2020年11月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  
  1. イベント(スクール)
  2. イベント(大会)
  3. MFJトライアル
  4. イベント(大会)
  5. イベント(大会)
  6. MFJトライアル
  7. 2017お勉強会
  8. イベント(大会)
  9. イベント(大会)
  10. MFJトライアル
  11. イベント(その他)
  12. リザルト東北
  13. MFJトライアル
  14. イベント(大会)
  15. イベント(大会)
  16. イベント(大会)
  17. リザルト中国
  18. イベント(大会)
  19. イベント(大会)
  20. 2016高田島ツートラ
  21. イベント(大会)
  22. イベント(大会)
  23. イベント(大会)
  24. イベント(その他)
  25. リザルト中国
  26. リザルト中国
  27. リザルト中部
  28. リザルト中国
  29. リザルト関東
  30. イベント(大会)
  31. イベント(大会)
  32. イベント(大会)
  33. リザルト沖縄
  34. イベント(大会)
  35. リザルト関東
  36. MFJトライアル
  37. イベント(大会)
  38. リザルト関東
  39. リザルト関東
  40. イベント(スクール)
  41. イベント(大会)
  42. イベント(大会)

日本のニュース

© トライアル自然山通信 All rights reserved.

2016全日本真壁IA

小野貴史、自身3勝目の開幕戦勝利

3月13日、全日本開幕戦。真壁トライアルランドでの国際A級クラスは、ベテラン勢の強さと、久岡孝二の奮起が光った。上位4名がゼッケン二ケタのライダーで占められた。今シーズンのIAもまた、新しい風が吹きそうだ。

勝利をしたのは小野貴史。小野は本来なら、一桁ゼッケンをつけてしかるべきライダーだが、人体を痛めて戦列から離れていて、このようなゼッケンになっている。これまで、地元SUGO大会と北海道大会で1勝ずつをあげているが、北海道での勝利は2009年のことで、もうずいぶん長いこと勝利からは遠ざかっている。

1603真壁IAの小野真壁では新鮮な難セクションとなった第2セクションにて。小野貴史

今回は参加者が多く、渋滞に巻き込まれる心配があった。小野はそれを回避するため、最初からペースを上げてセクションを回ることにした。じっくり下見をするのをやめて、早いところ列に並んでトライをする。アシスタント役の竹屋健二(竹屋もまたIAライダーだ)もそれを助ける。いくつかセクションを回った頃には、まわりは自分よりも大きなゼッケンのライダーばかりになっていた。自分のペースもできてきた。

優勝を目指しているわけではなく、ひとつひとつのセクションをきちんと走りきっていくだけだ。まわりの調子も聞かないまま、小野は12セクション2ラップを走りきってしまった。実感としては悪くなかったのだが、もっと調子がいいライダーはいるかもしれない。

ゴールして、本多元治と話をした。点数を確認しあったら、どうやらわずかに小野の方がよいようだ。ならば、そんなに悪くない成績がおさめられるのではないか、と小野は思っていた。

ところが結果は、優勝だった。本多が2位。久々の勝利だが、この調子で勝ち続けるのかと問われると「緊張しやすいタイプだから、そういうことは考えないで次も走る」ときっぱり。表彰台では「長いことトライアルをやっていると、いいこともあります」と話した。小野のこのコメントを聞くのは、3度目だ。4度目は、いつ聞けるだろうか。

1603真壁IAの本多昨年につづき開幕戦を2位とした本多元治

2位となったのはベテラン本多元治。去年は3戦に出場、2戦で表彰台を獲得してゼッケン11番を得た。近年はデモンストレーションなどの仕事が忙しく、全戦での参加がむずかしくなっているが、出るからには勝ちたい。5点がひとつもないスコアは見事だったが、勝利にはあと4点届かなかった。

1603真壁IAの久岡初優勝はおあずけ、しかしケガをしながら3位入賞は、ひとまず収穫ありといっていい久岡孝二

1ラップ目のトップは久岡孝二。1年ぶりに参加の西元良太に3点差だった。国際A級1年目の昨年は、3戦でポイントを獲得したにとどまり、2年目の奮起が期待されているところだった。久岡はIASの柴田、氏川とともにヴェルティゴに乗ることになっていたが、マシンがまだ届かず、急きょ開幕戦はこれまで乗っていたガスガスでの参戦となった。

