2019年4月
« 3月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  
  1. イベント(大会)
  2. 2017お勉強会
  3. イベント(大会)
  4. MFJトライアル
  5. イベント(スクール)
  6. イベント(大会)
  7. イベント(大会)
  8. イベント(大会)
  9. リザルト中国
  10. リザルト中部
  11. 自然山通信2019年3月号
  12. イベント(大会)
  13. イベント(大会)
  14. イベント(大会)
  15. イベント(大会)
  16. イベント(スクール)
  17. イベント(その他)
  18. イベント(その他)
  19. イベント(大会)
  20. 2016高田島ツートラ
  21. イベント(大会)
  22. イベント(大会)
  23. イベント(大会)
  24. イベント(大会)
  25. イベント(スクール)
  26. イベント(その他)
  27. イベント(大会)
  28. リザルト近畿
  29. リザルト中国
  30. イベント(大会)
  31. イベント(大会)
  32. イベント(大会)
  33. イベント(その他)
  34. イベント(大会)
  35. リザルト中国
  36. リザルト関東
  37. リザルト九州
  38. イベント(スクール)

日本のニュース

© トライアル自然山通信 All rights reserved.

2017 Vertigo COMBAT

Vertigo 2017モデルについて三谷知明さんに聞きました

Vertigo COMBAT CAMO WORKS 2017モデルが上陸、今回は茨城県のオフロードパークSHIRAIで試乗させていただきました。新たに250ccが加わったことで、排気量は250と300に。特に250ccの乗りやすさが光ってます。新型の特徴と変更点についてインポーターの三谷知明さんに解説していただきました。動画でご覧ください。

柴田暁、氏川湧雅選手が2016全日本選手権を走ったのがVertgo量産型初期モデルなので、今回の2017モデルはVertgo初のモデルチェンジ版となる。トライアルマシンで唯一のトラスフレームに水冷2ストローク、インジェクション、ダイヤフラム式クラッチのエンジン搭載。ガソリンタンクをシート下、エアクリーナーボックスをエンジン上部に配し重心を集中化、とても独創的なスタイルだ。

グラフィックデザインの他、多数のマイナーチェンジが施されている。注目は2017モデルから新たに250ccが加わったことだ。250は、極低回転から中速域にかけて、出すぎることのない適度なパワー感がある。軽やかで小気味いい回転の上がり方と脈動感が、トライアルを一層楽しませてくれる。 300ccは特に中速域を過ぎたあたりから、やや強いパワー感が出てくる。しっかり乗りこなせるライダーには中速域以上の瞬発力は必要なスペックとなるはずだが、NAからIAクラスのテクニックとセクション設定であれば250ccの選択が相応しいのでないだろうか。これは、試乗現場で居合わせた、現役と過去のIA、IBライダー全員一致の感想だった。また、上位機種のICE HELL共に250ccと300ccから選ぶことができる。

シート下のガソリンタンクの素材が、黒から透明になった点。ガソリン残量がパッと見で簡単にわかるし、給油中も残量が見えること。これは便利なことだ。

300ccのほうは、昨年2016モデルよりも、パワーフィーリングがやや抑えられ、特に低中速域は少しまろやかになった印象。リヤフェンダー下部にすっきり収まる独特のサイレンサーが、内部一新され、コンパクトになった。これもエンジン特性に影響しているのだろう。ヘッドライト上部にあるインジェクションのモード切り替えスイッチ。モード1がベーシックなもので、4は最も回転が早くなるモード。こちらは2016仕様と変わりはない。

フレームの改良点、フロントのステムの角度に変更がある。2016年モデルより若干フロントフォーク角度が寝ていて、ハンドリングのをより軽く安定せる傾向へ。それとハンドル固定クランプの組み合わせでハンドル装着位置を体格や好みに合わせて4パターンに変更できるようになった。フロントフォークテはアルミのTECH製、リヤサスペンションはREIGER製。共に前年モデルより柔らかく、軽々と動く傾向になった印象だ。

◆2017 Vertigo COMBAT CAMO WORKS 250/300
◎エンジン 水冷2ストローク/総排気量 200cc / 300cc
◎燃料供給システム/インジェクション
◎Fサスペンション/TECHアルミニウム・ブラック
◎Rサスペンション/REIGER 1mode リバウンド調整可
◎ガソリンタンク容量/2.7リットル
◎車両重量/630 mm
◎トランスミッション/6速
◎フレーム/トラスフレーム構造、スチール+アルミ
◎希望小売価格
CAMO WORKS 250 ¥1,050,000(税抜) ¥1,134,000(税込)
CAMO WORKS 300 ¥1,050,000(税抜) ¥1,134,000(税込)
※別途、送料 ¥10,000(税抜)要

それでは、三谷モータースポーツ神戸店の三谷英明さんの解説動画をご覧ください。

2017 Vertigo COMBAT 2017 Vertigo COMBAT 2017 Vertigo COMBAT 2017 Vertigo COMBAT 2017 Vertigo COMBAT 2017 Vertigo COMBAT 2017 Vertigo COMBAT 2017 Vertigo COMBAT 2017 Vertigo COMBAT 2017 Vertigo COMBAT 2017 Vertigo COMBAT

◎三谷モータースポーツ
株式会社ミタニ(鈴鹿店)三重県鈴鹿市道伯町2147-71  TEL 059-370-2689
三谷モータースポーツ神戸店 神戸市西区長畑町486-4  TEL 078-928-0258
ベルティゴジャパン

関連記事

イベント(大会)

6/16第21回爆笑ツインショック

延期致しておりました「第21回 爆笑ツインショックトライアル大会」ですが、6月16日(日)に真壁トライアルランドにて開催することが決定致しま…

2019全日本選手権第1戦近畿大会

2019年4月14日 和歌山県湯浅町湯浅トライアルパーク 天候:曇り(一時ちょっとだけ雨。終わったらちょっと本降り) 観客数:1,…

野崎史高、2019年初めての開幕戦勝利

全日本選手権が開幕した。今年の開幕戦は和歌山県の湯浅トライアルパーク、4月14日の開催で、例年より1ヶ月ちょっと遅い。 7連覇のかかる…

Vertigo VERTICALシリーズに「R」登場/もてぎ車販売予定

スペイン製トライアルマシン「Vertigo」に、新たに「Vertical R」が加わった。2019年モデルより新登場するシリーズです。 …

原発事故の思い出[村を出る]

村長が防災無線で避難を呼びかけたのは15日の夜のことだった。富岡の人も含めてみんなで村を出ることにしたのが16日の午前中だった。 ぼく…

自然山通信2019年4月号電子版

自然山通信4月号電子版をお届けします。 ご購入後、ダウンロードしてお手もとの電子端末でお楽しみください。 パソコン、タブレット、スマート…

自然山通信4月号発売!

平成最後の自然山通信・4月号の発売です。ちょっと遅れましたが(先月より一週間早く‥‥)発売開始です。トニー・ボウ選手が同席した初回対談以来大…

2017お勉強会

5/18川内村お勉強会

2010年から8年間にわたって続けていて、まずまず好評をいただいたお勉強会・体験会のお知らせです。限定10名様。 福島…

イベント(大会)

4/28とんトラ第1戦春トラ

とんトラ、今年の大会日程をお知らせいたします。 そろそろスキー競技&指導員等活動から解放されそうですので、4月7日から準備に上がりますので…

原発事故の思い出[人が多きことは]

川内村が富岡町の避難を受け入れたのは、結局ほんの3日か4日でしかなかった。その後、川内村と富岡町は一心同体みたいにして郡山に避難することにな…

ページ上部へ戻る