2018年8月
« 7月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
  1. 2018自然山通信カレンダープレゼント
  2. イベント(大会)
  3. イベント(スクール)
  4. イベント(大会)
  5. イベント(大会)
  6. イベント(大会)
  7. イベント(大会)
  8. イベント(大会)
  9. 2017お勉強会
  10. 2019モンテッサ
  11. TLR200用キックアーム
  12. Vertigo 2019モデル
  13. 生駒テックオープン
  14. イベント(大会)
  15. MFJトライアル
  16. イベント(大会)
  17. イベント(大会)
  18. リザルト関東
  19. リザルト北海道
  20. 1日目優勝のファハルド
  21. イベント(大会)
  22. 左から野崎、黒山、藤浪、小川
  23. リザルト東北
  24. イベント(大会)
  25. イベント(大会)
  26. リザルト四国
  27. リザルト中国
  28. 化けるか野崎ぶっちぎり勝利
  29. 全日本R3九州までのランキング
  30. 全日本R3九州リザルト
  31. 2018EMと成田匠.fr
  32. MFJトライアル
  33. 1805電子版
  34. 2018年5月号
  35. リザルト近畿
  36. ムーブレバー
  37. トムス新製品
  38. リザルト関東
  39. リザルト関東
  40. リザルト関東
  41. リザルト中国
  42. リザルト四国
  43. リザルト関東
  44. TY-Eデビューラン
  45. リザルト関東

    2018.04.08

    ペコトラ第3戦
  46. 自然山通信電子版4月号
  47. 自然山通信2018年4月号
  48. リザルト中国
  49. リザルト中国
  50. 2018.03.25

    2018沖縄第3戦
  51. リザルト関東
  52. リザルト近畿
  53. リザルト関東
  54. リザルト四国

日本のニュース

© トライアル自然山通信 All rights reserved.

もてぎ日曜日は、ラガ

2010もてぎ日曜日表彰式

 日曜日のツインリンクもてぎは、朝からよく晴れていた。絶好のトライアル日和か、はたして?
 この日は、トニー・ボウに5点が多かった。勝利はアダム・ラガ。2年連続世界チャンピオンのラガも、もてぎではこれがまだ2勝目だ。ボウは2位。3位には前日にも2位に入ったジェロニ・ファハルド。藤波はファハルドに1点差で土曜日同様2位に甘んじた。
 土曜日に5位だった黒山はこの日は7位だったが、日本人最上位。世界選手権プロクラス初出場で土曜日に初ポイントを獲得した柴田暁は、この日は調子に乗れず苦しんだが15位。2日間ともにポイント獲得の快挙。

2010もてぎ日曜日の藤波

 土曜日に一番スタートでセクション攻略に苦しんだ藤波だったが、4位となったことで、日曜日のスタートは4番手。藤波の前には、ボウ、ファハルド、ラガが走って、ラインを整えてくれる。
 土曜日の試合の後、藤波はボウに「むずかしい一番スタートをよく走った。すごい」とほめられたという。スペイン、ポルトガルと、ボウは常に一番スタートで走ってきたが、今回4番スタートで走ることで、ボウはこれまでの3戦、自分がいかに苦しい戦いをしてきたのかを、あらためて思い知ったらしい。しかも、スペイン、ポルトガルは乾いた岩場が多い。対してもてぎは、土や泥々が多い。同じ一番スタートでも、そのハンディはだいぶちがう。
 ボウは、前日の好調をキープして試合をリードした。第7セクションまでは、なんとたったの1点。この時点では、ラガ6点、カベスタニー12点、藤波、ダビルが13点、ファハルド16点だったから、圧倒的な好調ぶりだ。
 しかし第8、第9と、ボウが連続で5点。特に第9セクションでは、ライダーがマシンの下敷きになってしまうという大クラッシュ。さらに10セクションで3点、11セクションで5点と、一気に減点を加算してしまった。
 対して、この日のラガはバツグン。泥々ヌタヌタから岩の頂点をねらってマシンを運ばなければいけない第9セクションこそ3点だったが、ボウの大量減点を尻目にクリーンや1点を連発、1ラップ目が終わったときには、ボウに9点差でトップに立っていた。ボウには3つの5点があるから、ラガが5点をひとつもとらずに15セクションを走りきったのは絶賛ものだ。

