2022年10月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
  1. 2017TDN
  2. トライアル・デ・ナシオン
  3. TRJ / MFJ
  4. 2017お勉強会
  5. イベント(大会)
  6. TRJ / MFJ
  7. イベント(その他)
  8. イベント(大会)
  9. イベント(大会)
  10. イベント(大会)
  11. TRJ / MFJ
  12. イベント(大会)
  13. リザルト関東
  14. イベント(大会)
  15. イベント(スクール)
  16. イベント(スクール)
  17. リザルト関東
  18. イベント(大会)
  19. TRJ / MFJ
  20. TRJ / MFJ
  21. イベント(大会)
  22. イベント(大会)
  23. イベント(大会)
  24. リザルト関東
  25. イベント(大会)
  26. イベント(大会)
  27. リザルト中国
  28. MFJトライアル
  29. リザルト東北
  30. リザルト関東
  31. リザルト関東
  32. リザルト中国
  33. イベント(大会)
  34. TRJ / MFJ
  35. TRJ / MFJ
  36. TRJ / MFJ
  37. MFJトライアル

TRRS

© トライアル自然山通信 All rights reserved.

柴田暁がTRRSに乗る

全日本選手権でトップ争いを展開する柴田暁が、2022年はTRRSに乗って参戦することが発表された。

今回、柴田がTRRSに乗るのは、TRRSモーターサイクルジャパン(有限会社エトスデザイン)とのファクトリーサポート契約によるもの。柴田はスペインのTRRS本社からサポートを受け、チームTRRSより参戦する。マシンは2022TRRS One-RR300となる。

TRRSに乗る柴田暁

柴田は全日本選手権フル参戦、世界選手権日本GP参戦はもちろんのこと、地方選手権やデモンストレーション、ライディングスクールなどで、TRRSの顔として登場することになる。柴田もTRRSモーターサイクルジャパンも全力全開だ。

柴田は全日本第8戦最終戦中部大会で3位となり、ランキング5位を獲得。シーズンを通じて、2度の表彰台を獲得している。これまでの、IAS最上位は2位。

柴田のIAS昇格は2009年。2008年IAランキング2位で昇格している。その年のチャンピオンは西元良太で、ランキング4位には斎藤晶夫がいる。昇格同期で現役を続行するのは、これで柴田一人ということになる。

IAS初年度はランキング8位、2年目に7位となり、3年目の2011年にランキング5位。以降、2017年まで、7年間に6回のランキング5位を得る。しかし当初はランキング6位争いに勝利しての5位獲得だったのが(2013年には田中義弘にランキング5位を奪われている)、着々とランキング4位争いの主役となっていった。

2016年、新規登場したヴェルティゴでの参戦を開始すると、2018年にはランキング4位となる。2019年も続けてランキング4位、2020年はランキング6位と足踏みをしたが、今シーズン、ランキング5位に戻してこの日を迎えることになった。

トライは軽快にして、粘りのあるクリーンを見せる。時に、あれっというような失敗を見せるところも、今のところ柴田のチャームポイントだ。大阪人らしいノリで、トライ以外の人となりもファンの心をつかんでいる。

TRRSは7回の世界チャンピオン、ジョルディ・タレスが創設した最新メーカーで、2015年にデビュー、2016年から本格的に市販されて活動を拡大している。2021年はトライアルGPでアダム・ラガがランキング2位を獲得、T2でトビー・マーチンがチャンピオンを獲得して、マニファクチャータイトル(メーカー間で、GPとT2のポイントを抽出して争われる)を獲得している。近年では、セルモーター装備マシンやビッグタンクとシートを装備したXトラックが人気を博している。

日本では、2017年の藤原慎也、2018年〜2019年の吉良祐哉以来の、TRRSトップクラスライダー誕生となる。

柴田暁。1988年12月10日大阪生まれ、32歳の再出発だ。

関連記事

高田島庭先コンペティション

満員御礼となりました。 ================================= 参加受理書は、大会1週間前ま…

2017TDN

TDN日本チームの記録

トライアル・デ・ナシオン(TDN)の記録を、日本チームに焦点を絞ってご紹介します。 TDNが始まったのは1984年。日本の初参加は1987…

トライアル・デ・ナシオン

トライアル・デ・ナシオン全記録

トライアル・デ・ナシオン(TDN)は1984年から毎年開催されています。 その間、まず男子チームだけで開催されていた期間、男子のクラス…

10/9全日本選手権第7戦近畿大会

10月9日、全日本選手権は第7戦を和歌山県湯浅トライアルパークで迎える。 (さらに…)…

自然山通信2022年9月号電子版

9月号電子版をご用意しました。 2022年、世界選手権T2クラスに新しい風を吹き込んでいるEMについて、日本インポーターである成田匠さ…

自然山通信2022年9月号発売中!

自然山通信9月号発売中!今シーズン、世界選手権T2とSSDT参戦で好成績をあげているElectric Motion E PUREを取材しまし…

全日本中国大会、野崎史高、今季初優勝

国際Aスーパーだけのシティトライアル大会をはさんで、北海道大会から1ヶ月半後、全日本選手権は広島県に戻ってきた。優勝したのは野﨑史高。小川友…

TRJ / MFJ

2022年全日本選手権ランキング(独自集計)

2022年全日本選手権ポイントランキング(第6戦中国大会終了現在)です。 MFJ正式ではなく、自然山通信独自集計です。各ラウンドの数字…

2022全日本R6中国大会全リザルト

2022全日本選手権第3戦関東大会リザルト ●2022年9月4日 ●広島県三次市灰塚ダムトライアルパーク 天候:晴れときどき曇…

9/4 全日本中国大会は灰塚ダムで

全日本選手権第6戦は、9月4日の中国大会です。IASのみの第5戦シティトライアルをはさんでの全クラス開催の全日本で、広島県灰塚ダムにての開催…

ページ上部へ戻る