2022年6月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  
  1. イベント(大会)
  2. イベント(大会)
  3. イベント(大会)
  4. TRJ / MFJ
  5. TRJ / MFJ
  6. 2017お勉強会
  7. イベント(大会)
  8. リザルト関東
  9. イベント(大会)
  10. イベント(スクール)
  11. イベント(スクール)
  12. リザルト関東
  13. イベント(大会)
  14. TRJ / MFJ
  15. TRJ / MFJ
  16. イベント(大会)
  17. イベント(大会)
  18. イベント(大会)
  19. リザルト関東
  20. イベント(大会)
  21. イベント(大会)
  22. リザルト中国
  23. MFJトライアル
  24. リザルト東北
  25. リザルト関東
  26. リザルト関東
  27. リザルト中国
  28. イベント(大会)
  29. TRJ / MFJ
  30. TRJ / MFJ
  31. TRJ / MFJ
  32. MFJトライアル
  33. リザルト関東
  34. TRJ / MFJ
  35. リザルト中国
  36. リザルト関東
  37. トライアル・デ・ナシオン
  38. 2017TDN
  39. リザルト関東
  40. イベント(その他)
  41. イベント(大会)
  42. イベント(その他)
  43. イベント(大会)

日本のニュース

© トライアル自然山通信 All rights reserved.

ニッポンの藤波(多摩)

多摩テックの藤波3

 11月16日、東京郊外の多摩テックで「トライアルフェスティバル」が開催された。
 多摩テックでのトライアルイベントは去年に引き続き開催されるもので、藤波貴久、小川友幸、小林直樹の3名を迎えてバリエーションに飛んだトライアルの一日となった。


 朝一では、ホンダのデモンストレーション・トラックを使ってのデモ走行。といっても、これくらいのライダーが集まれば、派手な設定がなくても充分お客さんの度肝を抜くライディングの数々を披露することができる。
 30分ちょっとのデモ走行だったけど、お客さんとの距離、最短で5cmくらいのところを走るわけだから、迫力満点、ふれあい感満点だ。
 デモ走行のあとは、トライアルライダー3人によるトークショー。世界チャンピオンと全日本チャンピオン、そしてもてぎの日本GPなどの実況などの仕事を通じて、誰よりも藤波の戦い方を理解している小林直樹の3人組ときたら、話の内容も深い。
 お客さんにはさまざまな顔ぶれがいて多摩テックトライアルパークの会員のトライアルオーソリティから、トライアルを見るのが好きな人、たまたまこの日多摩テックにやってきてトライアルと遭遇してしまった人まで、いろいろだ。
 司会進行役のおねーさんは、たいていトライアルをあんまりよくご存知でない。でもだからこそ、おもしろい話が引き出せることもある。
「調子がいいときはラインが見えるです」
「そういうときのラインって、線が引かれているように見えるんですか? 何色ですか?」
 なーんて会話がはずんでいる。トライアルオーソリティのみなさんは素人を哀れむ目線で見てしまうが、でも実は、藤波だけ別の見え方をしてるのかもしれないし、それをまたどういうふうに説明するかが、興味深い。結局藤波のラインは赤でも金色でもなくて
「タイヤがそこを走っていくイメージが見える」
 という解説だった。あなたも、そうですか?
 トークショーのあとは、バーベキューの集い。お申し込みした人だけだけど、3人のライダーを囲んでバーベキューが楽しめる。それぞれのテーブルに、3人のライダーが次々にやってきてお話ししていってくれる。トップライダーの家庭訪問みたいな感じ。これも新しい試みでした。

多摩テックの藤波2

 そして小休止のあと、舞台を多摩テックトライアルパークに移してトライアルスクール。参加できるのは事前に申し込んだ人だけだけど、見学は誰でもOK。トライアルがわかんなくても、トップライダーの教えを横で聞いているだけでも幸せな気持ちになれるかもしれない。
 とはいえ、藤波は「ぼくは教えるのは下手です」と公言する。自分の長所をしっかりと把握して育て、弱点を克服するのは長年のトレーニングの成果で世界一のものを持っているが、人のことをめんどう見たことなんて、まずないわけだ。
 しかし走っているのを見て「あなたのライディングはここんところをこうするとよくなる」と指摘する能力はさすが。トライアルに関しての目がいいから、こんな指摘は朝飯前なのかもしれない。
 これが小川友幸になると、こちらはスクールの先生業が多いだけに、教え方もこなれている。
「前輪をあげるときには、フロントを縮めるのではなく、ステップを踏み込んでマシン全体を縮めてください」
 この一言が目から鱗になって、すこんとフロントが浮くようになる人だっているわけだ。
 スクールの合間には、小川vs藤波のクリーン合戦もあり。世界のトップレベルのテクニックを拝めるのも魅力だけど、ふだんの練習場での会話が再現されたようなふたりのやりとりなど、貴重なシーンも目撃できた。

0811多摩テックの藤波1

 多摩テックは、東京都内の唯一のトライアルパーク。現在はレンタルバイクの扱いがないのが寂しいが、こういったイベントを通じてトライアル普及がかなえば、藤波貴久もはるばるスペインから駆けつけた甲斐があったというものだ。このイベントは、きっと来年もあると思うから、この時期にはチェックを怠るなかれ。

関連記事

イベント(大会)

8/21第80回里山トライアル

○第79回里山トライアル大会  開催日:2022年8月21日(日) (さらに…)…

イベント(大会)

7/10里山初級者トライアル大会

○里山初級者トライアル大会  開催日:2022年7月10日(日) (さらに…)…

イベント(大会)

7/3ファミリートライアルのお知らせ!

急ですが、中止となった「トムスカントリー」の代わりに「ファミリートライアル」を開催することになりました! (さらに…)…

自然山通信2022年6月号電子版お届けしますー

印刷して製本された自然山通信はすでに皆様のお手元に発送させていただきましたが、こちらはPDFで配信する電子版です。 お手元の電子機器、…

2022年版トライアルGPの楽しみ方

本日、いよいよ開幕する世界選手権「トライアルGP」。どうやって楽しんだらいいのかわからないからちゃんと紹介しろというお声をいただいたので、ち…

小川毅士、武田呼人、日本人のT2
世界選手権開幕直前情報

今週末、いよいよ世界選手権、トライアルGPが開幕する。6月の開幕は、記憶の限り、最も遅い開幕になる。土曜日、日曜日の2日間制、開幕戦はスペイ…

自然山通信6月号発売!

自然山通信6月号発売中!SSDT(スコットランドの6日間トライアル)でドギー・ランプキンが13回目の勝利。そしてSSDTに初めて電動バイクが…

TRJ / MFJ

2022年全日本選手権ランキング(独自集計)

2022年全日本選手権ポイントランキング(第3戦関東大会終了現在)です。 MFJ正式ではなく、自然山通信独自集計です。各ラウンドの数字…

TRJ / MFJ

2022全日本選手権第3戦関東大会リザルト

2022全日本選手権第3戦関東大会リザルト ●2022年6月5日 ●栃木県茂木町モビリティリゾートもてぎ 天候:曇りのち晴れの…

小川友幸の逆襲。2022全日本第2戦九州大会

開幕戦中部大会から3週間、全日本選手権は九州へとやってきた。会場となった熊本県矢谷渓谷キャンプ場は、6年ぶりの全日本開催となる。キャンプ場に…

ページ上部へ戻る