2010もてぎ日曜日のボウ

「敗因は一番スタートだった」
 ボウは5点をいくつもとってしまった原因を、こう語った。開幕3連戦をいずれも一番スタートして開幕2連勝したボウでも、もてぎの一番スタートは特別だったようだ。開幕2戦は一番スタートでトップを守ったが、今後はトップをとった者が次の戦いで後退し、別の者がトップをとったと思えば次の戦いでまた勝利を逃すという展開が続くのではないかというのが、ボウの読みだ。次の戦いはスコットランド(イギリス)のフォートウィリアム。もてぎ同様、滑りやすい土、予測不能の沢セクションが予定されている。一番スタートのラガは、今回の藤波やボウのように苦しい戦いとなるにちがいない。
 ふたつの不慮の5点があって、それでもボウはトップのラガに9点差で1ラップを終えた。不慮の5点は誰にでも可能性はあるから、ボウはまだまだ勝利の望みを捨ててはいなかった。
 3位争いは、しかしこの二人とはちょっと距離を置いて、3人がひしめきあった。ファハルド、カベスタニー、そして藤波だ。ファハルドとカベスタニーは31点、藤波は32点だった。
 藤波は、第6セクションと13セクションでの5点が痛かった。ハローウッズの庭の滝セクションと、ハローウッズの岩盤。どちらも、藤波には少し苦手意識がある。調子のいいとき、勝てるときは、そんな苦手意識をはるかに上回る行く気が藤波を包み込むのだが、この日の藤波は、ちょっと苦手意識のほうが勝ってしまったか。勝負の行方は、そのほんのわずかの気持ちにあるから、むずかしい。
 2ラップ目、追い上げるべきボウは、しかし第4セクションで5点。さらに泥のヒルクライムの11セクションで5点。11は、ボウも藤波も、この日は一度も頂上までたどりつかなかった。ここを2回とも登ったのは、ラガだけだった。これで、ボウの追い上げも勢いをそがれたかっこう。

2010もてぎ日曜日のラガ

 その後、岩盤のゾーンで連続5点を取ったラガだったが、すでに大きなリードを築いていたラガにとって、この10点は致命的な失点とはならなかった。
「むずかしいセクションだったし、リードには自信があったので、あの5点は大きな問題とは感じなかった。勝利への確証は揺るぎなかった」
 土曜日の記者会見で、もてぎとは相性が悪く、あまりいい思いをしたことがない、と語ったラガだったが、勝つときには圧倒的な強さを見せる。ラガの勝利はこれがようやく2度目だが、前回2007年は2ラップ目にオールクリーンして勝利を得ている。2回目の勝利となった今回は、余裕を持って最終セクションにトライ、クリーンすると同時に、雄叫びをあげて勝利をアピールした。スコア上は、終盤の連続5点によって、ボウとの点差はたった4点、14セクション終了時点では、その差はたった3点にまで縮まっていたのだが、ラガは動揺することなく、もてぎ2勝目に向かって突っ走ったのだった。

2010もてぎ日曜日のファハルド

 土曜日に2位だったファハルドは、1ラップ目の3位を守って3位に入った。1ラップ目の時点で、ラガに約20点、ボウに10点差とあって、勝利への挽回はちょっと厳しかった。しかしカベスタニー、藤波との3位争いには確実に勝利。開幕戦で2位、その後ポルトガルの2戦でちょっとつまずいたものの、今年のファハルドは確実に表彰台の一角をなす実力者に成長している。今回はファハルドの勢いに、藤波が表彰台からはじき出されてしまったかっこうだ。藤波とファハルドは、2ラップ目は同点の15点。1ラップ目の1点差がそのまま結果に現れてしまった。

