2021年4月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
  1. リザルト関東
  2. イベント(大会)
  3. イベント(大会)
  4. 2017お勉強会
  5. イベント告知
  6. イベント(大会)
  7. イベント(大会)
  8. リザルト中国
  9. MFJ
  10. リザルト中国
  11. イベント(大会)
  12. MFJトライアル
  13. リザルト九州
  14. リザルト中国
  15. 自然山通信2021年1月号表紙
  16. リザルト中国
  17. リザルト関東
  18. イベント(大会)
  19. リザルト関東
  20. リザルト九州
  21. リザルト関東
  22. リザルト関東
  23. イベント(スクール)
  24. リザルト九州
  25. イベント(大会)
  26. リザルト関東
  27. 2020.11.10

  28. MFJトライアル
  29. リザルト中国
  30. リザルト関東
  31. リザルト中国
  32. リザルト近畿
  33. リザルト中国
  34. リザルト東北
  35. イベント(大会)
  36. イベント(大会)
  37. MFJトライアル
  38. リザルト関東
  39. イベント(大会)
  40. イベント(大会)
  41. MFJトライアル
  42. リザルト九州
  43. リザルト九州
  44. イベント(その他)
  45. リザルト東北
  46. MFJトライアル
  47. イベント(大会)
  48. イベント(大会)
  49. イベント(大会)
  50. リザルト中国
  51. イベント(大会)

日本のニュース

© トライアル自然山通信 All rights reserved.

トニー・ボウ勝利奪還、ラガが2位。藤波は2日目も3位に

日本GP、日曜日は、トニー・ボウがケガの影響を感じさせない見事な走りで勝利した。2位は土曜日に勝利のアダム・ラガ。3位は土曜日同様に藤波貴久が入った。藤波はこの戦いで世界選手権参戦300戦目となった。

2日目優勝のトニー・ボウ

夜半から未明にかけて激しい雨が降り、これでセクションは雨仕様に設定された。しかしスタートする頃には路面は乾き始めて、セクションは一転して神経戦に。誰が出られるかというサバイバル戦の土曜日に対して、日曜日は神経戦を誰が制すかという異なる興味の戦いとなった。

しかしそれでも、第7セクション、最終12セクションなど、多くのライダーをはじき返すセクションはあいかわらずで、ここを攻略しながら、その他のセクションを確実に走破していくテクニックが求められる大会となった。

セクションの難度が下がった分、肩を負傷しているボウにはからだの負担が少なかったか、ボウは快調にセクションを走破していく。1ラップ目、12セクションで5点になりながら、ボウの減点はたったの8点。土曜日に続いて好調のラガは、しかし12セクションの5点を含めてちょっとだけ減点が多くて11点。しかしまだ逆転のチャンスはありそうな1ラップ目の展開だった。

2日目2位のアダム・ラガ

しかして2ラップ目第2セクションでラガが5点になると、徐々にボウとラガの点差は開き始めた。ボウは2ラップ目に12セクションも攻略してラップ減点はさらに向上して5点! ラガは11点で1ラップ目と変わらず。ボウが独走状態を築き始めた。

こうなると、ラガの2位の座を脅かすものが現れる。藤波貴久だ。藤波は1ラップ目をラガに2点差の13点でまわり、2ラップ目は12セクションを会心の走りでクリーンして11点。ラガとの2点差をキープした。3ラップ目、ラガより3点以上いいスコアをマークすれば、去年の日本GP日曜日以来の2位入賞ということになる。藤波は8セクションまでオールクリーン、第9で1点、10セクションで3点、3ラップ目を4点でまとめて最終セクションに現れた。2ラップ目にクリーンを下最終セクション、ここをクリーンすれば、ラガの減点次第で2位の可能性がある。

2日目3位の藤波貴久

しかしピンポイントでマシンを運ばなければならない12セクション、ほんの惜しいところでマシンは岩の頂点に届かなかった。これで藤波の2位進出の望みは断たれ、2日間連続表彰台が確定した。

4位は藤波に6点差でアルベルト・カベスタニー。5位ジェロニ・ファハルド。開幕以来4位をキープし続けたハイメ・ブストが6位となったことで、藤波はランキングひとつ上げて4位とした。

全日本勢の最上位は土曜日同様に小川友幸で9位。黒山健一は終盤戦まで小川に勝る減点で回っていたが、最後の3セクションで連続5点となり、12位となって世界選手権を終えた。野崎史高が15位に入っている。

トライアル2カテゴリーはイギリスのダン・ピースが初勝利。2位イワン・ロバーツ、3位ジャック・プライスと、表彰台にイギリス人が3人乗ることになった。

日本勢では、土曜日に引き続き岡村将敏が12位で最上位、氏川湧雅が14位、磯谷玲が15となった。

125クラス3位の山崎頌太

トライアル125は土曜日と同じ顔ぶれの表彰台。山崎頌太は1ラップ目に出遅れて6位だったが、2ラップ目に追い上げ、表彰台をもぎとった。

関連記事

リザルト関東

第64回里山トライアル大会

●2021年3月28日 ●埼玉県里山トライアルエリア (さらに…)…

イベント(大会)

5/16里山トライアル

第66・67回里山トライアル大会 (さらに…)…

自然山通信2021年4月号電子版ダウンロードよろ

すっかり春になりました。紙の自然山通信と中身はおんなじの電子版をご用意しましたので、大画面に表示しておっきな文字で読みたい人、ポケットに入れ…

自然山通信4月号発売

自然山通信2021年4月号を発売しました。 (さらに…)…

チカラさんの聖火

川内村を聖火リレーが走ってたので、見に行ってきた。川内村の聖火リレーは、やってよかったと思う。 (さらに…)…

4月25日開幕!全日本トライアル九州大会

全日本選手権が、いよいよようやく、開幕する。第1戦は、九州大会となる。 (さらに…)…

ヤマハの2021年国内レース参戦体制

2021年のシーズンインを前に、日本国内のヤマハ・レース体制が発表された。トライアルは、黒山健一と野崎史高の二人が紹介されている。 …

MFJサイトがリニューアルしていた

MFJの公式WEBページ、mfj.or.jpがリニューアルした。2021年は、MFJが競技会を中心にいろいろ改革しているが、サイトのリニ…

野崎史高がゴールドウインを着る

野崎史高がゴールドウインとウェア契約、来たるシーズン開幕には、ゴールドウインをまとって登場することになった。 (さらに…)…

高田島のトライアル大会について

高田島のトライアル大会について 川内村高田島では、春と秋にトライアル大会を開催しています、開催することにしていました。しかし2021年…

ページ上部へ戻る