2019年4月
« 3月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  
  1. 2017お勉強会
  2. イベント(大会)
  3. MFJトライアル
  4. イベント(スクール)
  5. イベント(大会)
  6. イベント(大会)
  7. イベント(大会)
  8. リザルト中国
  9. リザルト中部
  10. 自然山通信2019年3月号
  11. イベント(大会)
  12. イベント(大会)
  13. イベント(大会)
  14. イベント(大会)
  15. イベント(スクール)
  16. イベント(その他)
  17. イベント(その他)
  18. イベント(大会)
  19. 2016高田島ツートラ
  20. イベント(大会)
  21. イベント(大会)
  22. イベント(大会)
  23. イベント(大会)
  24. イベント(スクール)
  25. イベント(その他)
  26. イベント(大会)
  27. リザルト近畿
  28. リザルト中国
  29. イベント(大会)
  30. イベント(大会)
  31. イベント(大会)
  32. イベント(その他)
  33. イベント(大会)
  34. リザルト中国
  35. リザルト関東
  36. リザルト九州
  37. イベント(スクール)
  38. イベント(大会)

日本のニュース

© トライアル自然山通信 All rights reserved.

IA平田兄弟、初優勝は弟の貴裕から

2017年6月11日、全日本選手権第4戦中国大会、激戦の国際A級を制したのは、平田貴裕だった。国際A級昇格10年目。平田は、ランキングでもトップの氏川政哉に次ぐ2位ながら、その差はたったの1点差となった。

2017鳥取大会の平田貴裕22ラップ目最終セクション。平田貴裕

平田貴裕は、国際A級のトップグループの一角をなす平田兄弟の弟になる。兄は雅裕。兄弟そろって、国際B級チャンピオンとなって、IAに昇格してきた。兄の雅裕が2006年、そして貴裕が2007年のIBチャンピオンだ。ふたりは年子で、IBチャンピオンとなったのも1年を置いていた。仲がいい。

初めてこの兄弟の存在を知ったとき、ふたりは自転車に乗る少年だった。自然山通信創刊の時代で、名古屋市のスポーツプラザイトーさんにご挨拶かたがたおじゃましたら、グローブを買いに来た兄弟がいた。それが平田兄弟だった。

父親の篤さんもIBライダー。愛知県の(そしてイトーさんのところを本拠地にしている)チームパイレーツで活動していて、最近(といってもこの20年くらい)では元全日本チャンピオン伊藤敦志さん(このあたり、伊藤さんとあつしさんがいっぱいいてややこしい)の主催するサンデーファミリー平谷のバックマーカー役で、平谷出場者にはおなじみだ。平谷大会に参加していて、平田篤さんの顔を見てしまったら、それは時間切れだからあきらめなさい、ということだ(一度だけ、3分待ってやるからその間に逃げろと言われて逃げ切ったことがある。あの頃は若かったから)。

バックマーカーの話でもおやじの話でもなくて、息子たちの話だった。自転車に乗っていた少年たちは、その後にオートバイに乗り始めて、すくすくとうまくなって、IBチャンピオンとなった。兄弟そろって連続でチャンピオンになるなんて、黒山健一、二郎の兄弟でも果たせていない。

その後、ふたりは進学とか就職があって、IA昇格後はなかなか頭角を現さずにいた。貴裕が初めてIAでポイントをとったのは2011年の中国大会だった。それ以降、貴裕は毎年、年に1度くらいはポイントを獲得する全日本のポイントランカーになった。仕事に忙殺される雅裕は、2012年に初めてポイントを獲得。2012年は、中部大会で貴裕が13位、最終戦で雅裕が12位と、雅裕がランキング上位につけた。でも移行は、だいたい貴裕の方が成績がいい。

ふたりが、なんとなく全戦に渡ってポイントを獲得できるライダーとなったのは、2015年、まだ3年前のことだ。6位、7位、8位、9位となかなか安定して順位を残せるライダーになってきた貴裕、雅裕も5位、6位、9位、10位と貴裕を追う。この頃から、ふたりのトライアル的仲のよさが際立ってくるようになってきた。

