2019年4月
« 3月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  
  1. イベント(大会)
  2. 2017お勉強会
  3. イベント(大会)
  4. MFJトライアル
  5. イベント(スクール)
  6. イベント(大会)
  7. イベント(大会)
  8. イベント(大会)
  9. リザルト中国
  10. リザルト中部
  11. 自然山通信2019年3月号
  12. イベント(大会)
  13. イベント(大会)
  14. イベント(大会)
  15. イベント(大会)
  16. イベント(スクール)
  17. イベント(その他)
  18. イベント(その他)
  19. イベント(大会)
  20. 2016高田島ツートラ
  21. イベント(大会)
  22. イベント(大会)
  23. イベント(大会)
  24. イベント(大会)
  25. イベント(スクール)
  26. イベント(その他)
  27. イベント(大会)
  28. リザルト近畿
  29. リザルト中国
  30. イベント(大会)
  31. イベント(大会)
  32. イベント(大会)
  33. イベント(その他)
  34. イベント(大会)
  35. リザルト中国
  36. リザルト関東
  37. リザルト九州
  38. イベント(スクール)

日本のニュース

© トライアル自然山通信 All rights reserved.

ヤマハの電動ファクトリーマシンデビュー

3月23日、東京モーターサイクルショーの会場で、ヤマハTY-Eが発表になり、黒山健一がトライアルGPフランス大会とベルギー大会に出場、世界チャンピオンを目指すことも明らかになった。

1803TY-E右から

このマシン、ヤマハの自己啓発的プロジェクト、エボルビングR&D活動からスタートし、その後ヤマハファクトリーレーシングチームの活動として進められているもの。モーターの出力、最大回転数、バッテリー容量など、マシンの詳細スペックについては回答をもらえなかったが、見てもらった印象がすべてです、ということだった。

フレームはカーボンファイバー製で、車重は世界選手権のレギュレーションに合わせた70kg。メカニカルクラッチと単速ミッションを持つという。メカニカルクラッチというのはワイヤー式ということではなく、電気的にパワーをオンオフするのではなく、エンジンパワーユニットと同じようなクラッチ機構を装備するということ。左手レバーは、油圧式マスターシリンダーが装備されている。単速ミッションとは、その部分での減速はしていない、ということだ。当然、シフトペダルはついていない。

1803デビューしたTY-ETY-Eがベールを脱ぐ瞬間には、多くの取材陣、モーターサイクルファンがつめかけた。

トライアルEクラスは、2017年に1戦のみ組まれて、マルク・コロメがガスガスTXEで勝利しているが、2018年は2戦のシリーズとして、いよいよ世界選手権シリーズとしての歴史のスタートとなる。そこに、ヤマハが世界タイトルを目指して切り込んできた。

この歴史的スタートに際し、ライダーとして選ばれたのがヤマハファクトリーレーシングチーム所属、黒山健一だった。ファクトリーマシンたるTY-Eを実戦デビューさせられるのは、ファクトリーライダー以外にない。

今回の発表は、ヤマハ発動機販売株式会社社長、石井謙司氏より行われた。東京モーターサイクルショーにはヤマハ発動機のブースがなく、3月に就任したばかりの石井社長の挨拶の最後に、センセーショナルなTY-Eのデビューが発表されることになったが、販売会社がファクトリートライアルマシンについての発表をするというあたり、逆にヤマハのこのマシンに対する全社的な期待を感じることができる。

トライアルGP、トライアルEクラスは、7月15日フランス大会、7月22日ベルギー大会の2戦が組まれている。

7月15日は全日本選手権の北海道大会が開催される日で、TY-Eをフランスでデビューさせるとなると、当然黒山健一はこちらは欠席となる。6年連続で小川友幸に奪われ続けている全日本タイトル奪還は黒山とヤマハ陣営にとって大きな目標だったはずだが、TY-EのデビューとトライアルEクラスでの世界タイトルに向けてのプロジェクトは、全日本選手権のタイトル獲得以上に大きな命題ということだ。

