2021年10月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
  1. トライアル・デ・ナシオン
  2. イベント(その他)
  3. イベント(大会)
  4. イベント(その他)
  5. イベント(大会)
  6. イベント(大会)
  7. TRJ / MFJ
  8. TRJ / MFJ
  9. TRJ / MFJ
  10. イベント(スクール)
  11. MFJトライアル
  12. MFJ
  13. イベント(大会)
  14. イベント(大会)
  15. リザルト中国
  16. イベント告知
  17. 2017お勉強会
  18. イベント(大会)
  19. リザルト関東
  20. リザルト中国
  21. リザルト関東
  22. リザルト関東
  23. リザルト中国
  24. リザルト関東
  25. リザルト関東
  26. リザルト沖縄
  27. リザルト九州
  28. リザルト中国
  29. イベント(大会)
  30. リザルト沖縄
  31. イベント告知
  32. イベント(大会)
  33. イベント(大会)

日本のニュース

© トライアル自然山通信 All rights reserved.

STRIDER日本グランプリ・ファンミーティング

【トライアル世界選手権日本大会は今年で20回目の開催】

6月8〜9日にツインリンクもてぎで開催されるトライアル世界選手権・ストライダー日本グランプリ開催1週間前の6月2日(日)。東京都港区のhondaウェルカムプラザでファンミーティングが開催された。12時30分から藤波貴久選手と小川友幸選手のトークショー。1時よりホンダ本社ビル前のスペースで、トライアルデモンストレーションが行われた。

小林直樹さんによる司会進行で、まずトライアルってどういう競技? についての解説がはじまった。トライアルは他のモータースポーツと違って、唯一スピードを競わない。走破性を足つきなどによる減点制で競われるという説明のあと、藤波選手と小川選手がトライアルウエアで登場。両選手の近況報告や、トライアルとの出逢いの話など、楽しい話題で盛り上がっていく。

藤波貴久と小川友幸

まず近況報告。2019トライアル世界選手権は、先週イタリアで開幕戦が行われたばかり。イタリアでは6位になった藤波選手がこう語った。

「近年の開幕戦は、ケガなどでどこかしら体に問題があったのですけど、今年は開幕前からすごく調子がよくて、今年は行くぞ! という勢いでした。そんな中、6位というのは満足できませんでしたね。表彰台は狙えるぞという勢いで、2ラップ目は4位にいたんです。でも最後の方で失敗を続けて6位に落ちてしまいました。悔しいですね。でもその悔しさを今回の日本グランプリにぶつけたいと思います」

「最後に5点を続けてしまったのは、持ち時間がなかったんです。それで焦ってしまって。あ、タラレバを言ってしまいましたね……。今度の日本グランプリは、みなさんの声援にかかってますから(笑)。表彰台に登れなかったら、みなさんの声援が足りなかったということで……」(場内爆笑)

全日本選手権で8度目のチャンピオン獲得、6連覇を遂げている小川友幸選手は、今年全日本選手権を2戦走ってきた内容についてこう語った。

「昨年は最終戦まで、タイトルはとれないかと思うほど追い詰められましたからね。でも、連覇を続けたいという思いで、やれることはすべてやって、やり尽くしての勝利なので、本当にうれしかったです」

「今シーズンはすでに始まってまして、みなさんの今のこの空気でわかるように『ああ、ダメだろうな……』という雰囲気ですよね(笑)。確かに、あんまり調子は良くないんです(笑)」(その横で藤波が「これがね、ドラマを作る男なんですよ〜!」と口をはさみ、場内大喝采)

「開幕戦はいつも勝てないことが多いんです。でも第2戦の九州は僅差で追い込まれまして、最後に自滅するパターン。負け方として、これはまずいなと思いました。自分の調子はけして悪いわけではないので、あとは結果につなげるだけ。もてぎの世界選手権をきっかけにして、常に上位を目指して7連覇を目指したいと思います」

ファンミーティング

——– 藤波選手と小川選手がトライアルをはじめたきっかけは?

藤波「それぞれの父どうしが、同じトライアルのチームだったんです。それについて行ってた僕とか小川さんがそこで知り合って、小さい時からトライアルを始めたんです。僕は2歳だったと思います。覚えてないんですけどね。でもたぶん、自分から乗りたいというか興味をもってたんでしょうね」

小川「僕もその同じ環境で自然にトライアルマシンに乗るようになってましたね。親の強制というわけではなかったです」

——– 将来トライアルライダーを目指すお子さんたちにメッセージを。

小川「目標を持つことは大事ですけど、自分がそのジャンルのスポーツが好きじゃないとむりかな。他のモータースポーツもそうですけど。自分がいちばん好きなことを見つけてもらうことが大事だと思います。実は僕自身、本気でサッカー選手を目指していたんです。成績もけっこう良かったんですが、サッカーの怪我が多かった。それでサッカーの道は断念をしてしまったというのがありますが、トライアルが本当に大好きなんです。もちろん今もトライアルがとても楽しくて」

藤波「僕は3歳からバイクに乗ってますけど、いまだにバイクに乗るのが大好きですからね。今日のファンミーティングだって、この後バイクに乗れるということで、ワクワクしてるんです」

——– 2000年から開催されているツインリンクもてぎは、今年で20回目の開催。2日制で19回開催されているので、これまで合計38回になります。藤波選手はその38回のうち28回表彰台に上がっています。優勝が6回。2位が10回。3位が12回という素晴らしい成績を残してます。日本グランプリの見どころ、自分が見てほしいポイントはどこでしょう?

