2020年6月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  
  1. TRIAL動画チャンネル
  2. MFJトライアル
  3. イベント(大会)
  4. 2017お勉強会
  5. イベント(スクール)
  6. イベント(大会)
  7. イベント(大会)
  8. イベント(大会)
  9. イベント(大会)
  10. リザルト中国
  11. 2020.04.05

    福島市へ行く
  12. イベント(大会)
  13. イベント(大会)
  14. イベント(大会)
  15. イベント(大会)
  16. イベント(大会)
  17. リザルト四国
  18. イベント(大会)
  19. イベント(大会)
  20. イベント(大会)
  21. リザルト沖縄
  22. イベント告知
  23. 2020XTDN延期
  24. イベント(大会)
  25. SSDT中止
  26. イベント(大会)
  27. SHOEI MITANI MODEL MATブラック
  28. リザルト関東
  29. イベント(大会)
  30. イベント(スクール)
  31. イベント(スクール)
  32. イベント(スクール)
  33. イベント(大会)
  34. イベント(大会)
  35. イベント(大会)
  36. イベント(大会)
  37. イベント(大会)
  38. イベント(大会)
  39. リザルト近畿
  40. リザルト沖縄
  41. イベント(大会)
  42. イベント(大会)
  43. リザルト関東
  44. イベント(その他)
  45. イベント(大会)
  46. イベント(大会)
  47. リザルト沖縄
  48. イベント(大会)
  49. イベント(その他)
  50. リザルト関東
  51. イベント(大会)

日本のニュース

© トライアル自然山通信 All rights reserved.

トリッカーでトライアル

09京葉トリッカー

 東京のトライアル拠点YSP京葉から、ヤマハトリッカーをベースとしたコンプリートのマシンが登場した。
 改造はいたってシンプルだが、トライアル歴の長いYSP京葉のノウハウがたっぷり注ぎ込まれていて、トライアルマシンとしてのポテンシャルもなかなか高い。もちろん、純然たるトライアルマシンとの差はいろいろな点で明らかだが、それにもましてトリッカー改の商品的魅力は小さくない。
 なんといっても、このマシンは入手が簡単で、ベースマシンのトリッカーは厳しい規制にもパスした日本製モーターサイクルだからだ。
 ホイール改造など、交換パーツ代は安価ではないが、それでもヨーロッパ製トライアルマシンの価格よりは安価におさまっているのも魅力だ。

09京葉大月さん

 この、トリッカーSPは、ヤマハの個性派オフロードマシンであるトリッカーに、前後ホイールを交換してトライアルタイヤを履いて武装したものだ。
 トリッカーとセローは、エンジンや車体まわりに共通部品が多い兄弟車種。セローにはもともと21インチ/18インチの、トライアルタイヤがはいるホイールがついているから、セローならそのままトライアルが楽しめるのではないかと思いがちだが、あえてトリッカーがベースマシンとして選ばれたのは、理由がある。
 同じように見えるセローとトリッカーのフレームだが、実は両者では、フロントフォークのつきかたがちがう。キャスターやトレールなど、トライアルに重要なこれらのアライメントが、トリッカーのほうが、より適切な値となっているのだ。
 印象としては、またがってハンドルを左右に操作してみると、このトライアル向きのアライメントがなんとなく察することができると思う。トリッカーは、ハンドルから先の前の部分がとても軽い感じ。トライアルでは、チョッパーのような(極端なたとえだが)遠隔操作のハンドリングは不向き。このハンドリングがほしいがために、ベースマシンにトリッカーが選ばれているのだった。その他にも、セローとトリッカーでは、装着されているパーツが異なっていて、トリッカーの方がより軽快感が強い。加えて、スイングアームの長さもちがう。トライアルに使うなら、どちらが適しているかは、一目瞭然だ。

09京葉大月さん2

 ということで、この秋、YSP京葉の大月信和さんが、宮城県スポーツランドSUGOの深山トライアルにトリッカーSPで参加した。深山トライアルは、本来トライアルマシン限定の大会なのだが、主催の藤原氏曰く「(ヤマハ契約ライダーのボス的存在の)大月さんとの力関係で」参加を認めたものだという。大月さんは、もちろんYSP京葉の代表者だが、誰あろう、今は昔、TY125(ツインショックの)をデビューさせたヤマハ契約ライダーの大御所でもある。モトクロス、トライアル、そしてスノーモビルで大活躍した経歴は、伊達ではない(トライアル以外は、すべてのクラスでチャンピオンを獲得しているという。トライアル以外で、というのは残念だった)。
 さすがに大月さんのライディングにより、トリッカーSPはよく走った。しかし同時に、その位置づけも明らかになってきている。まず重たい。こつこつと軽量化することは可能ではあるが、それでもカタログスペックで125kgという堂々たるウェイトである。70kgをめぐる1kg2kgのところで勝負するトライアルマシンとは、少し次元がちがう。
 まっすぐ走っているときにはなんら問題がなくても、少し傾くと支えられない。好調にセクションを回り始めた大月さんも、少しずつ減点を重ねていって、やはりトライアルマシンとの方向性の差は明らかというところだ。

