2018年9月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
  1. 2018自然山通信カレンダープレゼント
  2. イベント(大会)
  3. 2016高田島ツートラ
  4. MINI VANDAL
  5. イベント(大会)
  6. MFJトライアル
  7. イベント(大会)
  8. MFJトライアル
  9. リザルト中国
  10. イベント(大会)
  11. イベント(スクール)
  12. イベント(大会)
  13. イベント(大会)
  14. イベント(大会)
  15. イベント(大会)
  16. 2017お勉強会
  17. リザルト四国
  18. リザルト中国
  19. リザルト中部
  20. 2019モンテッサ
  21. TLR200用キックアーム
  22. Vertigo 2019モデル
  23. 生駒テックオープン
  24. イベント(大会)
  25. リザルト中国
  26. リザルト四国
  27. リザルト関東
  28. 2017TDN
  29. リザルト東北
  30. MFJトライアル
  31. リザルト中国
  32. リザルト関東
  33. イベント(大会)
  34. イベント(大会)
  35. リザルト関東
  36. リザルト九州
  37. リザルト北海道
  38. 1日目優勝のファハルド
  39. イベント(大会)
  40. 左から野崎、黒山、藤浪、小川
  41. リザルト東北
  42. イベント(大会)
  43. イベント(大会)
  44. リザルト四国
  45. リザルト中国
  46. 化けるか野崎ぶっちぎり勝利
  47. 全日本R3九州までのランキング
  48. 全日本R3九州リザルト
  49. 2018EMと成田匠.fr
  50. MFJトライアル

北海道イベント

© トライアル自然山通信 All rights reserved.

MFJトライアル

7月15日は北海道わっさむサーキットで全日本

7月15日、全日本選手権第4戦北海道大会が、旭川近郊の和寒町わっさむサーキットで開催される。
今回は総参加者90名! にぎやかな北海道大会になりそうだ。

クラスは国際A級スーパー、国際A級、レディース、国際B級の4クラス。90名の参加者の内訳は、IASが14名、IAが28名、レディースが5名、IBが43名、合計すると、ちょうど90名。

ただし残念ながら、IASには3名の欠席がある。黒山健一はフランスGPにヤマハTY-Eで出場のため、野本佳章はのっぴきならない事情のため、砂田真彦は日本GPでの負傷のため。代わって、ひじの不調で大会を休んでいた成田亮と、近畿大会で負傷した平田雅裕が戦線復帰を果たす。

黒山の北海道大会欠席は開幕戦直後に決まっていて、そのため、今年のタイトルは小川友幸の楽勝と予測する向きも多かったが、ここまでの3戦はそれぞれ別の勝利者が生まれ、ランキングトップは黒山、2点差で小川、さらに2点差で野崎と大接戦になっている。事実上、黒山はタイトル争いからは脱落するので、この北海道大会を小川と野崎がどう戦うかで、今シーズンの流れが変わってきそうだ。

例年、小川がタイトルレースに勢いをつけるのは北海道から。野崎も「北海道はあんまり得意じゃないし、小川さん得意だし」と控えめな抱負を語っているのだが、どうも最近の野崎のこういう言い方は、自信の裏返しではないかという気もしてきた。

もちろん勝者はこの二人と決まっているわけではなく、北海道では比較的好成績の出る柴田暁や、柴田に2連敗されてこのままでは済まされない小川毅士の大躍進も期待したいところだ。

2018全日本北海道ポスター

国際A級も、今年の3戦では3戦ともちがう勝者が生まれている。ランキング上は永久保恭平が一歩リードだが、トップライダーでもちょっとしたミスで5位から10位に転落することがあるこのクラス、まだまだランキング争いは予測不能だ。

レディースクラスでは、今シーズンは3戦連続2位入賞の小玉絵里加が日本GPの負傷で欠場。それでも山中玲美、佐々木淳子の参戦があり、負傷療養中の小谷芙佐子を含め、エントリーは5名となっている。5名はまだまださびしい参加人数だが、第3戦は3名のみのスタートだったから、ちょっとほっとできるエントリーリストだ。

国際B級は、2018年のポイントランカー30名のうち、11名が参加。ランキングでは九州大会で勝利した和気聖司と表彰台を2度獲得した冨名腰慶亮が同点トップ。開幕戦勝利、第2戦3位、第3戦欠場の中村道貴が5点差でこれに続いている。GC大会勝利で昇格してきた宮澤陽斗は九州大会で2位となり、ランキング5位に浮上してきた。進学で北海道が地元となった小倉功太郎はランキング8位。ランキング5位までの国際A級昇格レースも、そろそろ気になるところになってきた。

