2020年9月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
  1. MFJトライアル
  2. イベント(大会)
  3. イベント(大会)
  4. イベント(大会)
  5. イベント(大会)
  6. 2016高田島ツートラ
  7. イベント(大会)
  8. イベント(大会)
  9. イベント(大会)
  10. イベント(大会)
  11. イベント(その他)
  12. リザルト中国
  13. イベント(大会)
  14. リザルト中国
  15. リザルト中部
  16. リザルト関東
  17. イベント(大会)
  18. イベント(大会)
  19. イベント(大会)
  20. リザルト沖縄
  21. イベント(大会)
  22. 2017お勉強会
  23. リザルト関東
  24. イベント(大会)
  25. MFJトライアル
  26. イベント(大会)
  27. リザルト関東
  28. リザルト関東
  29. イベント(スクール)
  30. イベント(大会)
  31. イベント(大会)
  32. イベント(大会)
  33. イベント(大会)
  34. リザルト中国
  35. 2020.04.05

    福島市へ行く
  36. イベント(大会)
  37. イベント(大会)
  38. イベント(大会)
  39. イベント(大会)
  40. イベント(大会)
  41. リザルト四国
  42. イベント(大会)
  43. イベント(大会)
  44. イベント(大会)
  45. リザルト沖縄
  46. イベント告知
  47. 2020XTDN延期
  48. イベント(大会)

日本のニュース

© トライアル自然山通信 All rights reserved.

新生ガスガスと今後の展望

12月1日に、ガスガスがニュースリリースを発表した。
新たなオーナーとなったTorrot社による今後の新生ガスガスの所信表明でもある。
そして日本のトライアル・インポーターは、ひきつづき株式会社マーチが担当することが決定した。

Torrot社のCEO、Ivan Contrerasはインタビューに答えて、いくつかの決意を表明している。
まずは、トライアル市場のリーダーシップを取り戻すことだ。
2016年には2,000台のトライアルマシンを生産し、2018年には年間生産をトライアルとエンデューロで4,000台としたいとしている。
エンデューロは2017年モデルより、より競争力のあるモデルを登場させ、長期計画的には電動バイクに進出。Torrotの先進技術を使ったGASGAS初のElectricオフロードバイクを生産したいということだが、長期計画については、まだ具体的な動きには至っていないようだ。

1509gasgas2016_1

ジローナにあるガスガスの工場は再開の準備を整えつつある。再び従業員が集い、部品調達のためにパーツサプライヤーとの連絡に奔走し、そして世界のインポーターからはすでに注文が入ってきている。

Torrot社としては、電動バイクの生産工場をすでに持っているが、こちらはモーターサイクルの工場としては手狭なので、研究や開発部門のみを担当することになるだろうということだ。

2018年には、トライアルバイクの生産台数を4,000台まで伸ばし、トライアル市場のリーダーの地位を確保したいということだ。エンデューロも同様に生産をおこなっていくが、ただしエンデューロの場合、直近のガスガス・ブランドのエンデューロマシンは成功を収めていたとはいえないので、より市場競争力の高いエンデューロマシンの開発のためのチームが活動を開始することになる。

Torrot社の軽量化技術、電動発動機技術との融合による、未来のトライアルバイクの登場にも期待が持てるが、それはもう少し先のお楽しみとなりそうだ。ただし、ガスガスのブランドオーナーは、いまや電動マシンのTorrot社だから、そちらのアクションもあまり悠長にかまえているとは考えにくい。

Torrot社は、3年間で1,300万ユーロ以上を投資してGASGASを再起させるということで、その骨子のひとつは、少人数の仲間による生産コントロールとその品質の保証があげられている。

骨子の二つ目は、トライアル競技やプロレーサーの育成に尽力し、競技界でのリーダーであり続けていくこと。そしてそのレベルを市場に還元していくこと。

骨子三つ目は、以前からの従業員55名の雇用を守り、さらに30名を雇用するという。

2015中部大会の吉良選手2015年日本のガスガスナンバーワンはこの人だった。吉良祐也

日本のガスガスファンにとって重要なことは、この新生ガスガスは、引き続き株式会社マーチによって輸入され、日本のユーザーにとって届けられるということだ。

新生ガスガスの入荷時期は、世界選手権日本大会に間に合うよう、2016年3月から4月になるということで、ちょっと待ち遠しいことになりそうだが、新たな動きが始まったのは確かなことで、うれしいニュースとして心待ちとしたい。

ツインリンクもてぎでの世界選手権日本大会には、10名ほどのガスガスライダーが来日する予定ということだ。

関連記事

MFJトライアル

9/27全日本開幕、もてぎにて!

2020年全日本選手権トライアルが、ようやく、ようやく開幕する。9月27日、ツインリンクもてぎでの開催だ。 (さらに……

イベント(大会)

10/25第57回バイクトライアルKAMEOKA CUP(KC57)

第57回バイクトライアルKAMEOKA CUP(KC57)大会 開始以来12シーズン目に入ったKC。今年は全5試合の開催を予定していま…

イベント(大会)

11/29第24回爆笑ツインショック

第24回爆笑ツインショック大会開催のお知らせ 爆笑大会実行委員会 第24回爆笑ツインショック大会を以下により開催いたします。 春…

イベント(大会)

11/22 2020年度ペガサスカップ

2020年度ペガサスカップトライアル大会の日程が決まりました。 第36回ペガサスカップ:開催日 2020年11月22日(日) ペ…

イベント(大会)

秋のど・ビギナーもてぎは中止に

10月4日、ツインリンクもてぎで開催予定だったど・ビギナートライアルは中止となった。 以下、ど・ビギナートライアル現代表の山内さんより…

プラ板の電子版? 2020年9月号電子版

お待たせしました。2020年9月号電子版をご用意しました。 お値段も中身も紙の自然山通信と同じです。お手持ちの電子端末でご覧ください。…

自然山通信9月号発売中!

自然山通信9月号発売中!全日本も世界選手年もいよいよ9月からスタートですが、シーズン直前は「プラ板と針金から生まれる・やっさんの、世界。…

2016高田島ツートラ

9/20高田島ツーリングトライアル

9月20日、ナンバー付トライアルバイクで、自然山通信ニシマキの住む川内村高田島地区を徘徊、もとい散策しようというツーリングイベントを開催しま…

9/4世界選手権開幕

9月4日、2020年世界選手権がいよいよ始まる。 COVID-19感染症に翻弄された2020年だが、数々の苦難を乗り切り、待ちに待った…

イベント(大会)

10/24-25水源の森

第25回 水源の森ツーリングトライアルin比和 (さらに…)…

ページ上部へ戻る