2020年6月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  
  1. TRIAL動画チャンネル
  2. MFJトライアル
  3. イベント(大会)
  4. 2017お勉強会
  5. イベント(スクール)
  6. イベント(大会)
  7. イベント(大会)
  8. イベント(大会)
  9. イベント(大会)
  10. リザルト中国
  11. 2020.04.05

    福島市へ行く
  12. イベント(大会)
  13. イベント(大会)
  14. イベント(大会)
  15. イベント(大会)
  16. イベント(大会)
  17. リザルト四国
  18. イベント(大会)
  19. イベント(大会)
  20. イベント(大会)
  21. リザルト沖縄
  22. イベント告知
  23. 2020XTDN延期
  24. イベント(大会)
  25. SSDT中止
  26. イベント(大会)
  27. SHOEI MITANI MODEL MATブラック
  28. リザルト関東
  29. イベント(大会)
  30. イベント(スクール)
  31. イベント(スクール)
  32. イベント(スクール)
  33. イベント(大会)
  34. イベント(大会)
  35. イベント(大会)
  36. イベント(大会)
  37. イベント(大会)
  38. イベント(大会)
  39. リザルト近畿
  40. リザルト沖縄
  41. イベント(大会)
  42. イベント(大会)
  43. リザルト関東
  44. イベント(その他)
  45. イベント(大会)
  46. イベント(大会)
  47. リザルト沖縄
  48. イベント(大会)
  49. イベント(その他)
  50. リザルト関東

日本のニュース

© トライアル自然山通信 All rights reserved.

1512RTL300Rキャッチ

HRCがRTL300Rを発表

ホンダレーシングが、2008年以来、久々に市販RTLのニューバージョンを発表した。モンテッサより市販された300cc(実排気量は288cc)のCota300RRのエンジンを搭載したもので、RTL260Fの戦闘力を上回る活躍を見せてくれるにちがいない。ただしお値段のほうも、過去最高の税込みざっと120万円になっている。

300Rの288ccエンジンは、従来モデルのRTL260Fのスケールアップスペックだが、ロングストロークとなっていて、より低速域でのトルクとレスポンスが強力になっている。

なんでも、低速域についてはツインプラグを装備したファクトリーマシンよりもパワフルだということで、この新しいスペックが、各国の選手権で大活躍することになるのはまちがいない。

世界選手権では、2015年にエディ・カールソンが乗って開発と実戦テストを繰り返していた。カールソンは母国スウェーデンで6位入賞を果たした他、フランス大会でも7位となり、潜在パワーを増した市販マシンの戦闘力を証明している。

FIMフランスのカールソンフランス大海を走るエディ・カールソンとモンテッサCota300RR/Photo:FIM

フューエルタンクは現行型Cotaと同型(ファクトリーマシンもこれと同型)となった。HRCの市販マシンとしてこの形状のフューエルタンクが採用されるのは初めてとなる。

以下、HRCのリリース

2015/12/24
市販トライアルマシン「RTL300R」を発売

(株)ホンダ・レーシングは、2008年から販売してきたRTL260Fの排気量を288ccにアップさせた「RTL300R」を2016年2月下旬より全国のHRCサービスショップにて発売致します。今回のモデルは新たなRTLの販売を望む声に応えたもので、9月に「モンテッサ ホンダS.A.」から発売した「Cota300RR」で使用のエンジンを「RTL260F」の車体に搭載させたモデルです。

288ccのエンジンを採用することで、よりトルクフルでパワフルな出力特性を実現しています。また、スタイリングはFIMトライアル世界選手権シリーズを戦うRepsol Honda Teamのワークスマシンをイメージ。カラーリングは市販レースモデルとしてホワイトを基調と致しました。

■メーカー希望小売価格(消費税8%込み):
 1,193,400円 (消費税抜き本体価格 1,105,000円)

■発売予定日:
 2016年2月下旬(予定)

