2018年9月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
  1. 2018自然山通信カレンダープレゼント
  2. イベント(大会)
  3. 2016高田島ツートラ
  4. MINI VANDAL
  5. イベント(大会)
  6. MFJトライアル
  7. イベント(大会)
  8. MFJトライアル
  9. リザルト中国
  10. イベント(大会)
  11. イベント(スクール)
  12. イベント(大会)
  13. イベント(大会)
  14. イベント(大会)
  15. イベント(大会)
  16. 2017お勉強会
  17. リザルト四国
  18. リザルト中国
  19. リザルト中部
  20. 2019モンテッサ
  21. TLR200用キックアーム
  22. Vertigo 2019モデル
  23. 生駒テックオープン
  24. イベント(大会)
  25. リザルト中国
  26. リザルト四国
  27. リザルト関東
  28. 2017TDN
  29. リザルト東北
  30. MFJトライアル
  31. リザルト中国
  32. リザルト関東
  33. イベント(大会)
  34. イベント(大会)
  35. リザルト関東
  36. リザルト九州
  37. リザルト北海道
  38. 1日目優勝のファハルド
  39. イベント(大会)
  40. 左から野崎、黒山、藤浪、小川
  41. リザルト東北
  42. イベント(大会)
  43. イベント(大会)
  44. リザルト四国
  45. リザルト中国
  46. 化けるか野崎ぶっちぎり勝利
  47. 全日本R3九州までのランキング
  48. 全日本R3九州リザルト
  49. 2018EMと成田匠.fr
  50. MFJトライアル

日本のニュース

© トライアル自然山通信 All rights reserved.

2014桑原

今年もGCは10代の天下

2014GC上位3位10代トリオの上位3人。2位池田蓮、優勝桒原佳朗、3位小倉功太郎

 2014トライアル・グランドチャンピオン大会は10月9日、宮城県スポーツランドSUGOで開催された。GCクラスは昨年に続き、10代選手が大活躍。優勝は15歳の桒原佳朗が勝ち取った。10位までに入賞した選手は来年国際B級への昇格申請ができるので、全日本選手権での活躍も期待できる。

2014桑原優勝した桒原佳朗。栃木県

 GC大会は、国内A級、国内B級の選抜選手によるGCクラスのほか、チーム対抗戦、レディースクラス、オーバー50の3クラスがあるが、やはりメインはこれからのライダーが一発昇格をかけて戦うGCクラスになる。通常、国際B級への昇格は、各地区の国内A級に参戦して所定の成績(ランキング)をおさめなければいけないのだが、このGC大会で10位以内に入賞すると、国内B級から国際B級へ飛び級で昇格できる。才能のあり余っている逸材が、1年時間を短縮して頂点に近づくことができるしくみになっている。
 

2014小倉3位に入った小倉功太郎

 昨年、藤波貴久の甥っこである氏川優雅と、氏川の自転車時代からの好ライバル、久岡孝二の二人が1位2位を分け合って国際B級昇格切符を手にし、明けた今シーズン、ふたりが昇格1年目の国際B級で大活躍したのは記憶に新しいが、この二人以外にも、昨年のGCは多くのルーキーを輩出している。ランキング5位で国際A級入りを果たした泉祐大(GC大会では6位)、惜しくも後一歩で昇格は逃したが、国際B級1年目で表彰台に乗った山崎頌太(GC大会では3位だった)など、国内B級から3年目で国際A級となった若手を筆頭に、国際B級で活躍する同期は数多い。

