2019年4月
« 3月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  
  1. イベント(大会)
  2. イベント(大会)
  3. 2017お勉強会
  4. イベント(大会)
  5. MFJトライアル
  6. イベント(スクール)
  7. イベント(大会)
  8. イベント(大会)
  9. イベント(大会)
  10. リザルト中国
  11. リザルト中部
  12. 自然山通信2019年3月号
  13. イベント(大会)
  14. イベント(大会)
  15. イベント(大会)
  16. イベント(大会)
  17. イベント(スクール)
  18. イベント(その他)
  19. イベント(その他)
  20. イベント(大会)
  21. 2016高田島ツートラ
  22. イベント(大会)
  23. イベント(大会)
  24. イベント(大会)
  25. イベント(大会)
  26. イベント(スクール)
  27. イベント(その他)
  28. イベント(大会)
  29. リザルト近畿
  30. リザルト中国
  31. イベント(大会)
  32. イベント(大会)
  33. イベント(大会)
  34. イベント(その他)
  35. イベント(大会)
  36. リザルト中国
  37. リザルト関東
  38. リザルト九州
  39. イベント(スクール)

日本のニュース

© トライアル自然山通信 All rights reserved.

2014北海道NA

北海道のオープンNAクラス

2014北海道NA

 7月20日、北海道の全日本選手権には、オープントロフィーNAクラスというカテゴリーが併設されていて、4名の選手が参加した。
 その名の通り、NAライセンスを持つライダーに参加資格がある。

2014北海道NA猪俣将太(28+25+0=53 clean6)

 ここ数年、エキジビジョン125ccクラスが全日本選手権に併催されて、近い将来全日本選手権を目指す若者が挑戦するシーンを見かけるようになっていたが、いかんせん、毎回の参加者が1名か2名で、まったく盛り上がりに欠けていた。世界選手権の125ccクラスが一部の国では盛大に盛り上がっているのに比べて、将来がちょっと不安になったものだが、そこには日本のトライアルのシステムやら大会の枠組みやらの関係もあるのだと思う。
 125ccクラスは、IBもしくはNAライセンスを持つ20歳未満のライダーが全日本のIBクラスを走るもので、選手権ポイントなどはもちろん与えられない。そもそもIBクラスなら ふつうにIBクラスに出ればいいわけで、このクラスの存在意義は若いNAライダーを鍛えるためにあるものとなるはず。でも125ccを持っていなかったり、開催地が遠かったりすると、これにでなきゃうまくならないわけでもあるまいと思ってしまうのが現実ではないだろうか。IBクラスでポイント獲得相当の成績を残したら、その場で一発でIB昇格できる、みたいなニンジンがあればがんばるライダーも現れると思うけど、こういうニンジンは民間商店の大売り出しならいざしらず、MFJとトライアル委員会というなかばお役所のシステムではいろいろむずかしいんですね。残念。

2014北海道NA京塚一栄(30+25+0=55 clear4)

 さて話がすっかりそれました。今年、近畿ではじめて開催されたオープントロフィークラスは、現役を引退したIA選手にIBセクションの門を開いたクラスで、2名の選手が参加した。これはこれで、将来への広がりを感じさせるクラスだったが、北海道にはそもそもIAライダーがほとんどいない。それでNA選手がIBセクションを走れるチャンスという今回のクラス設定になったのだった。
 ただしセクション設定中に、NAにはやっぱりむずかしい、ということになって、今回のセクションには、IBゲートがそこここに登場することになった。オープンNAはゲートを通過せず、IBはそのゲートを通過することが条件となる。なので125ccやオープントロフィークラスでは、その減点数をIBクラスでの結果表と照らし合わせることができるが、今回は独立した結果となっている。

2014北海道NA佐々木淳子(32+33+0=65 clean3)

 参加ライダーは北海道から2名、猪股将太と内田尚志。中部から京藤一栄、東北から佐々木淳子と、併催クラスには珍しいにぎやかな顔ぶれとなった。京塚は2014年トライアル・デ・ナシオン日本代表が決まっていて、佐々木は2013年のTDN代表だった。
 結果は、別途結果表をご覧の通り。最終結果はともかく、1ラップ目はなかなかの接戦で、彼らの戦いをずっと注目できたら、きっと楽しい観戦ができたのではないかと残念(トライアルは、すべてのライダーのすべての戦いを見ることができないから、もったいない)。
 大会としては、参加者の掘り起こしが重要課題かもしれないが、参加者としても観戦者としても、こんなふうな楽しめるクラスは、これからも期待したい。でもやっぱり、若者掘り起こしクラスを、もうちょっと真剣にてこ入れしてほしいなぁ。

2014北海道NA内田尚志(37+31+13=81 clean2)

関連記事

原発事故の思い出【ビッグパレット】

村のみんながビッグパレットに避難したというのはその日のうちに連絡があって、ぼくらにも伝わってきた。みんながいるのなら、一度行ってみるかと、な…

イベント(大会)

5/5第260回ケニーズ杯

第260回ケニーズ杯のご案内 (さらに…)…

イベント(大会)

6/16第21回爆笑ツインショック

延期致しておりました「第21回 爆笑ツインショックトライアル大会」ですが、6月16日(日)に真壁トライアルランドにて開催することが決定致しま…

2019全日本選手権第1戦近畿大会

2019年4月14日 和歌山県湯浅町湯浅トライアルパーク 天候:曇り(一時ちょっとだけ雨。終わったらちょっと本降り) 観客数:1,…

野崎史高、2019年初めての開幕戦勝利

全日本選手権が開幕した。今年の開幕戦は和歌山県の湯浅トライアルパーク、4月14日の開催で、例年より1ヶ月ちょっと遅い。 7連覇のかかる…

Vertigo VERTICALシリーズに「R」登場/もてぎ車販売予定

スペイン製トライアルマシン「Vertigo」に、新たに「Vertical R」が加わった。2019年モデルより新登場するシリーズです。 …

原発事故の思い出[村を出る]

村長が防災無線で避難を呼びかけたのは15日の夜のことだった。富岡の人も含めてみんなで村を出ることにしたのが16日の午前中だった。 ぼく…

自然山通信2019年4月号電子版

自然山通信4月号電子版をお届けします。 ご購入後、ダウンロードしてお手もとの電子端末でお楽しみください。 パソコン、タブレット、スマート…

自然山通信4月号発売!

平成最後の自然山通信・4月号の発売です。ちょっと遅れましたが(先月より一週間早く‥‥)発売開始です。トニー・ボウ選手が同席した初回対談以来大…

2017お勉強会

5/18川内村お勉強会

2010年から8年間にわたって続けていて、まずまず好評をいただいたお勉強会・体験会のお知らせです。限定10名様。 福島…

ページ上部へ戻る