2019年4月
« 3月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  
  1. 2017お勉強会
  2. イベント(大会)
  3. MFJトライアル
  4. イベント(スクール)
  5. イベント(大会)
  6. イベント(大会)
  7. イベント(大会)
  8. リザルト中国
  9. リザルト中部
  10. 自然山通信2019年3月号
  11. イベント(大会)
  12. イベント(大会)
  13. イベント(大会)
  14. イベント(大会)
  15. イベント(スクール)
  16. イベント(その他)
  17. イベント(その他)
  18. イベント(大会)
  19. 2016高田島ツートラ
  20. イベント(大会)
  21. イベント(大会)
  22. イベント(大会)
  23. イベント(大会)
  24. イベント(スクール)
  25. イベント(その他)
  26. イベント(大会)
  27. リザルト近畿
  28. リザルト中国
  29. イベント(大会)
  30. イベント(大会)
  31. イベント(大会)
  32. イベント(その他)
  33. イベント(大会)
  34. リザルト中国
  35. リザルト関東
  36. リザルト九州
  37. イベント(スクール)

日本のニュース

© トライアル自然山通信 All rights reserved.

2014北海道の成田匠

成田匠、EMでの2度目の正直

2014北海道の成田匠

 世界初のフルサイズ電動トライアルマシンEM5.7が、全日本選手権に2度目の参戦をした。7月20日、全日本選手権第4戦北海道大会にてのことで、国際A級クラスに賞典外参戦。ライダーは、EM輸入元の成田匠だ。
 初めての参戦は1年前の北海道大会てやはり賞典外だったが、その結果はブービー賞に近かった。さて今回はどんな結果となっただろうか。

 賞典外のため、成田のスタート順はすべての国際A級ライダーの前となる。ラインがなにもできていない、不利な条件だ(ルーキーたちは、みなこの不利な条件を勝ち抜いてトップの座を獲得してこなければいけないのだが)。電動バイクが賞典をもらえる枠組みで参加できるかどうかは、現在のところまだ不透明。主にエンジンストップの判定問題がはっきりしていないからということだが、同じ土俵で勝負する姿を早く見たい気はする。もっともこのマシンは現在は公認車両にもなっていないから、賞典外にしてもこれで大会参加ができるのは国際B級以上のライダーに限定されることになる。
 さて、成田が1年ぶりの北海道大会に参加したのは、いろいろ日程の都合があって北海道が参戦しやすいということだった。また北海道大会は、昨年のリベンジという意味もちょっとあると言う。
 昨年、出場前に抱負を聞いたところでは、10位以内くらいに入れればということだったが、それでもずいぶん謙遜した目標に思えたものだったが、結果はポイント獲得もほど遠いものだった。
 その一方で、フランス選手権では若いバスティアン・イエットが125ccクラスにやはり賞典外で参加して、そこそこのリザルトを残している。世界選手権のセクション作りを担当している成田は、これがどれくらいの成績なのかはよくわかる。電動マシンにはまだまだ伸び代がある証明でもあった。

2014北海道の成田匠

 その実、北海道大会は急坂が多く、電動マシンにはあまり向いている会場とは言い難い。高いギヤで坂を登っていって、あともうひとつパワーがほしいときなど、半クラッチでパワーをためて、ちょっとずつリヤタイヤを動かす、いわゆるためをつくるアクションなど、クラッチという概念がない電動マシンにはむずかしい。
 モーターのパワーを断続する装置はついているものの、これはクラッチというよりスイッチで、クラッチだと思って操作するとかえって痛い目に遭うということで、去年はこれをはずし、左側をリヤブレーキとしてきた成田だったが、今年は左側の(クラッチレバーのように見える)パワー断続レバーをもう少し重たくして、クラッチ感覚で使えるように手を入れてきていた。

2014北海道の成田匠

 今回の結果は12位相当で、ポイント獲得圏までポジションを上げてきた。1年前の目標を、なんとかクリアしたかたちだ。
 成田のように、エンジンを使ったトライアルを極めたライダーと、トライアルを始めた当初から電動マシンに乗っている者とでも乗りこなし術はちがってくるだろうし、いずれにしても、電動マシンはこれからの乗り物。
 それにはまず、なんでもいいからレギュレーションを決めて、なるべく早く実戦参加ができるようにお願いしたいところです。

関連記事

2019全日本選手権第1戦近畿大会

2019年4月14日 和歌山県湯浅町湯浅トライアルパーク 天候:曇り(一時ちょっとだけ雨。終わったらちょっと本降り) 観客数:1,…

野崎史高、2019年初めての開幕戦勝利

全日本選手権が開幕した。今年の開幕戦は和歌山県の湯浅トライアルパーク、4月14日の開催で、例年より1ヶ月ちょっと遅い。 7連覇のかかる…

Vertigo VERTICALシリーズに「R」登場/もてぎ車販売予定

スペイン製トライアルマシン「Vertigo」に、新たに「Vertical R」が加わった。2019年モデルより新登場するシリーズです。 …

原発事故の思い出[村を出る]

村長が防災無線で避難を呼びかけたのは15日の夜のことだった。富岡の人も含めてみんなで村を出ることにしたのが16日の午前中だった。 ぼく…

自然山通信2019年4月号電子版

自然山通信4月号電子版をお届けします。 ご購入後、ダウンロードしてお手もとの電子端末でお楽しみください。 パソコン、タブレット、スマート…

自然山通信4月号発売!

平成最後の自然山通信・4月号の発売です。ちょっと遅れましたが(先月より一週間早く‥‥)発売開始です。トニー・ボウ選手が同席した初回対談以来大…

2017お勉強会

5/18川内村お勉強会

2010年から8年間にわたって続けていて、まずまず好評をいただいたお勉強会・体験会のお知らせです。限定10名様。 福島…

イベント(大会)

4/28とんトラ第1戦春トラ

とんトラ、今年の大会日程をお知らせいたします。 そろそろスキー競技&指導員等活動から解放されそうですので、4月7日から準備に上がりますので…

原発事故の思い出[人が多きことは]

川内村が富岡町の避難を受け入れたのは、結局ほんの3日か4日でしかなかった。その後、川内村と富岡町は一心同体みたいにして郡山に避難することにな…

AJP 2potキャリパーピストンインナーKIT

旧車のリペアに。三谷モータースポーツでは1992〜1999年くらいまでのAJPキャリパー30mmピストン用インナー KITを取扱中。 (…

ページ上部へ戻る