2010もてぎ日曜日の黒山

 土曜日に5位と気を吐いた黒山健一は、1ラップ目6位、2ラップ目にちょっと順位を下げて、ダビルの後ろの7位となった。小川友幸はロリス・グビアンに8位を奪われて9位。
 それにしても日本勢は、あいかわらず強い。今、トップライダーで一番ベテランの域にはいるのが藤波だが、黒山、小川ともに藤波の先輩。小川はドギー・ランプキンと同年代だ。その日本勢が、しかもスポット参戦でこの成績をおさめるのは、やはり並ではない。今年のスタート順は、ワイルドカードの上位陣に有利だったともいえるが、だからといってそれだけで一桁入賞できるわけではない。
 この他、日本勢は両日ともに小川毅士(10位と11位)、野崎史高(13位と14位)、柴田暁(11位と15位)、渋谷勲(14位と13位)と、黒山と小川を含めて6人がポイント圏内にはいった。柴田以外はポイント獲得はなんら不思議はない実力者。今回はこれに柴田が加わった。後継者がいないと嘆きが聞こえくることが多い日本トライアル界で、今回の柴田の活躍は大きな収穫となった。2日目の柴田は、土曜日に比べて5点が多かった。ゴール直後のリザルトボードでは16位と、惜しいところでポイントを逃していたのだが、15位となっていたダニエル・オリベラスがイエローカードをもらってもう5点減点したため、土壇場でポイントを逃してしまった。今回来日組で、ポイントを逃したのはオリベラスのみ。うまいのだが、あえなく5点となってしまうシーンが多々あるのと、オブザーバーの警告を無視して(マインダーが)置き石をしたりことがあってのイエローカード。結果が出ないからマインダーもライダーのために一生懸命になるのだが、結果的には置き石がオリベラスからポイントを奪っていくことになった。
 17位以降は、日本勢がずらり。今回はオール5点がひとりもいなかったのは好結果だった。いくつ抜けられるかがポイントになるため、全日本での成績とはちょっとちがう序列になっているところがおもしろい。

