2019年6月
« 5月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
  1. イベント(大会)
  2. イベント(大会)
  3. イベント(大会)
  4. イベント(大会)
  5. 2017お勉強会
  6. イベント(大会)
  7. イベント(大会)
  8. イベント(大会)
  9. イベント(大会)
  10. リザルト中国
  11. イベント(大会)
  12. イベント(大会)
  13. リザルト中国
  14. MFJトライアル
  15. リザルト関東
  16. イベント(スクール)
  17. イベント(大会)
  18. イベント(大会)
  19. イベント(大会)
  20. リザルト中国
  21. リザルト中部
  22. リザルト関東
  23. 自然山通信2019年3月号
  24. イベント(大会)
  25. イベント(大会)
  26. イベント(大会)
  27. イベント(大会)
  28. イベント(スクール)

日本のニュース

© トライアル自然山通信 All rights reserved.

2019トライアル・デ・ナシオン(TDN)日本代表選手決定

2019年トライアル・デ・ナシオン(TDN)に参加する日本代表選手が決定して、発表された。代表選手は藤波貴久、黒山健一、小川友幸の3名だ。

TDNは9月27日〜29日、スペインのイビザ島での開催となり、この3人によるTDN参戦は、今年で4年連続。

2018TDN代表選手

藤波貴久は2018年世界選手権ランキング6位。2019年開幕戦も6位となり、現在ランキング6位。生涯ポイント獲得数は現役OB問わず一番の、名実ともに日本と世界のトップライダーとして君臨する。もちろん、2004年世界チャンピオン獲得の栄光は、世界中のトライアルファンに熱く記憶されている。日本GPは2000年の初開催から、藤波にとって飛躍のラウンドとなっている。

黒山健一は11回の全日本タイトルホルダー。1997年、日本人として初めて世界選手権で勝利し、2005年までの間に世界選手権4勝をあげている。この6年間、全日本では小川友幸にタイトルを奪われているが、激しいタイトル争いは全日本の重要な風物詩となっている。2018年は電動マシンTY-Eで世界選手権に参戦、一勝一敗でランキング2位となっている。

小川友幸は、この3人の中では最年長の42歳。1995年、1996年の2年にわたって世界選手権前戦参加を経験し、最上位は4位。RTL250Fをデビューさせた日本GPで強豪を相手に9位に入った実績も、トライアルファンには大きなインパクトを与えたものだった。8回の全日本チャンピオン。2013年は連続してタイトルを獲得していて、現在V7に向けて戦っている。

日本チームのTDN参戦については「TDN日本チームの記録」をご参照いただきたいが、近年の3回の他、この3人が組んでのTDN参戦は9回に及び、今回の2019年大会で10回目となる。

2015年以前は4名1組で、この3人の他、もう一人チームに加わって戦っていた。以下は、この3人がこれまでに戦ったTDNの一覧。

開催年 開催国 もう一人のライダー 順位
2018年 チェコ 4位
2017年 スペイン 3位
2016年 フランス 2位
2008年 アンドラ 野崎史高 2位
2007年 マン島 野崎史高 2位
2004年 スペイン 田中太一 3位
2002年 ポルトガル 野崎史高 3位
2000年 スペイン 田中太一 3位
1999年 ルクセンブルグ 田中太一 3位

ご覧のように、2016年以降、2位、3位、4位と順位を落としてしまっている。日本チームの平均年齢は毎年1歳ずつ大きくなっていくが、日本チームの実力が落ちているというよりは、ライバルチームは少しずつ若返りをしていて、日本チーム以上に実力が上がっているというのが正しい。1999年にこの3人が初めてTDNに揃ったときのライバルチームを見ると、2018年現在、スペインチームで残っているのはラガだけ、イギリスチームは全員が代替わりをしている。

2019mfj_tdn

TDNメンバー発表のMFJからのリリースには、各ライダーの紹介について、現在の全日本ランキングがさらりと記されているが、これについてはちょっと誤解を与えるので補足しておきたい。

2018年まで、TDNの代表を発表した時点では、黒山と小川が全日本のタイトル争いのトップに位置していて、ライダーの紹介として全日本ランキングを記していても違和感はなかった。しかし今年は、野崎史高が好調で、全日本ランキング1位と3位のライダーを代表選手に選んでいて、ちょっと矛盾を感じてしまう人もいるかもしれない。特に野崎ファンのみなさんはご不満かもしれない。