今回は、今年の全日本の例に同じく、朝一番に国際B級がスタート、続いてレディース、国際A級、最後に国際A級スーパーとなっている。最初のスタートは8時。最終スタートの小川友幸は9時33分スタートだ。90台、すべてのライダーが一人1分ずつの間隔でスタートする。セクションは10セクションでこれを2ラップし、IASの上位10名のみがスペシャルセクション(SS)を2セクショントライする。

入場料は、前売1,500円(ローソンチケット:Lコード「11599」)、当日2,000円(中学生以下無料)。

問い合わせはMFJ北海道(https://www.jmpsa.or.jp/block/hokkaido/race/e9558.html)まで。TEL 011-768-4112

国際A級スーパー
No. Rider Machine Team Start 1Lap Goal Assistant
1 1 小川 友幸 Ho.RTL300R HRCクラブMITANI 9:33 12:33 13:33 田中裕大
2 3 野崎 史高 Ya.TYS250Fi YSP京葉X KEN OKUYAMA 9:32 12:32 13:32 中山 浩
3 5 柴田 暁 Ve.CombatVirtical Vertigo with Mitani 9:31 12:31 13:31 津谷秀明
4 4 小川 毅士 Be.EVO 2T 300 宗七音響WiseBetaTeam 9:30 12:30 13:30 山本将希
5 10 藤原 慎也 Ga. TXT GP300R TEAM FUJIWARA 9:29 12:29 13:29 山本滋亮
6 7 斎藤 晶夫 Ho.RTL300R Hondaブルーヘルメット 9:28 12:28 13:28 中谷博彦
7 15 氏川 政哉 Ga.TXT GP280 GASGAS with MITANI 9:27 12:27 13:27 氏川湧雅
8 13 岡村 将敏 Sc.SC300 TOPDOGS & YSP京葉 9:26 12:26 13:26 高山和広
9 8 久岡 孝二 Ya.TYS250F victory 9:25 12:25 13:25 久岡誠二
10 11 吉良 祐哉 Tr.RAGA RACING 300 TEAM NAMITA TRRS 9:24 12:24 13:24 吉良知晟
11 16 平田 貴裕 Sc.SC300 victory&チームエクセル 9:23 12:23 13:23 山村史人
12 14 磯谷 玲 Be.EVO 2T Beta TR product 9:22 12:22 13:22 磯谷豊
13 17 平田 雅裕 Sc.SC300 victory&チームエクセル 9:21 12:21 13:21 荒木隆介
14 9 成田 亮 Sh.ST300 ハザードブレーカーズ 9:20 12:20 13:20
国際A級
No. Rider Machine Team Start 1Lap Goal Assistant
1 1 永久保 恭平 Be.EVO2T とうくりBIGBOX BETA 9:17 12:17 13:17 永久保俊之
2 5 武井 誠也 Ho.RTL300R HRCクラブ関東まるやま&Fine 9:16 12:16 13:16 武井明信
3 2 小野 貴史 Ho.RTL300R ATJRacing&HRCクラブクルーズ 9:15 12:15 13:15 竹屋健二
4 7 山崎 頌太 Be.EVO2T 宗七音響WiseBetaTeam 9:14 12:14 13:14 山崎 学
5 8 徳丸 新伍 Ho.RTL300R HRCクラブぱわあくらふと&いんぷす 9:13 12:13 13:13
6 17 武田 呼人 Ve.Combat Camo Vertigo with Mitani 9:12 12:12 13:12 大同清志
7 4 村田 慎示 Ho.RTL300R HRCクラブMITANI 9:11 12:11 13:11
8 43 寺澤 慎也 Ho.RTL250F TR product 9:10 12:10 13:10
9 11 坂田 匠太 Ve.Combat Camo 9:09 12:09 13:09
10 10 小谷 徹 TRRS アズーロ&モッツ 9:08 12:08 13:08 増見 吉敏
11 14 小野田 理智 Tr.ONE TEAM TOPDOGS 9:07 12:07 13:07
12 37 鈴木 克敏 Ho.RTL300R ATJRacing&HRCクラブ関東 9:06 12:06 13:06 横倉千裕
13 21 池田 蓮 Sh.ST300 team CACIC 9:05 12:05 13:05 今田 好範
14 18 木下 裕喜 Be.EVO 日信&ANBJ2輪部D.I.D 9:04 12:04 13:04 中谷 博彦
15 26 尾藤 正則 Ga.TXT GP チームTe&RED ZONE 9:03 12:03 13:03 岡田 洋一
16 O1 山中 悟史 Ho.RTL HRCクラブ関東 SWまるやま 9:02 12:02 13:02
17 25 小谷 一貴 Tr.TR1 アズーロ&MOTS 9:01 12:01 13:01 梅地政夫
18 24 松浦 翼 Ho.RTL300R Honda緑陽会熊本レーシング 9:00 12:00 13:00 多田雅志
19 O2 磯谷 郁 Be.EVO2T Beta TR Product 8:59 11:59 12:59
20 O3 濵邉 伶 Sc.Twenty Victory&HAMABE 8:58 11:58 12:58 渡邉宏昭
21 O4 倉持 晃人 GasGas TEAM TOP DOGS 8:57 11:57 12:57 倉持 等
22 36 窪谷 貴正 Ga.TXT PRO team 整備処 8:56 11:56 12:56
23 39 松本 龍二 Ya.TYS250F Victory&トライアル静岡 8:55 11:55 12:55
24 41 倉持 俊輝 Ga.TXT PRO TEAM TOPDOGS 8:54 11:54 12:54 松本 和宏
25 45 岡村 祐希 Sc.ST300 YSP京葉×KEN OKUYAMA 8:53 11:53 12:53 日下 達也
