2020年7月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
  1. TRIAL動画チャンネル
  2. 2016高田島ツートラ
  3. イベント(大会)
  4. イベント(大会)
  5. イベント(大会)
  6. イベント(大会)
  7. 2017お勉強会
  8. イベント(大会)
  9. MFJトライアル
  10. イベント(大会)
  11. イベント(スクール)
  12. イベント(大会)
  13. イベント(大会)
  14. イベント(大会)
  15. イベント(大会)
  16. リザルト中国
  17. 2020.04.05

    福島市へ行く
  18. イベント(大会)
  19. イベント(大会)
  20. イベント(大会)
  21. イベント(大会)
  22. イベント(大会)
  23. リザルト四国
  24. イベント(大会)
  25. イベント(大会)
  26. イベント(大会)
  27. リザルト沖縄
  28. イベント告知
  29. 2020XTDN延期
  30. イベント(大会)
  31. SSDT中止
  32. イベント(大会)
  33. SHOEI MITANI MODEL MATブラック
  34. リザルト関東
  35. イベント(大会)
  36. イベント(スクール)
  37. イベント(スクール)
  38. イベント(スクール)
  39. イベント(大会)
  40. イベント(大会)
  41. イベント(大会)
  42. イベント(大会)
  43. イベント(大会)
  44. イベント(大会)
  45. リザルト近畿
  46. リザルト沖縄
  47. イベント(大会)
  48. イベント(大会)

日本のニュース

© トライアル自然山通信 All rights reserved.

1604ミショーさん

SSDTを勝利したミショーさんのファンティック

ツインリンクもてぎでの日本GPは大興奮で終了したが、その金曜日、パドックでの一コマです。

セクションコーディネーターを務めた成田匠さんと、そのお父さんで日本のトライアルの牽引役だった成田省造さんが、FIMトライアル委員長のティエリー・ミショーさんを呼び出しました。なにやら画策している模様。

1604日本GPでのミショーさん

あらまぁ、皆さんおそろいで、なにが始まるのかしらとなにも聞かされずにやってきたミショーさん。

申し遅れましたが、ティエリー・ミショーさんは、今はFIMのトライアル委員長ですが、昔はライダーでした。それもただのライダーではない。1985年、1986年、1988年、3回の世界チャンピオン。エディ・ルジャーンを破り、ジョルディ・タレスとの死闘を繰り広げたフランスのビッグネームだ。

1985年のミショー1985年9月8日スイス大会にて

今でこそ、頭つるつるのおっさんになっているが、その昔は熱い闘志が全身からオーラになって伝わってきた。西村亜弥さんはその当時、ミショーの写真をトライアルジャーナルから切り抜いてしたじきにはさんで、学校へ通っていたそうだ。

1985年のミショーの走り1985年9月15日、西ドイツ大会にて。マシンは生産型の301

ここで若い人にはまた知らない名前が出てきた。ファンティック。最近、エンデューロマシンを復活させたけれど、その昔はトライアルのビッグメーカーだった。日本で外国製トライアルマシンが定着したのは、ファンティックの普及のおかげといってもいい。

そのファンティックが、モノショックを採用してデビューさせたときのお話が、今回の画策のテーマだった。

1604日本GP成田匠と301

やってきたミショーさんを前に、成田匠さんがベールに包まれていたお宝を披露する。すると中から出てきたのは、ファンティック301プロトタイプ。

このマシン、1985年のSSDTで登場して、デビューウィンをしたファンティック初めてのモノショックマシンだった。

製品化されたファンティック301は赤白のストライプが入った角のあるタンクが印象的だったが、このプロトタイプはそれ以前のクラシックなラインのものを装着している。

1604日本GP成田親子と301

ベールを脱いだ昔日のマシンを、くいいるように見入るミショーさん。ミショーさんは3度の世界選手権王者ですが、3度のSSDT勝者でもあります。外国勢がSSDTを勝利するというのは至難で、そんななか3度の勝利を得ているミショーさんはやっぱり別格の王者っぷり。ミショーさんの勝利は1984年から3年連続で、このマシンで勝利したのは2度目ということになります。