2010もてぎライダー記念写真

土曜日の朝撮影した参加ライダーの記念写真。6月5日の世界環境デーにちなんで。クリックすると大きくなります
FIM SPEA世界選手権 日本GP Day2(6月6日)
順位 名前
マシン・国名・ゼッケン
セクション ラップ タイム他
ペナルティ
クリーン
減点
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15
1 Adam Raga 0 0 2 3 0 1 0 0 3 1 1 0 0 0 1 12 16
GasGas SPA 2 0 0 0 1 0 2 0 0 2 0 3 5 5 1 0 19 31
2 Toni Bou 0 0 0 1 0 0 0 5 5 3 5 0 0 0 2 21 18
Montesa SPA 1 0 0 1 5 0 1 0 0 0 0 5 0 1 0 1 14 35
3 Jeroni Fajardo 0 5 5 5 0 0 1 0 5 3 5 1 1 0 0 31 13
Beta SPA 4 0 2 1 1 1 0 0 0 1 5 1 0 3 0 0 15 46
4 藤波 貴久 0 2 1 5 0 5 0 0 1 2 5 0 5 1 5 32 13
Montesa JPN 3 0 0 0 1 0 2 0 0 1 2 5 0 3 1 0 15 47
5 Albert Cabestany 0 0 2 5 0 5 0 5 2 1 5 0 5 1 0 31 14
Sherco SPA 5 0 1 1 0 0 2 0 0 1 3 5 0 5 0 0 18 49
6 James Dabill 0 0 5 3 0 5 0 2 2 3 5 5 5 1 1 37 9
Gas Gas GBR 7 0 0 2 1 1 5 0 0 3 1 1 5 1 1 0 21 58
7 黒山 健一 0 0 5 5 0 5 2 3 3 5 3 1 1 0 1 34 13
Yamaha JPN 14 0 0 5 0 0 3 0 0 3 5 5 0 5 0 0 26 60
8 Loris Gubian 1 3 5 3 0 5 0 2 1 3 5 5 5 0 3 41 7
GasGas FRA 9 0 2 2 5 0 5 0 0 2 3 5 2 5 1 1 33 74
9 小川 友幸 0 1 3 3 2 5 0 3 1 5 5 3 5 0 1 37 7
Honda JPN 15 0 5 5 5 0 5 0 1 0 3 5 5 5 1 1 41 78
10 Michael Brown 0 5 5 5 0 2 5 5 2 3 5 5 0 1 5 48 7
Sherco GBR 10 0 2 3 0 0 3 1 0 1 2 5 5 5 5 5 37 85
11 小川 毅士 0 5 5 5 0 3 2 5 5 3 5 5 5 5 1 54 3
Beta JPN 17 0 3 5 5 3 3 1 3 5 3 5 5 5 5 1 52 106
12 Alex Wigg 0 3 5 5 1 5 5 5 5 3 5 5 5 5 5 62 3
Beta GBR 12 2 5 5 5 2 5 0 0 3 3 5 5 5 3 5 53 115
13 渋谷 勲 5 5 5 5 0 5 0 5 3 3 5 5 5 1 5 57 4
Honda JPN 18 5 5 3 5 0 5 0 5 5 5 5 5 5 5 5 63 120
14 野崎 史高 5 0 5 5 0 2 2 5 5 3 5 5 5 5 5 57 4
Yamaha JPN 16 5 5 3 5 0 5 0 5 5 5 5 5 5 5 5 63 120
15 柴田 暁 0 5 5 5 3 5 0 5 5 5 5 5 5 5 5 63 2
Honda JPN 19 1 5 5 5 2 5 1 5 5 3 5 5 5 5 5 62 125
16 Daniel Oliveras 5 5 5 5 0 5 0 5 3 3 5 5 5 5 5 61 4
Sherco SPA 11 2 5 5 5 0 5 0 5 5 3 5 5 5 5 5 60 *5 126
17 岡村 将敏 5 5 5 5 1 5 1 5 5 5 5 5 5 5 5 67 1
Honda JPN 21 5 5 5 5 5 5 0 5 5 5 5 5 5 5 5 70 137
18 宮崎 航 5 5 5 5 1 5 3 5 5 5 5 5 5 5 5 69 0
Beta JPN 24 5 5 5 5 3 5 3 5 5 5 5 5 5 3 5 69 138
19 斎藤 晶夫 5 5 5 5 1 5 3 5 5 5 5 5 5 5 5 69 0
Honda JPN 20 5 5 3 5 2 5 5 5 5 5 5 5 5 5 5 70 139
20 西元 良太 5 5 5 5 1 5 5 5 5 5 5 5 5 5 5 71 0
Scorpa JPN 22 5 5 5 5 5 2 5 5 5 5 5 5 5 5 5 72 143
21 砂田 真彦 5 5 5 5 3 5 5 5 5 5 5 5 5 5 5 73 0
Honda JPN 23 5 5 5 5 3 5 2 5 5 5 5 5 5 5 5 70 143
22 松浦 翼 5 5 5 5 2 5 5 5 5 5 5 5 5 5 5 72 0
Honda JPN 25 5 5 5 5 3 5 5 5 5 5 5 5 5 5 5 73 145
FIM SPEA世界選手権 日本GPユースクラスDay2(6月6日)
順位 名前
マシン・国名・ゼッケン
セクション ラップ タイム他
ペナルティ
クリーン
減点
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15
1 Jack Challoner 0 2 0 0 0 2 0 3 2 0 3 0 0 0 12 21
Beta GBR 32 0 0 2 0 0 0 0 0 5 0 0 0 0 0 7 19
