2020年6月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  
  1. TRIAL動画チャンネル
  2. MFJトライアル
  3. イベント(大会)
  4. 2017お勉強会
  5. イベント(スクール)
  6. イベント(大会)
  7. イベント(大会)
  8. イベント(大会)
  9. イベント(大会)
  10. リザルト中国
  11. 2020.04.05

    福島市へ行く
  12. イベント(大会)
  13. イベント(大会)
  14. イベント(大会)
  15. イベント(大会)
  16. イベント(大会)
  17. リザルト四国
  18. イベント(大会)
  19. イベント(大会)
  20. イベント(大会)
  21. リザルト沖縄
  22. イベント告知
  23. 2020XTDN延期
  24. イベント(大会)
  25. SSDT中止
  26. イベント(大会)
  27. SHOEI MITANI MODEL MATブラック
  28. リザルト関東
  29. イベント(大会)
  30. イベント(スクール)
  31. イベント(スクール)
  32. イベント(スクール)
  33. イベント(大会)
  34. イベント(大会)
  35. イベント(大会)
  36. イベント(大会)
  37. イベント(大会)
  38. イベント(大会)
  39. リザルト近畿
  40. リザルト沖縄
  41. イベント(大会)
  42. イベント(大会)
  43. リザルト関東
  44. イベント(その他)
  45. イベント(大会)
  46. イベント(大会)
  47. リザルト沖縄
  48. イベント(大会)
  49. イベント(その他)
  50. リザルト関東
  51. イベント(大会)

日本のニュース

© トライアル自然山通信 All rights reserved.

13歳氏川政哉、全日本デビューウィン

ここ数年、若いライダーの台頭が著しい国際B級クラスでは、ついに13歳の勝利者が誕生した。氏川政哉、2014年国際B級チャンピオン、氏川湧雅の弟にして、2004年世界チャンピオン藤波貴久の甥にあたる。

1603真壁のIB氏川政哉

政哉は2014年にバイクトライアル世界チャンピオンとなり、2015年にオートバイデビューを果たした。その年、中部選手権のNBチャンピオンとなり、トライアルGC大会で勝利、国際B級への特別昇格切符を手にした。

そして2016年、3歳年上の兄に2年遅れての全日本選手権デビューとなった。下馬評では政哉の勝利はまちがいなし、となっていたが、しかしさて、勝負は開けてみなければわからないし、そして13歳の中学生ライダーは、けっこう緊張してもいた。

1ラップ目、国際B級1年生の氏川は、先輩たちの実力がわからない。一回足をつくたびに不安になる。150台近い参加者がいる中、持ち時間の配分も大きな不安だった。そしてやはり2ラップ目、IASやIAのセクション待ちに追いついてしまうと、持ち時間も足りなくなってきた。

1ラップ目の戦況が届いたのは、その頃だった。いくつか失敗があったものの、1ラップ目は堂々トップ。2位に6点差で、失ったのはたったの4点だから、まずは独走といっていい。これで氏川に自信がみなぎってきた。

しかし今度は時間がない。悩んだ末、申告5点をもらってオンタイムゴールを目指すことにした。といっても、1ラップ目をわずか4点で回ってきている氏川にとって、5点をもらって惜しくないセクションなどひとつもなかった。結果、5セクションで5点をもらい、さらに第8セクションでも申告5点をもらうことになった。2ラップ目の足つき減点は、10セクションでの1点のみ、申告5点が二つで、合計11点が2ラップ目のスコアとなった。

トータル15点。1ラップ目の結果を見る限り、他のライバルが氏川の上位に出るには、2ラップ目をオールクリーンする勢いで回ってこなければいけない。はたして、1ラップ目を15点以内で回ってきたライダーは6人いたが、いずれも2ラップ目に10点を切ることはできず、氏川の開幕戦勝利が決まった。