1604日本GPミショーと301

このチェーンケースはオリジナルとちがうな、このリンクはオリジナルのファクトリーの特別製だ、マグネシウムのクランクケースカバーもファクトリーの特別製だ、とマシンを前に解説するミショーさん。一緒にマシンをのぞいているのはレプソルHondaチームの監督、ミゲール・シレラさんと、ガスガスファクトリーのアルベルト・カサノバさん。このマシンがデビューした当時、シレラさんも世界選手権を走っていたライダーだったそうだ。カサノバさんは、長くガスガスで仕事をしていて、今回の倒産騒ぎの中でもずっと社内に残っていた数少ないコアメンバー。みんな、仕事を離れてトライアルとオートバイが好きなんだというのがわかる。

1604日本GPミショーと301

このマシン、当時のファンティック輸入元だった旺文社インターナショナルの赤尾文夫さんが、ファンティック本社から入手したものではないかと思われているが、その後、成田さんの店に流れつき、そのまま長いこと眠ったままになっていた。今回、ミショーさんに往年のマシンを見てもらおうと、エンジンに火を入れ、リヤショックのオーバーホールを施し(この作業は成田亮さんが手がけたそうだ)オリジナルパーツを損なわないようにお化粧をして、もてぎにやってきたというわけだ。

省造さんによると、このマシンがさて、ティエリーがSSDTに勝利したそのものなのか、あるいはティエリーの兄フレッド(フレッドは今年のSSDTにも参加している)のものなのか、あるいはイタリアのファンティックナンバーワンライダーだったレナト・キャベルトのものなのかは不明だということだった。ミショーさんに聞いてみるも、ミショーさんもはっきりしたところはわからないみたい。キャベルトはイタリア選手権、世界選手権とSSDTは私が乗った、フレッドは乗ってなかったんじゃないか、のようなことを言っていた(キャベルトはイタリアで2回のチャンピオン、世界選手権とSSDTはミショーが3回チャンピオンになった、という意味だったかもしれない)。兄のフレッドも、世界選手権では最高6位に入るトップライダーだったが、日本ではジョン・マリー・ルジャーンとともに今に至るマインダー業の走りとして知られている。

1604日本GP成田親子とミショー

日本GP開催中は、イーハトーブトライアルのブースに展示されていたから、見かけた人も少なくないと思うけれど、このマシンには、こんな歴史秘話があったのでした。

関連記事

2016高田島ツートラ

9/20高田島ツーリングトライアル

9月20日、ナンバー付トライアルバイクで、自然山通信ニシマキの住む川内村高田島地区を徘徊、もとい散策しようというツーリングイベントを開催しま…

9/21高田島庭先コンペティション

9月21日(月曜日・敬老の日)、自然山通信ニシマキの住む川内村高田島地区でのクローズドコンペ(ナンバーなしで走れます)を開催します。 …

2020年7月号電子版

自然山通信7月号電子版をご用意しました。 自然山通信をそのまんまPDFにしましたので、おもちの電子端末でお楽しみください。大きな画面で…

自然山通信7月号発売!

自然山通信7月号発売発売開始!今月の特集は『私の初めての、私だけの藤波貴久』と【特集12ページ・回想1985 WEST GERMANY】…

2020年型ガスガスはこのディーラーから販売

ガスガスの、国内販売の枠組みが見えてきた。2020年初頭に輸入元が変わってから準備を進め、ここへきてガスガスモーターサイクルジャパンからディ…

2020世界選手権と全日本選手権

7月になった。予定では開幕戦は4月だったはずだから、かれこれ3ヶ月ほどぼーっと生きていることになるが、6月の末になって、全日本選手権と世界選…

イベント(大会)

7/19里山トライアル

第56回里山トライアル大会 (さらに…)…

イベント(大会)

8/2ケニーズクラブ30周年記念大会

皆様のおかげで30年続けることが出来ました。感謝感謝。つきましては節目となるささやかな大会と記念品を用意し、お待ち申し上げます。 時節…

イベント(大会)

7/26 Gattiスクール杯

7年ぶりに開催決定!!からコロナの影響受けキャンセルに……。しかし再び開催決定です。 ゆるーいクラス~実戦クラスまで対応したセクション…

ダブルハピネスかわうち

川内村には、2016年にできた商業施設がある。そこに、この5月から汁なし坦坦麺が食べられる食堂が開店した。 (さらに……

ページ上部へ戻る