2 Alexandre Ferrer 0 5 0 1 0 0 0 3 3 2 3 1 5 0 23 18
Sherco FRA 33 0 0 0 0 0 0 0 0 5 0 3 0 0 0 8 31
3 Francesc Moret 0 3 0 1 0 0 5 5 5 0 5 0 0 0 24 18
Montesa SPA 35 0 2 2 0 0 0 0 0 5 0 3 0 0 0 12 36
4 Alfredo Gomez 0 5 0 5 0 1 2 5 3 0 2 0 0 0 23 18
Montesa SPA 31 0 0 0 0 0 0 0 5 5 0 5 0 0 0 15 38
5 Benoit Dagnicourt 0 3 0 2 2 1 1 3 5 1 5 0 0 0 23 12
Beta FRA 36 1 1 0 0 0 1 1 3 5 0 5 0 0 0 17 40
6 Guillaume Laniel 0 3 5 0 0 0 1 5 5 1 5 3 5 0 33 13
GasGas FRA 34 0 2 1 0 0 0 0 3 5 2 3 0 0 0 16 49
7 Pere Borrellas 0 3 5 1 3 1 5 5 5 0 5 0 5 0 38 10
GasGas SPA 41 0 1 0 0 1 3 5 5 5 0 1 1 0 0 22 60
8 Jonathan Richardson 5 5 0 3 5 1 3 3 5 3 0 0 1 5 39 9
Sherco GBR 38 0 3 0 0 1 1 1 5 5 0 5 0 0 1 22 61
9 Luca Cotone 1 3 2 2 1 2 5 3 5 0 5 1 5 0 35 8
GasGas ITA 40 0 3 5 0 0 3 0 3 5 0 5 1 1 0 26 61
10 野本 佳章 1 5 5 3 0 2 5 3 5 1 5 0 1 0 36 6
Beta JPN 48 1 3 3 0 1 2 0 5 5 1 5 2 5 0 33 69
11 Maxime Warenghien 0 5 5 5 3 5 3 5 5 0 5 0 1 0 42 9
GasGas BEL 53 0 3 2 5 1 1 0 5 5 0 5 0 1 0 28 70
12 Tanguy Mottin 5 5 2 3 3 1 5 5 5 1 5 1 2 1 44 6
GasGas FRA 47 0 5 1 2 0 0 3 5 5 0 5 1 0 0 27 71
13 Jan Peters 2 5 3 5 1 3 5 5 5 1 5 0 5 5 50 2
Beta GER 39 3 3 1 2 3 1 5 5 5 0 5 1 5 2 41 91
14 藤原 慎也 5 3 5 3 1 5 5 5 5 5 3 1 5 0 51 1
Honda JPN 50 5 3 5 3 1 5 5 5 5 3 5 5 2 5 57 108
15 滝口 輝 2 5 5 5 1 5 5 5 5 0 5 5 5 1 54 3
Scorpa JPN 49 5 0 5 5 5 5 2 5 5 0 5 5 5 5 57 111
FIM SPEA世界選手権 日本GPユースクラスDay2(6月6日)
順位 名前
マシン・国名・ゼッケン
セクション ラップ タイム他
ペナルティ
クリーン
減点
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15
1 Pol Tarres 0 0 3 1 1 3 1 3 2 5 0 0 0 19 13
GasGas SPA 80 0 5 1 0 0 0 0 5 2 5 0 0 0 18 37
2 Jack Sheppard 0 5 1 0 0 5 0 5 3 5 0 0 0 24 16
Beta GBR 73 0 0 2 0 0 5 0 3 0 5 0 0 0 15 39
3 Carles Traviesa 0 5 5 0 5 1 0 5 0 5 0 1 0 27 12
GasGas SPA 71 0 0 3 0 1 1 0 5 2 3 0 1 0 16 43
4 Romain Rigaud 0 3 5 3 3 2 3 5 3 5 0 0 1 33 6
GasGas FRA 79 1 3 3 0 3 1 3 3 5 5 0 0 1 28 61
5 Jesus Martin 0 5 5 2 3 5 1 5 1 5 3 1 1 37 3
GasGas SPA 81 0 5 1 3 3 1 0 5 2 5 3 1 1 30 67
6 Giacomo Saleri 0 5 3 0 5 3 5 5 5 5 0 0 1 37 6
Beta ITA 77 5 5 1 1 3 0 3 5 3 5 3 0 2 36 73
7 Aaro Castells 0 5 3 3 5 5 2 5 3 5 3 0 3 42 3
GasGas SPA 75 0 5 3 2 3 1 5 5 3 5 5 2 1 38 80
8 山本 直樹 0 3 5 1 5 5 5 5 3 5 3 5 2 47 5
Sherco JPN 82 0 5 0 2 5 0 5 5 3 5 5 2 0 37 84
9 Ismael Catalin 5 5 5 1 3 5 3 3 3 5 5 1 3 47 0
GasGas ITA 74 1 2 5 3 3 2 5 5 1 5 1 2 2 37 84
10 吉良 祐哉 5 5 5 5 5 3 5 5 5 5 3 5 5 61 0
GasGas JPN 83 5 3 5 3 5 3 3 5 1 5 3 1 3 45 106
11 松岡 一樹 5 5 5 3 5 5 5 5 5 5 5 3 5 61 0
GasGas JPN 85 5 5 5 5 5 2 5 5 1 5 5 5 5 58 119
12 朝倉 匠 5 5 5 5 5 5 5 5 5 5 5 5 5 65 0
GasGas JPN 86 5 5 3 3 5 3 5 5 5 5 3 5 5 57 122