小川「僕のライディングについては、すごく滑る場所が得意です。もてぎの会場の山の奥の方、つるつるの黒い土のところがあるんですけど得意なんですよ。ほとんどのライダーが5点になるところで、僕だけクリーンしたことがあるんです。僕のそういうところを見てほしいですね(笑)。でも、二日間というのは正直体力的にきついです。二日目になると、海外のライダーはかなり点数をまとめてきてレベルを上げてくる。僕自身それについていけるように頑張りたいと思います」

藤波「毎年いろいろとセクションやコースを変えてくれていて、いつも見どころはたくさんです。天気がどうなるかわからないですけど1日目と2日目とは環境が変わるかもしれないので、そこでどう僕らが自分のものにしていくというところが、魅力になると思います。そしてやっぱり、みなさんの応援に期待してますから(大喝采)」

そしてファンからの質問コーナーでは、ファンの方からこんな興味深い質問があった。

——– 子どもたちの夢のために聞かせて下さい。トライアル選手になるといくらくらいもらえるのでしょうか? そして世界のライダーになるとどのくらいでしょうか?

小川「正直な話。トライアル競技に出始めていた頃も、確定申告があるじゃないですか。その時に担当者の方に、ここまで経費をかけても収入がないことに「何のためにやっているんですか?」と言われていたんです。ところが、今はその方から「すごいですね〜」と言われるようになりました。笑(おーっ、と場内どよめく)」

藤波「僕は、ライダー歴が長いんですよね。24年間やってますから。だからトライアル界の日本人としては、いちばん稼いでいるかもしれないです。笑(大喝采)。世界チャンピオンをとったのは24歳の時でした。それからの年収はそんなに変わらなかったので、えーとね、けっこうもらってますよ(おーっ、と場内どよめく)。

——– 小林直樹「NSXでたとえるとしたら、何台くらい買えますか? 子どもたちに夢をあたえる答えでお願いします!」

藤波「ホンダさんが1台くれたので、それは差し引きしても、NSXを何台も買えますね(場内拍手)」

ファンミーティング集合写真

さて、午後1時からは、Honda本社前のスペースで、藤波、小川選手によるトライアルデモンストレーションが行われた。毎年恒例になっているこのデモンストレーションは「青山一丁目」交差点の目の前で行われるという、なかなかすごいイベント。集まったトライアルファン、Hondaウェルカムプラザを訪れたモータースポーツファン、そして休日の青山をすごしている通りがかりの方々、そして国道246、外苑東通りを通過するたくさんの車両の中、多くの人が、華麗に飛び跳ねる両選手の走りに注目していた。

さて、いよいよ今週末の6月8(土)9(日)の二日間FIMトライアル世界選手権日本大会・ストライダー日本グランプリが開催されます。7日(金)はスタート順を決める予選が行われる。金曜日の予選については、ツインリンクもてぎに入場すれば、無料で観戦することができる。

【チケット情報はこちら】

今週末は、ツインリンクもてぎでお会いしましょう!

honda本社前のデモンストレーション、藤波貴久

ウイリー

デモンストレーション最後のシーン

藤波貴久

藤波貴久

関連記事

トライアル・デ・ナシオン

トライアル・デ・ナシオン全記録

トライアル・デ・ナシオン(TDN)は1984年から毎年開催されています。 その間、まず男子チームだけで開催されていた期間、男子のクラス…

2021年10月号電子版お待たせしました

藤波貴久引退を目撃して帰ってきて、あわててつくった2021年10月号ですが、お待たせしてしまってごめんなさい。スペインGP、そして引…

自然山通信10月号発売!

何が起こるかわからないコロナ禍で、決死のスペインとポルトガル現地取材を決行。帰国後の隔離もあって発売が遅くなってしまいました。引退表明し…

全日本選手権最終戦はダブルヘッダーで

全日本トライアル選手権最終戦となる中部大会が、11月13-14日、土曜日・日曜日の2日間にわたって愛知県のキョウセイドライバーランドで開催さ…

イベント(その他)

10/3ガッチと楽しもう、愛媛県松山

10月3日(日)ガッチと楽しもうミーティング(マツヤマ トライアルファーム)開催です。 (さらに…)…

藤波貴久、今シーズンで引退を発表

藤波貴久の引退が発表された。 最終戦ポルトガルを前にしたスペインGPが終わっての水曜日、その衝撃の発表は発信された。この週末、トライアル・…

最終決戦前夜、スペインにて

2021年世界選手権はいよいよ大詰め。最終戦を前にしたツーデイズの1戦は、スペインだった。 (さらに…)…

今年の高田島のトライアル大会について

毎年、春と秋に開催の高田島でのトライアル大会。2021年はついに開催を断念するに至りました。 2020年は、春の大会を見送り、秋に2大…

YAMAHAセロー225チェーンテンショナー

『工房きたむら』より、YAMAHAセロー225用のチェーンテンショナーが発売されました。 (さらに…)…

RTL-F、COTA 4RT対応SPLミッション(4速ギア)

ぱわあくらふとより、SPLミッション(4速ギア)が発売されました。HRC RTL-Fシリーズ / montesa COTA 4RT、301シ…

ページ上部へ戻る