2018年9月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
  1. 2018自然山通信カレンダープレゼント
  2. イベント(大会)
  3. 2016高田島ツートラ
  4. MINI VANDAL
  5. イベント(大会)
  6. MFJトライアル
  7. イベント(大会)
  8. MFJトライアル
  9. リザルト中国
  10. イベント(大会)
  11. イベント(スクール)
  12. イベント(大会)
  13. イベント(大会)
  14. イベント(大会)
  15. イベント(大会)
  16. 2017お勉強会
  17. リザルト四国
  18. リザルト中国
  19. リザルト中部
  20. 2019モンテッサ
  21. TLR200用キックアーム
  22. Vertigo 2019モデル
  23. 生駒テックオープン
  24. イベント(大会)
  25. リザルト中国
  26. リザルト四国
  27. リザルト関東
  28. 2017TDN
  29. リザルト東北
  30. MFJトライアル
  31. リザルト中国
  32. リザルト関東
  33. イベント(大会)
  34. イベント(大会)
  35. リザルト関東
  36. リザルト九州
  37. リザルト北海道
  38. 1日目優勝のファハルド
  39. イベント(大会)
  40. 左から野崎、黒山、藤浪、小川
  41. リザルト東北
  42. イベント(大会)
  43. イベント(大会)
  44. リザルト四国
  45. リザルト中国
  46. 化けるか野崎ぶっちぎり勝利
  47. 全日本R3九州までのランキング
  48. 全日本R3九州リザルト
  49. 2018EMと成田匠.fr
  50. MFJトライアル

日本のニュース

© トライアル自然山通信 All rights reserved.

最後の多摩テック

09多摩テック1

 9月26日、東京都内にあつて貴重な存在だったモータースポーツランド、多摩テックでの最後の届トライアルフェスティバルが開催された。
 これまで、藤波貴久が来訪してデモやスクールなどをおこなってきたが、今回は小川友幸、本多元治、小林直樹の3人によるパフォーマンスが披露された。

09多摩テック2

 多摩テックは、閉園が決まって以来、連日たくさんのお客さんで賑わっているという。多摩地区で育ったお父さんお母さんの多くが、多摩テックで遊んだ思い出を持っているにちがいない。当日も、各アトラクションではそうとうの待ち時間を覚悟してほしい旨の案内がされていた。
 そんな中、今年のトライアル・フェスティバルはこれまでの2年間とは趣向を少し変えて、多摩テック園内を巡業してのデモ走行というイベントとなった。これまではトライアルスクールやトークショーなどもあり、どちらかというとトライアルファンがふだん会えない生の藤波貴久に出会うチャンスとして企画されていた印象があるが、今回は閉園を惜しむトライアルファンのみならず、一般来場者にもその華麗なライディングを見てもらえるかっこうのデモンストレーション・イベントとなった。
 今回、閉園特需をうけてお客さんの殺到が予想されることから、イベントの告知はぎりぎりまで見送られたものの、ほんの数日前に発表されたイベント告知を聞きつけてやってきたトライアルファンは、それでも100人を超えた。もちろん園内のデモンストレーションは遊園地に来場した誰もが楽しめたので、今までにもまして多くのお客さんがトライアルの魅力に接することとなった。
 多摩テックは、開設が1961年。今でこそ子どもたちの遊ぶ立派な遊園地だが、解説当時はモータースポーツ文化の起点としての位置づけがされていて、アトラクションの乗り物も実車のモンキーを改造したものなどが用意されていた。モータリゼーションの黎明期の日本で、エンジンつきの乗り物の楽しさを一般に知らしめようという壮大なポリシーを持っていたのが、多摩テックだ。
 その後モトクロスの開催などを経て、徐々にレジャーパークとしての色合いを強めていって、今年9月30日の閉園を迎えることになった。その間、1982年にはエディ・ルジャーンが来日してのスタジアムトライアルも開催、東京近郊の希有な存在のトライアルパークとしても、トライアルファンの間には大事な拠点として愛されてきた。
 多摩テックトライアルパークは、実は自然山通信杉谷真が創設整備のお手伝いをさせていただいた。杉谷は当時、新進気鋭の国際B級ライダーで、前年のジュニア(今の国内A級)チャンピオンだった。岩を配置して、実際に走ってみてバークを作っていったのも、今は昔のお話だ。当時はモーターレクリエーション本部といったホンダのモータースポーツ普及課からいただいたお仕事で、その縁で、杉谷は日本初のスタジアムトライアルのセクションの試走役にもなった。お客さんが誰もいない設営時のことだから、その走りを見た人はほんの一握りだが、本番では名だたる国際A級ライダーがみなそろってたいへんな思いをしたのだから、杉谷はそれに輪をかけてそうとうに悲惨な状態だった。

09多摩テック3

 今回のトライアル・フェスティバルの4日後、多摩テックは48年の歴史に幕を下ろす。この広大な土地がこれからどう利用されるのかはまだ決まっていない。また同時に、東京地区のトライアルライダーに愛されてきたトライアルパークの今後についても、まだ決まっていない。ライダーからはなんらかの形での存続を求める署名活動などがされたが、もちろんこちらのほうも今後は未定となっている。
○写真提供:二輪車新聞・福原廣昌さん

関連記事

HONDA TLM50最強アンダーガード登場

三谷モータスポーツより、TLM50用・最強アンダーガードが発売されました。17Sジュラルミン製です。 (さらに…)…

イベント(大会)

10/14・11/18わびさびトライアル大会

「嵐山不老天狗わびさびトライアル大会」 山梨県のトライアルチーム嵐山不老天狗より、10月、11月開催の大会のお知らせです。 (…

2016高田島ツートラ

11/4高田島「廃道」ツーリングTR

11月4日、ナンバー付トライアルバイクで、自然山通信ニシマキの住む川内村高田島地区を徘徊、もとい散策しようというツーリングイベントを開催しま…

『力造』HONDA TLM50用スキッドプレート発売!

「ぱわあくらふと」の力造ブランドから、HONDA TLM50 用スキッドプレートが発売されました。ステアケース、ガレ場など今以上に戦闘力アッ…

MINI VANDAL

MINI VANDALが加わる2019 Vertigo

Vertigoシリーズに子供用トライアルマシン、MINI VANDALが登場することになった。50ccと60ccがあってタイヤサイズが違うた…

HEBOの新型トライアルブーツ登場

スペインのHEBOより新型トライアルブーツが登場しました。さらに使いやすく軽量に。トライアルを熟知したメーカーが、理想的なブーツを完成させま…

アベ精工のTRRS用アルミサイドスタンド

アベ精工よりストロングタイプの「TRRS用アルミサイドスタンド」が発売されました。 (さらに…)…

自然山通信2018年9月号電子版

自然山通信電子版のご用意ができました。 紙に印刷した自然山通信と同じものを、PDFとして作成してあります。 ご購入、ダウンロードの上、お…

20189/5

自然山通信9月号発売中!

自然山通信9月号発売中です。お知らせが遅くなってしまいましたが、9月2日に開催された全日本選手権R5中国大会の公式プログラム掲載号となります…

2018全日本ランキング(〜第5戦)

2018年全日本選手権ポイントランキングです。ただし自然山独自集計。上位についての正確なランキングは、MFJサイトで発表されるものをご参照く…

ページ上部へ戻る