2018年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
  1. 2018自然山通信カレンダープレゼント
  2. MFJトライアル
  3. トライアル・デ・ナシオン
  4. 2017TDN
  5. イベント(その他)
  6. MFJトライアル
  7. イベント(大会)
  8. イベント(大会)
  9. イベント告知
  10. イベント(大会)
  11. イベント(スクール)
  12. イベント(大会)
  13. イベント(その他)
  14. イベント(その他)
  15. リザルト中国
  16. リザルト近畿
  17. イベント(大会)
  18. 2016高田島ツートラ
  19. リザルト関東
  20. MINI VANDAL
  21. リザルト中国
  22. イベント(大会)
  23. リザルト中部

    2018.08.26

    第17回梅ヶ島
  24. リザルト北海道

    2018.08.26

    2018遊ing第4戦
  25. リザルト東北
  26. MFJトライアル
  27. イベント(大会)
  28. MFJトライアル
  29. リザルト関東
  30. リザルト中国
  31. イベント(大会)
  32. イベント(スクール)
  33. イベント(大会)
  34. イベント(大会)
  35. イベント(大会)
  36. イベント(大会)
  37. 2017お勉強会
  38. リザルト四国
  39. リザルト中国
  40. リザルト中部
  41. 2019モンテッサ
  42. TLR200用キックアーム
  43. Vertigo 2019モデル
  44. 生駒テックオープン
  45. リザルト中国
  46. リザルト四国
  47. リザルト関東
  48. 2017TDN
  49. リザルト東北
  50. MFJトライアル
  51. リザルト中国
  52. リザルト関東
  53. イベント(大会)
  54. イベント(大会)

日本のニュース

© トライアル自然山通信 All rights reserved.

予選

金曜日のもてぎ、予選

5月25日、世界選手権トライアル第2戦日本大会。
今回からプロモーターがついて、いろいろと新機軸が盛り込まれている。
そのひとつが、予選システムだ。
予選ではジェイムス・ダビル(ガスガス・イギリス)がトップタイムをマークして、明日は一番最後のスタートを切ることになった。

1705もてぎ予選ダビル

予選は第2セクションの一部を変更して行われた。午前中に各ライダー1回ずつの練習ができるが、おりからの雨で難セクションとなり、その後若干やさしく修正されての予選となった。

125cc、TR2、TR_GPの順に予選開始。早く走ったほうがあとのスタート順を確保できる。ただし減点数の少ないほうが優先、5点になると結局くじ引きで順位が決まるというシステムだ。そして予選の走行順はくじ引きで決められる。

TR_GPでは野崎史高が一番スタートとなった。二番手がジェロニ・ファハルド。みんながどんな減点で、どんなタイムで走るのかがわからないから、早いスタートはやはり分が悪い。

野崎は3点、ファハルドは1点でセクションをアウト。どちらも不本意そうな表情でセクションを抜けていったが、しかしその後、3点以上のスコアはなかなか現れない。藤波貴久がラインを変えてクリーンを狙ったが、結局3点。クリーンを狙った分、時間がかかっているから、後半猛然とタイムアタックしてせめて3点仲間のベストタイムを目指した。

トニー・ボウも2点。ボウも藤波と同じラインを狙ったが、2点減点をとってしまった。こうなると、順位は微妙だ。

こんな中、アダム・ラガが大失敗。TR_GPには最初に岩を越えるラインが設定されていたのだが、なんとこれを見落とし、5点となってしまった。日本GPのように2日間制の大会では、予選の結果は土曜日にも日曜日にも反映されるということで(それはどうよという意見はあったようだが、意見が出たのがすでに予選システムが動き始めていたスペイン大会だったので、少なくとも今シーズンはこのまま続けられると思われる)ラガにとっては手痛い失敗となった。

そして最後から二番目にトライしたのがダビル。ダビルはみんなと同じラインにトライして、しかし見事なライディング。誰もなしえなかったクリーンを達成した。この時点で、タイムは関係なく、ダビルの最後スタートが決まった。

というわけで、いろいろ賛否のある新しいシステムの予選だったが、見ている側としてはなかなかわくわくする楽しいショーだった。とはいえ、明日のスタートは、ラガが早いスタートで、トップライダーの多くと離れた位置で走ることになり、観戦には、ちょっと苦労しそうだ。