代表選手の選考は、2019年が始まった今現在のランキングではなく、2018年終了時点でおおかたの決定を済ませ、選手の出場意思も確認している。かつては、その年の実績によって選考をしたこともあるが、それでは準備が整わないというライダーやチームの申し出もあって、現在の決め方に落ち着いた。

選考基準は、異なる舞台で活躍している選手がいて、基準をひとつにするのはむずかしい。まず藤波は、世界ランキング6位という実績によって選ばれている。黒山には、世界ランキング2位(トライアルEクラス)の実績がある。そして2018年日本GPで9位と15位に入り、ランキングポイント8点を獲得したという実績もある(黒山はこの他、イタリアGPにも参戦していて、15位に入っている)。小川は、2018年全日本チャンピオンとしての実績が光っている。ほかに、日本GPで14位と13位に入り、5ポイント獲得。これが、3名を代表選手とした選考理由だ。ちなみに野崎の日本GPの成績は15位と14位で、獲得ポイントは3点だった。

2018TDNチームのゴール

代表に選ばれた3人は、自転車トライアルで世界を目指していた時代からいっしょに切磋琢磨した仲間で、トライアルを始めたのもいっしょ。ずっといっしょに成長してきた。そしてこれまで、8回にわたるTDN参戦で、表彰台を逃したことは一度もなかった。それだけに、2018年に4位となったのは、3人にとってはたいへん悔しい結果となった。3人は大ベテランだから、あと何年も参戦を続けられるわけでもない。とすればなおのこと、このままやめるのはくやしい、という思いがある。

野崎はチームブラック団の一員として、藤波ら3人とはチームメイトとなるが、野崎は彼らより5歳ほど若く、野崎が自転車チャンピオンをとったときには、3人はすでにオートバイに転向したあとだった。選考基準とはまったく関係はないが、仲間としては、藤波、黒山、小川の3人のつながりはより強固なものがある。

若手がどんどん実力を蓄えてくる世界のトライアル事情。そんな中で日本を代表する選手はこの20年変わらずという実情もなんとかしなければいけないが、まずは、2019年のTDNは、この3人に思い切り走ってもらって、よい結果を期待したいところだ。

今年のTDNの開催地となるイビザ島は、スペインでの屈指の観光リゾート地。アメリカ大会をハワイで開催するような、それ以上にリッチなTDNとなるはず。ヨーロッパのトライアルを見たことがない人は、前の週の最終戦スペイン大会とあわせて、この大会の観戦計画をお立てください。

2018TDN代表選手

関連記事

2019全日本ランキング(〜第3戦関東大会まで)

2019年全日本選手権最終ポイントランキングです。ただし自然山独自集計。上位についての正確なランキングは、MFJが発表するランキングをご確認…

2019全日本選手権R3関東大会リザルト

2019年6月23日 栃木県ツインリンクもてぎ 天候:曇りときどき晴れ 観客数:3,200人 IAS:10セクションx2ラップ(…

イベント(大会)

7/28第3回あしたかツインショック

第3回あしたかツインショックトライアル大会の要項が決まりました。 初心者・キッズからベテラン・IAまで幅広く楽しめる大会運営を目指して…

イベント(大会)

7/28わびさびトライアル

山梨県のトライアルチーム嵐山不老天狗よりのお知らせです。 7月28日に下記大会を開催します。 (さらに…)…

イベント(大会)

8/11とんトラ第2戦盆トラ

とんトラ、今年の大会日程をお知らせいたします。 東北選手権の日程変更に伴い、第2戦盆トラの日程が変更になっていますのでご注意ください。…

イベント(大会)

8/4東北選手権秋田大会日程変更

第5戦秋田大会の開催日が変更になりました。 ×変更前:7月21日 ○変更後:8月4日 (さらに…)…

2017お勉強会

7/20川内村お勉強会

2010年から続けていて、まずまず好評をいただいたお勉強会・体験会のお知らせです。限定10名様。 福島県双葉郡川内村で…

6/23全日本第3戦もてぎ

全日本選手権第3戦は関東大会。今年の関東大会は、世界選手権の興奮さめやらぬツインリンクもてぎでの開催となった。154台と、かつてない参加者で…

黒山健一、再び世界チャンピオンに向けて

黒山健一が、昨2018年に続き、世界選手権電動クラスに参戦する。黒山健一は昨年のフランスGPとベルギーGPに組まれた電動クラスに参戦、ランキ…

熾烈なトップ争いが期待される電動トライアル

ヤマハと黒山健一の参戦で盛り上がっているトライアルE(電動)世界選手権。今年は6月23日オランダGPと30日ベルギーGPの2戦にわたって開催…

ページ上部へ戻る