョウセイIBの山崎チームSo7 Wise Beta Teamのみんなと。黄色い帽子が山崎親子。その隣はお母さん。年齢不詳のチームのみんなに混ざってもお若い。センターのひときわ背が高いのがチームの親分の門永哲也さん。国際A級ライダー

勝利をしても、いつも控えめにその日のトライアルを語る15歳になったばかりの連勝男は、しかし今回はさすがにうれしそうだった。チームのみんなが山崎のチャンピオンTシャツを着て、先輩たちがみんなで若きチャンピオンを祝ってくれるのだから、今日はなにをおいても喜ぶべき日だ。

1510キョウセイIBの山崎

実は、記念撮影に持ち出されたチャンピオンマシンには、リヤフェンダーがついていなかった。この日の最終セクションである12セクションで失敗、リヤフェンダーを失ってきたのだという。

山崎は第1セクションでも丸太で滑って転倒、5点になっているから、この日の24セクションの最初と最後で5点を取っているわけだが、それでも2位には10点差をつけていた。

しかもこの日、国際B級も国際A級と同じく持ち時間がぎりぎり、というか持ち時間たらずだった。IASにはタイムオーバーはなかったがIASの持ち時間が余裕だったということよりも、IASは残り時間を計算してペースを調整する術に長けているということだろうか。そして山崎にも6点のタイムオーバー減点があった。2位との10点差は、このタイムオーバーを含んだものだ。

山崎は1ラップ目23点、2ラップ目25点と、2ラップとも20点台で回っている。2位の松本龍二は2ラップとも32点だ。1ラップを20点台で回ったのは山崎と、5位池田蓮、7位倉持晃人の3人のみ。ともに1ラップ目にマークしたもので、池田は27点、倉持は26点。ふたりとも、2ラップ目に減点を増やして順位を落としてしまっていて、倉持は山崎と同じく6点のタイムオーバーも記録してしまっていた。

1510キョウセイIBの松本

2位松本は、中部選手権ですでにチャンピオンを決めていて、国際A級への昇格切符は手にしている。それでも全日本での昇格はまた別格。山崎はチャンピオンを決めたが、ランキング3位の松本もランキング3位以上を決定して、ランキング5位以内のIA昇格圏内につけている。

1510キョウセイIBの小沼

3位の小沼侑暉は、もてぎの世界選手権、125クラスで3位表彰台にのった経験があるが、全日本での表彰台はこれが初めて。この表彰台で、厳しいながらもIA昇格の可能性も出てきた。

ランキング2位の岡村は今回は4位。表彰台は逃したが、松本同様にIA昇格は確定した。今シーズンは全戦6位以上でポイントを獲得して、表彰台獲得も3回。来シーズンはいよいよ親子で国際A級を走ることになるが、最終戦で4回目の表彰台に乗れるかどうかが今年最後の挑戦となる。

この大会、優勝の山崎も6点のタイムオーバーがあったが、10点弱のタイムオーバー減点をとったライダーは少なくなかった。タイムオーバーは、以前は20分まで認められていたが、現在は10分まで。それを過ぎると失格となるのだが、今回は3名の失格者が出た。タイムキーピングはトライアルの重要な要素だから、時間内にゴールするのも戦略のうちだが、今回はタイムオーバー続出の大会となった。

1510キョウセイIBの表彰台

1510キョウセイIBの岡村1510キョウセイIBの池田1510キョウセイIBの山森
4位岡村、5位池田、6位山森
1510キョウセイIBの倉持1510キョウセイIBの横尾1510キョウセイIBの寺岡
7位倉持、8位横尾、9位寺岡
1510キョウセイIBの和気1510キョウセイIBの沖1510キョウセイIBの三好
10位和気、11位沖、12位三好
1510キョウセイIBの大神1510キョウセイIBの中村1510キョウセイIBの遠藤
13位大神、14位中村、15位遠藤

関連記事

スマホのカメラ

今年の夏、iPhone7の調子が悪いと愚痴ったら、杉谷が予備に回していたiPhone12を譲ってくれた。 (さらに…)…

【PRESENT】オリジナル2023壁掛トライアルカレンダー

自然山通信オリジナル「B4壁掛け・2023トライアルカレンダー」無料プレゼント中! (さらに…)…

自然山通信2022年11月号電子版

自然山通信の電子版をお届けします。PDFでのご提供です。 重さゼログラム。電車の中で、アッシーくん運転の助手席で、仕事の書類を読むふりして…

自然山通信11月号発売

自然山通信11月号発売の発売です。2022全日本トライアル選手権R7近畿大会、「トライアル・デ・ナシオン・2022年日本チーム不参加と今…

トライアルGC大会/GCクラスでの昇格の記録

トライアルGC大会、そのGCクラスで国際B級への昇格を果たした選手の一覧です。 GC大会10位までに入ると(2000年以降の場…

第3回高田島庭先コンペティション

順位氏名(ゼッケン)年齢マシンお住まいLap減点ゲートL小計減点タイム減点ゲート競技時間総減点クリーン 1234567891011…

2022年全日本選手権ランキング(独自集計)

2022年全日本選手権ポイントランキングです。MFJ正式ではなく、自然山通信独自集計です。 各ラウンドの数字はポイントではなく順位です…

2022全日本R8東北大会全リザルト

2022全日本選手権第8戦東北大会リザルト ●2022年10月23日 ●宮城県柴田郡村田町スポーツランドSUGO 天候:晴れ一…

小川友幸圧勝の最終戦

2022年最終戦は、いつものように(といっても一昨年の最終戦は近畿だった)スポーツランドSUGOでの開催だった。 (さらに&…

イベント(大会)

202210/18

12/25里山忘年トライアル大会

○里山忘年トライアル大会  開催日:2022年12月25日(日) (さらに…)…

ページ上部へ戻る