2016年、ここで再び、ランキングは雅裕が上位に出た。雅裕がランキング7位、貴裕がランキング8位。ポイント差は雅裕が4点上回っているが、先に表彰台を獲得したのは貴裕だった。第2戦近畿大会で2位表彰台に上り、次いで第6戦中部大会では雅裕が3位表彰台に上った。

ふたりは、いつでも同じようなスコアで大会を回り、同じような順位を残している。そうそう、2016年北海道大会では、同ポイントでクリーン数も1点も何もみんな同じ、タイム差で貴裕が5位、雅裕が6位となった。このときも二人はほぼ一緒のペースでセクションを回っていた。最終セクションを前に、そのままセクションインした貴裕に対し、持ち時間に余裕があった雅裕はちょっと休憩してからトライをした。それが結果に表れてしまった。仲がいいのもここまでくるとネタに思えてくる。

本人たちも、ペースや成績が似通っているのは認めている。ただ、だからといって、ふたりの乗り方や性格が似ているというわけではない。

「乗り方も得意なところ苦手なところもちがうのに、終わってみるとおんなじような成績になっているから、不思議だねぇ」

兄弟は自分たちのトライアルを、楽しそうに振り返る。トライアルの点数なんて、いいほうも悪いほうも、思い通りになるものでもない。それなのにこの兄弟ときたら、打ち合わせもしていないのに同じようなスコアで試合をまとめてくる。どうしてそうなるのかは、わからない。

2017鳥取大会の平田雅裕2こちらは、#8平田雅裕。お兄さん
2017鳥取大会の平田貴裕1そしてこちらは、#9平田貴裕。今回優勝した弟さん

以前は、兄弟にはそれぞれアシスタントがついていた。今は、お父さんが貴裕について、すぐ近くを走っている雅裕のこともいっしょに見る。なぜ貴裕にだけアシスタントがいるのかと問うと、雅裕は言うことを聞かないからだとお父さんは言う。ふたりとも、30歳になろうという大人だから、お父さんの言うことをはいはいと聞かなければいけないお年ごろではないけれど、たぶん貴裕と雅裕のトライアルがちがうように、お父さんの考えるトライアルと雅裕のトライアルもきっとちがうのだろう。そして、きっと雅裕はちょっぴり頑固だ。

ふたりは、ずっとスコルパに乗っている。もともと、お父さんはヤマハTYに乗るライダーで、アシスタントに使うマシンもヤマハTY-Zを長いこと愛用していた。それは平谷のバックマーカーマシンでもある。兄弟がスコルパSY-Rに乗っていた時代は、TY-Zもエンジンは共通だからスペアマシンとしての機能がちょっぴりあったが、やがて兄弟のマシンはシェルコエンジンのSRとなり、去年のTwentyから今年モデルのSCとなった。

1706鳥取の平田貴裕2017年型スコルパとの相性がいいという平田貴裕

これが貴裕にとってよい転機となったようだ。成績が兄弟そろっているのはあいかわらずだが、今年は成績も上向いた。開幕戦で3位表彰台、第2戦は6位とちょっと低迷したが(去年ならこれでふつうだったけど)、第3戦でまた3位表彰台。14歳の注目ライダー氏川政哉に次いで、ランキング2位に躍り出た。

とはいえ、第2戦までランキング2位につけていたのは兄の雅裕で、しかも第2戦まではランキングトップの氏川と同点だった。ゆっくりと成長していく兄弟は、今年になってIAクラスのトップを牛耳る存在に仕上がっていたのだった。

かわりばんこに表彰台に乗る二人。こうなると、どちらが先に表彰台の真ん中に立つのかが興味の焦点となってくる。それでも、脂ぎった闘志があんまり感じられないこの二人。はたして勝利は遠いのか近いのか、まったく想像がつかない。