今回、第9セクションはIBからIASまで、レディースを除く全クラスが共通ラインを走るセクションだった。このセクションの結果は興味深い。氏川はこのセクションを2ラップともクリーンしているが(氏川だけではなく、多くのIBライダーがここをクリーンしている)、IAやIASの結果を見ると、必ずしも全員がクリーンをしているわけではなく、なんとびっくりするようなライダーがここで失点している。これもまた、トライアルのおもしろさだ。

2位はゼッケン1番沖勇也。昨年は惜しいところでIA昇格を逃したが(それがゼッケン1番のゆえん)、今シーズンはまずは幸先のいいスタートを切った。3位には、中部選手権NAチャンピオンの武田呼人が入った。1ラップ目は17点を失って8位だったが、自分のスコアがそれほど悪いものではないと知って楽しく走れるようになった結果の、3位表彰台獲得だった。

全体的にはベテランライダーが大勢を占めるこのクラスだが、上位3人を若手が独占、若い才能がどんどん芽を出してきたのはうれしい限り。さてベテラン勢の逆襲はあるのか!?

1603真壁のIB表彰台

1603真壁のIB氏川政哉 1603真壁のIB沖勇也 1603真壁のIB武田呼人
優勝の氏川政哉、2位沖勇也、3位武田呼人
1603真壁のIB小沼侑暉 1603真壁のIB赤嶺大輔 1603真壁のIB池田蓮
4位小沼侑暉、5位赤嶺大輔、6位池田蓮
1603真壁のIB米田悟 1603真壁のIB中田雅之 1603真壁のIB川崎亘
7位米田悟、8位中田雅之、9位川崎亘
1603真壁のIB小野田瑞希 1603真壁のIB柳橋岳人 1603真壁のIB倉持晃人
10位小野田瑞希、11位柳橋岳人、倉持晃人
1603真壁のIB桒原佳朗 1603真壁のIB遠藤博文 1603真壁のIB村田芳正
13位桒原佳朗、14位遠藤博文、15位村田芳正

関連記事

プロターとの思い出、プロヴィーニさんとの思い出

ちょっと探し物をしていた時に(なぜか娘の家で)発掘されたなにやらの賞状らしきもの。なんだろうね、これ?? とすっかり記憶が失せていたのだけど…

MFJトライアル

全日本関東大会の日程変更とGC大会の中止他

COVID-19による全面自粛騒動から一歩進んで、これから、ちょっとずつ日常に戻ってくる。それに合わせて、イベントスケジュール情報もいろいろ…

ガエルネ・バランスクラシック新色発売!

マシンとの一体感を極限まで高めた、究極のマン=マシンバランスを実現。進化を遂げたガエルネ最高峰トライアルブーツ「BALANCE CLAS…

日本GPは結局中止、TDNも中止に

COVID-19による大会中止、その新たなお知らせ。犬が人を噛んでもニュースにならないように、ニュースにするなら大会が開催される! というお…

野崎史高のファイナル・セロー

ヤマハのロングセラーのセローの開発終了となり、セローファイナルエディションが発表されて現在発売中なのはご存知の通りだけど、このたび、野崎史高…

イベント(大会)

メッツカップ第2戦も中止に

メッツカップ第2戦(7月5日・会場オフロードパークSHIRAI)は、残念ですが中止いたします。 (さらに…)…

7月12日の全日本北海道大会は中止

全日本選手権シリーズは、COVID-19の影響で開幕が遅れているが、ここまで事実上の開幕戦となることになっていた北海道大会の中止が発表された…

TrialGP、イタリアとイギリスも延期

世界的にCOVID-19の騒ぎがなかなかおさまらない。2020年トライアルGPは、すでに6月の大会まで延期が決まっているが、5月2日にはさら…

自然山通信5月号発売!

自然山通信5月号発売開始!世界中のトライアルイベント延期・中止が続いてます。自然山通信5月号ではIASライダー全員に出場していただき「202…

自然山通信2020年5月号電子版

自然山通信電子版は自粛せず、みなさまのメモリー空間にお届けします。PDFで配信いたしますので、ダウンロードして、お手元の電子端末(パソコン、…

ページ上部へ戻る