2022年10月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
  1. 2017TDN
  2. トライアル・デ・ナシオン
  3. TRJ / MFJ
  4. 2017お勉強会
  5. イベント(大会)
  6. TRJ / MFJ
  7. イベント(その他)
  8. イベント(大会)
  9. イベント(大会)
  10. イベント(大会)
  11. TRJ / MFJ
  12. イベント(大会)
  13. リザルト関東
  14. イベント(大会)
  15. イベント(スクール)
  16. イベント(スクール)
  17. リザルト関東
  18. イベント(大会)
  19. TRJ / MFJ
  20. TRJ / MFJ
  21. イベント(大会)
  22. イベント(大会)
  23. イベント(大会)
  24. リザルト関東
  25. イベント(大会)
  26. イベント(大会)
  27. リザルト中国
  28. MFJトライアル
  29. リザルト東北
  30. リザルト関東
  31. リザルト関東
  32. リザルト中国
  33. イベント(大会)
  34. TRJ / MFJ
  35. TRJ / MFJ
  36. TRJ / MFJ
  37. MFJトライアル

日本のニュース

© トライアル自然山通信 All rights reserved.

1512RTL300Rキャッチ

HRCがRTL300Rを発表

ホンダレーシングが、2008年以来、久々に市販RTLのニューバージョンを発表した。モンテッサより市販された300cc(実排気量は288cc)のCota300RRのエンジンを搭載したもので、RTL260Fの戦闘力を上回る活躍を見せてくれるにちがいない。ただしお値段のほうも、過去最高の税込みざっと120万円になっている。

300Rの288ccエンジンは、従来モデルのRTL260Fのスケールアップスペックだが、ロングストロークとなっていて、より低速域でのトルクとレスポンスが強力になっている。

なんでも、低速域についてはツインプラグを装備したファクトリーマシンよりもパワフルだということで、この新しいスペックが、各国の選手権で大活躍することになるのはまちがいない。

世界選手権では、2015年にエディ・カールソンが乗って開発と実戦テストを繰り返していた。カールソンは母国スウェーデンで6位入賞を果たした他、フランス大会でも7位となり、潜在パワーを増した市販マシンの戦闘力を証明している。

FIMフランスのカールソンフランス大海を走るエディ・カールソンとモンテッサCota300RR/Photo:FIM

フューエルタンクは現行型Cotaと同型(ファクトリーマシンもこれと同型)となった。HRCの市販マシンとしてこの形状のフューエルタンクが採用されるのは初めてとなる。

以下、HRCのリリース

2015/12/24
市販トライアルマシン「RTL300R」を発売

(株)ホンダ・レーシングは、2008年から販売してきたRTL260Fの排気量を288ccにアップさせた「RTL300R」を2016年2月下旬より全国のHRCサービスショップにて発売致します。今回のモデルは新たなRTLの販売を望む声に応えたもので、9月に「モンテッサ ホンダS.A.」から発売した「Cota300RR」で使用のエンジンを「RTL260F」の車体に搭載させたモデルです。

288ccのエンジンを採用することで、よりトルクフルでパワフルな出力特性を実現しています。また、スタイリングはFIMトライアル世界選手権シリーズを戦うRepsol Honda Teamのワークスマシンをイメージ。カラーリングは市販レースモデルとしてホワイトを基調と致しました。

■メーカー希望小売価格(消費税8%込み):
 1,193,400円 (消費税抜き本体価格 1,105,000円)

■発売予定日:
 2016年2月下旬(予定)

■販売店:
 全国のHRCサービスショップ

※上記価格には運賃は含みません。別途運賃が必要です。
※RTL300Rはレース専用車のため、一般公道での走行はできません。

2016RTL300R

主要諸元
通称名 RTL300R
全長×全幅×全高 (m) 2.010×0.830×1.130
軸距 (m) 1.320
最低地上高 (m) 0.335
シート高 (m) 0.650
キャスター角 23°00´
車両乾燥重量 (kg) 72.9
燃料タンク容量 (L) 1.9
エンジン型式 水冷4ストロークOHC4バルブ単気筒
総排気量 (cm3) 288
内径×行程 (mm) 80.0×57.2
最高出力 (kW〔PS〕/rpm) 16.3〔22.2〕/7,000
最大トルク (N・m〔kg・m〕/rpm) 26.4〔2.69〕/4,000
圧縮比 10.5:1
変速機形式 常時噛合式
変速比 1速 2.800(42/15T)
2速 2.385(31/13T)
3速 2.000(30/15T)
4速 1.273(28/22T)
5速 0.815(22/27T)
減速比(1次/2次) 3.167(57/18T)/4.100(41/10T)
ギヤシフトパターン 1-N-2-3-4-5(1ダウン4アップ)
燃料供給形式 PGM-FI φ28
点火形式 フルトランジスタ
クラッチ形式 油圧、湿式多板
潤滑方式 圧送式、ウェットサンプ
タイヤサイズ DUNLOP D803F 2.75-21 M/C 45M
DUNLOP D803 4.00 R18 M/C 64M(チューブレスタイプ)
ブレーキ形式 油圧式シングルディスク φ183.5
油圧式シングルディスク φ150
懸架方式 テレスコピック式
プロリンク
フレーム形式 アルミツインチューブ

関連記事

高田島庭先コンペティション

満員御礼となりました。 ================================= 参加受理書は、大会1週間前ま…

2017TDN

TDN日本チームの記録

トライアル・デ・ナシオン(TDN)の記録を、日本チームに焦点を絞ってご紹介します。 TDNが始まったのは1984年。日本の初参加は1987…

トライアル・デ・ナシオン

トライアル・デ・ナシオン全記録

トライアル・デ・ナシオン(TDN)は1984年から毎年開催されています。 その間、まず男子チームだけで開催されていた期間、男子のクラス…

10/9全日本選手権第7戦近畿大会

10月9日、全日本選手権は第7戦を和歌山県湯浅トライアルパークで迎える。 (さらに…)…

自然山通信2022年9月号電子版

9月号電子版をご用意しました。 2022年、世界選手権T2クラスに新しい風を吹き込んでいるEMについて、日本インポーターである成田匠さ…

自然山通信2022年9月号発売中!

自然山通信9月号発売中!今シーズン、世界選手権T2とSSDT参戦で好成績をあげているElectric Motion E PUREを取材しまし…

全日本中国大会、野崎史高、今季初優勝

国際Aスーパーだけのシティトライアル大会をはさんで、北海道大会から1ヶ月半後、全日本選手権は広島県に戻ってきた。優勝したのは野﨑史高。小川友…

TRJ / MFJ

2022年全日本選手権ランキング(独自集計)

2022年全日本選手権ポイントランキング(第6戦中国大会終了現在)です。 MFJ正式ではなく、自然山通信独自集計です。各ラウンドの数字…

2022全日本R6中国大会全リザルト

2022全日本選手権第3戦関東大会リザルト ●2022年9月4日 ●広島県三次市灰塚ダムトライアルパーク 天候:晴れときどき曇…

9/4 全日本中国大会は灰塚ダムで

全日本選手権第6戦は、9月4日の中国大会です。IASのみの第5戦シティトライアルをはさんでの全クラス開催の全日本で、広島県灰塚ダムにての開催…

ページ上部へ戻る