2022年7月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
  1. イベント(大会)
  2. イベント(大会)
  3. イベント(大会)
  4. TRJ / MFJ
  5. TRJ / MFJ
  6. 2017お勉強会
  7. イベント(大会)
  8. リザルト関東
  9. イベント(大会)
  10. イベント(スクール)
  11. イベント(スクール)
  12. リザルト関東
  13. イベント(大会)
  14. TRJ / MFJ
  15. TRJ / MFJ
  16. イベント(大会)
  17. イベント(大会)
  18. イベント(大会)
  19. リザルト関東
  20. イベント(大会)
  21. イベント(大会)
  22. リザルト中国
  23. MFJトライアル
  24. リザルト東北
  25. リザルト関東
  26. リザルト関東
  27. リザルト中国
  28. イベント(大会)
  29. TRJ / MFJ
  30. TRJ / MFJ
  31. TRJ / MFJ
  32. MFJトライアル
  33. リザルト関東
  34. TRJ / MFJ
  35. リザルト中国
  36. リザルト関東
  37. トライアル・デ・ナシオン
  38. 2017TDN
  39. リザルト関東
  40. イベント(その他)
  41. イベント(大会)
  42. イベント(その他)

日本のニュース

© トライアル自然山通信 All rights reserved.

2日目ボウ

もてぎDay2はボウ優勝、ラガ2位、藤波は5位

5月28日、世界選手権日本グランプリ2日目。土曜日は圧倒的強さを見せつけたトニー・ボウだったが、日曜日は接戦を制して勝利、2年ぶりに両日制覇を果たした。

2位は土曜日に不本意な戦いを演じたアダム・ラガ、3位も同じく土曜日の調子が悪かったアルベルト・カベスタニー。土曜日3位の藤波貴久はジェロニ・ファハルドに2点差の5位となった。

2日目ボウ

セクションは土曜日よりわずかな修正を受けたが、大きな変化は天候が回復して路面が乾いてきたこと。これで、きのうは5点が続出だった難セクションが、一転、クリーンの出るセクションに変身していた。

それでも難セクションだったのは第7。1ラップ目はGPクラスすべてのライダーが5点。これを見てセクションが若干修正され、しかしそれでも難セクションは変わらず、トップ3はいずれも第7セクションを2ラップとも5点となった。このセクション、小川友幸、ジェロニ・ファハルド、ジェイムス・ダビルが3点で抜け盛り上がったが、さらにハイメ・ブストがクリーンして大盛り上がりだった。

2日目優勝ボウ

ボウの1ラップ目の減点はたったの8点。2位のラガは14点だったから、少数減点の神経戦ながら、やはり圧勝の気配充分だった。ところが2ラップ目、ボウは第7セクションの他に11セクションで5点となり、一気にラガの追撃を受けることになった。

ボウが最終、15セクションに到着したとき、スタートの早いラガはすでにトライを終えていて、その点差はたったの2点。クリーン数はボウの方が上回っていたので、ボウが最終セクションを1点か2点で抜ければ、ボウの勝利が決まる。逆に3点以上の減点をすれば、すでにゴールしているラガが勝利を決めることになるという、ボウにとっては緊張の最終セクションになった。しかしボウはこれをクリーン。見事、2日目の勝利を引き寄せ、日本GPパーフェクト勝利を達成した。

2日目ラガ

ラガは2位に甘んじることになったが、しかし悪夢の土曜日からは一転、ラガの本来のポジションに戻して一安心というところだ。今年のルールでは、金曜日の予選で決まったスタート順は土曜日・日曜日2日間に渡って適用されるので、日曜日のラガも不利なスタート順での戦いとなったのだが、逆境をはねかえしての2位入賞となった。土曜日に5位となったことで、ラガにとってはチャンピオン争いに致命的な失点となってしまったが、しかしランキング2位は堅持、日曜日の2位入賞で、ランキング3位に差をつけ始めている。

2日目カベスタニー

3位に入ったのは、土曜日には8位と低迷していたカベスタニー。2ラップ目にはファハルドの猛追を受けることになったが、3点差で逃げ切って土曜日の雪辱を晴らした。ランキングでは、カベスタニーはファハルドについでランキング4位となっている。

2日目藤波貴久

藤波は、1ラップ目4位と出遅れて、2ラップ目の追い上げも思ったようにならず、ファハルドに逆転されて2点差で5位となってしまった。土曜日にはランキング3位に浮上した藤波だったが、これでまたランキングは5位に逆戻り。しかしランキング3位、4位、5位は1点差で並んでいる。今年もランキング3位争いは熾烈になりそうだ。

TR2では小川毅士が5位、柴田暁が15位でポイントを獲得した。125は山崎頌太がきのうよりポジションをひとつ上げて8位でフィニッシュしている。

2日目表彰式

https://www.shizenyama.com/wp-content/uploads/2017/05/1517JapanGP_d2.pdf

https://www.shizenyama.com/wp-content/uploads/2017/05/1517JapanTR2_d2.pdf

https://www.shizenyama.com/wp-content/uploads/2017/05/1517Japan125_d2.pdf

関連記事

7月17日は全日本北海道

全日本選手権は、第4戦が7月17日に開催される。第4戦は北海道大会だ。 (さらに…)…

イベント(大会)

8/21第80回里山トライアル

○第79回里山トライアル大会  開催日:2022年8月21日(日) (さらに…)…

イベント(大会)

7/10里山初級者トライアル大会

○里山初級者トライアル大会  開催日:2022年7月10日(日) (さらに…)…

イベント(大会)

7/3ファミリートライアルのお知らせ!

急ですが、中止となった「トムスカントリー」の代わりに「ファミリートライアル」を開催することになりました! (さらに…)…

自然山通信2022年6月号電子版お届けしますー

印刷して製本された自然山通信はすでに皆様のお手元に発送させていただきましたが、こちらはPDFで配信する電子版です。 お手元の電子機器、…

2022年版トライアルGPの楽しみ方

本日、いよいよ開幕する世界選手権「トライアルGP」。どうやって楽しんだらいいのかわからないからちゃんと紹介しろというお声をいただいたので、ち…

小川毅士、武田呼人、日本人のT2
世界選手権開幕直前情報

今週末、いよいよ世界選手権、トライアルGPが開幕する。6月の開幕は、記憶の限り、最も遅い開幕になる。土曜日、日曜日の2日間制、開幕戦はスペイ…

自然山通信6月号発売!

自然山通信6月号発売中!SSDT(スコットランドの6日間トライアル)でドギー・ランプキンが13回目の勝利。そしてSSDTに初めて電動バイクが…

TRJ / MFJ

2022年全日本選手権ランキング(独自集計)

2022年全日本選手権ポイントランキング(第3戦関東大会終了現在)です。 MFJ正式ではなく、自然山通信独自集計です。各ラウンドの数字…

TRJ / MFJ

2022全日本選手権第3戦関東大会リザルト

2022全日本選手権第3戦関東大会リザルト ●2022年6月5日 ●栃木県茂木町モビリティリゾートもてぎ 天候:曇りのち晴れの…

ページ上部へ戻る