2021年6月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
  1. イベント(大会)
  2. イベント(大会)
  3. イベント(スクール)
  4. リザルト中国
  5. イベント告知
  6. 2017お勉強会
  7. イベント(大会)
  8. リザルト関東
  9. リザルト中国
  10. リザルト関東
  11. リザルト関東
  12. リザルト中国
  13. リザルト関東
  14. リザルト関東
  15. リザルト沖縄
  16. リザルト九州
  17. リザルト中国
  18. イベント(大会)
  19. リザルト沖縄
  20. イベント告知
  21. イベント(大会)
  22. イベント(大会)
  23. リザルト中国
  24. MFJ
  25. リザルト中国
  26. イベント(大会)
  27. MFJトライアル
  28. リザルト九州
  29. リザルト中国
  30. 自然山通信2021年1月号表紙
  31. リザルト中国
  32. リザルト関東
  33. イベント(大会)
  34. リザルト関東
  35. リザルト九州
  36. リザルト関東
  37. リザルト関東
  38. イベント(スクール)
  39. リザルト九州

日本のニュース

© トライアル自然山通信 All rights reserved.

もてぎDay1速報・ボウ優勝フジガス3位!

2017 FIMトライアル世界選手権第2戦日本大会。トニー・ボウは圧勝、2位には予選でベストタイムをたたき出したジェイムス・ダビルが入った。藤波貴久はダビルに2点差で3位表彰台。4位のジェロニ・ファハルドとは1点差。スペインGPでファハルドに1点差で5位となった借りを返したかっこうになった。

週末は晴れるという話だったのだが、未明からけっこう激しい雨が降り、朝のうちにも雨は残っていた。日中の雨はそんなに激しくなく、午後には雨はすっかり上がったのだが、晴れることはなく、空模様は最後まで泣き出しそうなままだった。

朝の雨でコンディションは泥々。ボウをして第2、第3と連続5点となって試合が始まった。しかしボウはこの後、2ヶ所で5点になっただけで1ラップ目の15セクションを走りきった。難セクションでハードなトライアルと誰もが認めるコンディションで、ボウの本領が発揮で開幕2連勝だ。2ラップ目はコンディションが悪化して減点を増やすライダーが多い中、ボウは最終15セクションをクリーン。このセクションは3点で抜け出ることすらボウ以外にはできない芸当で、そんな中でのクリーン。難攻不落でエスケープ、申告5点のライダーも多い中、このクリーンは拍手喝采だった。

1705ボウの走り

試合全般に渡って2位をキープしたのは、スタート順がよかったジェイムス・ダビル。スタート順がよかったのも、予選の悪コンディションでいい走りを見せたからで、このコンディションがダビルにははまったようだ。

ほぼすべてのセクションで一番最後からトライするダビルは、先行する藤波、ボウ、ファハルドらのラインを参考にしながら、1ラップ目はボウに遅れることほんの6点の2位、2ラップ目も藤波やファハルドとほぼ同じスコアで帰ってきて、無事2位をキープしたままゴールした。

1705もてぎ土ダビル走り

藤波は、ダビルに逆転して2位となれるチャンスもなくはなかったが、逆にジェロニ・ファハルドと接戦で最終セクションまでやってきた。最終セクションで5点となった藤波は、この時点でファハルドと4点差。最終セクションをファハルドが3点で抜ければ、3位表彰台はファハルドのものとなる。

1705もてぎ土藤波走り

しかしファハルドは、最終15セクションで5点。これでわずか1点差ながら、藤波が3位表彰台、ファハルドは4位に悔しがることになった。

5位は予選で大失敗(ゲートマーカーを見落として5点となった)したアダム・ラガが、2ラップ目に追い上げ、ファハルドに2点差まで迫っていた。接戦はダビルからラガまでが5点差。6位にはラガから23点の大差をつけられたハイメ・ブストが入った。

1705もてぎ土藤波表彰台

開幕戦で、ファハルドに1点差で5位となっていた藤波は、地元日本で今度はファハルドに1点差で3位表彰台。ランキングでもファハルドと同点で、しかしランキング3位に浮上している。

日本人では、黒山健一が11位、野崎史高が13位、小川友幸は20位だった。黒山は1ラップ目第1セクションで指を負傷するクラッシュ、野崎はリヤショックが折れ、後半はダンパーユニットを失ったまま走りきるというむずかしいトライアルを制しての結果、小川は激しい腰痛と戦いながら、無理をしないで走ってのこの結果だった。

TR2はフランスのガエル・シャタノ(ガスガス)が初勝利。日本勢では小川毅士の9位が最上位で、日本勢2位の柴田暁は17位だった。

125はイギリスのビリー・グリーン(ベータ)が勝利。日本勢では山崎頌太が9位に入った。

https://www.shizenyama.com/wp-content/uploads/2017/05/1517JapanGP_d1.pdf

https://www.shizenyama.com/wp-content/uploads/2017/05/1517JapanTR2_d1.pdf

https://www.shizenyama.com/wp-content/uploads/2017/05/1517Japan125_d1.pdf

関連記事

イベント(大会)

9/26メイクカップ

2021年のメイクカップ日程が決まりました。 10月3日に予定しておりましたメイクカップは全日本近畿及び東北選手権最終戦日程変更により…

ライア・サンツの復活戦は新旧チャンピオン、引き分け

藤波貴久が5年ぶりの勝利を得て、日本中が上を下への大騒ぎをしている中、こちらは8年ぶりの快挙を達成していた。ライア・サンツがトライアル世界選…

イベント(大会)

7/25・8/29里山トライアル

第68・69回里山トライアル大会 (さらに…)…

イベント(スクール)

8/7 GATTIスクールin鷲ヶ岳

2021 GATTIトライアルスクールin鷲ヶ岳 ~鷲ヶ岳スキー場での高原トライアルを楽しもう~ 郡上TRIALクラブの皆様のご協力…

世界選手権トライアル、最年長勝利記録争いは

藤波貴久が、2021年6月14日、イタリアGP2日目に優勝した。藤波は1980年1月生まれの41歳。41歳での優勝はこれが初めてで世界記録と…

世界選手権開幕、藤波貴久が勝利!

世界選手権開幕戦はイタリア大会。1日目はトニー・ボウが辛くも勝利。そして2日目、藤波貴久が劇的な勝利。41歳にしての勝利もすごいが、なにより…

リザルト中国

第277回ケニーズ杯

第277回 ケニーズ杯 日程:6月13日(日曜) 場所:福山海の見える杏の里トライアル場 天気:快晴・気温30℃ (さらに…

NEW! Rikizohアルミ製グリップエンドプロテクター

新形状になった新型「Rikizohアルミ製グリップエンドプロテクター(内径14mmハンドルパイプ用)」が発売されました。 (さらに&he…

全日本中部と北海道の延期日程

先般、延期が発表されていた全日本選手権第3戦中部大会(6月13日開催予定だった)と第4千北海道大会(7月11日開催予定だった)の、延期日程が…

RTL300Rの予約販売

2021年の世界選手権がまもなく開幕しようというこの時期だが、HRC(ホンダレーシング)から2022年のRTL300Rの予約販売についてのお…

ページ上部へ戻る