2019年12月
« 11月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
  1. TRIAL動画チャンネル
  2. KLX230skidplate
  3. 2019.11.21

    地球温暖化?
  4. MFJトライアル
  5. イベント(その他)
  6. リザルト中国
  7. リザルト中国
  8. イベント(大会)
  9. イベント(大会)
  10. イベント(大会)
  11. イベント(大会)
  12. イベント(大会)
  13. MFJトライアル
  14. リザルト近畿
  15. リザルト中国
  16. イベント(大会)
  17. イベント(大会)
  18. 2019.10.13

    台風一過
  19. イベント(大会)
  20. イベント(大会)
  21. イベント(大会)
  22. リザルト関東
  23. イベント(大会)
  24. イベント(その他)
  25. MFJトライアル
  26. 2017TDN
  27. トライアル・デ・ナシオン
  28. リザルト関東
  29. リザルト東北
  30. リザルト中国
  31. リザルト関東
  32. リザルト九州
  33. リザルト中国
  34. リザルト沖縄
  35. MFJトライアル
  36. イベント(大会)
  37. イベント(大会)
  38. イベント(大会)
  39. イベント(大会)
  40. イベント(大会)
  41. イベント(大会)
  42. リザルト中国
  43. リザルト東北
  44. イベント(大会)
  45. イベント(大会)
  46. リザルト中部
  47. リザルト四国
  48. 2019.08.02

    最近の星空
  49. イベント(大会)
  50. イベント(大会)
  51. リザルト九州
  52. リザルト沖縄
  53. 140ccボアアップセット
  54. リザルト関東
  55. ワンタッチゼッケンプレートブラック
  56. MFJトライアル
  57. リザルト中国
  58. リザルト関東
  59. リザルト九州
  60. リザルト沖縄

    2019.06.23

    2019沖縄第6戦
  61. リザルト中国

日本のニュース

© トライアル自然山通信 All rights reserved.

チスパに乗った

09チスパ横位置

 新たなトライアルマシン、チスパが日本上陸。その最初の1台に試乗することができた。乗ったのは250ccモデル。チスパには125、250、280の3種類の排気量があるが、輸入初年度の2009年は125ccと250ccに絞って日本に紹介される。今回は、まずは250ccが一足先に空輸で日本に到着した。つや消しブラックは、実物を見てもシックな印象だ。

09チスパエンジン

 2ストロークエンジンを積んだチスパ(Xispaと表記。スペイン語らしい綴りだ)は、いたって一般的なパッケージで構成されている。全体的には、シェルコにいたってよく似ている。開発コンセプトとしては、2ストロークの先輩格であるガスガスとシェルコのいいところどりということだが、実際に見てみれば、そこここにシェルコのイメージが漂っている。
 とはいえ、リヤショックはシェルコのリンクサスに対して、こちらはリンクレス。チスパのオリジナリティが発揮されている部分である。
 ちょっとばっかり踏力の必要な、古きよき感じのキックを踏みおろしてエンジンを始動する。ガスガスのようにこつがいるわけではないが、ちょっと重たい。ケッチンに気をつけた方がいいのも、いまどきはなつかしい感じ。
 ミッションは5速。このあたりはシェルコと共通するスペック。シフトタッチは短めで小気味よい。これも、ちょっとシェルコに似ている。ハンドル切れ角は少なめ。フレームにはフロントフォークの逃げがつくられているが、それでもベータなどの恐ろしいほどき切れ角と比べると、だいぶ少なめ。ただしこれも、シェルコの切れ角の少なさと共通している。
 エンジンは、ピックアップも元気でパワフル。低速で元気のいい2ストロークマシンが少なくなっている昨今、このマシン性格は貴重。フロントフォークはチスパオリジナル(パイオリ製と構造は似ているという)だが、リヤショックや前後ブレーキは実績あるものを使っていて、操縦性もいたって素直。まったくのニューマシンだが、違和感は感じられない。素直なトライアルマシンに仕上がっている。

09チスパリヤショック

 性能に問題ない部分はコストダウンされたパーツが使われていて、商品価値を絶妙に保っている。パイオリ製のリヤショックは、ベータREV-3と同じものが使われている。けっして安くないユニットだから、お金をかけるところには投資をしているとも言える。
 つやのないタンクやフレーム、バフ仕上げをしていないスイングアームなど、仕上がりデザインには賛否のあるところだと思うが、全体的にはけっして派手なイメージではなく、シックな印象。乗り味的にも、これと共通するものを感じる。
 長期間のライディングによる信頼性が実証されるのはまだこれからだが、ストレスのないライディングフィールそのまま、機構的にもストレスなければ、本質的なところでは丈夫なマシンに仕上がっている期待は大きい。
 なお、自然山通信2月号に、モニター価格が誤って掲載された。正しくはこちら。お値段がお安いのも、チスパの大きな魅力だ。
  X125R ¥619,500 – ( 保安部品無・税込 )
  X125R ¥661,500 – ( 保安部品有・税込 )
  X250R ¥640,500 – ( 保安部品無・税込 )
  X250R ¥682,500 – ( 保安部品有・税込 )

関連記事

自然山通信オリジナル「壁掛け・2020トライアルカレンダー」プレゼント中!

2020年自然山通信謹製壁掛けオリジナルトライアルカレンダー完成しました。恒例のプレゼント開始しました! (さらに…)…

KLX230skidplate

KLX230用スキッドプレートとトレッキングシートで「トレッキング戦闘力」アップ!

ぱわあくらふとより、KAWASAKI KLX230の戦闘力を上げる「Rikizoh スキッドプレート」と、足つき性を良くする「Rikizoh…

宇宙船の落ちた町

先日、福島第一と福島第二原発の視察というか見学にでかけた。そのとき、いっしょに原発に入った仲間に、根本聡一郎さんがいた。この本の著者だ。 …

Xトライアル2020開幕!

2019年11月にして、早くも2020年のX-TRIALシーズンが始まった。11月16日、インド洋のレユニオン(フランス)での開幕戦は、やっ…

201911/21

地球温暖化?

やっぱり地球は温暖化しているのか、それともただおかしくなっているのか、ここ最近、うちの近所で見られた自然現象はこんなでした。 (さら…

2020年のXトライアル

今年も、アウトドアのシーズンが終わって、Xトライアル(インドア)のシーズンが始まる。いつもなら年が明けてからだけど、今年は11月に2戦が組ま…

自然山通信2019年11月号電子版出来

自然山通信11月号の電子版をご用意しました。オールカラー60ページを、お手持ちのパソコンやタブレット端末やスマートフォンなどの電子端末でお楽…

自然山通信11月号発売中!

世界選手権参戦24年目にして、昨年のランキング5位から3位へジャンプ!チャレンジャー藤波貴久が表紙の11月号発売中!オールカラー60ページ、…

MFJトライアル

全日本歴代ランキング

全日本選手権の、歴代のランキング一覧です。 全クラス、ランキング15位までを抽出させていただきました(15位までに空欄があるクラス…

2019最終ランキング(独自集計)

2019年全日本選手権ポイントランキングです。MFJからの発表前の、自然山通信独自集計です。各ラウンドの数字はポイントではなく順位で…

ページ上部へ戻る