Pos. Rider Machine Score Time Start time
TRIAL GP
1 James Dabill GasGas 0 00:49.92 10:03
2 Jeroni Fajardo Vertigo 1 01:00.08 10:02
3 Toni Bou Montesa 2 00:58.93 10:01
4 Benoit Bincaz Scorpa 3 00:38.69 10:00
5 Kenichi Kuroyama Yamaha 3 00:40.84 09:59
6 Loris Gubian Beta 3 00:44.39 09:58
7 Takahisa Fujinami Montesa 3 00:45.37 09:57
8 Jaime Busto Montesa 3 00:46.78 09:56
9 Tomoyuki Ogawa Honda 3 00:48.46 09:55
10 Franz Kadlec GasGas 3 00:48.50 09:54
11 Jack Price GasGas 3 00:49.45 09:53
12 Oriol Noguera GasGas 3 00:49.95 09:52
13 Fumitaka Nozaki Sherco 3 00:50.42 09:51
14 Mateo Grattarola GasGas 3 00:51.94 09:50
15 Albert Cabestany Sherco 3 00:58.50 09:49
16 Arnau Farre GasGas 5 ——– 09:48
17 Adam Raga TRS 5 ——- 09:47
18 Miquel Gelabert Sherco 5 ——- 09:46
19 Eddie Karlsson Montesa 5 ——- 09:45
20 Alexandre Ferrer Sherco 5 ——- 09:44
21 Jorge Casales Beta 5 ——- 09:43
TRIAL 2
1 Francesc Moret Montesa 0 00:21.61 09:42
2 Iwan Roberts Beta 0 00:23.51 09:41
3 Filippo Locca Beta 0 00:23.53 09:40
4 Teo Colairo Beta 0 00:24.64 09:39
5 Gaabriel Marcelli Montesa 0 00:25.24 09:38
6 Dan Peace GasGas 0 00:25.27 09:37
7 Akio Saito Honda 0 00:25.35 09:36
8 Declan Bullock Beta 0 00:25.67 09:35
9 Samuel Garcia TRS 0 00:26.27 09:34
10 Aniol Gelabert Scorpa 0 00:27.10 09:33
11 Akira Shibata Bertigo 0 00:27.31 09:32
12 Shinya Fujiwara GasGas 0 00:27.50 09:31
13 Kyohei Nagakubo Beta 0 00:29.15 09:30
14 Masahiko Sunada Honda 0 00:31.18 09:29
21 Masatoshi Okamura Scorpa 1 00:27.56 09:22
24 Tsuyoshi Ogawa Beta 1 00:28.21 09:19
25 Tsubasa Matsuura Honda 1 00:38.81 09:18
26 Akira Isogaya Beta 2 00:29.13 09:17
125
1 Billy Green Beta 0 00:25.80 09:13
2 Kieran Touly Sherco 0 00:26.41 09:12
3 Fabien Poiro GasGas 0 00:28.16 09:11
9 Shota Yamazaki Beta 2 00:31.30 09:05
11 Takumi Inomae GasGas 3 00:35.52 09:03
13 Kaoru Isogaya Beta 5 —— 09:01

https://www.shizenyama.com/wp-content/uploads/2017/05/1905R2_q.pdf

関連記事

ソニーαはニコンZとキヤノンRを迎え撃てるのか

このところ、ニコンとキヤノンが相次いでミラーレスの本気カメラを発表して、ぼくのご愛用のソニーαもあやうしになってきた。10年後、カメラはどん…

MFJトライアル

全日本最終戦は10月21日、スポーツランドSUGOにて

2018全日本選手権第7戦東北大会は、10月21日、宮城県スポーツランドSUGOで開催される。 自然山通信謹製、ランキング順(スタート…

トムス新製品【限定発売】64チタンステップ

超軽量な WELD ONE・チタン製ステップが京都のトライアルショップ「トムス」より発売されます。5セットのみ限定製作です。 (さら…

小川と野崎、最終決戦はまず小川が勝利

最終戦を2週間後に控えて、全日本選手権中部大会は10月7日、いつものように愛知県岡崎市キョウセイドライバーランドで開催された。 IAS…

自然山通信2018年10月号電子版

自然山通信10月号電子版をご用意しました。ダウンロードして、お手持ちの電子端末でお楽しみください。 今月はデ・ナシオン取材で10月号の…

三谷モータースポーツよりS3新製品

三谷モータースポーツより「S3」ブランドの新製品、アルミスネルカムアジャスターSET、EBSマテリアルグリップが発売されました。 (さら…

201810/9

自然山通信10月号発売中!

少々発行が遅れてしまいましたが【速報 トライアル・デ・ナシオン/日本チームからのメッセージ】掲載特集号・自然山通信10月号を発売しました!B…

2018全日本ランキング(〜第6戦)

2018年全日本選手権ポイントランキングです。ただし自然山独自集計。上位についての正確なランキングは、MFJサイトで発表されるものをご参照く…

2018全日本中部大会全結果

全日本選手権第6戦中部大会 2018年9月6・7日 愛知県岡崎市キョウセイドライバーランド 観客数:2,600人 各クラス、トラ…

トライアル・デ・ナシオン

トライアル・デ・ナシオン全記録

トライアル・デ・ナシオン(TDN)は1984年から毎年開催されています。 その間、まず男子チームだけで開催されていた期間、男子のクラス…

ページ上部へ戻る