■販売店:
 全国のHRCサービスショップ

※上記価格には運賃は含みません。別途運賃が必要です。
※RTL300Rはレース専用車のため、一般公道での走行はできません。

2016RTL300R

主要諸元
通称名 RTL300R
全長×全幅×全高 (m) 2.010×0.830×1.130
軸距 (m) 1.320
最低地上高 (m) 0.335
シート高 (m) 0.650
キャスター角 23°00´
車両乾燥重量 (kg) 72.9
燃料タンク容量 (L) 1.9
エンジン型式 水冷4ストロークOHC4バルブ単気筒
総排気量 (cm3) 288
内径×行程 (mm) 80.0×57.2
最高出力 (kW〔PS〕/rpm) 16.3〔22.2〕/7,000
最大トルク (N・m〔kg・m〕/rpm) 26.4〔2.69〕/4,000
圧縮比 10.5:1
変速機形式 常時噛合式
変速比 1速 2.800(42/15T)
2速 2.385(31/13T)
3速 2.000(30/15T)
4速 1.273(28/22T)
5速 0.815(22/27T)
減速比(1次/2次) 3.167(57/18T)/4.100(41/10T)
ギヤシフトパターン 1-N-2-3-4-5(1ダウン4アップ)
燃料供給形式 PGM-FI φ28
点火形式 フルトランジスタ
クラッチ形式 油圧、湿式多板
潤滑方式 圧送式、ウェットサンプ
タイヤサイズ DUNLOP D803F 2.75-21 M/C 45M
DUNLOP D803 4.00 R18 M/C 64M(チューブレスタイプ)
ブレーキ形式 油圧式シングルディスク φ183.5
油圧式シングルディスク φ150
懸架方式 テレスコピック式
プロリンク
フレーム形式 アルミツインチューブ

関連記事

自然山通信6月号発売!

自然山通信6月号発売のお知らせです。今月の特集は「今どきのテレワーク・トライアル」と世界選手権参戦25年を迎えたフジガスこと藤波貴久選手のの…

プロターとの思い出、プロヴィーニさんとの思い出

ちょっと探し物をしていた時に(なぜか娘の家で)発掘されたなにやらの賞状らしきもの。なんだろうね、これ?? とすっかり記憶が失せていたのだけど…

MFJトライアル

全日本関東大会の日程変更とGC大会の中止他

COVID-19による全面自粛騒動から一歩進んで、これから、ちょっとずつ日常に戻ってくる。それに合わせて、イベントスケジュール情報もいろいろ…

ガエルネ・バランスクラシック新色発売!

マシンとの一体感を極限まで高めた、究極のマン=マシンバランスを実現。進化を遂げたガエルネ最高峰トライアルブーツ「BALANCE CLAS…

日本GPは結局中止、TDNも中止に

COVID-19による大会中止、その新たなお知らせ。犬が人を噛んでもニュースにならないように、ニュースにするなら大会が開催される! というお…

野崎史高のファイナル・セロー

ヤマハのロングセラーのセローの開発終了となり、セローファイナルエディションが発表されて現在発売中なのはご存知の通りだけど、このたび、野崎史高…

イベント(大会)

メッツカップ第2戦も中止に

メッツカップ第2戦(7月5日・会場オフロードパークSHIRAI)は、残念ですが中止いたします。 (さらに…)…

7月12日の全日本北海道大会は中止

全日本選手権シリーズは、COVID-19の影響で開幕が遅れているが、ここまで事実上の開幕戦となることになっていた北海道大会の中止が発表された…

TrialGP、イタリアとイギリスも延期

世界的にCOVID-19の騒ぎがなかなかおさまらない。2020年トライアルGPは、すでに6月の大会まで延期が決まっているが、5月2日にはさら…

自然山通信5月号発売!

自然山通信5月号発売開始!世界中のトライアルイベント延期・中止が続いてます。自然山通信5月号ではIASライダー全員に出場していただき「202…

ページ上部へ戻る