2022年1月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
  1. イベント(大会)
  2. イベント(大会)
  3. リザルト中国
  4. MFJトライアル
  5. リザルト東北
  6. リザルト関東
  7. リザルト関東
  8. リザルト中国
  9. イベント(大会)
  10. TRJ / MFJ
  11. TRJ / MFJ
  12. TRJ / MFJ
  13. MFJトライアル
  14. リザルト関東
  15. TRJ / MFJ
  16. リザルト中国
  17. リザルト関東
  18. トライアル・デ・ナシオン
  19. リザルト関東
  20. イベント(その他)
  21. イベント(大会)
  22. イベント(その他)
  23. イベント(大会)
  24. イベント(大会)
  25. リザルト関東
  26. TRJ / MFJ
  27. TRJ / MFJ
  28. TRJ / MFJ
  29. リザルト中部
  30. リザルト中国
  31. イベント(スクール)
  32. リザルト中国
  33. リザルト中部
  34. リザルト関東
  35. リザルト関東
  36. リザルト中国
  37. MFJトライアル
  38. MFJ
  39. イベント(大会)
  40. イベント(大会)
  41. リザルト中国
  42. リザルト関東
  43. イベント告知
  44. 2017お勉強会
  45. イベント(大会)

日本のニュース

© トライアル自然山通信 All rights reserved.

2014年世界選手権

日本トライアルもノーストップ?

2014年小川友幸のトライ

 2012年、FIMは世界選手権の採点ルールをノンストップにすることを決めた。トライアルは走り続けるべし。止まったら失敗、というルールだ。
 これに対し、日本でもノンストップルールの採用が検討されている。はたして、日本のトライアルルールは、ノンストップになるのだろうか。

 トライアルのルール変更は、MFJが招集するトライアル委員会で決定される。トライアル委員会はつい先ごろ開かれたばかりだが、なんらかのアナウンスがあるまでにはもう少し時間がかかりそうだ。その決定が、ノンストップルール採用なのかそうでないのか。もしノンストップになるとしたら、それがいつからなのかは、まだわからない。
 当初、FIMはノンストップルールの採用を、3年間の実験期間とするとしていた。実験がいきなり世界選手権というのもすごい思いきりだが、注目をあびるところで実験をした方が、反響が大きいということかもしれない。本家が実験中なら、MFJほか各国団体はその結果を見てからでも遅くない気もするが、新しい流れは早く採用したほうがいいという考え方もあるだろう。
 FIMトライアル委員長のティエリー・ミショーさん(フランス人・3度の世界チャンピオン)は、世界GPにはもちろん来日して大会を見守るが、ミショーさんはノンストップルールを広く普及したい代表格だ。

2013年のミショーさんFIMトライアル委員長ティエリー・ミショーさん

 ノンストップルールというが、ざっとエディ・ルジャーン以前のトライアルには、そういう発想はなかった。セクションの中で停止するなんて、考え方としてもマシン性能としてもテクニックとしても、方向ちがいだったにちがいない。その後、ジョルディ・タレスが止まって飛び跳ねながら走るトライアルを世界のトップに押し上げ、トニー・ボウの圧倒的強さに至っている。
 一方トライアル本来の、あるいは旧来のノンストップ式トライアルを守っているのはイギリスだ。SSDTがずいぶん前からノンストップルールを採用し、今では国内選手権もノンストップルールだ。日本でも、イーハトーブトライアルはノンストップルールで開催されている。
 ノンストップルールのそのものに対して、ライダーの反応は賛否両論。イギリス人には違和感はないし、藤波貴久もノンストップルールでのトライアルには肯定的な感想を語っている。流れのとぎれないトライアルは、走っているほうも気持ちがいいのだろう。
 対して、アダム・ラガはこのルールがお気に召さない。ラガ自身の走りのスタイルもあるのかもしれないが、理由としているのは採点だ。
「トライアルは、オブザーバーの採点と勝負をしているのではない」
 と、ラガはぼやく。ライバルと技術を競ったり、難攻不落の地形と勝負するのではなく、オブザーバーの採点のくせをつかむのがトライアルの勝負の鍵を握るのはおかしいというのがラガの主張だ。採点に対する、いわば不信感はどんなルールでもあるものだが、停止を1点と定めた10数年前の時代には、この不信感がどんどん大きくなって、変わってセクションの走破タイムを設定するという現在のルールとなっていった。停止1点でももめるのに、停止5点になったらどうなるのだという思いは、ラガならずとも誰でも思う心配事だ。
 もっともラガはオブザーバーの採点傾向を盗むのがじょうずで、ぎりぎりで減点をとられない走りをする。ラガが採点に不満をもらすときは、この読みに反する採点をされたときで、ラガの走りが減点対象かどうかという問題とはちがうだろうと思わせるシーンは多い。しかしそれでも、採点のむずかしさについては一抹の不安はある。

