2020年1月
« 12月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
  1. TRIAL動画チャンネル
  2. 2017お勉強会
  3. イベント(大会)
  4. イベント(その他)
  5. リザルト四国
  6. イベント(大会)
  7. イベント(大会)
  8. リザルト関東
  9. リザルト関東
  10. リザルト中部
  11. リザルト関東
  12. MFJトライアル
  13. KLX230skidplate
  14. リザルト関東
  15. リザルト九州
  16. 2019.11.21

    地球温暖化?
  17. MFJトライアル
  18. イベント(その他)
  19. リザルト中国
  20. リザルト中国
  21. イベント(大会)
  22. イベント(大会)
  23. イベント(大会)
  24. イベント(大会)
  25. MFJトライアル
  26. リザルト近畿
  27. リザルト中国
  28. イベント(大会)
  29. イベント(大会)
  30. 2019.10.13

    台風一過
  31. イベント(大会)
  32. イベント(大会)
  33. イベント(大会)
  34. リザルト関東
  35. イベント(大会)
  36. イベント(その他)
  37. MFJトライアル
  38. 2017TDN
  39. トライアル・デ・ナシオン
  40. リザルト関東
  41. リザルト東北
  42. リザルト中国
  43. リザルト関東
  44. リザルト九州
  45. リザルト中国
  46. リザルト沖縄
  47. MFJトライアル
  48. イベント(大会)
  49. イベント(大会)
  50. イベント(大会)
  51. イベント(大会)
  52. イベント(大会)
  53. リザルト中国
  54. リザルト東北
  55. イベント(大会)
  56. イベント(大会)
  57. リザルト中部
  58. リザルト四国
  59. 2019.08.02

    最近の星空
  60. イベント(大会)

日本のニュース

© トライアル自然山通信 All rights reserved.

新生ガスガスと今後の展望

12月1日に、ガスガスがニュースリリースを発表した。
新たなオーナーとなったTorrot社による今後の新生ガスガスの所信表明でもある。
そして日本のトライアル・インポーターは、ひきつづき株式会社マーチが担当することが決定した。

Torrot社のCEO、Ivan Contrerasはインタビューに答えて、いくつかの決意を表明している。
まずは、トライアル市場のリーダーシップを取り戻すことだ。
2016年には2,000台のトライアルマシンを生産し、2018年には年間生産をトライアルとエンデューロで4,000台としたいとしている。
エンデューロは2017年モデルより、より競争力のあるモデルを登場させ、長期計画的には電動バイクに進出。Torrotの先進技術を使ったGASGAS初のElectricオフロードバイクを生産したいということだが、長期計画については、まだ具体的な動きには至っていないようだ。

1509gasgas2016_1

ジローナにあるガスガスの工場は再開の準備を整えつつある。再び従業員が集い、部品調達のためにパーツサプライヤーとの連絡に奔走し、そして世界のインポーターからはすでに注文が入ってきている。

Torrot社としては、電動バイクの生産工場をすでに持っているが、こちらはモーターサイクルの工場としては手狭なので、研究や開発部門のみを担当することになるだろうということだ。

2018年には、トライアルバイクの生産台数を4,000台まで伸ばし、トライアル市場のリーダーの地位を確保したいということだ。エンデューロも同様に生産をおこなっていくが、ただしエンデューロの場合、直近のガスガス・ブランドのエンデューロマシンは成功を収めていたとはいえないので、より市場競争力の高いエンデューロマシンの開発のためのチームが活動を開始することになる。

Torrot社の軽量化技術、電動発動機技術との融合による、未来のトライアルバイクの登場にも期待が持てるが、それはもう少し先のお楽しみとなりそうだ。ただし、ガスガスのブランドオーナーは、いまや電動マシンのTorrot社だから、そちらのアクションもあまり悠長にかまえているとは考えにくい。

Torrot社は、3年間で1,300万ユーロ以上を投資してGASGASを再起させるということで、その骨子のひとつは、少人数の仲間による生産コントロールとその品質の保証があげられている。

骨子の二つ目は、トライアル競技やプロレーサーの育成に尽力し、競技界でのリーダーであり続けていくこと。そしてそのレベルを市場に還元していくこと。

骨子三つ目は、以前からの従業員55名の雇用を守り、さらに30名を雇用するという。

2015中部大会の吉良選手2015年日本のガスガスナンバーワンはこの人だった。吉良祐也

日本のガスガスファンにとって重要なことは、この新生ガスガスは、引き続き株式会社マーチによって輸入され、日本のユーザーにとって届けられるということだ。

新生ガスガスの入荷時期は、世界選手権日本大会に間に合うよう、2016年3月から4月になるということで、ちょっと待ち遠しいことになりそうだが、新たな動きが始まったのは確かなことで、うれしいニュースとして心待ちとしたい。

ツインリンクもてぎでの世界選手権日本大会には、10名ほどのガスガスライダーが来日する予定ということだ。

関連記事

Kawasaki KLX230用・Rikizoh チタニウム製エキゾーストパイプ

「ぱわあくらふと」のパーツブランド『力造』からKawasaki KLX230用・Rikizoh チタニウム製エキゾーストパイプが発売されまし…

2017お勉強会

5/16高田島お勉強会

2010年から続けていて、まずまず好評をいただいたお勉強会・体験会のお知らせです。限定10名様。 福島県双葉郡川内村で…

イベント(大会)

2/9・3/15里山トライアル

第52回里山トライアル大会 第53回里山トライアル大会 (さらに…)…

イベント(その他)

4/26中部クラシックトライアルミーティング

昨年初めて開催し好評のうちに終わりましたクラシックトライアルミーティングを今年も鷲ヶ岳スキー場にて開催します。 (さらに&helli…

正規輸入車両以外のMONTESA・TRRSはMFJ競技エントリーできない可能性

MONTESAとTRRS輸入元エトスデザインより、正規輸入車両以外のMONTESA・TRRSはMFJ競技エントリーができないというお知らせで…

セロー225用ワイドステップセット

ぱわあくらふとより、YAMAHAセロー225用ワイドステップセットが、グレードアップして発売されました。 (さらに…)…

自然山通信2020年1月号電子版できました!

遅くなりました。2020年1月号、電子版をご用意しました。ダウンロードして、お手持ちの電子端末(パソコン、タブレット、スマートフォンなど)で…

自然山通信2020年1月号発売!

令和2年になりました。2020年1月号の発売開始です。毎年恒例【2019MFJ全日本トライアル全結果・MFJ非公認自然山通信オリジナル】掲載…

リザルト四国

201912/31

行く年トライアル

行く年トライアルin生名トライアルパーク ●2019年12月31日 ●愛媛県生名島 順位名前マシン減点クリーン エコノミーク…

イベント(大会)

201912/30

1/3有東木お正月

2020年有東木お正月トライアル大会 2020年1月3日(金) 受付:8時30分~ エントリー費:4,000円 クラ…

ページ上部へ戻る