2022年12月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
  1. イベント(大会)
  2. イベント(大会)
  3. MFJ
  4. イベント(大会)
  5. リザルト中国
  6. リザルト関東
  7. イベント(大会)
  8. イベント(大会)
  9. イベント(大会)
  10. イベント(大会)
  11. イベント(大会)
  12. イベント(大会)
  13. イベント(大会)
  14. リザルト中部
  15. 2017TDN
  16. トライアル・デ・ナシオン
  17. リザルト関東
  18. リザルト中国
  19. 2017お勉強会
  20. リザルト中国
  21. イベント(大会)
  22. イベントリザルト
  23. リザルト中国
  24. リザルト中国
  25. TRJ / MFJ
  26. イベント(その他)
  27. リザルト中国
  28. イベント(大会)
  29. TRJ / MFJ
  30. リザルト中国
  31. イベント(大会)
  32. リザルト中国
  33. リザルト関東
  34. イベント(大会)
  35. イベント(スクール)
  36. イベント(スクール)
  37. リザルト関東
  38. リザルト関東
  39. イベント(大会)
  40. TRJ / MFJ
  41. リザルト関東
  42. リザルト関東
  43. リザルト中国
  44. TRJ / MFJ

日本のニュース

© トライアル自然山通信 All rights reserved.

トライアル日本GPファンミーティングが開催された

4月20日(水)の午後2時より東京都南青山のHondaウエルカムプラザ青山で「トライアル日本GPファンミーティング」が開催された。今週末の「2016 FIMトライアル世界選手権 第2戦ストライダー日本グランプリ」を目前にした公開イベントで、トニー・ボウ、藤波貴久、ハイメ・ブスト、小川友幸、4名が今週末のレースに向けて抱負を語っている。

honda_team

まずボウ選手が獲得したX-TRIALでの前人未到の10連覇、2年ぶりにX-TRIALに参戦を果たした藤波選手の今シーズンのX-TRIAL参戦についての報告からトークが始まった。そして開幕したばかりのアウトドア世界選手権スペイン大会についての話題へと移る。

スペイン開幕戦を前に、肩のじん帯のケガをしてしまった世界チャンピオンのトニー・ボウはこう語った。「今現在、ベストのコンディションではない。かつて自分にはなかった悪いコンディションで世界選手権を走ることになりました。しかし、この条件のなかで精一杯走るつもりです。日本は自分にとって特別な場所です。力いっぱい闘います」

honda_bou

18歳のハイメ・ブスト選手は、Hondaに移籍して2年目となる。開幕戦スペイン大会1日目でなんと1、2ラップ目までトップに立つという大活躍をしたばかり。今年のもてぎの活躍が注目されている。「チームに入り2年目のシーズンです。昨年よりもマシンに慣れてきて、たくさん練習を重ねてきました。GPクラスには先輩の強い選手がたくさんいるのですが、今年は去年より良い成績を残せると思っている。自分自身で調子が良いと感じているので、このリズムに乗って走るつもりです」

ここで、開幕戦のブスト選手走りについて藤波選手が補足している。「開幕戦のブスト選手はホントに調子よかったんですよ。僕の前を走っていてずっと見てたのですがあまりにも調子すぎて驚いてました。これ以上見ているとプレッシャーになってしまうと思い、途中からブスト選手から離れて走ることにしました。彼は本当に勝つ勢いだったのです」

honda_busto

そして、近年膝の故障等で悩み続けていた藤波貴久選手だが、今シーズンは故障も完治し、あらゆる面でベストコンディションであるという。「世界選手権を21年間走ってきました。今年は本当に万全の体制です。故障がないことでトレーニングも多くできるようになり体重は6キロしぼりました。今年は行けるぞとモチベーションが高いです。でも、それが自分自身にプレシャーを与えてしまったのせいか、開幕戦ではちょっと空回りしてしまいました。今年は常に安定して良いラップ減点で走れるようにがんばりたいです。それと九州は今大変な時です。今僕たちからは頑張ってとしか言えないのですが、僕らができることはレースで精一杯走って、結果を出すこと。そのパワーが伝えられればと思っています」

honda_fujinami

先週の全日本選手権第2戦近畿大会で優勝したばかりの小川友幸選手がこう語った。「マシンも体調も、メンタルも、いまの自分はベストな状態だと思います。最近は年に1度の世界選手権参戦となってます。この日曜日まで全日本選手権のストップルールで走ってきましたが、明日からもてぎに入ってノーストップルールに切り替えることになります。日本と世界のルールが違うので、まだ自分自身で対応ができてない状態です。それでもしっかり走って結果につなげたいです」

honda_ogawa

1時間のイベント最後は、ファンからの質問に答えている各選手。会場に集まったファン全員が4選手と握手ができる握手会となり、1時間のミーティングは終了した。そしてライダー達はこれからツイリンクもてぎへ移動していった。

今週末、4月23(土)24(日)の二日間でトライアル世界選手権日本大会が行われる。今現在続々と世界のトップラーダー達が来日し、もてぎのパドックで対戦準備に入っている。今年はセクションの高低差がある。新開拓のセクションが多数あり見どころたくさんだ。是非彼らの素晴らしい走りを実感してもらいたい。また、藤波貴久選手の世界選手権挑戦300戦目記念の催しもあるので場内は一層盛り上がりそうだ。

◎2016 FIM トライアル世界選手権 第2戦 STRIDER日本グランプリ
2016年4月23(土)24(日)開催
会場/ツイリンクもてぎ(栃木県芳賀郡茂木町)

関連記事

イベント(大会)

12/18 2022第2回植木トライアル大会

時:2022年12月18日 (さらに…)…

日本全国全額チャンス!ペイペイジャンボ開催中

自然山通信webshopはPayPay決済ができます。現在「日本全国全額チャンス!ペイペイジャンボ」開催中。キャンペーン期間は2022年12…

スマホのカメラ

今年の夏、iPhone7の調子が悪いと愚痴ったら、杉谷が予備に回していたiPhone12を譲ってくれた。 (さらに…)…

【PRESENT】オリジナル2023壁掛トライアルカレンダー

自然山通信オリジナル「B4壁掛け・2023トライアルカレンダー」無料プレゼント中! (さらに…)…

自然山通信2022年11月号電子版

自然山通信の電子版をお届けします。PDFでのご提供です。 重さゼログラム。電車の中で、アッシーくん運転の助手席で、仕事の書類を読むふりして…

自然山通信11月号発売

自然山通信11月号発売の発売です。2022全日本トライアル選手権R7近畿大会、「トライアル・デ・ナシオン・2022年日本チーム不参加と今…

トライアルGC大会/GCクラスでの昇格の記録

トライアルGC大会、そのGCクラスで国際B級への昇格を果たした選手の一覧です。 GC大会10位までに入ると(2000年以降の場…

第3回高田島庭先コンペティション

順位氏名(ゼッケン)年齢マシンお住まいLap減点ゲートL小計減点タイム減点ゲート競技時間総減点クリーン 1234567891011…

2022年全日本選手権ランキング(独自集計)

2022年全日本選手権ポイントランキングです。MFJ正式ではなく、自然山通信独自集計です。 各ラウンドの数字はポイントではなく順位です…

2022全日本R8東北大会全リザルト

2022全日本選手権第8戦東北大会リザルト ●2022年10月23日 ●宮城県柴田郡村田町スポーツランドSUGO 天候:晴れ一…

ページ上部へ戻る