2014池田2位の池田蓮は、岡山出身

 中部地方では、チームミタニが中心となって若手の育成に熱心に取り組んでいる。昨年の氏川、久岡、そして今年の小倉はチームミタニのメンバーだ。ライダー個々の才能と努力もちろんのこと、環境作りが功を奏して、若手パワーがどんどん世に出てくるのはうれしい限りだ。
 桒原は栃木県。関東では真壁トライアルランドをキーステーションに、若手ライダーが成長している。真壁にはチームトップドックスを率いる岡村将敏をはじめ、A級ライダーがよく出没する。またMFJのトライアル・アカデミーは、現在のところ真壁トライアルランドを舞台に開催されている。走る場所の確保には苦労がある関東地方だが、向上心のある若手にはそれをさしひいてもよい環境が構築されている。
 GC大会では、国際B級への切符をかけたGCクラスと、国際B級の先輩たちによるチーム対抗戦が同じセクションを使って行われる。チーム対抗戦では、氏川、久岡、山森篤志の中部チームが優勝、倉持晃人、岡村祐樹(岡村は去年のGCで4位、そして岡村将敏ジュニアだ)、中村道貴の関東若手チームが2位、関東ベテランチームが3位となった。彼ら現役国際B級では、倉持、久岡、氏川の3人が10セクション2ラップをオールクリーン。岡村と山森もラップオールクリーンを達成している。参加した国際B級全員が、2ラップ目には一桁減点で回っているのも、さすが国際B級の貫録だった。
 これに対しGCクラスでは、優勝した桒原が2ラップ目にラップオールクリーン、国際B級への昇格切符を得た上位10人は20点を切る減点で回っていて、ラップごとの減点は一桁が多い。現役国際B級(氏川、久岡はA級昇格を決めている)の貫録もさすがだが、来年国際B級にデビューしようというルーキーたちも、経験の少なさを考えると、けっしてひけをとっておらず、早くも来るシーズンの激戦が期待される。

2014GC表彰式GCクラス、6位までの表彰台。左から6位阿部利弘、5位守屋篤、2位池田蓮、優勝桒原佳朗、3位小倉功太郎、4位小野田瑞希

関連記事

HONDA TLM50最強アンダーガード登場

三谷モータスポーツより、TLM50用・最強アンダーガードが発売されました。17Sジュラルミン製です。 (さらに…)…

イベント(大会)

10/14・11/18わびさびトライアル大会

「嵐山不老天狗わびさびトライアル大会」 山梨県のトライアルチーム嵐山不老天狗より、10月、11月開催の大会のお知らせです。 (…

2016高田島ツートラ

11/4高田島「廃道」ツーリングTR

11月4日、ナンバー付トライアルバイクで、自然山通信ニシマキの住む川内村高田島地区を徘徊、もとい散策しようというツーリングイベントを開催しま…

『力造』HONDA TLM50用スキッドプレート発売!

「ぱわあくらふと」の力造ブランドから、HONDA TLM50 用スキッドプレートが発売されました。ステアケース、ガレ場など今以上に戦闘力アッ…

MINI VANDAL

MINI VANDALが加わる2019 Vertigo

Vertigoシリーズに子供用トライアルマシン、MINI VANDALが登場することになった。50ccと60ccがあってタイヤサイズが違うた…

HEBOの新型トライアルブーツ登場

スペインのHEBOより新型トライアルブーツが登場しました。さらに使いやすく軽量に。トライアルを熟知したメーカーが、理想的なブーツを完成させま…

アベ精工のTRRS用アルミサイドスタンド

アベ精工よりストロングタイプの「TRRS用アルミサイドスタンド」が発売されました。 (さらに…)…

自然山通信2018年9月号電子版

自然山通信電子版のご用意ができました。 紙に印刷した自然山通信と同じものを、PDFとして作成してあります。 ご購入、ダウンロードの上、お…

20189/5

自然山通信9月号発売中!

自然山通信9月号発売中です。お知らせが遅くなってしまいましたが、9月2日に開催された全日本選手権R5中国大会の公式プログラム掲載号となります…

2018全日本ランキング(〜第5戦)

2018年全日本選手権ポイントランキングです。ただし自然山独自集計。上位についての正確なランキングは、MFJサイトで発表されるものをご参照く…

ページ上部へ戻る