2020年7月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
  1. 2016高田島ツートラ
  2. イベント(大会)
  3. イベント(大会)
  4. イベント(大会)
  5. イベント(大会)
  6. 2017お勉強会
  7. イベント(大会)
  8. MFJトライアル
  9. イベント(大会)
  10. イベント(スクール)
  11. イベント(大会)
  12. イベント(大会)
  13. イベント(大会)
  14. イベント(大会)
  15. リザルト中国
  16. 2020.04.05

    福島市へ行く
  17. イベント(大会)
  18. イベント(大会)
  19. イベント(大会)
  20. イベント(大会)
  21. イベント(大会)
  22. リザルト四国
  23. イベント(大会)
  24. イベント(大会)
  25. イベント(大会)
  26. リザルト沖縄
  27. イベント告知
  28. 2020XTDN延期
  29. イベント(大会)
  30. SSDT中止
  31. イベント(大会)
  32. SHOEI MITANI MODEL MATブラック
  33. リザルト関東
  34. イベント(大会)
  35. イベント(スクール)
  36. イベント(スクール)
  37. イベント(スクール)
  38. イベント(大会)
  39. イベント(大会)
  40. イベント(大会)
  41. イベント(大会)
  42. イベント(大会)
  43. イベント(大会)
  44. リザルト近畿
  45. リザルト沖縄
  46. イベント(大会)

日本のニュース

© トライアル自然山通信 All rights reserved.

2015モンテッサ・レプソル

2015コタ4RTに250cc

2015モンテッサ

 モンテッサが、2015年モデルを発表した。2014年モデルでモデルチェンジをした外観はほぼそのまま。しかし2015年モデルには大きな変化がある。少量の限定ではあるが、限定で250ccモデルが再登場した。保安部品つきのCotaは12月頃に届くという。定評のある260ccのレプソルモデルとCota4RTについては、さらに細かい改良が進められている。

2015モンテッサ・レプソル

 スタンダードのコタ・モデルとレプソルカラーのレース・レプリカの2種類のコタが用意されるのは2014年モデル同様。どちらも従来モデルに比べてスリムなシルエットの燃料タンクを持ち、合わせてリヤフェンダーのフォルムもシェイプされている。この燃料タンクはトニー・ボウや藤波貴久の乗るファクトリーモデルにも同形状のものが採用されている。タンク容量は従来モデルと同様の1.9リットルで、キャブレターからのオーバーフローがないから、トライアル用途には充分の容量だ。

2015モンテッサのブレーキ

 2015年モデルでは
 タイヤはスタンダードがダンロップ、レース・レプリカがミシュラン、サスペンションはスタンダードがTECH製とR16V製、レース・レプリカがこれまで同様、安定性のあるショウワを使っている。
 特性も実重量も軽いTECHサスペンションの採用などで、重量はスタンダードモデルが73kgに、レース・レプリカが73.5kgとなっているのも2014年モデルと変わらない。

2015モンテッサ

 スタンダードモデルでは、R16V製リヤサスペンションが手軽な操作によりセッティング変更ができるようになっているところが仕様的な変更点だ。このリヤサスペンションユニットも、軽量化に大きく寄与している。

2015モンテッサ

 さて、モンテッサ・コタは2014年モデルに、ホンダHRCのRTL260Fのエンジンを採用して、それまでの250ccから260ccと排気量をアップした。これにより、全回転域で扱いやすさが増してより使いやすいトライアルマシンに進化した。
 反面、日本で登録をして公道を走ろうとすると、260ccという排気量は宝の持ち腐れどころか、どうにも敷居が高いものとなってくる。輸入元エトスデザインでは、従来の250ccエンジンを積んだモデルの再生産をモンテッサと交渉し、少量ながら日本向けに250ccモデルが届けられることになった。スタンダードモデル、レースモデル、どちらにも250ccバージョンが用意されるという。ただし生産台数はごくわずかということなので、ご注文ご予約はお早めに。
 販売価格などは、現在のところはまだ未定という。

2015モンテッサ

 モンテッサでは、2015年モデルと同時にオプションのツーリングシートも発表している。ゆったりとしたライディングポジションを得られると同時に、収納スペースも持っているから、トライアル競技以外にもより広い用途に使えるモンテッサ・コタの誕生も、これからのトライアルには明るいニュースとなるにちがいない。

2015モンテッサ

関連記事

タデウスとライア、ガスガスに

タデウス・ブラズシアクがガスガスに戻り、すでにガスガスに乗っているライア・サンツとともに、再びガスガスに乗ることになった。これはエンデューロ…

2016高田島ツートラ

9/20高田島ツーリングトライアル

9月20日、ナンバー付トライアルバイクで、自然山通信ニシマキの住む川内村高田島地区を徘徊、もとい散策しようというツーリングイベントを開催しま…

9/21高田島庭先コンペティション

9月21日(月曜日・敬老の日)、自然山通信ニシマキの住む川内村高田島地区でのクローズドコンペ(ナンバーなしで走れます)を開催します。 …

2020年7月号電子版

自然山通信7月号電子版をご用意しました。 自然山通信をそのまんまPDFにしましたので、おもちの電子端末でお楽しみください。大きな画面で…

自然山通信7月号発売!

自然山通信7月号発売発売開始!今月の特集は『私の初めての、私だけの藤波貴久』と【特集12ページ・回想1985 WEST GERMANY】…

2020年型ガスガスはこのディーラーから販売

ガスガスの、国内販売の枠組みが見えてきた。2020年初頭に輸入元が変わってから準備を進め、ここへきてガスガスモーターサイクルジャパンからディ…

2020世界選手権と全日本選手権

7月になった。予定では開幕戦は4月だったはずだから、かれこれ3ヶ月ほどぼーっと生きていることになるが、6月の末になって、全日本選手権と世界選…

イベント(大会)

7/19里山トライアル

第56回里山トライアル大会 (さらに…)…

イベント(大会)

8/2ケニーズクラブ30周年記念大会

皆様のおかげで30年続けることが出来ました。感謝感謝。つきましては節目となるささやかな大会と記念品を用意し、お待ち申し上げます。 時節…

イベント(大会)

7/26 Gattiスクール杯

7年ぶりに開催決定!!からコロナの影響受けキャンセルに……。しかし再び開催決定です。 ゆるーいクラス~実戦クラスまで対応したセクション…

ページ上部へ戻る