2021年9月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  
  1. イベント(その他)
  2. イベント(大会)
  3. イベント(その他)
  4. イベント(大会)
  5. イベント(大会)
  6. TRJ / MFJ
  7. TRJ / MFJ
  8. TRJ / MFJ
  9. イベント(スクール)
  10. MFJトライアル
  11. MFJ
  12. イベント(大会)
  13. イベント(大会)
  14. リザルト中国
  15. イベント告知
  16. 2017お勉強会
  17. イベント(大会)
  18. リザルト関東
  19. リザルト中国
  20. リザルト関東
  21. リザルト関東
  22. リザルト中国
  23. リザルト関東
  24. リザルト関東
  25. リザルト沖縄
  26. リザルト九州
  27. リザルト中国
  28. イベント(大会)
  29. リザルト沖縄
  30. イベント告知
  31. イベント(大会)
  32. イベント(大会)
  33. リザルト中国

日本のニュース

© トライアル自然山通信 All rights reserved.

TRJ / MFJ

北海道大会が中止になって

北海道大会が中止になった。北海道大会の開催は8月22日の予定で、発表になったのは7月30日だった。

2021年の北海道大会は、当初は7月11日の予定だったが、感染拡大で延期になっていた。選手や一部の熱心な応援感染者は、日程変更でフェリーや飛行機のチケットのキャンセル、そして再予約を強いられたわけだが、ふたたびキャンセルに追われることになってしまった。なお2021年の北海道大会は「中止」で、再び延期日程が組まれることはないという。これで北海道大会は、2020年に続いて、2年連続で中止となった。

2019年北海道大会(小川友幸)2019年、今のところ直近最後の北海道大会

残念だが、この社会状況ではしかたがない、のかもしれない。しかし中止の決定がなされた7月末は、東京オリンピックの渦中で、全日本大会が開催される旭川市近郊とはちょっと距離は離れているものの、札幌では男女マラソンと男女競歩が開催された。これらの競技の開催日程は8月6日〜8日で、全日本大会の中止が決まったあと、全日本大会の開催決定の2週間前のことだった。

2020年の全日本選手権は、当初の7戦から4戦での開催となった。開催数を最大限維持しようと尽力しつつも、初めてのコロナ禍に翻弄され、強硬論と慎重論が意見を出し合った結果の全4戦だった。

2021年は、2020年の開催状況をふまえて、全7戦を確保すべく、最大限の努力が払われていると認識している。万一開催中止となっても、時期をずらして延期日程を組み、他のイベントとの日程調整を経て延期開催に向けて折衝が続く。日程調整はすべてのイベントの大難問だが、通常なら、シーズン当初に1回悩めばそれで解決だが、今年はそんな悩みがずっと続いているわけだ。

北海道大会は、地域の医療体制、自治体がイベントを受け入れる覚悟、フェリーや飛行機で長距離を移動するリスクなどがある。交通機関については、旅行自粛を受けて空きが目立ったり、それを見越して減便して満席だったり、ケースバイケースでどちらに転ぶかわからない。イベントにとっての大きなリスクは、万が一の際の緊急医療体制が確保できるかどうか、になってくるのではないだろうか。

そんな中、しかし北海道大会は開催に向けて着々と準備が進められていた。中止が発表されたのは7月30日だったが、その前日には、関係者による開催に向けた連絡がおこなわれていた。すべてが開催に向けて進んでいたところに、突然の中止、が決定されたようだ。

8月になって、これまでに開催された全日本選手権は2戦のみ。九州大会と関東大会は観客対応などを腐心して予定通りの日程で開催されたが、北海道大会を含め、これまでに3戦がそもそもの日程での開催を中止、2戦が延期日程での開催を予定している(現在発表されている日程は、スケジュールを組みなおした段階で発表し直されている)。

今シーズンのこれからがどんな展開となるのか、オリンピックが終わり、感染拡大はおさまるのか、パラリンピック開催で、まだまだ感染が広がるのか、オリンピックの開催の一方で、一般スポーツイベントは中止の憂き目に遭うしかないのか、ワクチン接種が行き渡れば事態は改善されるのか……。どれも、先が見えないことばかりだ。

2020年の実績から推測すると、東北SUGO大会と、近畿湯浅大会は(無観客で、だったとしても)開催可能だと思われる。他には中国原瀧山大会と中部キョウセイ大会が予定されているが、この2戦は2020年には中止となっているから、今年はどんなことになるだろうか。2020年の中部大会は台風の直撃の恐れを案じての中止で、台風がなければ無観客での開催となるはずだった。

9月以降、予定が立てられず、立てた予定をキャンセルする日々が始まるかもしれないが、もちろんそんなことはないに越したことはないけれど、現在、全国的に感染拡大スピードがこれまでにない勢いになっている。日々状況が変化する中で、まったく先が読めなくなっている。それでも大会の開催が最優先として進めていってほしいと願うばかり。トライアルが足りない、と悲鳴を上げているのは、自然山通信だけではないはずだ。

210822hokkaido

関連記事

イベント(その他)

10/3ガッチと楽しもう、愛媛県松山

10月3日(日)ガッチと楽しもうミーティング(マツヤマ トライアルファーム)開催です。 (さらに…)…

藤波貴久、今シーズンで引退を発表

藤波貴久の引退が発表された。 最終戦ポルトガルを前にしたスペインGPが終わっての水曜日、その衝撃の発表は発信された。この週末、トライアル・…

最終決戦前夜、スペインにて

2021年世界選手権はいよいよ大詰め。最終戦を前にしたツーデイズの1戦は、スペインだった。 (さらに…)…

今年の高田島のトライアル大会について

毎年、春と秋に開催の高田島でのトライアル大会。2021年はついに開催を断念するに至りました。 2020年は、春の大会を見送り、秋に2大…

YAMAHAセロー225チェーンテンショナー

『工房きたむら』より、YAMAHAセロー225用のチェーンテンショナーが発売されました。 (さらに…)…

RTL-F、COTA 4RT対応SPLミッション(4速ギア)

ぱわあくらふとより、SPLミッション(4速ギア)が発売されました。HRC RTL-Fシリーズ / montesa COTA 4RT、301シ…

自然山通信2021年9月号電子版

自然山通信9月号、電子版が準備完了です。 (さらに…)…

イベント(大会)

メッツカップ第2戦(10/10マカベ)は中止

10月10日開催予定で準備中だったメッツカップ第2戦(茨城県真壁トライアルランドでの開催予定)は開催を中止します。 (さらに&hel…

自然山通信9月号発売!

自然山通信9月号発売中!我らがフジガスとヨヒトが参戦する世界選手権第3戦アンドラ大会レポートと、元ロードレース全日本チャンピオンの水谷勝さん…

イベント(その他)

11/7中部クラシックトライアルミーティング

中部クラシックトライアルミーティングを鷲ヶ岳スキー場にて開催します。まだ終息しないコロナ禍対策をしながらの開催となります。食事とライデイング…

ページ上部へ戻る