2020年11月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  
  1. イベント(スクール)
  2. イベント(大会)
  3. MFJトライアル
  4. イベント(大会)
  5. イベント(大会)
  6. MFJトライアル
  7. 2017お勉強会
  8. イベント(大会)
  9. イベント(大会)
  10. MFJトライアル
  11. イベント(その他)
  12. リザルト東北
  13. MFJトライアル
  14. イベント(大会)
  15. イベント(大会)
  16. イベント(大会)
  17. リザルト中国
  18. イベント(大会)
  19. イベント(大会)
  20. 2016高田島ツートラ
  21. イベント(大会)
  22. イベント(大会)
  23. イベント(大会)
  24. イベント(その他)
  25. リザルト中国
  26. リザルト中国
  27. リザルト中部
  28. リザルト中国
  29. リザルト関東
  30. イベント(大会)
  31. イベント(大会)
  32. イベント(大会)
  33. リザルト沖縄
  34. イベント(大会)
  35. リザルト関東
  36. MFJトライアル
  37. イベント(大会)
  38. リザルト関東
  39. リザルト関東
  40. イベント(スクール)
  41. イベント(大会)
  42. イベント(大会)

日本のニュース

© トライアル自然山通信 All rights reserved.

1512RTL300Rキャッチ

HRCがRTL300Rを発表

ホンダレーシングが、2008年以来、久々に市販RTLのニューバージョンを発表した。モンテッサより市販された300cc(実排気量は288cc)のCota300RRのエンジンを搭載したもので、RTL260Fの戦闘力を上回る活躍を見せてくれるにちがいない。ただしお値段のほうも、過去最高の税込みざっと120万円になっている。

300Rの288ccエンジンは、従来モデルのRTL260Fのスケールアップスペックだが、ロングストロークとなっていて、より低速域でのトルクとレスポンスが強力になっている。

なんでも、低速域についてはツインプラグを装備したファクトリーマシンよりもパワフルだということで、この新しいスペックが、各国の選手権で大活躍することになるのはまちがいない。

世界選手権では、2015年にエディ・カールソンが乗って開発と実戦テストを繰り返していた。カールソンは母国スウェーデンで6位入賞を果たした他、フランス大会でも7位となり、潜在パワーを増した市販マシンの戦闘力を証明している。

FIMフランスのカールソンフランス大海を走るエディ・カールソンとモンテッサCota300RR/Photo:FIM

フューエルタンクは現行型Cotaと同型(ファクトリーマシンもこれと同型)となった。HRCの市販マシンとしてこの形状のフューエルタンクが採用されるのは初めてとなる。

以下、HRCのリリース

2015/12/24
市販トライアルマシン「RTL300R」を発売

(株)ホンダ・レーシングは、2008年から販売してきたRTL260Fの排気量を288ccにアップさせた「RTL300R」を2016年2月下旬より全国のHRCサービスショップにて発売致します。今回のモデルは新たなRTLの販売を望む声に応えたもので、9月に「モンテッサ ホンダS.A.」から発売した「Cota300RR」で使用のエンジンを「RTL260F」の車体に搭載させたモデルです。

288ccのエンジンを採用することで、よりトルクフルでパワフルな出力特性を実現しています。また、スタイリングはFIMトライアル世界選手権シリーズを戦うRepsol Honda Teamのワークスマシンをイメージ。カラーリングは市販レースモデルとしてホワイトを基調と致しました。

■メーカー希望小売価格(消費税8%込み):
 1,193,400円 (消費税抜き本体価格 1,105,000円)

■発売予定日:
 2016年2月下旬(予定)

■販売店:
 全国のHRCサービスショップ

※上記価格には運賃は含みません。別途運賃が必要です。
※RTL300Rはレース専用車のため、一般公道での走行はできません。

2016RTL300R

主要諸元
通称名 RTL300R
全長×全幅×全高 (m) 2.010×0.830×1.130
軸距 (m) 1.320
最低地上高 (m) 0.335
シート高 (m) 0.650
キャスター角 23°00´
車両乾燥重量 (kg) 72.9
燃料タンク容量 (L) 1.9
エンジン型式 水冷4ストロークOHC4バルブ単気筒
総排気量 (cm3) 288
内径×行程 (mm) 80.0×57.2
最高出力 (kW〔PS〕/rpm) 16.3〔22.2〕/7,000
最大トルク (N・m〔kg・m〕/rpm) 26.4〔2.69〕/4,000
圧縮比 10.5:1
変速機形式 常時噛合式
変速比 1速 2.800(42/15T)
2速 2.385(31/13T)
3速 2.000(30/15T)
4速 1.273(28/22T)
5速 0.815(22/27T)
減速比(1次/2次) 3.167(57/18T)/4.100(41/10T)
ギヤシフトパターン 1-N-2-3-4-5(1ダウン4アップ)
燃料供給形式 PGM-FI φ28
点火形式 フルトランジスタ
クラッチ形式 油圧、湿式多板
潤滑方式 圧送式、ウェットサンプ
タイヤサイズ DUNLOP D803F 2.75-21 M/C 45M
DUNLOP D803 4.00 R18 M/C 64M(チューブレスタイプ)
ブレーキ形式 油圧式シングルディスク φ183.5
油圧式シングルディスク φ150
懸架方式 テレスコピック式
プロリンク
フレーム形式 アルミツインチューブ

関連記事

イベント(スクール)

202011/23

12/12-13 Gatti School Special 真壁

緊急開催決定 Gatti School Special 真壁トライアルランドで開催。 12月12日土曜日・12月13日日曜日、2日間に…

2021年世界選手権カレンダーは?

2021年FIM世界選手権(暫定)スケジュールが発表になった。日本GP(ツインリンクもてぎ)は5月15〜16日に設定されている。 (…

イベント(大会)

202011/19

12/27 GATTIスクール杯【会場変更】

今年7月に、7年ぶり開催となったガッチスクール杯!! 好評につき第2回開催決定!! 皆様と楽しみたいと思いますので参加宜しくおねがいしま…

2021年、ガスガスがロードレースに進出

ガスガスがKTM傘下となって1年になろうとしているが、KTMのガスガス・ブランド戦略が本気だ。 (さらに…)…

2021年のXトライアルはこうなる?

Xトライアルの2021年暫定カレンダーが発表された。このまま大会が開催される確証はないし、今後の感染症蔓延の状況を見ながらカレンダーの変更は…

2020年11月号電子版もありますよー

老眼でお悩みの方にお勧めの、お手持ちの電子端末でお好きな大きさに拡大して読める、自然山通信電子版。遅くなりましたが、11月号をお届けします。…

自然山通信11月号発売中!

自然山通信11月号発売中! ちょっと遅くなてしまいましたが、今月も元気にちょっと増ページ。ずっしり重くなってオールカラー70ページ・314円…

MFJトライアル

全日本歴代ランキング

全日本選手権の、歴代のランキング一覧です。 全クラス、ランキング15位までを抽出させていただきました(15位までに空欄があるクラス…

2020全日本選手権最終ランキング(独自集計)

2020年全日本選手権ポイントランキングです。MFJ正式ではなく、自然山通信独自集計です。各ラウンドの数字はポイントではなく順位です。出場し…

全日本トライアル最終戦結果

2020年11月8日 和歌山県有田郡湯浅町湯浅トライアルパーク 天候:晴れときどき曇り 観客数:0人(無観客試合) IAS:10…

ページ上部へ戻る