2020年11月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  
  1. イベント(スクール)
  2. イベント(大会)
  3. MFJトライアル
  4. イベント(大会)
  5. イベント(大会)
  6. MFJトライアル
  7. 2017お勉強会
  8. イベント(大会)
  9. イベント(大会)
  10. MFJトライアル
  11. イベント(その他)
  12. リザルト東北
  13. MFJトライアル
  14. イベント(大会)
  15. イベント(大会)
  16. イベント(大会)
  17. リザルト中国
  18. イベント(大会)
  19. イベント(大会)
  20. 2016高田島ツートラ
  21. イベント(大会)
  22. イベント(大会)
  23. イベント(大会)
  24. イベント(その他)
  25. リザルト中国
  26. リザルト中国
  27. リザルト中部
  28. リザルト中国
  29. リザルト関東
  30. イベント(大会)
  31. イベント(大会)
  32. イベント(大会)
  33. リザルト沖縄
  34. イベント(大会)
  35. リザルト関東
  36. MFJトライアル
  37. イベント(大会)
  38. リザルト関東
  39. リザルト関東
  40. イベント(スクール)
  41. イベント(大会)
  42. イベント(大会)

日本のニュース

© トライアル自然山通信 All rights reserved.

電動トライアルマシン「EM5.7」の乗り方

フランス製のトライアルマシンメーカー、エレクトリック・モーション社の電動トライアルマシン「EM5.7」を輸入元「テラ&トライアル」の成田匠さんと共に試乗、乗り方について解説していただきました。15分程の動画です。

以前自然山通信(2012年10月号)で試乗記を掲載した電動トライアルマシンEM5.7。当時は世界に2台しかないというプロトタイプだったが、今回試乗させていただいたのは現行の市販タイプだ。まだ台数は少ないながら現在では量産が始まり、少しずつファンとユーザーが増えつつある。フランス国内選手権へ参戦も含め、多くのテストを経て改良が重ねられてきた。

3年前のプロトタイプと比べると、アクセル全閉ゼロからの初速の出はじめがとてもスムーズで好印象だ。タイトターンがしやすい。モードを切り替えパワーを上げたとしても、モーターが最初に回り始める一瞬のフィーリングに安心感を持てる。その安心感とは、このマシンの扱いやすさだ。リヤタイヤのグリップの失いにくさを感じる。同時に、タイトターン時のフロントタイヤの横流れしにくさにもつながっている。

プロトタイプでは、高出力モードに切り替えれば危険を感じる程のハイパワーだったが、今回の市販タイプでは抑えられ、切り替えモード全体が乗りやすく扱いやすい方向へシフトされている。エレクトリック・モーションの社長は、元スコルパの社長で現行のスコルパTY125-4Tのベースを世に出したフィリップ・アレステンさん。トライアルファンのハートしっかりつかむマシン作りには実績がある。EM5.7についても「誰にでも楽しめるマシン」をコンセプトに開発が進められているという。

トライアル界で評価の高いオーレ社の前後サスペンションを装備し、ブレーキ、アンダーガード等すべての装備品が充実。価格もエンジン装着の各社トライアルマシンの価格帯とほぼ並んでいる。

それでは、成田匠さんの解説を動画でお届けします。

希望小売価格
EM 5,7 ¥1,026,000(税込)
EM SPORTS 5,7 ¥1,119,960(税込)

◎スペック
2015 model EM5.7,(EM5.7sports) specification
Frame: Chromo Steel perimeter,
Weight: 73kg Wet (71kg),
Front Suspension: R16V 40mm、(marzocchi 40mm or Tech 39mm),
Rear Suspension: Aluminium Swingarm, with R16V,
Front Brake: AJP 4 piston hydraulic (182mm disc),
Rear Brake: AJP 2 piston hydraulic (150mm disc),
Rims: 1,6”x21’’ Tube & 2,15’’x18’’ tubeless.
Power Train: Brushless DC HPM05kw,
Power: 5kw nominal (approx. 10kw peak),
Torque: 16nm nominal (approx. 20nm peak),
Mapping Available (4): Novice, Trek, Wet Trial, Dry Trial,
Primary Drive: Toothed Belt,
Secondary Drive: Chain,
Maximum Speed: 55kmh,
Time Range: 60-160 minutes,
Power Source: 48v 25ah, Lithium Polymer Battery,
Charging Time (10Amp Charger): 40 minutes to 80% ,130 minutes to100%

◎輸入元 TERRA & TRIAL(代表 成田 匠)
東京都大田区久が原3-21-16
TEL/FAX 03-6410-6689 Mobile 090-2246-6499

em57dvdなお自然山通信では、成田匠選手によるEM5.7プロトタイプでの2013全日本選手権北海道大会参戦(賞典外)の模様をDVDにまとめたものをお届けしています。「日本のトライアルに電動バイクの風を送る」のショッピング・サイトはこちら

EM57_06

EM57_01
EM57_04
EM57_03
EM57_07

関連記事

イベント(スクール)

202011/23

12/12-13 Gatti School Special 真壁

緊急開催決定 Gatti School Special 真壁トライアルランドで開催。 12月12日土曜日・12月13日日曜日、2日間に…

2021年世界選手権カレンダーは?

2021年FIM世界選手権(暫定)スケジュールが発表になった。日本GP(ツインリンクもてぎ)は5月15〜16日に設定されている。 (…

イベント(大会)

202011/19

12/27 GATTIスクール杯【会場変更】

今年7月に、7年ぶり開催となったガッチスクール杯!! 好評につき第2回開催決定!! 皆様と楽しみたいと思いますので参加宜しくおねがいしま…

2021年、ガスガスがロードレースに進出

ガスガスがKTM傘下となって1年になろうとしているが、KTMのガスガス・ブランド戦略が本気だ。 (さらに…)…

2021年のXトライアルはこうなる?

Xトライアルの2021年暫定カレンダーが発表された。このまま大会が開催される確証はないし、今後の感染症蔓延の状況を見ながらカレンダーの変更は…

2020年11月号電子版もありますよー

老眼でお悩みの方にお勧めの、お手持ちの電子端末でお好きな大きさに拡大して読める、自然山通信電子版。遅くなりましたが、11月号をお届けします。…

自然山通信11月号発売中!

自然山通信11月号発売中! ちょっと遅くなてしまいましたが、今月も元気にちょっと増ページ。ずっしり重くなってオールカラー70ページ・314円…

MFJトライアル

全日本歴代ランキング

全日本選手権の、歴代のランキング一覧です。 全クラス、ランキング15位までを抽出させていただきました(15位までに空欄があるクラス…

2020全日本選手権最終ランキング(独自集計)

2020年全日本選手権ポイントランキングです。MFJ正式ではなく、自然山通信独自集計です。各ラウンドの数字はポイントではなく順位です。出場し…

全日本トライアル最終戦結果

2020年11月8日 和歌山県有田郡湯浅町湯浅トライアルパーク 天候:晴れときどき曇り 観客数:0人(無観客試合) IAS:10…

ページ上部へ戻る