2014年世界選手権

 一方トニー・ボウも、ノンストップルールにはあまり賛成ではない。もともとこの数年のFIMのルール変更は、ボウいじめというべき背景がある。ボウがあんまり強いから、いろんなライダーが勝てるようにしたという理由づけである。スタート順を逆にしたのも勝者にハンディを与えるため、今年ボウが苦戦しているのは、ノンストップルールの賜物だとしたら、FIM的にはしてやったりなのかもしれない。
 ストップが許されるトライアルは、極論をいえばやり直しができるトライアル。試走ができない、本番一回限りを潔しとするトライアルの本流からすると、止まって後輪を振り前輪を振り、位置を調整して次のポイントへ向かうトライアルは、正しくないトライアルなのかもしれない。
 しかし世の中には、止まれないライダーも少なくない。ぴたり停止してマシンの位置を調整するテクニックを持ち合わせないから、流れのままにマシンを走らせる、昔ながらのライダーたち。こういった昔気質のライダーには復権のチャンスがあるかもしれないし、足をつきながら要所要所で止まりながらマシンを進めていた修業中ライダーにとっては、走り続けることで見えてくるものもあるかもしれない。
 さて日本でのノンストップルール。早ければ2015年シーズンからという可能性も考えられたが、今の時点で発表がないということは、それはまずなさそう。とすると2016年からか。このルールは、トライアル全体に対する影響を考えてのことだから、採用となるなら、全日本だけということではなく、地方選手権も含め、MFJトライアルルールの変更となるにちがいない。
 ルール変更に対する準備をするかしないかはそれぞれの判断。しかし少なくとも、ふだんの練習に「止まらない」という制限を加えることで得るものは少なくないはずだ。

関連記事

イベント(大会)

2022年わびさび大会開催

2022年のわびさび大会の日程が決定しました。 トライアルチーム嵐山不老天狗よりのお知らせです。 (さらに…)…

自然山通信2022年1月号電子版

2022年になりました。今年もよろしくお願いします。ということで、2022年1月号電子版をご用意いたしましたので、ご購入、ダウンロードしてお…

自然山通信2022年1月号発売中!

新年1月号発売中!Repsol Honda Team監督に就任した藤波貴久のロングインタビュー、第三回目。そして、ポルトガル GPの会場で藤…

2022トライアルマシン合同試乗会のご案内(三重県)

2022トライアルマシン合同試乗会開催のお知らせ 2月11日、三重県四日市市グリーンパーク岡山トライアル場で、トライアルマシン試乗会を…

年始の放射能冷却

あいからわず、当地は寒いです。世間は雪が降ってたいへん、ということなのだけど、こちら、ほとんど雪は降ってません。一応白いんだけど、積雪量1c…

イベント(大会)

202112/22

2022年新春植木トライアル大会

初転び今年もやります草大会 日時:2022年1月16日(日)  受付:8時30分〜  スタート:9時30分〜  ゴール:13時3…

リザルト中国

中国選手権第2戦山口大会

2021年中国選手権 第2戦山口大会 ●2021年12月19日 ●広島県グリーンピア瀬戸内 ●天候:晴れ   (さらに&he…

MFJトライアル

2021MFJグランドチャンピオン大会

第34回MFJグランドチャンピオン大会 ●2021年12月12日 ●愛知県キョウセイドライバーランド (さらに…)…

トライアルGC大会/GCクラストップ10の記録

トライアルGC大会、そのGCクラスの上位10名の結果一覧です。 GC大会10位までに入ると、国際B級へ昇格することができます。…

2021年12月号電子版

引退表明した藤波貴久選手のロングインタビューVol.2掲載。オールカラー78ページ。PDFでのご提供なので、ご購入のうえ、ダウンロードしてパ…

ページ上部へ戻る