2022年8月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
  1. イベント(大会)
  2. 2017お勉強会
  3. TRJ / MFJ
  4. TRJ / MFJ
  5. イベント(その他)
  6. イベント(大会)
  7. イベント(大会)
  8. イベント(大会)
  9. TRJ / MFJ
  10. イベント(大会)
  11. リザルト関東
  12. イベント(大会)
  13. イベント(スクール)
  14. イベント(スクール)
  15. リザルト関東
  16. イベント(大会)
  17. TRJ / MFJ
  18. TRJ / MFJ
  19. イベント(大会)
  20. イベント(大会)
  21. イベント(大会)
  22. リザルト関東
  23. イベント(大会)
  24. イベント(大会)
  25. リザルト中国
  26. MFJトライアル
  27. リザルト東北
  28. リザルト関東
  29. リザルト関東
  30. リザルト中国
  31. イベント(大会)
  32. TRJ / MFJ
  33. TRJ / MFJ
  34. TRJ / MFJ
  35. MFJトライアル
  36. リザルト関東
  37. TRJ / MFJ
  38. リザルト中国
  39. リザルト関東
  40. トライアル・デ・ナシオン
  41. 2017TDN
  42. リザルト関東
  43. イベント(その他)

日本のニュース

© トライアル自然山通信 All rights reserved.

手負いのホンダデュオ、ラガは完勝

1404もてぎのラガ

 4月27日、トライアル世界選手権日本GP、その2日目。12セクション3ラップの戦いは、序盤はボウがリードをしたものの、中盤からラガのペースとなって、そのままラガが逃げ切った。
 藤波貴久は4位。膝の痛みと戦いながらの戦いとなり、表彰台を逃してしまう結果となったのは残念だった。
 日本人勢では小川友幸が大活躍。6位入賞を果たしている。野崎史高が9位、黒山健一が13位、小川毅士が15位。この4名が世界選手権ポイントを獲得した。
 ワールドカップはハイム・ブストが両日を制覇、125クラスもガエル・チャタゴが両日を制覇。結局3クラスとも、土曜、日曜と同じライダーが勝利することになった。

1404もてぎのカベスタニー

 ボウは肋骨と背中の痛みと戦いながら、藤波はさらに痛めてしまった膝の痛みと戦いながらのトライアルとなった。こんなときに本領を発揮すべきがカベスタニーやファハルドだ。しかしカベスタニーは1ラップ目後半の泥の上りのセクションで連続5点、さらに前日にトリッキーだった10セクションでの5点が響いて5位と出遅れてしまった。
 1ラップ目に3位だったのはファハルドだったが、ファハルドは2ラップ目に5点4つで一歩後退。3位から5位までは、一瞬の油断で順位が揺れ動いていった。

1404もてぎの藤波貴久

 藤波は、3セクションで3ラップとも5点になった他、土の上りの8セクション、9セクション、そして最終セクションをなかなか攻略できず、5点を増やしてしまった。膝のせいではないと本人は言うが、完全なコンディションで戦わせてあげたかったところだ。

1404もてぎのボウiv class=”img5″>

 ボウは、第3セクションで1点をマークしたのがきいて、1ラップ目はトップ。痛みと戦いながらも、優勝できるのではないかと思わせた好走だった。しかし2ラップ目、第7セクションで5点となると、続けて5点となってしまい、万事休す。2ラップ目の26点というスコアは、トップ5の中ではファハルドの2ラップ目と同点の最多減点となってしまった。
 ただしここで終わらないのがボウの強さで、3ラップ目は8点と、ラガの7点に次ぐ最小減点をマークして2位を獲得。ボウとの点差は7点差だったから、中盤のスコアがもう少しよければ、別の展開となった可能性は大きい。

1404もてぎのラガ

 しかしやはり、強かったのはラガの走りだ。ラガは納得のいかない5点をもらったり(とはいえ、それがノーストップルールの怖さでもある)バランスを崩して危ないシーンも随所で見られたのだが、ボディアクションをふんだんに使ったリカバリーは天下一品。そのライディングを見れば、やはりこの日の勝者がラガ以外にはいないと思わせた。
 ラガが日本GPでパーフェクト勝利をするのは、これが初めてだ。ただしランキングでは、それでもまだボウが1点差でトップにつける。ランキング3位は点差が離れはしたが、藤波が守っている。

1404もてぎの小川友幸

 小川友幸は、5位のファハルドに15点差ながら6位。難攻不落の第9セクションを2ラップに渡って3点で抜けたり、最終セクションをすべて3点で抜けていくなど、5点を最小限に抑えた走りが功を奏しての6位入賞となった。ちなみにガッチの5点の数は、ファハルドよりも少なく、藤波と同じ10個だった。小川は、今回の6位獲得で、これでランキング11位につけている。

関連記事

イベント(大会)

10/9 2022年メッツカップ第2戦

2022年メッツカップ第2戦のお知らせ トライアルメッツクラブより 初心者の方が安心して楽しめ元気が出る親睦草大会です。 感染予防…

2022年の原発見学

2年分ぶりに、福島第一原発を見学してきた。今回は、初めて経験させてもらえることもあって、興味深かった。だらだら長くなってしまったけど、原発廃…

8/19-20 2022シティトライアルジャパン開催

全日本選手権第5戦はシティトライアルジャパン(CTJ)。いろいろと、これが初めての試みとなる。MFJ公式プロモーションサイトに詳細が公開され…

2017お勉強会

7/9高田島お勉強会

2010年から続けていて、まずまず好評をいただいたお勉強会・体験会のお知らせです。限定10名様。 福島県双葉郡川内村で…

TRJ / MFJ

2022年全日本選手権ランキング(独自集計)

2022年全日本選手権ポイントランキング(第4戦北海道大会終了現在)です。 MFJ正式ではなく、自然山通信独自集計です。各ラウンドの数…

TRJ / MFJ

2022全日本選手権第4戦北海道大会リザルト

2022全日本選手権第3戦関東大会リザルト ●2022年7月17日 ●北海道上川郡和寒町わっさむサーキット 天候:晴れのち曇り…

イベント(その他)

10/16第4回中部クラシックトライアルミーティング

中部クラシックトライアルミーティングを鷲ヶ岳スキー場にて開催します。普段あまり動かす機会のないヴィンテージなトライアル車を走らせましょう。 …

自然山通信2022年7月号

印刷して製本された自然山通信はすでに皆様のお手元に発送させていただきましたが、PDFで配信する電子版もご用意しました。 お手元の電子機…

自然山通信7月号発売!

自然山通信7月号発売中!2022世界選手権開幕。R1スペインとR2アンドラのレポートをお伝えします。Trial2に参戦している武田呼人と小川…

7月17日は全日本北海道

全日本選手権は、第4戦が7月17日に開催される。第4戦は北海道大会だ。 (さらに…)…

ページ上部へ戻る