久岡は土の斜面の第2セクションで5点となったものの、その後はよく点数を抑え、2年目の初勝利に向けて試合をまとめようとしていたのだが、しかしそんなに簡単に勝利はやってきてはくれなかった。2ラップ目、減点を増やしながら、なんとか試合を終えようとしたところ、最終12セクションで転倒、肩を傷めてしまった。終わってみれば3位表彰台を獲得していたのは不幸中の幸い。しかし表彰台では、右肩が上がらない姿で登場することになってしまった。それでも、今年の久岡には期待が持てそうな、開幕戦の結果だった。

1603真壁IAの表彰台左から、右肩があがらない3位久岡孝二、優勝の小野貴司、2位本多元治

4位には、千葉県警の白バイ隊員として活躍中の西元良太が入った。年に1度だけの全日本出場だが、昨年の5位から4位へと、順位はひとつ上がった。

1603真壁IAの西元 1603真壁IAの寺澤 1603真壁IAの村田
4位西元良太、5位寺澤慎也、6位村田慎示

5位寺澤慎也、6位村田慎示、7位徳丸新伍と、ベテラン勢が入賞を果たし、8位に若手磯谷玲が入った。

1603真壁IAの徳丸新伍 1603真壁IAの磯谷 1603真壁IAの永久保
7位徳丸新伍、8位磯谷玲、9位永久保恭平

昨年は氏川湧雅が昇格1年目でチャンピオン争いをして注目を浴びたが、今年はベテラン勢が強しの印象の開幕戦となった。そんな中、ルーキーの山崎頌太がIA緒戦にして15位入賞、1ポイントを獲得している。

1603真壁IAの平田雅 1603真壁IAの伏見 1603真壁IAの小谷
10位平田雅裕、11位伏見裕貴、12位小谷徹

滑りやすい土の斜面がライダーの行く手を阻む、新鮮な印象のセクションだった第2セクションは、IAとIASが同じ設定だった。IAにはむずかしい設定ともいえるが、高い岩が用意されるわけでなく、ストップアンドゴーのテクニックが通じないポイントのライディングは、地味ながらトライアルらしいものとなっていた。

11セクションはIBからIASまで全クラス共通。上位陣はさすがにクリーンが多いが、IASライダーが減点することもあって、トライアルのむずかしさを物語っているセクションでもあった。

1603真壁IAの三野 1603真壁IAの平田貴 1603真壁IAの山崎
13位三野明飛夢、14位平田貴裕、15位山崎頌太

関連記事

イベント(スクール)

202011/23

12/12-13 Gatti School Special 真壁

緊急開催決定 Gatti School Special 真壁トライアルランドで開催。 12月12日土曜日・12月13日日曜日、2日間に…

2021年世界選手権カレンダーは?

2021年FIM世界選手権(暫定)スケジュールが発表になった。日本GP(ツインリンクもてぎ)は5月15〜16日に設定されている。 (…

イベント(大会)

202011/19

12/27 GATTIスクール杯【会場変更】

今年7月に、7年ぶり開催となったガッチスクール杯!! 好評につき第2回開催決定!! 皆様と楽しみたいと思いますので参加宜しくおねがいしま…

2021年、ガスガスがロードレースに進出

ガスガスがKTM傘下となって1年になろうとしているが、KTMのガスガス・ブランド戦略が本気だ。 (さらに…)…

2021年のXトライアルはこうなる?

Xトライアルの2021年暫定カレンダーが発表された。このまま大会が開催される確証はないし、今後の感染症蔓延の状況を見ながらカレンダーの変更は…

2020年11月号電子版もありますよー

老眼でお悩みの方にお勧めの、お手持ちの電子端末でお好きな大きさに拡大して読める、自然山通信電子版。遅くなりましたが、11月号をお届けします。…

自然山通信11月号発売中!

自然山通信11月号発売中! ちょっと遅くなてしまいましたが、今月も元気にちょっと増ページ。ずっしり重くなってオールカラー70ページ・314円…

MFJトライアル

全日本歴代ランキング

全日本選手権の、歴代のランキング一覧です。 全クラス、ランキング15位までを抽出させていただきました(15位までに空欄があるクラス…

2020全日本選手権最終ランキング(独自集計)

2020年全日本選手権ポイントランキングです。MFJ正式ではなく、自然山通信独自集計です。各ラウンドの数字はポイントではなく順位です。出場し…

全日本トライアル最終戦結果

2020年11月8日 和歌山県有田郡湯浅町湯浅トライアルパーク 天候:晴れときどき曇り 観客数:0人(無観客試合) IAS:10…

ページ上部へ戻る