2022年9月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
  1. 2017TDN
  2. トライアル・デ・ナシオン
  3. TRJ / MFJ
  4. 2017お勉強会
  5. イベント(大会)
  6. TRJ / MFJ
  7. イベント(その他)
  8. イベント(大会)
  9. イベント(大会)
  10. イベント(大会)
  11. TRJ / MFJ
  12. イベント(大会)
  13. リザルト関東
  14. イベント(大会)
  15. イベント(スクール)
  16. イベント(スクール)
  17. リザルト関東
  18. イベント(大会)
  19. TRJ / MFJ
  20. TRJ / MFJ
  21. イベント(大会)
  22. イベント(大会)
  23. イベント(大会)
  24. リザルト関東
  25. イベント(大会)
  26. イベント(大会)
  27. リザルト中国
  28. MFJトライアル
  29. リザルト東北
  30. リザルト関東
  31. リザルト関東
  32. リザルト中国
  33. イベント(大会)
  34. TRJ / MFJ
  35. TRJ / MFJ
  36. TRJ / MFJ
  37. MFJトライアル

日本のニュース

© トライアル自然山通信 All rights reserved.

ストライダー日本グランプリDAY1の結果

6月8日土曜日、ツインリンクもてぎで世界選手権第2戦、その1日目が開催された。

朝は霧雨、スタートする頃には濡れることはなくなり、以後、ときおり雨がぱらつくことはあったが、観戦はおおむね雨具を用意することなくできた。ただしライダーの方はたいへんだった。前日の大雨で、コンディションは重馬場。つるっつるに滑るセクションに苦労するライダーが軒並みだった。

1ラップ目、第3セクションを抜けたのはトニー・ボウが2点で抜けただけ、第5セクションは全滅。第5セクションはボウが1点で抜けただけと、すべてのライダーにかなりの減点が課せられて試合が進んでいった。

藤波やボウ、そして日本勢は予選の結果が芳しくなく、スタート順が早いので、後半からやって来るアダム・ラガやジェイムス・ダビルらの点数を把握しづらい。それでもボウが好調なのは見てとれたが、2位以下は混戦模様だった。

1ラップ目、ボウが19点、ラガが36点、藤波が39点。ダビルとフランツ・カドレックが43点、ジェロニ・ファハルドが44点で続いている。ヴェルティゴに移籍したばかりのハイメ・ブストはまったく精彩を欠いていて56点。1ラップ目の順位は11位と散々だった。

2ラップ目に入って、雨が少し降って、岩の表面が洗い流されてちょっとだけ走りやすくなったものの、全体的にはコンディションは重馬場のまま。ボウをして、第3から第6まで全部5点というすさまじさだった。

それでもボウは、1ラップ目の貯金でトップが安泰。2位に23点差で勝利を飾った。昨年のボウはXトライアルでの負傷があって、もてぎでは4位と2位、勝利を逃していたから、今回の勝利はボウにとってもうれしいものとなった。

2位はラガ。しかし終わってみると、2位と3位は4点差だった。その3位が、藤波貴久だった。

藤波は、1ラップ目3位ながら、4位、5位とも大接戦、クリーンができるはずの第13で2点をとった藤波は、第14で起死回生のクリーンを狙った。ここは1点、2点なら確実に抜けられるセクションだったが、クリーンを狙った藤波は5点。これで万事休す。最終セクションに望みをかけて、これを執念の1点で切り抜けた。

これであとから追い上げてくる選手を待つことになるが、まずファハルドが第14、第15で5点となって3位争いから脱落。残るはダビルだけとなった。最終セクションに到着したダビルは74点。藤波はタイムオーバーを含んで75点だから、最終セクションでダビルが2点以上なら藤波の3位表彰台が確定する。

Day1のラガ

ファハルドが5点となったここで、ダビルも渾身のトライを見せる。しかし1回、2回と足をつく。結果、ダビルの減点は3点。これで藤波の3位表彰台が確定した。

藤波の表彰台は去年のベルギー大会以来だが、肩の不調で苦しみながら戦った昨年に対し、今年はきちんと戦っている実感があっての表彰台。その喜びはひとしおだった。

DAT1の藤波貴久

日本勢は黒山健一が12位、野崎史高14位、小川友幸15位と、厳しいコンディションで、苦戦することになった。

女子GPはエマ・ブリストが勝利。1ラップ目に5位だった西村亜弥は、コンディションの悪化した2ラップ目に苦しみ、9位でフィニッシュした。

T2はチャンピオン、マテオ・グラタローラが勝利。日本勢トップは柴田暁の7位だったが、日本勢でポイントを獲得したのは柴田だけ、小川毅士16位、氏川政哉20位、以下、日本勢は24位以下に並ぶことになった。

125はキエラン・トゥーリが勝利。日本勢最高位は磯谷郁が9位、宮澤陽斗が10位、濱邊伶が11位、藤堂慎也が最下位となった。

ツインリンクもてぎでは、明日も熱戦が繰り広げられる。明日はもうちょっとお天気がよくなる予定という。スタート順は、今日の成績の逆順でおこなわれる。

関連記事

高田島庭先コンペティション

満員御礼となりました。 ================================= 参加受理された方は以下の通り…

2017TDN

TDN日本チームの記録

トライアル・デ・ナシオン(TDN)の記録を、日本チームに焦点を絞ってご紹介します。 TDNが始まったのは1984年。日本の初参加は1987…

トライアル・デ・ナシオン

トライアル・デ・ナシオン全記録

トライアル・デ・ナシオン(TDN)は1984年から毎年開催されています。 その間、まず男子チームだけで開催されていた期間、男子のクラス…

10/9全日本選手権第7戦近畿大会

10月9日、全日本選手権は第7戦を和歌山県湯浅トライアルパークで迎える。 (さらに…)…

自然山通信2022年9月号電子版

9月号電子版をご用意しました。 2022年、世界選手権T2クラスに新しい風を吹き込んでいるEMについて、日本インポーターである成田匠さ…

自然山通信2022年9月号発売中!

自然山通信9月号発売中!今シーズン、世界選手権T2とSSDT参戦で好成績をあげているElectric Motion E PUREを取材しまし…

全日本中国大会、野崎史高、今季初優勝

国際Aスーパーだけのシティトライアル大会をはさんで、北海道大会から1ヶ月半後、全日本選手権は広島県に戻ってきた。優勝したのは野﨑史高。小川友…

TRJ / MFJ

2022年全日本選手権ランキング(独自集計)

2022年全日本選手権ポイントランキング(第6戦中国大会終了現在)です。 MFJ正式ではなく、自然山通信独自集計です。各ラウンドの数字…

2022全日本R6中国大会全リザルト

2022全日本選手権第3戦関東大会リザルト ●2022年9月4日 ●広島県三次市灰塚ダムトライアルパーク 天候:晴れときどき曇…

9/4 全日本中国大会は灰塚ダムで

全日本選手権第6戦は、9月4日の中国大会です。IASのみの第5戦シティトライアルをはさんでの全クラス開催の全日本で、広島県灰塚ダムにての開催…

ページ上部へ戻る