26 47 上本 直樹 Sc.SC300 Victory&kamimoto 8:52 11:52 12:52 上本 敏弘
27 58 佐伯 竜 Sh.ST300 高見道BetaRacing 8:51 11:51 12:51
28 59 大西 貴 Ve.Combat Camo TEAM MITANI 8:50 11:50 12:50 渡邉 弘巳
レディース
No. Rider Machine Team Start 1Lap Goal Assistant
1 1 西村 亜弥 Be.EVO300 宗七音響WiseBetaTeam 8:49 11:49 12:49 谷井和彦
2 4 寺田 智恵子 Sc.SC300 Victory&大典白菊 8:48 11:48 12:48 寺田太郎
3 6 山中 玲美 Ho.RTL HRCクラブMITANI 8:47 11:47 12:47 山中勉
4 5 佐々木 淳子 Be.EVO125 ハザードブレーカーズ 8:46 11:46 12:46
5 3 小谷 芙佐子 Ya.TYS250F Victory&メーテル 8:45 11:45 12:45 小谷明広
国際B級
No. Rider Machine Team Start 1Lap Goal Assistant
1 2 和気 聖司 Ga.Pro280 チームトライコムズ 8:42 11:42 12:42
2 74 冨名腰 慶亮 Ho.RTL HRCクラブMITANI 8:41 11:41 12:41 冨名腰直人
3 7 中村 道貴 Ga.TXT Pro TEAM TOPDOGS 8:40 11:40 12:40 小沼宗則
4 6 山森 篤志 Ho.RTL300R 8:39 11:39 12:39
5 68 宮沢 陽斗 Be.EVO 2T 宗七音響WiseBetaTeam 8:38 11:38 12:38 宮澤富士夫
6 8 米田 悟 Ve.Vertical ナミタレーシングチーム 8:37 11:37 12:37
7 4 小野田 瑞希 Sc.SC300 TEAM TOPDOGS 8:36 11:36 12:36
8 1 小倉 功太郎 Ho.RTL300R HRCクラブMITANI 8:35 11:35 12:35 小倉 暁
9 11 喜屋武 蔵人 Sc.SC300 MTO-2 8:34 11:34 12:34
10 29 西本 和晃 Be.EVO2T 広島かめの子会 8:33 11:33 12:33
11 55 亀田 源一 Vertigo 8:32 11:32 12:32
12 12 渡辺 祐貴 Sc.SY125F トライアルスポーツクラブ札幌 8:31 11:31 12:31
13 15 斉藤 隆志 Ho.RTL club MWM 8:30 11:30 12:30
14 17 岡村 敏美 Sh.ST TEAM TOPDOGS 8:29 11:29 12:29
15 21 椎根 弘守 Ho.RTL300R 8:28 11:28 12:28
16 24 永田 吉昭 Be.Evo 2T TEAM正春GACCHAN’S 8:27 11:27 12:27 鈴木 香織
17 32 串馬 啓之 Sc.SC300 TEAM Tricomz 8:26 11:26 12:26
18 35 栗原 賢司 Be. 上州トライアル&モトベント 8:25 11:25 12:25
19 40 宮嶋 清次 Sh.ST club MWM 8:24 11:24 12:24
20 41 大和田 寿雄 Ga.TXT GGダウンタウンR/C 8:23 11:23 12:23
21 42 近藤 直行 Ga.TXT 8:22 11:22 12:22
22 44 清水 寧郁 Sherco 加古川トライアルクラブ 8:21 11:21 12:21 清水啓雅
23 47 辰己 貴俊 Mo.Cota Honda緑陽会熊本レーシング 8:20 11:20 12:20 田口 誠也
24 48 藤川 一夫 Be.EVO 2T TOP DOGS 8:19 11:19 12:19
25 49 関口 匠 Sherco 秩父WET 8:18 11:18 12:18 関口秀幸
26 50 水野 大册 Ve.Combat Camo TEAM TOPDOGS 8:17 11:17 12:17
27 51 西賀 順一郎 Be.Evo 2T TEAM TOP DOGS 8:16 11:16 12:16
28 53 佐藤 定光 Sh.ST300 8:15 11:15 12:15
29 53 山崎 達弘 Ho. Honda緑陽会熊本レーシング 8:14 11:14 12:14 香川義幸
30 54 塩田 雅史 Ho.RTL300R Tトレックフィールド510荘内 8:13 11:13 12:13
31 56 佐々木 治 Be.EVO 2T 300 8:12 11:12 12:12
32 57 内田 尚志 Be. トライアルスポーツクラブ札幌 8:11 11:11 12:11
33 58 佐藤 篤 Be.EVO 8:10 11:10 12:10
34 59 佐藤 弘明 Tr. 福島TRチーム& TEAM荘内 8:09 11:09 12:09
35 61 光岡 伸明 Be.EVO 2T ムーラン・ド・ラ・ギャレット 8:08 11:08 12:08
36 62 福本 篤 Ga.TXT トライアルスポーツクラブ札幌 8:07 11:07 12:07
37 64 横倉 正明 Ga. ダウンタウンライダースクラブ 8:06 11:06 12:06
38 65 大塚 弘規 Be.EVO トライアルスポーツクラブ札幌 8:05 11:05 12:05
39 67 神野 秀樹 Be. トライアルスポーツクラブ札幌 8:04 11:04 12:04
40 69 大西 弘晃 Ho. 8:03 11:03 12:03
41 70 荒生 和人 Ho. TEAM 荘内 8:02 11:02 12:02
42 71 吉田 淳 Ga.TXTPro BIG BOX RT TREK 8:01 11:01 12:01
43 72 安食 泰充 TRRS チーム荘内 8:00 11:00 12:00