09京葉トリッカー横位置

 ただ、トリッカーにはトリッカーの長所がある。まずは、1年中いつでも、新車のマシンが入手できるということだ。トライアルマシンは、春頃にどっと日本にはいってきて、その後の追加はケースバイケースで、ほしいマシンが即座に手に入らないことも多い。中には、あちらの会社の事情もあって、何ヶ月も待たなければいけないこともある。その点トリッカーは日本製のマシンだから、すんなり手に入る。
 しかもトリッカーは、もともと日本の道を自由自在に走り回ることを目的に作られたマシンだから、トライアルマシンのように、シートがなかったりヘッドライトが暗かったりといった不便さがない。通勤にも通学にも、ツーリングにだって使えるポテンシャルを持っている。そのうえ、トライアルだってできるという位置づけだ。
 昔々のトライアルマシンは、トリッカーほどではないが、どれも厚手のシートとある程度大きなタンクを持っていて、山の中の長距離移動ができるようになっていた。そんなマシンをベースに、より性能を求めたいライダーは、シートを削ったりタンクを小さくしたり、いろんな改造をしてポテンシャルアップに努めたものだった。最近のトライアルマシンは、輸入された状態で非のない状態のパーフェクトな性能を持っているが、逆に性能アップを図るという楽しみはいささか少ない。このトリッカーは、購入後の、そんな楽しみも与えられているようだ。
 YSP京葉では、2009年11月いっぱいは、自賠責や登録代までを含んだ「乗り出し価格」で60万円ぽっきりというセールをやっている。トリッカーに前後フルサイズのタイヤを履かせるプロジェクトは、このところいろいろのショップで手がけているが、多くの人にトライアル的なオフロード走行の楽しさを味わってもらいたいというYSP京葉の取り組み。トライアルに興味はあれど、専用のトライアルマシンを用意するのに踏み切れない人は、ぜひこちらにご注目あれ。
●YSP京葉WEBサイト
●YSP京葉オリジナルコンプリート・トリッカーSP

YSP京葉 オリジナルスペシャルトリッカー250
車両メーカー希望小売価格 457,800円
◎前後ホイール組み換え(部品代) 108,628円
◎ホイール組み換え作業工賃 42,000円
◎登録諸費用 18,900円
*東京都23区以外の登録は別途
◎納車準備費用 23,100円
◎G防犯登録 1,050円
◎自賠責保険(1年間) 8,620円
◎重量税 6,300円
◎ナンバー代 520円
合計金額 666,918円
値引き -42,000円
総合計金額 624,918円

関連記事

プロターとの思い出、プロヴィーニさんとの思い出

ちょっと探し物をしていた時に(なぜか娘の家で)発掘されたなにやらの賞状らしきもの。なんだろうね、これ?? とすっかり記憶が失せていたのだけど…

MFJトライアル

全日本関東大会の日程変更とGC大会の中止他

COVID-19による全面自粛騒動から一歩進んで、これから、ちょっとずつ日常に戻ってくる。それに合わせて、イベントスケジュール情報もいろいろ…

ガエルネ・バランスクラシック新色発売!

マシンとの一体感を極限まで高めた、究極のマン=マシンバランスを実現。進化を遂げたガエルネ最高峰トライアルブーツ「BALANCE CLAS…

日本GPは結局中止、TDNも中止に

COVID-19による大会中止、その新たなお知らせ。犬が人を噛んでもニュースにならないように、ニュースにするなら大会が開催される! というお…

野崎史高のファイナル・セロー

ヤマハのロングセラーのセローの開発終了となり、セローファイナルエディションが発表されて現在発売中なのはご存知の通りだけど、このたび、野崎史高…

イベント(大会)

メッツカップ第2戦も中止に

メッツカップ第2戦(7月5日・会場オフロードパークSHIRAI)は、残念ですが中止いたします。 (さらに…)…

7月12日の全日本北海道大会は中止

全日本選手権シリーズは、COVID-19の影響で開幕が遅れているが、ここまで事実上の開幕戦となることになっていた北海道大会の中止が発表された…

TrialGP、イタリアとイギリスも延期

世界的にCOVID-19の騒ぎがなかなかおさまらない。2020年トライアルGPは、すでに6月の大会まで延期が決まっているが、5月2日にはさら…

自然山通信5月号発売!

自然山通信5月号発売開始!世界中のトライアルイベント延期・中止が続いてます。自然山通信5月号ではIASライダー全員に出場していただき「202…

自然山通信2020年5月号電子版

自然山通信電子版は自粛せず、みなさまのメモリー空間にお届けします。PDFで配信いたしますので、ダウンロードして、お手元の電子端末(パソコン、…

ページ上部へ戻る