2020年7月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
  1. 2016高田島ツートラ
  2. イベント(大会)
  3. イベント(大会)
  4. イベント(大会)
  5. イベント(大会)
  6. 2017お勉強会
  7. イベント(大会)
  8. MFJトライアル
  9. イベント(大会)
  10. イベント(スクール)
  11. イベント(大会)
  12. イベント(大会)
  13. イベント(大会)
  14. イベント(大会)
  15. リザルト中国
  16. 2020.04.05

    福島市へ行く
  17. イベント(大会)
  18. イベント(大会)
  19. イベント(大会)
  20. イベント(大会)
  21. イベント(大会)
  22. リザルト四国
  23. イベント(大会)
  24. イベント(大会)
  25. イベント(大会)
  26. リザルト沖縄
  27. イベント告知
  28. 2020XTDN延期
  29. イベント(大会)
  30. SSDT中止
  31. イベント(大会)
  32. SHOEI MITANI MODEL MATブラック
  33. リザルト関東
  34. イベント(大会)
  35. イベント(スクール)
  36. イベント(スクール)
  37. イベント(スクール)
  38. イベント(大会)
  39. イベント(大会)
  40. イベント(大会)
  41. イベント(大会)
  42. イベント(大会)
  43. イベント(大会)
  44. リザルト近畿
  45. リザルト沖縄
  46. イベント(大会)

日本のニュース

© トライアル自然山通信 All rights reserved.

2016年のレディース

2016年のレディーストライアルへの期待

2016年から、レディースの全日本選手権が開催されることが決まっている。
発表された全日本選手権のスケジュールでは、全7戦のすべてでレディースクラスが組まれている。
2016年からは、年間で4人のチャンピオンが誕生する全日本選手権となる。
未来を牽引するレディースクラスへの期待がふくらんでいる。

レディースクラスは、2015年にテストケースとして何戦かの全日本選手権に組み込まれて開催された。全日本選手権には、これまでも125ccクラス、オープントロフィーIAクラスなどが併催されていたが、これはあくまで併催の承認大会であり、2016年からはタイトルを争うシリーズ戦として開催されることになる。

オープントロフィーでのレディースクラスは、国内A級ライセンスを所持しているライダーが参加した。セクションは全日本選手権のセクションの、テープ内を自由に走行できるというきまりとなった。つまり2016年から、全日本選手権のセクションにはIAS、IA、IBの3つのゲートマーカーが設けられることになる。

2015キョウセイのレディース

レディース選手権と他とのちがいは、レディースでは有効得点制となっていることだ。有効得点制とは、全戦のポイントを足し算してポイントを競うのではなく、低い順位のポイントを削除して集計するシステム。世界選手権でも、125ccとオープンクラス、女子クラスではこの有効得点制が使われている。たとえば全7戦の場合、とあるライダーが2勝し、2位1回、3位2回、4位と5位が1回ずつという成績を上げた場合、トータルポイントは111点になるが、有効得点制では4位と5位のポイントが計算されず、87点となる。全戦に参加しなくても、5戦に参加をして好成績を挙げれば、チャンピオンを獲得できる可能性もあるということだ。

全7戦の場合は5戦、6戦の場合は4戦、5戦の場合は3戦のポイントが集計され、4戦の場合は3戦、3戦以下の場合は有効得点制ではなく、全ポイントを集計することになる。カレンダーによると全7戦で開催されるのは決まっているが、この条文があるということは、参加者ゼロの場合を考慮しているということだ。トライアル大会では、4台以下の参加者では大会が成立しないきまりになっているが、IASとレディースは参加台数にかかわらず大会は成立する。つまりレディースは参加者1台でも大会成立することルなる。

それでも、1台の選手権ではさびしいから、トライアル関係者には、周囲の可能性あふれるレディースたちを支援して、初めての全日本レディースを盛り上げてほしいと思う。

2015SUGO小玉

心配なのは、NA以上のライセンスを持つレディースライダーが、それほどたくさんいるわけではないということだ。かつてNAライセンスを持っていたライダーを含めても、10人前後というのが現実のところ。

この心配は、レディース大会立ち上げの際にも憂慮されたことらしいが、NB以上のライセンスとすると事実上誰でも参加が可能になる。セクション内自由とはいえ、全日本選手権のセクションだから、参加ライダーの安全を考えると、誰でも参加できるとはいいがたい。世界選手権女子クラスは試行錯誤しながら、誰でも参加できる受け皿として参加者を増やしていったが、それを日本の枠組みで取り組むのはむずかしいのかもしれない(実際、世界選手権のセクションは誰でも参加ができるような者ではなかったし)。

規則書を見ると「トライアル委員会が特に認めた者」という一文が加えられているが、これはNBライセンスを持っている腕自慢がトライアル委員会に認められれば参加ができるということではなく、過去にIA、IB、NAのライセンスを持っていてしばらく公認大会からご無沙汰していたライダーが参加を希望した場合を考えた一文ということだ。

女性ライダーは確実に増えているが、これまでにIAはひとり、IBはふたり(2016年からは3人になるはず)、現役NAが6〜7人ほど。

とても個人的な意見では、NBライダーにも参加の窓を広げるか、レディース専門のライセンスを作ってなんらかの登竜門的ステップを設けられないのかしらと思うのだけど、きっとむずかしいのでしょう。

ともあれ、2016年のレディースシリーズ、2015年のオープントロフィークラスよりさらにスケールの大きな話題が提供されんことを願っています。

1512キョウセイ表彰台(レディース)

関連記事

タデウスとライア、ガスガスに

タデウス・ブラズシアクがガスガスに戻り、すでにガスガスに乗っているライア・サンツとともに、再びガスガスに乗ることになった。これはエンデューロ…

2016高田島ツートラ

9/20高田島ツーリングトライアル

9月20日、ナンバー付トライアルバイクで、自然山通信ニシマキの住む川内村高田島地区を徘徊、もとい散策しようというツーリングイベントを開催しま…

9/21高田島庭先コンペティション

9月21日(月曜日・敬老の日)、自然山通信ニシマキの住む川内村高田島地区でのクローズドコンペ(ナンバーなしで走れます)を開催します。 …

2020年7月号電子版

自然山通信7月号電子版をご用意しました。 自然山通信をそのまんまPDFにしましたので、おもちの電子端末でお楽しみください。大きな画面で…

自然山通信7月号発売!

自然山通信7月号発売発売開始!今月の特集は『私の初めての、私だけの藤波貴久』と【特集12ページ・回想1985 WEST GERMANY】…

2020年型ガスガスはこのディーラーから販売

ガスガスの、国内販売の枠組みが見えてきた。2020年初頭に輸入元が変わってから準備を進め、ここへきてガスガスモーターサイクルジャパンからディ…

2020世界選手権と全日本選手権

7月になった。予定では開幕戦は4月だったはずだから、かれこれ3ヶ月ほどぼーっと生きていることになるが、6月の末になって、全日本選手権と世界選…

イベント(大会)

7/19里山トライアル

第56回里山トライアル大会 (さらに…)…

イベント(大会)

8/2ケニーズクラブ30周年記念大会

皆様のおかげで30年続けることが出来ました。感謝感謝。つきましては節目となるささやかな大会と記念品を用意し、お待ち申し上げます。 時節…

イベント(大会)

7/26 Gattiスクール杯

7年ぶりに開催決定!!からコロナの影響受けキャンセルに……。しかし再び開催決定です。 ゆるーいクラス~実戦クラスまで対応したセクション…

ページ上部へ戻る