1803TY-E開発陣エボルビングR&D活動からTY-Eを発展させた開発陣の若き二人と

黒山健一のコメント

「TY-Eでの世界選手権参戦は、未知の分野への挑戦で、わくわくしています。世界チャンピオンについては、正直なところ未知の部分が大きいのですが、可能性は充分にあると思っています。自身の世界選手権挑戦ではチャンピオンになれていませんし、やり残した思いもあるので、これは自分のトライアルキャリアの中でも、大きな意味を持つものと思っています。全日本選手権北海道大会参戦を断念してフランスへ行くことについては、悩みに悩み、悩み続けた結果の決断です。全日本チャンピオン奪還に向けて、幸先のいいスタートを切ったところですし、感触もよいのですが、チャンピオン返り咲き、V12獲得は自分にとって想像ができるシーンです。しかしTY-Eでの世界選手権参戦は、新しいものへのチャレンジです。世の中が電動に向けて進み出している今、その変化の最先端にいられるという思いも含めて、大きなトライができる喜びは、全日本出場に勝るものとなっています」

1803TY-E左から 1803TY-Eモーター 1803TY-E上から
主要諸元
全長x全幅x全高 2,003mmx830mmx1130mm
ホイールベース 1,310mm
最低地上高 350mm
車両重量 70kg以下
原動機種類 交流同期電動機
駆動用バッテリー リチウムイオン
クラッチ形式 油圧・湿式多板
フレーム形式 CFRPモノコック

このマシンは魅力的に輝いているが、その輝きを支えているのがSixONyというナノ膜コーティング技術。前後フェンダー、左右モーターカバー、フロントフォーク上下ブラケットにこの処理が施されている。SixONyについてはhttps://www.yamaha-motor.co.jp/sixonyをご覧ください。

1803黒山健一とTY-E発表のあった金曜日、プライベートでショーを見物する黒山健一が、デビューしたばかりのTY-Eを見るの図

関連記事

イベント(大会)

6/16第21回爆笑ツインショック

延期致しておりました「第21回 爆笑ツインショックトライアル大会」ですが、6月16日(日)に真壁トライアルランドにて開催することが決定致しま…

2019全日本選手権第1戦近畿大会

2019年4月14日 和歌山県湯浅町湯浅トライアルパーク 天候:曇り(一時ちょっとだけ雨。終わったらちょっと本降り) 観客数:1,…

野崎史高、2019年初めての開幕戦勝利

全日本選手権が開幕した。今年の開幕戦は和歌山県の湯浅トライアルパーク、4月14日の開催で、例年より1ヶ月ちょっと遅い。 7連覇のかかる…

Vertigo VERTICALシリーズに「R」登場/もてぎ車販売予定

スペイン製トライアルマシン「Vertigo」に、新たに「Vertical R」が加わった。2019年モデルより新登場するシリーズです。 …

原発事故の思い出[村を出る]

村長が防災無線で避難を呼びかけたのは15日の夜のことだった。富岡の人も含めてみんなで村を出ることにしたのが16日の午前中だった。 ぼく…

自然山通信2019年4月号電子版

自然山通信4月号電子版をお届けします。 ご購入後、ダウンロードしてお手もとの電子端末でお楽しみください。 パソコン、タブレット、スマート…

自然山通信4月号発売!

平成最後の自然山通信・4月号の発売です。ちょっと遅れましたが(先月より一週間早く‥‥)発売開始です。トニー・ボウ選手が同席した初回対談以来大…

2017お勉強会

5/18川内村お勉強会

2010年から8年間にわたって続けていて、まずまず好評をいただいたお勉強会・体験会のお知らせです。限定10名様。 福島…

イベント(大会)

4/28とんトラ第1戦春トラ

とんトラ、今年の大会日程をお知らせいたします。 そろそろスキー競技&指導員等活動から解放されそうですので、4月7日から準備に上がりますので…

原発事故の思い出[人が多きことは]

川内村が富岡町の避難を受け入れたのは、結局ほんの3日か4日でしかなかった。その後、川内村と富岡町は一心同体みたいにして郡山に避難することにな…

ページ上部へ戻る