2023年2月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728  
  1. トライアル・デ・ナシオン
  2. イベント(大会)
  3. イベント(大会)
  4. イベント(大会)
  5. リザルト中国
  6. TRJ / MFJ
  7. イベント(大会)
  8. MFJトライアル
  9. リザルト関東
  10. イベント(大会)
  11. MFJ
  12. リザルト中国
  13. リザルト関東
  14. イベント(大会)
  15. イベント(大会)
  16. イベント(大会)
  17. イベント(大会)
  18. イベント(大会)
  19. リザルト中部
  20. 2017TDN
  21. トライアル・デ・ナシオン
  22. リザルト関東
  23. リザルト中国
  24. 2017お勉強会
  25. リザルト中国
  26. イベント(大会)
  27. イベントリザルト
  28. リザルト中国
  29. リザルト中国
  30. TRJ / MFJ
  31. イベント(その他)
  32. リザルト中国
  33. イベント(大会)
  34. リザルト九州
  35. TRJ / MFJ
  36. リザルト中国
  37. イベント(大会)
  38. リザルト中国
  39. リザルト関東
  40. イベント(大会)
  41. イベント(スクール)
  42. イベント(スクール)
  43. リザルト関東
  44. イベント(大会)

日本のニュース

© トライアル自然山通信 All rights reserved.

13歳氏川政哉、全日本デビューウィン

ここ数年、若いライダーの台頭が著しい国際B級クラスでは、ついに13歳の勝利者が誕生した。氏川政哉、2014年国際B級チャンピオン、氏川湧雅の弟にして、2004年世界チャンピオン藤波貴久の甥にあたる。

1603真壁のIB氏川政哉

政哉は2014年にバイクトライアル世界チャンピオンとなり、2015年にオートバイデビューを果たした。その年、中部選手権のNBチャンピオンとなり、トライアルGC大会で勝利、国際B級への特別昇格切符を手にした。

そして2016年、3歳年上の兄に2年遅れての全日本選手権デビューとなった。下馬評では政哉の勝利はまちがいなし、となっていたが、しかしさて、勝負は開けてみなければわからないし、そして13歳の中学生ライダーは、けっこう緊張してもいた。

1ラップ目、国際B級1年生の氏川は、先輩たちの実力がわからない。一回足をつくたびに不安になる。150台近い参加者がいる中、持ち時間の配分も大きな不安だった。そしてやはり2ラップ目、IASやIAのセクション待ちに追いついてしまうと、持ち時間も足りなくなってきた。

1ラップ目の戦況が届いたのは、その頃だった。いくつか失敗があったものの、1ラップ目は堂々トップ。2位に6点差で、失ったのはたったの4点だから、まずは独走といっていい。これで氏川に自信がみなぎってきた。

しかし今度は時間がない。悩んだ末、申告5点をもらってオンタイムゴールを目指すことにした。といっても、1ラップ目をわずか4点で回ってきている氏川にとって、5点をもらって惜しくないセクションなどひとつもなかった。結果、5セクションで5点をもらい、さらに第8セクションでも申告5点をもらうことになった。2ラップ目の足つき減点は、10セクションでの1点のみ、申告5点が二つで、合計11点が2ラップ目のスコアとなった。

トータル15点。1ラップ目の結果を見る限り、他のライバルが氏川の上位に出るには、2ラップ目をオールクリーンする勢いで回ってこなければいけない。はたして、1ラップ目を15点以内で回ってきたライダーは6人いたが、いずれも2ラップ目に10点を切ることはできず、氏川の開幕戦勝利が決まった。

今回、第9セクションはIBからIASまで、レディースを除く全クラスが共通ラインを走るセクションだった。このセクションの結果は興味深い。氏川はこのセクションを2ラップともクリーンしているが(氏川だけではなく、多くのIBライダーがここをクリーンしている)、IAやIASの結果を見ると、必ずしも全員がクリーンをしているわけではなく、なんとびっくりするようなライダーがここで失点している。これもまた、トライアルのおもしろさだ。

2位はゼッケン1番沖勇也。昨年は惜しいところでIA昇格を逃したが(それがゼッケン1番のゆえん)、今シーズンはまずは幸先のいいスタートを切った。3位には、中部選手権NAチャンピオンの武田呼人が入った。1ラップ目は17点を失って8位だったが、自分のスコアがそれほど悪いものではないと知って楽しく走れるようになった結果の、3位表彰台獲得だった。

全体的にはベテランライダーが大勢を占めるこのクラスだが、上位3人を若手が独占、若い才能がどんどん芽を出してきたのはうれしい限り。さてベテラン勢の逆襲はあるのか!?

1603真壁のIB表彰台

1603真壁のIB氏川政哉 1603真壁のIB沖勇也 1603真壁のIB武田呼人
優勝の氏川政哉、2位沖勇也、3位武田呼人
1603真壁のIB小沼侑暉 1603真壁のIB赤嶺大輔 1603真壁のIB池田蓮
4位小沼侑暉、5位赤嶺大輔、6位池田蓮
1603真壁のIB米田悟 1603真壁のIB中田雅之 1603真壁のIB川崎亘
7位米田悟、8位中田雅之、9位川崎亘
1603真壁のIB小野田瑞希 1603真壁のIB柳橋岳人 1603真壁のIB倉持晃人
10位小野田瑞希、11位柳橋岳人、倉持晃人
1603真壁のIB桒原佳朗 1603真壁のIB遠藤博文 1603真壁のIB村田芳正
13位桒原佳朗、14位遠藤博文、15位村田芳正

関連記事

歴代世界GPランキング

世界選手権の、歴代のランキング一覧です。 全クラス、ランキング15位までを抽出させていただきました。15位までに空欄がある場合…

2023年の久岡孝二はホンダに乗る

久岡孝二が2023年にホンダに乗ることが発表になった。新年早々、ヤマハ発動機とチームVICTORYから離れることを公表した久岡だったが、次な…

飛翔、廣畑伸哉。世界選手権トライアル2へ

全日本IASの中で最も若手の廣畑伸哉が、2023年は世界選手権に全戦挑戦することになった。チームは、藤波貴久監督が力を入れると語っていたモン…

自然山通信2023年1月号電子版

遅くなりました。2023年お正月の1月号、電子版をご用意いたしました。 2023年も、どうぞよろしくお願いします。 (さらに&he…

自然山通信2023年1月号発売

2023年になりました。通算311号になる自然山通信1月号の発売です。『ありがとう、藤波貴久。ありがとう、ファンのみんな!』3年ぶりのホンダ…

トライアル・デ・ナシオン

TDN募金会計報告#20

自然山通信がおこなっているデ・ナシオン支援活動の会計報告です。 みなさまからのご厚意は、年に一度、トライアル選手会に送らせていただいていま…

2023 Vertigo新参戦チーム体制

チーム「VERTIGO with MITANI」より、2023年全日本トライアル選手権シリーズに参戦するVertigoのチーム体制の発表…

イベント(大会)

202212/27

2023わびさびトライアル大会

2023年わびさびトライアル大会の日程です。 トライアルチーム嵐山不老天狗 玉田さんより届いた情報です。  (さらに&hellip…

イベント(大会)

202212/22

1/22植木新春大会

植木トライアル乗で、新春大会を開催します。 (さらに…)…

イベント(大会)

202212/22

1/22新春糸島トライアル大会

2023年1月22日(日) 新春糸島トライアル大会 開催します。 (さらに…)…

ページ上部へ戻る