2020年8月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
  1. イベント(大会)
  2. イベント(大会)
  3. 2016高田島ツートラ
  4. イベント(大会)
  5. イベント(大会)
  6. イベント(大会)
  7. イベント(大会)
  8. 2017お勉強会
  9. リザルト関東
  10. イベント(大会)
  11. MFJトライアル
  12. イベント(大会)
  13. イベント(スクール)
  14. イベント(大会)
  15. イベント(大会)
  16. イベント(大会)
  17. イベント(大会)
  18. リザルト中国
  19. 2020.04.05

    福島市へ行く
  20. イベント(大会)
  21. イベント(大会)
  22. イベント(大会)
  23. イベント(大会)
  24. イベント(大会)
  25. リザルト四国
  26. イベント(大会)
  27. イベント(大会)
  28. イベント(大会)
  29. リザルト沖縄
  30. イベント告知
  31. 2020XTDN延期
  32. イベント(大会)
  33. SSDT中止
  34. イベント(大会)
  35. SHOEI MITANI MODEL MATブラック
  36. リザルト関東
  37. イベント(大会)
  38. イベント(スクール)
  39. イベント(スクール)
  40. イベント(スクール)
  41. イベント(大会)
  42. イベント(大会)
  43. イベント(大会)
  44. イベント(大会)
  45. イベント(大会)
  46. イベント(大会)
  47. リザルト近畿

日本のニュース

© トライアル自然山通信 All rights reserved.

チスパに乗った

09チスパ横位置

 新たなトライアルマシン、チスパが日本上陸。その最初の1台に試乗することができた。乗ったのは250ccモデル。チスパには125、250、280の3種類の排気量があるが、輸入初年度の2009年は125ccと250ccに絞って日本に紹介される。今回は、まずは250ccが一足先に空輸で日本に到着した。つや消しブラックは、実物を見てもシックな印象だ。

09チスパエンジン

 2ストロークエンジンを積んだチスパ(Xispaと表記。スペイン語らしい綴りだ)は、いたって一般的なパッケージで構成されている。全体的には、シェルコにいたってよく似ている。開発コンセプトとしては、2ストロークの先輩格であるガスガスとシェルコのいいところどりということだが、実際に見てみれば、そこここにシェルコのイメージが漂っている。
 とはいえ、リヤショックはシェルコのリンクサスに対して、こちらはリンクレス。チスパのオリジナリティが発揮されている部分である。
 ちょっとばっかり踏力の必要な、古きよき感じのキックを踏みおろしてエンジンを始動する。ガスガスのようにこつがいるわけではないが、ちょっと重たい。ケッチンに気をつけた方がいいのも、いまどきはなつかしい感じ。
 ミッションは5速。このあたりはシェルコと共通するスペック。シフトタッチは短めで小気味よい。これも、ちょっとシェルコに似ている。ハンドル切れ角は少なめ。フレームにはフロントフォークの逃げがつくられているが、それでもベータなどの恐ろしいほどき切れ角と比べると、だいぶ少なめ。ただしこれも、シェルコの切れ角の少なさと共通している。
 エンジンは、ピックアップも元気でパワフル。低速で元気のいい2ストロークマシンが少なくなっている昨今、このマシン性格は貴重。フロントフォークはチスパオリジナル(パイオリ製と構造は似ているという)だが、リヤショックや前後ブレーキは実績あるものを使っていて、操縦性もいたって素直。まったくのニューマシンだが、違和感は感じられない。素直なトライアルマシンに仕上がっている。

09チスパリヤショック

 性能に問題ない部分はコストダウンされたパーツが使われていて、商品価値を絶妙に保っている。パイオリ製のリヤショックは、ベータREV-3と同じものが使われている。けっして安くないユニットだから、お金をかけるところには投資をしているとも言える。
 つやのないタンクやフレーム、バフ仕上げをしていないスイングアームなど、仕上がりデザインには賛否のあるところだと思うが、全体的にはけっして派手なイメージではなく、シックな印象。乗り味的にも、これと共通するものを感じる。
 長期間のライディングによる信頼性が実証されるのはまだこれからだが、ストレスのないライディングフィールそのまま、機構的にもストレスなければ、本質的なところでは丈夫なマシンに仕上がっている期待は大きい。
 なお、自然山通信2月号に、モニター価格が誤って掲載された。正しくはこちら。お値段がお安いのも、チスパの大きな魅力だ。
  X125R ¥619,500 – ( 保安部品無・税込 )
  X125R ¥661,500 – ( 保安部品有・税込 )
  X250R ¥640,500 – ( 保安部品無・税込 )
  X250R ¥682,500 – ( 保安部品有・税込 )

関連記事

自然山通2020年8月号電子版

いきなり夏らしい夏になって、みなさま、体調を崩さず、お元気でお過ごしでしょうか。いつものように、自然山通信最新号の電子版をご用意しました。P…

自然山通信8月号発売中!

暑中お見舞申し上げます!そして自然山通信8月号発売のお知らせです。今月の表紙は、若さと元気いっぱい武田呼人選手でお届けします。 (さらに…

COTA 300RR/RTL300Rサイレンサー加工

スーパーウイングまるやまでは、2020〜COTA 300RR/RTL300Rの純正サイレンサー・エンド加工を開始しました。 (さらに&h…

【新作DVD発売】精度アップ!4ヶ月からのトライアル

新作トライアルDVD「小川毅士・精度アップ!4ヶ月からのトライアル」を7月27日より発売開始! (さらに…)…

TOM’Sリンクガード・TY125Classic用

京都のトライアルショップ「トムス」より、TY125Classic用のリンクガードが発売されました。 (さらに…)…

イベント(大会)

9/22第35回まどろみトライアル

第35回まどろみトライアルの開催について (さらに…)…

イベント(大会)

8/23里山トライアル

第57回里山トライアル大会 (さらに…)…

タデウスとライア、ガスガスに

タデウス・ブラズシアクがガスガスに戻り、すでにガスガスに乗っているライア・サンツとともに、再びガスガスに乗ることになった。これはエンデューロ…

2016高田島ツートラ

9/20高田島ツーリングトライアル

9月20日、ナンバー付トライアルバイクで、自然山通信ニシマキの住む川内村高田島地区を徘徊、もとい散策しようというツーリングイベントを開催しま…

9/21高田島庭先コンペティション

9月21日(月曜日・敬老の日)、自然山通信ニシマキの住む川内村高田島地区でのクローズドコンペ(ナンバーなしで走れます)を開催します。 …

ページ上部へ戻る