関連記事

イベント(大会)

10/7第3回岩手ツインショック大会

今年も『第3回岩手ツインショックトライアル大会』を開催させて頂くことになりました。 (さらに…)…

イベント(スクール)

9月からの史くんすくーる

9月から10月までの史くんすくーるの日程です。 史くんすくーるの担当:たかはしるみ (さらに…)…

イベント(大会)

9/23第31回まどろみトライアル

第31回まどろみトライアルの開催のお知らせです。 9月23日、原瀧山トライアルパークでの開催です。 (さらに…)…

イベント(大会)

10/20-21第23回水源の森ツーリング・トレッキング・トライアルINやまびこ祭り

第23回 水源の森ツーリング・トレッキング・トライアルINやまびこ祭り 日程  2018年10月20日(土)〜21日(日)  20…

イベント(大会)

10/14 2018メッツカップ第3戦(まかべ)

初心者の方が安心して楽しめる親睦草大会です。 メッツクラブは初心者の方が安心して楽しめて元気が出るトライアルを目指しています。ぜひ一日お楽…

イベント(大会)

10/7第36回里山トライアル大会

第36回里山トライアル開催のお知らせです。 スポーツの秋、本格的なトライアルシーズンになってきました。秋晴れの下、里山で遊んでください…

イベント(大会)

8/26わびさびトライアル大会

「嵐山不老天狗わびさびトライアル大会」 山梨県のトライアルチーム嵐山不老天狗より、8月26日開催の大会のお知らせです。 (さら…

2017お勉強会

9/29川内村お勉強会

 2010年、2012年〜2017年と開催して好評をいただいたお勉強会・体験会のお知らせです。限定10名様。  福島県双葉…

2019モンテッサ

2019モンテッサ価格発表と受注開始

MONTESA輸入総輸入元・エトスデザインより2019 MONTESAシリーズ3機種(COTA 250、RACE REPLICA 250、C…

TLR200用キックアーム

ステップに当たらないHONDA TLR200/TL125用ニューキッククランク強化タイプ

アベ精工から、キック始動時にステップに当たらないTLR200/TL125用ニューキッククランク・強化タイプが発売されました。 (さらに&…

ページ上部へ戻る