2022年10月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
  1. イベント(大会)
  2. イベント(大会)
  3. イベント(大会)
  4. イベント(大会)
  5. イベント(大会)
  6. イベント(大会)
  7. イベント(大会)
  8. 2017TDN
  9. トライアル・デ・ナシオン
  10. TRJ / MFJ
  11. 2017お勉強会
  12. イベント(大会)
  13. TRJ / MFJ
  14. イベント(その他)
  15. イベント(大会)
  16. イベント(大会)
  17. TRJ / MFJ
  18. イベント(大会)
  19. リザルト関東
  20. イベント(大会)
  21. イベント(スクール)
  22. イベント(スクール)
  23. リザルト関東
  24. イベント(大会)
  25. TRJ / MFJ
  26. TRJ / MFJ
  27. イベント(大会)
  28. イベント(大会)
  29. イベント(大会)
  30. リザルト関東
  31. イベント(大会)
  32. イベント(大会)
  33. リザルト中国
  34. MFJトライアル
  35. リザルト東北
  36. リザルト関東
  37. リザルト関東
  38. リザルト中国
  39. イベント(大会)

日本のニュース

© トライアル自然山通信 All rights reserved.

ヤマハがMCショーでTY-E 2.0を発表

ヤマハ発動機株式会社が、電動トライアルマシンTY-E 2.0の開発を公表、25日から27日まで開催の第49回東京モーターサイクルショーに展示すると発表した。

TY-E2.0横位置

ヤマハは2018年の東京MCショーでTY-Eを発表・展示、2018年、2019年のFIMトライアルEクラスに参戦した経緯がある。今回のTY-E 2.0は2.0という名称の通り、その発展型といっていいだろう。

2.0では、フレームもパワーユニットも一新されているように見える。TY-Eと同様、クラッチ装備している。バッテリー容量は2.5倍になり、かつ重量増を2割程度に抑えてあると言う。

TY-E2.0斜前左から

リリースによると、2022年のFIM世界選手権の参戦も予定されているという。ライダーは黒山健一。今年はレギュレーションが変わって、電動クラスはなくなり、すべてのクラスに電動マシンが参加できることになった。日本大会が中止になって、日本でその姿が見られないのは残念だが、ヤマハと黒山の新たな挑戦には注目していきたい。参戦計画についてはまだ明らかになっていないが、マシンが展示されるというMCショーで明らかになるにちがいない。

下の写真は、コンパクトかつ大容量となったという新バッテリー。

TY-E2.0バッテリー

関連記事

イベント(大会)

1/29第44回「わっしょい杯」

以前からごく近い仲間で開催されていた「わっしょい杯」を、もう少し多くの人に参加してもらいたいということで、ぜひみなさんのお越しをお待ちしてい…

イベント(大会)

第81回里山トライアル

○第81回里山トライアル大会  開催日:2022年10月23日(日) (さらに…)…

イベント(大会)

12/4爆笑ツインショック大会

第28回爆笑大会の開催が以下の通り決まりました。 爆笑大会実行委員会よりのお知らせです。 (さらに…)…

イベント(大会)

10/16第27回水源の森ツーリングトライアル

第27回水源の森ツーリング・トライアル大会のご案内です。 (さらに…)…

イベント(大会)

11/13南牧20km耐久トライアル

2022 南牧20km耐久トライアル大会開催、3年ぶりの開催です。 (さらに…)…

イベント(大会)

12/5トムスカントリートライアル

トムスカントリートライアルの開催案内です。 (さらに…)…

イベント(大会)

11/13里山初級者トライアル大会

○里山初級者トライアル大会  開催日:2022年11月13日(日) (さらに…)…

高田島庭先コンペティション

満員御礼となりました。 ================================= 参加受理書は、大会1週間前ま…

2017TDN

TDN日本チームの記録

トライアル・デ・ナシオン(TDN)の記録を、日本チームに焦点を絞ってご紹介します。 TDNが始まったのは1984年。日本の初参加は1987…

トライアル・デ・ナシオン

トライアル・デ・ナシオン全記録

トライアル・デ・ナシオン(TDN)は1984年から毎年開催されています。 その間、まず男子チームだけで開催されていた期間、男子のクラス…

ページ上部へ戻る