そして中国鳥取大会。中国大会は2年ごとに会場を変えて開催するのを常としているが、今回の鳥取県HIROスポーツは、2011年に貴裕が初めてIAでポイントを獲得した会場だった。

「勝ち負けとか考えたことがないです。目の前のセクション、走っているだけ」

優勝したというのに、貴裕のコメントはあんまり抑揚のない、いつものまんまだった。いつものように、結果を知らずに試合を終えて、掲示板をちらりと確認すると、1ラップ目3位となっていた。

「優勝はうれしいですけど、最近気にしているのはランキングなんで、こんなこというといけないのかもしれないけど、そっちのほうが気になってました」

兄弟そろって、ランキング5番以内に入ってスーパーに昇格するのが、今年の兄弟の目標だそうだ。そのひょうひょうとした取り組み方が、さわやかだ。

「まさくん(雅裕)は今日は8位でした。ぼくはマシンが新しくなったからものすごく調子がいいんです。ダイヤフラムクラッチもいいです。けど、まさくんは最近ちょっと結果が出てないですね。ぼくはぴったり合ってます」

兄貴のことを心配する勝利者。その兄貴は前回6位、今回8位で、それでもランキング4位をキープしている。

弟の方はといえば、1位2位3位が1回ずつで、これはランキングトップの氏川政哉と同じ。氏川は5位が1回あり、貴裕には6位が1回ある。この差が、ランキング1位と2位の1点差となって現れている。

次も優勝を狙ってくださいと言うと、いえいえ安全パイでいきますと、笑顔が返ってきた。

2017鳥取大会のiAシャンペン表彰台。左から1位平田貴裕、2位大ベテランの本多元治、14歳氏川政哉

【メモ】2011年以降のランキング(国際A級)

年次 平田貴裕 平田雅裕
2010 ノーポイント ノーポイント
2011 22 ノーポイント
2012 25 24
2013 15 25
2014 15 22
2015 10 12
2016
2017

関連記事

2019全日本選手権第1戦近畿大会

2019年4月14日 和歌山県湯浅町湯浅トライアルパーク 天候:曇り(一時ちょっとだけ雨。終わったらちょっと本降り) 観客数:1,…

Vertigo VERTICALシリーズに「R」登場/もてぎ車販売予定

スペイン製トライアルマシン「Vertigo」に、新たに「Vertical R」が加わった。2019年モデルより新登場するシリーズです。 …

原発事故の思い出[村を出る]

村長が防災無線で避難を呼びかけたのは15日の夜のことだった。富岡の人も含めてみんなで村を出ることにしたのが16日の午前中だった。 ぼく…

自然山通信2019年4月号電子版

自然山通信4月号電子版をお届けします。 ご購入後、ダウンロードしてお手もとの電子端末でお楽しみください。 パソコン、タブレット、スマート…

自然山通信4月号発売!

平成最後の自然山通信・4月号の発売です。ちょっと遅れましたが(先月より一週間早く‥‥)発売開始です。トニー・ボウ選手が同席した初回対談以来大…

2017お勉強会

5/18川内村お勉強会

2010年から8年間にわたって続けていて、まずまず好評をいただいたお勉強会・体験会のお知らせです。限定10名様。 福島…

イベント(大会)

4/28とんトラ第1戦春トラ

とんトラ、今年の大会日程をお知らせいたします。 そろそろスキー競技&指導員等活動から解放されそうですので、4月7日から準備に上がりますので…

原発事故の思い出[人が多きことは]

川内村が富岡町の避難を受け入れたのは、結局ほんの3日か4日でしかなかった。その後、川内村と富岡町は一心同体みたいにして郡山に避難することにな…

AJP 2potキャリパーピストンインナーKIT

旧車のリペアに。三谷モータースポーツでは1992〜1999年くらいまでのAJPキャリパー30mmピストン用インナー KITを取扱中。 (…

原発事故の思い出[ベンチにて]

集会所の入口には、一枚板で作った机があって、ちょっとお休みができるようになっている。村人的には、あんまりここで休んだりする人はいないのだけど…

ページ上部へ戻る