2020年11月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  
  1. イベント(スクール)
  2. イベント(大会)
  3. MFJトライアル
  4. イベント(大会)
  5. イベント(大会)
  6. MFJトライアル
  7. 2017お勉強会
  8. イベント(大会)
  9. イベント(大会)
  10. MFJトライアル
  11. イベント(その他)
  12. リザルト東北
  13. MFJトライアル
  14. イベント(大会)
  15. イベント(大会)
  16. イベント(大会)
  17. リザルト中国
  18. イベント(大会)
  19. イベント(大会)
  20. 2016高田島ツートラ
  21. イベント(大会)
  22. イベント(大会)
  23. イベント(大会)
  24. イベント(その他)
  25. リザルト中国
  26. リザルト中国
  27. リザルト中部
  28. リザルト中国
  29. リザルト関東
  30. イベント(大会)
  31. イベント(大会)
  32. イベント(大会)
  33. リザルト沖縄
  34. イベント(大会)
  35. リザルト関東
  36. MFJトライアル
  37. イベント(大会)
  38. リザルト関東
  39. リザルト関東
  40. イベント(スクール)
  41. イベント(大会)
  42. イベント(大会)

日本のニュース

© トライアル自然山通信 All rights reserved.

2011年のルール変更

2011MFJ50th


MFJ50周年記念特設サイトはこちら

 2011年、ルールが少し改正になっている。見る者にとって、参加する者にとって、ちょっと目立つのは、国際A級1年生の、国際B級からの5人の昇格選手に、ルーキーゼッケンが与えられる点だ。01番から05番までの各選手は、前年に国際B級でしのぎを削り、トップ争いをしてきた(国際B級の)トップライダーたちだ。国際A級の試合を観るときには、ちょっと注目してあげてほしい。


 ルールの改変は、MFJが発表した2011年の国内競技規則書に記載されている。競技規則書は競技ライセンス保持者には郵送されてきているはずだが(エンジョイ会員には競技規則書は送られてこない)、MFJのWEBサイトにも国内競技規則2011(http://www.mfj.or.jp/user/contents/motor_sports_info/rule/rule.html)として公開されている。ぜひ一読あれ。
 主な変更点を一覧しておきます。正しくは、原典の競技規則書をご覧ください。
 冒頭に書いたルーキーゼッケンは、今年新採用のシステムだ。せっかくチャンピオンをとったのに、昇格しちゃうと目立たない二ケタゼッケンを与えられて、しかも難度の高いセクションで、たいていは成績もぱっとしない。チャンピオンとして、もっと注目を浴びる方策はないもんかというのが、このルーキーゼッケンだ。
 国際A級から国際A級スーパークラスに昇格した“ルーキー”には、この特別ゼッケンは与えられないという。IAとIASをいったりきたりするライダーも多い昨今では、ルーキーといわれても……という現実もあるだろう。でも、去年のように、藤巻、野本、宮崎と、若いライダーが新しいクラスに挑戦するようなことがあったら、IASにもルーキーゼッケンがあるといいなぁと、個人的には思う(今年はなし、来年はありという制度もそれはそれで問題だから、実現はむずかしいだろうけど)。
 昨年、オブザーバーは審判員と呼ぶように呼称が変更になったばかりだが、これは、どちらも使っていいということになった。お助けに入るアシスタントが「オブザーバー、ヘルパー入りまーす」と声をかけると「オブザーバーなんていないよ、ヘルパーってだれだい?」と突っ込みを入れられているシーンも見かけたけど、呼び方の問題で本質的な問題ではない(だろう)と思うので、現実的な変更といえる。なお、去年メカニックから名称変更となったアシスタントは、アシスタントのままで運用される。
 アシスタントは、競技途中でもトライアル国内B級以上のライセンスを持っている者との変更が可能になった。昨年、アシスタントが負傷によって交替を申し出たことがあって、アシスタントの交替についての規則が追加されたものだ。
 また、これまで参加費にはMFJスポーツ傷害基金掛金が含まれていたが、4月1日以降はスポーツ安全保険移行のため、この費用は不要となった(ライセンスを取得する際に、あらかじめ払い込んでいる)。たとえば全日本選手権では、3月に開催される関東大会のみ、ライダーの参加費が12000円(出場料11500円と障害基金掛金500円)だったが、第2戦以降は4月以降の開催のため、参加費は出場料の11500円のみとなっている。ライセンス料はわずかに値上げという印象だが、実は保険料が含まれているからで、実質ライセンス料は据え置き。大会参加費が500円ずつ安くなるから、お得になるはずの制度変更だ(実際には、地方選手権のほとんどはこの機会に参加費を値上げしている)。
 なお、MFJでは、MFJ50周年を記念して、特設サイトが設けられている。2輪モータースポーツの歴史をお勉強できるから、ご一覧ください。
○MFJ50周年記念特設サイト

関連記事

イベント(スクール)

202011/23

12/12-13 Gatti School Special 真壁

緊急開催決定 Gatti School Special 真壁トライアルランドで開催。 12月12日土曜日・12月13日日曜日、2日間に…

2021年世界選手権カレンダーは?

2021年FIM世界選手権(暫定)スケジュールが発表になった。日本GP(ツインリンクもてぎ)は5月15〜16日に設定されている。 (…

イベント(大会)

202011/19

12/27 GATTIスクール杯【会場変更】

今年7月に、7年ぶり開催となったガッチスクール杯!! 好評につき第2回開催決定!! 皆様と楽しみたいと思いますので参加宜しくおねがいしま…

2021年、ガスガスがロードレースに進出

ガスガスがKTM傘下となって1年になろうとしているが、KTMのガスガス・ブランド戦略が本気だ。 (さらに…)…

2021年のXトライアルはこうなる?

Xトライアルの2021年暫定カレンダーが発表された。このまま大会が開催される確証はないし、今後の感染症蔓延の状況を見ながらカレンダーの変更は…

2020年11月号電子版もありますよー

老眼でお悩みの方にお勧めの、お手持ちの電子端末でお好きな大きさに拡大して読める、自然山通信電子版。遅くなりましたが、11月号をお届けします。…

自然山通信11月号発売中!

自然山通信11月号発売中! ちょっと遅くなてしまいましたが、今月も元気にちょっと増ページ。ずっしり重くなってオールカラー70ページ・314円…

MFJトライアル

全日本歴代ランキング

全日本選手権の、歴代のランキング一覧です。 全クラス、ランキング15位までを抽出させていただきました(15位までに空欄があるクラス…

2020全日本選手権最終ランキング(独自集計)

2020年全日本選手権ポイントランキングです。MFJ正式ではなく、自然山通信独自集計です。各ラウンドの数字はポイントではなく順位です。出場し…

全日本トライアル最終戦結果

2020年11月8日 和歌山県有田郡湯浅町湯浅トライアルパーク 天候:晴れときどき曇り 観客数:0人(無観客試合) IAS:10…

ページ上部へ戻る