2020年1月
« 12月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
  1. TRIAL動画チャンネル
  2. イベント(大会)
  3. イベント(大会)
  4. イベント(大会)
  5. MFJトライアル
  6. KLX230skidplate
  7. リザルト九州
  8. 2019.11.21

    地球温暖化?
  9. MFJトライアル
  10. イベント(その他)
  11. リザルト中国
  12. リザルト中国
  13. イベント(大会)
  14. イベント(大会)
  15. イベント(大会)
  16. イベント(大会)
  17. MFJトライアル
  18. リザルト近畿
  19. リザルト中国
  20. イベント(大会)
  21. イベント(大会)
  22. 2019.10.13

    台風一過
  23. イベント(大会)
  24. イベント(大会)
  25. イベント(大会)
  26. リザルト関東
  27. イベント(大会)
  28. イベント(その他)
  29. MFJトライアル
  30. 2017TDN
  31. トライアル・デ・ナシオン
  32. リザルト関東
  33. リザルト東北
  34. リザルト中国
  35. リザルト関東
  36. リザルト九州
  37. リザルト中国
  38. リザルト沖縄
  39. MFJトライアル
  40. イベント(大会)
  41. イベント(大会)
  42. イベント(大会)
  43. イベント(大会)
  44. イベント(大会)
  45. リザルト中国
  46. リザルト東北
  47. イベント(大会)
  48. イベント(大会)
  49. リザルト中部
  50. リザルト四国
  51. 2019.08.02

    最近の星空
  52. イベント(大会)
  53. リザルト九州
  54. リザルト沖縄
  55. 140ccボアアップセット
  56. リザルト関東
  57. ワンタッチゼッケンプレートブラック

日本のニュース

© トライアル自然山通信 All rights reserved.

板取世界選手権中止

08板取大会模様

 岐阜県板取村で、17年間に渡って開催されてきたバイクトライアル世界選手権。しかし2009年には、開催が見送られることになった。関市板取が10月に開催見送りを正式に表明したものだ。
 これまで、板取とバイクトライアルは17年間、一貫してタッグを組んできた。板取の小学校では必須授業としてバイクトライアルがあり、その指導のためにかつてのトップライダー長谷中勇が板取の役場職員ともなっている。2007年にマスタークラスランキング2位となった長屋政佳をはじめ、世界のトップクラスのライダーも数多く輩出している。
 日本バイクトライアル連盟は今回の板取の開催見送り表明について「17年間の長きに渡る世界選手権の開催に深い敬意と感謝を表したい」としている。

 トライアルの世界選手権といえばツインリンクもてぎのウイダー日本GPがすっかり定着したが、それ以前から開催されている“トライアルの世界選手権”が板取のバイクトライアル世界選手権だ。現在では岐阜県関市板取となっているが、当初世界選手権を開催した自分は岐阜県武儀郡板取村(2005年に関市に合併)だった。関市となって、世界選手権は従前と同じように開催が可能なのか。合併当時、バイクトライアルにはこの心配があったものだが、世界選手権は岐阜県知事が大会の名誉役員に名を連ねるイベント。関市が開催を渋る理由もなかった。
 板取ではまた、海外との交流が盛んでもある。アラスカとの人口交流活動は、バイクトライアル世界選手権に先がけておこなわれていて、これが、海外からのバイクトライアルライダーをホームステイで迎える布石ともなった。活動的な山村なのである。
 小学校でのバイクトライアル授業は、かつては全学年を通じておこなわれていたが、現在ではクラブ活動と高学年の必須授業として続いているという。あぶないから、という理由で自転車に乗るのも規制が入る学校があると聞くが、板取ではバイクトライアルがスポーツとしてきちんと認められている証である。
 今回の開催中止は、2009年の世界選手権カレンダーの調整の最終段階で発表された。BJU(日本バイクトライアル連盟)とBIU(国際バイクトライアル連盟)では、板取に変わる開催地を日本国内外で模索したが、世界的な経済状況もあって、2009年の日本での開催はなしという結論になった。
 新聞記事では、日本バイクトライアル連盟と関市板取との開催を巡る確執も取りざたされているが、大きな大会を開催するには多大な労がともなう。17年も世界選手権を開催し続けた板取には多少の疲弊感もあっただろうし、しかし逆に、世界の世界戦選手権状況を見れば、17年もひとつの会場が開催をし続ける例はなく、またスポーツ協会(BIUやBJUなど)が主催の具体的運営について協力をすることもないのがふつうだから、板取とバイクトライアル連盟は、これまでよい関係を続けてきたということになるのだろう。
 2010年以降、板取で、あるいは新たな開催地で、バイクトライアル世界選手権が再び開催されることを祈ろう。

関連記事

正規輸入車両以外のMONTESA・TRRSはMFJ競技エントリーはできません

MONTESAとTRRS輸入元エトスデザインより、正規輸入車両以外のMONTESA・TRRSはMFJ競技エントリーができないというお知らせで…

セロー225用ワイドステップセット

ぱわあくらふとより、YAMAHAセロー225用ワイドステップセットが、グレードアップして発売されました。 (さらに…)…

自然山通信2020年1月号電子版できました!

遅くなりました。2020年1月号、電子版をご用意しました。ダウンロードして、お手持ちの電子端末(パソコン、タブレット、スマートフォンなど)で…

自然山通信2020年1月号発売!

令和2年になりました。2020年1月号の発売開始です。毎年恒例【2019MFJ全日本トライアル全結果・MFJ非公認自然山通信オリジナル】掲載…

イベント(大会)

201912/30

1/3有東木お正月

2020年有東木お正月トライアル大会 2020年1月3日(金) 受付:8時30分~ エントリー費:4,000円 クラ…

イベント(大会)

201912/30

1/19第51回里山トライアル

第51回里山トライアル (さらに…)…

イベント(大会)

201912/29

1/26植木トライアル大会

2020年植木TR大会 寒くてもトライアルしましょう (さらに…)…

菅原義正さんの本

菅原さんには、一時期たいへんお世話になった。お世話になったばかりでなんのお返しもできていないのは菅原さんに限らずぼくの致命的なところだ。ほん…

新DVD・黒山健一ハイパーステアース発売!

自然山通信トライアルDVDの発売です。題して「ハイパーステアケース」。黒山健一選手が近年の新しいステアケース技術の話を交えながら解説していき…

GASGAS PROラジエターガード

三谷モータースポーツより、GASGAS TXTシリーズ用ラジエターガードが発売されました。転倒からラジエターを守ります。 (さらに&he…

ページ上部へ戻る