2020年7月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
  1. イベント(大会)
  2. イベント(大会)
  3. 2016高田島ツートラ
  4. イベント(大会)
  5. イベント(大会)
  6. イベント(大会)
  7. イベント(大会)
  8. 2017お勉強会
  9. イベント(大会)
  10. MFJトライアル
  11. イベント(大会)
  12. イベント(スクール)
  13. イベント(大会)
  14. イベント(大会)
  15. イベント(大会)
  16. イベント(大会)
  17. リザルト中国
  18. 2020.04.05

    福島市へ行く
  19. イベント(大会)
  20. イベント(大会)
  21. イベント(大会)
  22. イベント(大会)
  23. イベント(大会)
  24. リザルト四国
  25. イベント(大会)
  26. イベント(大会)
  27. イベント(大会)
  28. リザルト沖縄
  29. イベント告知
  30. 2020XTDN延期
  31. イベント(大会)
  32. SSDT中止
  33. イベント(大会)
  34. SHOEI MITANI MODEL MATブラック
  35. リザルト関東
  36. イベント(大会)
  37. イベント(スクール)
  38. イベント(スクール)
  39. イベント(スクール)
  40. イベント(大会)
  41. イベント(大会)
  42. イベント(大会)
  43. イベント(大会)
  44. イベント(大会)
  45. イベント(大会)
  46. リザルト近畿
  47. リザルト沖縄

日本のニュース

© トライアル自然山通信 All rights reserved.

もてぎDay1速報・ボウ優勝フジガス3位!

2017 FIMトライアル世界選手権第2戦日本大会。トニー・ボウは圧勝、2位には予選でベストタイムをたたき出したジェイムス・ダビルが入った。藤波貴久はダビルに2点差で3位表彰台。4位のジェロニ・ファハルドとは1点差。スペインGPでファハルドに1点差で5位となった借りを返したかっこうになった。

週末は晴れるという話だったのだが、未明からけっこう激しい雨が降り、朝のうちにも雨は残っていた。日中の雨はそんなに激しくなく、午後には雨はすっかり上がったのだが、晴れることはなく、空模様は最後まで泣き出しそうなままだった。

朝の雨でコンディションは泥々。ボウをして第2、第3と連続5点となって試合が始まった。しかしボウはこの後、2ヶ所で5点になっただけで1ラップ目の15セクションを走りきった。難セクションでハードなトライアルと誰もが認めるコンディションで、ボウの本領が発揮で開幕2連勝だ。2ラップ目はコンディションが悪化して減点を増やすライダーが多い中、ボウは最終15セクションをクリーン。このセクションは3点で抜け出ることすらボウ以外にはできない芸当で、そんな中でのクリーン。難攻不落でエスケープ、申告5点のライダーも多い中、このクリーンは拍手喝采だった。

1705ボウの走り

試合全般に渡って2位をキープしたのは、スタート順がよかったジェイムス・ダビル。スタート順がよかったのも、予選の悪コンディションでいい走りを見せたからで、このコンディションがダビルにははまったようだ。

ほぼすべてのセクションで一番最後からトライするダビルは、先行する藤波、ボウ、ファハルドらのラインを参考にしながら、1ラップ目はボウに遅れることほんの6点の2位、2ラップ目も藤波やファハルドとほぼ同じスコアで帰ってきて、無事2位をキープしたままゴールした。

1705もてぎ土ダビル走り

藤波は、ダビルに逆転して2位となれるチャンスもなくはなかったが、逆にジェロニ・ファハルドと接戦で最終セクションまでやってきた。最終セクションで5点となった藤波は、この時点でファハルドと4点差。最終セクションをファハルドが3点で抜ければ、3位表彰台はファハルドのものとなる。

1705もてぎ土藤波走り

しかしファハルドは、最終15セクションで5点。これでわずか1点差ながら、藤波が3位表彰台、ファハルドは4位に悔しがることになった。

5位は予選で大失敗(ゲートマーカーを見落として5点となった)したアダム・ラガが、2ラップ目に追い上げ、ファハルドに2点差まで迫っていた。接戦はダビルからラガまでが5点差。6位にはラガから23点の大差をつけられたハイメ・ブストが入った。

1705もてぎ土藤波表彰台

開幕戦で、ファハルドに1点差で5位となっていた藤波は、地元日本で今度はファハルドに1点差で3位表彰台。ランキングでもファハルドと同点で、しかしランキング3位に浮上している。

日本人では、黒山健一が11位、野崎史高が13位、小川友幸は20位だった。黒山は1ラップ目第1セクションで指を負傷するクラッシュ、野崎はリヤショックが折れ、後半はダンパーユニットを失ったまま走りきるというむずかしいトライアルを制しての結果、小川は激しい腰痛と戦いながら、無理をしないで走ってのこの結果だった。

TR2はフランスのガエル・シャタノ(ガスガス)が初勝利。日本勢では小川毅士の9位が最上位で、日本勢2位の柴田暁は17位だった。

125はイギリスのビリー・グリーン(ベータ)が勝利。日本勢では山崎頌太が9位に入った。

https://www.shizenyama.com/wp-content/uploads/2017/05/1517JapanGP_d1.pdf

https://www.shizenyama.com/wp-content/uploads/2017/05/1517JapanTR2_d1.pdf

https://www.shizenyama.com/wp-content/uploads/2017/05/1517Japan125_d1.pdf

関連記事

イベント(大会)

9/22第35回まどろみトライアル

第35回まどろみトライアルの開催について (さらに…)…

イベント(大会)

8/23里山トライアル

第57回里山トライアル大会 (さらに…)…

タデウスとライア、ガスガスに

タデウス・ブラズシアクがガスガスに戻り、すでにガスガスに乗っているライア・サンツとともに、再びガスガスに乗ることになった。これはエンデューロ…

2016高田島ツートラ

9/20高田島ツーリングトライアル

9月20日、ナンバー付トライアルバイクで、自然山通信ニシマキの住む川内村高田島地区を徘徊、もとい散策しようというツーリングイベントを開催しま…

9/21高田島庭先コンペティション

9月21日(月曜日・敬老の日)、自然山通信ニシマキの住む川内村高田島地区でのクローズドコンペ(ナンバーなしで走れます)を開催します。 …

2020年7月号電子版

自然山通信7月号電子版をご用意しました。 自然山通信をそのまんまPDFにしましたので、おもちの電子端末でお楽しみください。大きな画面で…

自然山通信7月号発売!

自然山通信7月号発売発売開始!今月の特集は『私の初めての、私だけの藤波貴久』と【特集12ページ・回想1985 WEST GERMANY】…

2020年型ガスガスはこのディーラーから販売

ガスガスの、国内販売の枠組みが見えてきた。2020年初頭に輸入元が変わってから準備を進め、ここへきてガスガスモーターサイクルジャパンからディ…

2020世界選手権と全日本選手権

7月になった。予定では開幕戦は4月だったはずだから、かれこれ3ヶ月ほどぼーっと生きていることになるが、6月の末になって、全日本選手権と世界選…

イベント(大会)

7/19里山トライアル

第56回里山トライアル大会 (さらに…)…

ページ上部へ戻る