2022年12月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
  1. イベント(大会)
  2. イベント(大会)
  3. MFJ
  4. イベント(大会)
  5. リザルト中国
  6. リザルト関東
  7. イベント(大会)
  8. イベント(大会)
  9. イベント(大会)
  10. イベント(大会)
  11. イベント(大会)
  12. イベント(大会)
  13. イベント(大会)
  14. リザルト中部
  15. 2017TDN
  16. トライアル・デ・ナシオン
  17. リザルト関東
  18. リザルト中国
  19. 2017お勉強会
  20. リザルト中国
  21. イベント(大会)
  22. イベントリザルト
  23. リザルト中国
  24. リザルト中国
  25. TRJ / MFJ
  26. イベント(その他)
  27. リザルト中国
  28. イベント(大会)
  29. TRJ / MFJ
  30. リザルト中国
  31. イベント(大会)
  32. リザルト中国
  33. リザルト関東
  34. イベント(大会)
  35. イベント(スクール)
  36. イベント(スクール)
  37. リザルト関東
  38. リザルト関東
  39. イベント(大会)
  40. TRJ / MFJ
  41. リザルト関東
  42. リザルト関東
  43. リザルト中国
  44. TRJ / MFJ

日本のニュース

© トライアル自然山通信 All rights reserved.

手負いのホンダデュオ、ラガは完勝

1404もてぎのラガ

 4月27日、トライアル世界選手権日本GP、その2日目。12セクション3ラップの戦いは、序盤はボウがリードをしたものの、中盤からラガのペースとなって、そのままラガが逃げ切った。
 藤波貴久は4位。膝の痛みと戦いながらの戦いとなり、表彰台を逃してしまう結果となったのは残念だった。
 日本人勢では小川友幸が大活躍。6位入賞を果たしている。野崎史高が9位、黒山健一が13位、小川毅士が15位。この4名が世界選手権ポイントを獲得した。
 ワールドカップはハイム・ブストが両日を制覇、125クラスもガエル・チャタゴが両日を制覇。結局3クラスとも、土曜、日曜と同じライダーが勝利することになった。

1404もてぎのカベスタニー

 ボウは肋骨と背中の痛みと戦いながら、藤波はさらに痛めてしまった膝の痛みと戦いながらのトライアルとなった。こんなときに本領を発揮すべきがカベスタニーやファハルドだ。しかしカベスタニーは1ラップ目後半の泥の上りのセクションで連続5点、さらに前日にトリッキーだった10セクションでの5点が響いて5位と出遅れてしまった。
 1ラップ目に3位だったのはファハルドだったが、ファハルドは2ラップ目に5点4つで一歩後退。3位から5位までは、一瞬の油断で順位が揺れ動いていった。

1404もてぎの藤波貴久

 藤波は、3セクションで3ラップとも5点になった他、土の上りの8セクション、9セクション、そして最終セクションをなかなか攻略できず、5点を増やしてしまった。膝のせいではないと本人は言うが、完全なコンディションで戦わせてあげたかったところだ。

1404もてぎのボウiv class=”img5″>

 ボウは、第3セクションで1点をマークしたのがきいて、1ラップ目はトップ。痛みと戦いながらも、優勝できるのではないかと思わせた好走だった。しかし2ラップ目、第7セクションで5点となると、続けて5点となってしまい、万事休す。2ラップ目の26点というスコアは、トップ5の中ではファハルドの2ラップ目と同点の最多減点となってしまった。
 ただしここで終わらないのがボウの強さで、3ラップ目は8点と、ラガの7点に次ぐ最小減点をマークして2位を獲得。ボウとの点差は7点差だったから、中盤のスコアがもう少しよければ、別の展開となった可能性は大きい。

1404もてぎのラガ

 しかしやはり、強かったのはラガの走りだ。ラガは納得のいかない5点をもらったり(とはいえ、それがノーストップルールの怖さでもある)バランスを崩して危ないシーンも随所で見られたのだが、ボディアクションをふんだんに使ったリカバリーは天下一品。そのライディングを見れば、やはりこの日の勝者がラガ以外にはいないと思わせた。
 ラガが日本GPでパーフェクト勝利をするのは、これが初めてだ。ただしランキングでは、それでもまだボウが1点差でトップにつける。ランキング3位は点差が離れはしたが、藤波が守っている。

1404もてぎの小川友幸

 小川友幸は、5位のファハルドに15点差ながら6位。難攻不落の第9セクションを2ラップに渡って3点で抜けたり、最終セクションをすべて3点で抜けていくなど、5点を最小限に抑えた走りが功を奏しての6位入賞となった。ちなみにガッチの5点の数は、ファハルドよりも少なく、藤波と同じ10個だった。小川は、今回の6位獲得で、これでランキング11位につけている。

関連記事

イベント(大会)

12/18 2022第2回植木トライアル大会

時:2022年12月18日 (さらに…)…

日本全国全額チャンス!ペイペイジャンボ開催中

自然山通信webshopはPayPay決済ができます。現在「日本全国全額チャンス!ペイペイジャンボ」開催中。キャンペーン期間は2022年12…

スマホのカメラ

今年の夏、iPhone7の調子が悪いと愚痴ったら、杉谷が予備に回していたiPhone12を譲ってくれた。 (さらに…)…

【PRESENT】オリジナル2023壁掛トライアルカレンダー

自然山通信オリジナル「B4壁掛け・2023トライアルカレンダー」無料プレゼント中! (さらに…)…

自然山通信2022年11月号電子版

自然山通信の電子版をお届けします。PDFでのご提供です。 重さゼログラム。電車の中で、アッシーくん運転の助手席で、仕事の書類を読むふりして…

自然山通信11月号発売

自然山通信11月号発売の発売です。2022全日本トライアル選手権R7近畿大会、「トライアル・デ・ナシオン・2022年日本チーム不参加と今…

トライアルGC大会/GCクラスでの昇格の記録

トライアルGC大会、そのGCクラスで国際B級への昇格を果たした選手の一覧です。 GC大会10位までに入ると(2000年以降の場…

第3回高田島庭先コンペティション

順位氏名(ゼッケン)年齢マシンお住まいLap減点ゲートL小計減点タイム減点ゲート競技時間総減点クリーン 1234567891011…

2022年全日本選手権ランキング(独自集計)

2022年全日本選手権ポイントランキングです。MFJ正式ではなく、自然山通信独自集計です。 各ラウンドの数字はポイントではなく順位です…

2022全日本R8東北大会全リザルト

2022全日本選手権第8戦東北大会リザルト ●2022年10月23日 ●宮城県柴田郡村田町スポーツランドSUGO 天候:晴れ一…

ページ上部へ戻る