第3戦九州大会までのランキングはこちらをご覧ください。

https://www.shizenyama.com/results/national-result/25248

関連記事

HONDA TLM50最強アンダーガード登場

三谷モータスポーツより、TLM50用・最強アンダーガードが発売されました。17Sジュラルミン製です。 (さらに…)…

イベント(大会)

10/14・11/18わびさびトライアル大会

「嵐山不老天狗わびさびトライアル大会」 山梨県のトライアルチーム嵐山不老天狗より、10月、11月開催の大会のお知らせです。 (…

2016高田島ツートラ

11/4高田島「廃道」ツーリングTR

11月4日、ナンバー付トライアルバイクで、自然山通信ニシマキの住む川内村高田島地区を徘徊、もとい散策しようというツーリングイベントを開催しま…

『力造』HONDA TLM50用スキッドプレート発売!

「ぱわあくらふと」の力造ブランドから、HONDA TLM50 用スキッドプレートが発売されました。ステアケース、ガレ場など今以上に戦闘力アッ…

MINI VANDAL

MINI VANDALが加わる2019 Vertigo

Vertigoシリーズに子供用トライアルマシン、MINI VANDALが登場することになった。50ccと60ccがあってタイヤサイズが違うた…

HEBOの新型トライアルブーツ登場

スペインのHEBOより新型トライアルブーツが登場しました。さらに使いやすく軽量に。トライアルを熟知したメーカーが、理想的なブーツを完成させま…

アベ精工のTRRS用アルミサイドスタンド

アベ精工よりストロングタイプの「TRRS用アルミサイドスタンド」が発売されました。 (さらに…)…

自然山通信2018年9月号電子版

自然山通信電子版のご用意ができました。 紙に印刷した自然山通信と同じものを、PDFとして作成してあります。 ご購入、ダウンロードの上、お…

20189/5

自然山通信9月号発売中!

自然山通信9月号発売中です。お知らせが遅くなってしまいましたが、9月2日に開催された全日本選手権R5中国大会の公式プログラム掲載号となります…

2018全日本ランキング(〜第5戦)

2018年全日本選手権ポイントランキングです。ただし自然山独自集計。上位についての正確なランキングは、MFJサイトで発表されるものをご参照く…

ページ上部へ戻る